あんなこと こんなこと 京からの独り言

「京のほけん屋」が
“至高の薀蓄”を 京都からお届けします。

懐かしきボウリングブーム

2024年06月15日 | うんちく・小ネタ


接待で豆腐料理の専門店「とうふ屋うかい」を利用したことがあります。
場所は東京タワーのすぐそば。



ここに2000坪の広大な日本庭園を構え、山形の造り酒屋や
新潟の豪農屋敷を移築して異空間を演出しています。
東京のど真ん中で和の真髄が堪能できるということで、
53室ある個室のあちこちから外国人の声が聞こえていました。
会食の席で敷地の広さが話題になり、年配の仲居さんに来歴を尋ねました。




「もともとは東京タワーボウルっていう都内最大級のボウリング場でした。
64レーンもあって、昭和38年のブームの頃には東洋一とかって言われてたんですよ」



「昭和38年にボウリングブーム?」



当時のボウリング場はどこも満員で正月休みの予約が11月末で満杯。
賭け試合や高額な景品、未成年者の深夜入場など、風紀の乱れが社会問題にもなったとか。
我々が知るブームは昭和46年頃で、実際にボウリング場に行き始めたのは中学坊主の頃。
まだスコアが手書きの時代でしたから、点数計算できることが男子の必須条件でした。




こんな思い出話に酒量も進み、いつの間にかテーブルには徳利が林立。
酩酊の果てに、それがボウリングのピンに見えてきましたが、
あながち的外れな幻影ではありません。



日本初のボウリング場が青山に出現した翌年の昭和28年。
ある雑誌に掲載されたボウリングを説明する記事に、似たようなくだりがありました。


   「白い徳利みたいなものを向こう側に並べ、こちらから西瓜ほどの
                      プラスチック製ボールを転がして倒す遊び」


デザートに西瓜をオーダーしたくなった夜でした。


6月

2024年06月01日 | うんちく・小ネタ
6月

粘りのある人間

2024年05月15日 | うんちく・小ネタ



最近、やっと納豆がおいしく食べられるようになったのです。
ただし、納豆臭の少ないやつを、辛子とタレでごまかして。

白飯と一緒に納豆をかき込みたい願望はすごく強いのですが、
ごはんがネバネバになるのがちょっと嫌。
ネバネバこそが納豆の真骨頂なのに。
 


納豆のネバネバ成分は、グルタミン酸が約5万個つながった
ポリグルタミン酸と呼ばれる高分子体。
納豆菌たちは、このポリグルタミン酸を楯にして
アメーバや原生動物などの捕食者、バクテリオファージなどから
粘り勝ちで身を守るのです。




だから、こんなバリアを破って食べる納豆好きは
粘り強い人間になれるのです。
オクラ、山芋など、ネバネバ系を避けてきた私は、
あきらめの早い粘り無き人。



そして、
納豆のポリグルタミン酸にはもうひとつの不思議があるのです。
それは、D型のグルタミン酸がほぼ半分を占めているということ。
ふつう、自然界に存在するグルタミン酸はL型。
「味の素」の主成分であるグルタミン酸ナトリウムもL型。
D型に旨味はないのです。

     


D型とL型の違いは、単に構造が左右対称というだけ。
つまり、右手と左手のような関係で同じだけど重ならない不思議なペア。
D型を鏡に映した姿がL型だから、鏡像体という呼び方もある。



自然界に存在しないD型グルタミン酸。
納豆のねばねばは鏡の向こうからやってきたのか。
いや、D型アミノ酸は隕石の中にもあるから宇宙からやってきたという説も。
ならば納豆を宇宙に持参し、スペースシャトルの中で糸を引くかどうか、
調べてみてはどうでしょうか。



もちろん、納豆菌汚染のリスクがあり、NASAは気絶するでしょうが…。

とにかく、日々納豆を食べ、コツコツネバネバ前に進み、
宇宙飛行士になるがごとく精神力で仕事を成就せねばならないと思うのである。


5月

2024年05月01日 | うんちく・小ネタ
5月

ネオテニー

2024年04月15日 | うんちく・小ネタ


名を成した最近のトップアスリートは、母親が幼時からべったりフォローしてきた
選手ばかりだという話を聞いたことがあります。
母親に褒められたい一心で競技に集中するから天井知らずなのだとか。

世界の舞台に出てもビビることがありません。

同時に、少年の心を持ち続けている大人ともいえそうです。



だから輝いているのでしょう。

大谷翔平選手や羽生結弦選手のような、キラキラ輝く「少年の心系アスリート」は
神に選ばれし特別な存在ですが、我々にも少年の心で仕事に臨める瞬間が
どこかにあるはず。



そういう時は仕事の効率も良く、きっと輝いていると思うのです。



ところで、この少年の心を医学用語でネオテニーというそうで、
成人してからもネオテニー行動が多い動物ほど
寿命が長いことが証明されています。
その最たる例が人間であり、また、子供っぽい人間ほど長生きするというのです。
いつまでも輝いているから長生きするのかな。



そして、もう1つ面白いデータがありました。
某研究機関が職業別の平均寿命を調査したところ、
ダントツで寿命が長い職業が画家と生物学者だったのです。



大人になってからもお絵かきに熱中し、虫や動物を追いかけては滑って転ぶ。
いわば超ネオテニー人間ともいえる画家と生物学者が寿命を延ばすというのです。
我々は画家でも生物学者でもなく、ましてや大谷選手でもありませんが、
幼少の頃、夕方暗くなるまで遊んだ経験なら誰にでもあるはず。

あの頃の少年の心を持ち続け、ワクワクしながら仕事に熱中し、
キラキラといつまでも輝き続けていれば、
きっと大きな成果が生まれることでしょう。