ZENZAIMU(全財務公式ブログ)

本ブログは全財務労働組合の取り組みや職場の状況等について、中央本部及び地区本部役員が持ち回りで掲載しています

虫歯

2016-08-27 21:49:06 | 主張

みなさんお疲れ様です。

毎度毎度、投稿するときにネタに悩むものの、結局育児ネタばかりで申し訳ありません。

(自己分析をするなら、今一番熱中してる(仕事よりも組合よりも・・・)からこそネタがあるってことでしょうか)

ということで、表題にもどりますが、上の娘(5歳)が虫歯になりました。それも結構末期の。。。

上の左の奥歯に大きな穴が出来てて、神経にまで達していました(乳歯は弱いそうですよ)。

さかのぼる事8月初旬の昼下がり(平日)、娘がアイスキャンデー(ガツンとみかん)を食べていたところ、

突然激痛が走り、大泣きして発覚しました。早速、妻が近所の歯科医に連れて行って、応急処置をしてもらったんですが、一応、痛みは引いたそうですがあくまで応急処置なので、「基本、神経抜くしかないと思います」ただし、「念のため、小児歯科(子供専門の歯科医)に見てもらっても良いかも知れませんね」と言われたそうです(そこの歯医者さんは小児歯科の専門ではなかったので、セカンドオピニオン的なところから、そのようなアドバイスをくれたそうです。)

とはいえ、素人的な考えで言えば、神経まで虫歯がいっちゃってんなら、悠長に別な歯医者探すより、さっさと神経抜いてもらうなりの抜本的な治療を早急にした方が良いような、、、とも思いました。

・・・でもですよ、最初はアイス食べてすんごい痛かったけど、歯医者にがんばって行ったらすっかり痛みが引いて(応急処置のおかげで)、治ったんだよ~っ!って喜んでる娘に、麻酔注射打ってバキっと歯やら神経やらを抜くなんて思いを・・・・・・・・・・させられないよぉっっ(泣)←甘い親父ですいません。。

と言うことで、ダメもとで、良さそうな小児歯科をネットで探し、わざわざ年休を取って、私自身が付き添い、その歯医者(小児歯科専門)に行った所、結論としては、神経抜いたりまではしなくて済みました!!

いやあ、やっぱり多角的な検証って必要なんですねぇ。今回、すごく感じました。皆さんも、歯医者は慎重に選ぶことをお勧めします。ま、受診してみないと分かりませんけどね(苦笑)

ではでは。

北海道書記長

 

 

 

 

 

コメント (1)