ZENZAIMU(全財務公式ブログ)

本ブログは全財務労働組合の取り組みや職場の状況等について、中央本部及び地区本部役員が持ち回りで掲載しています

御用納めにおもうこと

2018-12-28 18:00:00 | 主張

 

「マキ、一生懸命生きろよ」

これは私が記憶する父親の最期の言葉である。

 

勝手に注釈するが、これは「何事も全力を尽くせ」という意味ではない。

「生きることを諦めるな」という意味であり、たまには疲れて休んでもそれはそれでいいと思っている。

 

父は私の入局3年目の冬に亡くなった。

定年退職の前で、もっと部下と仕事がしたい。退職したら趣味の釣りを毎日したい。妻と軽トラックで日本一周がしたい。そんな願いがある中で癌が見つかり、その年に旅立った。

 

その後も私はちゃんと生きている。仕事に没頭したり、結婚したり、子どもに恵まれたり、仕事と育児の両立なんかしたりして。

 

今日は御用納め。

何はともあれ、1年無事に過ごせたことに感謝し、年末年始は心身ともに穏やかに過ごそう。

 

明日は父の命日。

近況報告を兼ねて、父娘とも大好きなビールを仏前で飲み交わそうか。

 

(東海 林)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 年末に際して | トップ | 2019初稿!いただきます! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

主張」カテゴリの最新記事