ZENZAIMU(全財務公式ブログ)

本ブログは全財務労働組合の取り組みや職場の状況等について、中央本部及び地区本部役員が持ち回りで掲載しています

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-12-18 20:57:15 | 主張

1年半ぶりくらいにブログに帰ってきました。長らく期間が開いてしまい申し訳ございません。

 

18日の日経新聞に全国の労働組合の記事が載ってました。

①今年6月末時点で労働組合に加入するパート従業員は前年比10万6千人(10.3%)増の113万1千人

 (全組合員に占める割合は11.4%で過去最高)

 雇用者数に占める組合員数の割合を示す「推定組織率」は、パート従業員で0.5ポイント増えて7.5%

②全国の労働組合の組合員数は994万人で、パート従業員の加入増加もあり前年より5万8千人(0.6%)増加

 しかし、雇用者数の増加(75万人)を下回るなど、推定組織率は0.1ポイント減の17.3%となり、5年連続で過去最低を更新

 

単純に記事だけみると、パート職員の組合加入増は喜ばしいところでありますが、

正社員の組合員数をみると単純に4万8千人(10万6千-5万8千)減っております。

社会全体で17.3パーセントしかない、組合の組織率
これは、今の日本で組合が必要とされているのか疑問が生じます。

もう組合に頼らなくても良いほど労働環境が良くなってきたのか?
それとも、労働者全体が労働条件工場に無気力なのか?
そもそも組合の活用を知らないのか?

政府が官制春闘や率先してワークライフバランスに取り組んでいる中、
もう一度、組合の意義を考える必要があるのかなとおもいます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 忘年会 | トップ | 今年の漢字は? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

主張」カテゴリの最新記事