PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

パテック探訪

2009-06-29 | 悩み

以前はここ(下記画像・一新時計という会社)がパテックの国内販売を、輸入を日貿という会社が行なっていたと言うことですが、現在は一新時計は単なる1パテックの販売店となり、日貿が輸入と販売、そしてメンテナンスをもするPPジャパンとして活動しているとのことですが、一新時計時代にパテックを購入していた私は、その後の日本のパテック事情の詳細についてはあまりよく分かりませんが、現在のパテックに売れるモデルがステンのスポーツ系の中のあるモデルしかなく、正規販売店のメリットが無い、という時計商の声はよく耳にします。加えてこの不景気ですから、仕方がありません。

確かにリファレンス3000系統がクラシカルパテの最後の姿であったと思います。3796や3998など製造年数がその後の系譜カラトラバモデルと比較して息は長かったですし、リファレンス5000系統になってから、極めて異常な短期間でディスコンになるモデルが続出している異様な事態になっていると思います。現在のカラトラバは私はカラトラバではないと思っています(10年前に現行であったカラトラバ5096や5023、5032を除く)。

画像の巨大なパテックの看板も、錆色の涙を流しているようにも見えてなりませんね。

Photo


この記事をはてなブックマークに追加

〝BILLIE JEAN〟♪

2009-06-29 | 音楽

昨晩は私の女友達と部下とともに涼しいホテルのバーで飲んでいました。三人ともロレックスを着けていて,私は久しぶりにトロピカルマンゴーをしていました。

私は気温が高くなると,イエローやピンクなどの〝色無垢〟は敬遠します。理由は色無垢は〝暑くらしいから〟です。東京は湿度も暑さとともに重くのしかかり非常に嫌です。

そのため色無垢を着ける場合はイメージ的にもクールダウンさせる白文字板のヨットや青サブ,そのようなフランキーやパテックなどの色無垢をするようにしています。でも夏はホワイトゴールドかプラチナ,さらにはステンレスものが多用される傾向が私にはあります。

そんなわけもあって,夏には白系の洋服とともにこれらの時計を着けると,他人からも好感が持たれる場合が非常に多いのを感じます。

話は昨晩の飲み会の話に戻りますが,散々深夜まで飲んだ帰り,私はいつも通る,赤い照明のオープンカフェバーからノリのいい米国の曲が聴こえてきました。私が中学生のときにリリースされたマイケル・ジャクソンの名曲〝BILLIE JEAN〟♪です。

少し胸が熱くなりタクシーに乗車するのを惜しむかのように結局,ほろ酔い加減でナカメまでマイケルのメロディーを鼻歌混じりでハミングしながら歩いて帰宅してしまいました…。

Rolex2182rolex


この記事をはてなブックマークに追加

続・ロレックス雑談

2009-06-26 | 悩み

東陽町は郵送専用のサービス窓口ということで、もちろん私は実際に言ったことはありません。ショップで販売している最近のメーカーメンテナンスを受けた中古のロレックスに添付してある納品書の右上にはここの住所が印字してあります。よく見かけるものです。

3_2

日比谷線から丸の内線に乗り継ぎをしない私は、丸の内サービスセンターへ向かう場合、一度銀座で下車して、徒歩で丸の内のオフィス街を通過して、郵船ビルに向かいます。見積もりが提示される1本当りの受付時間はだいたい40分ぐらいでしょうか。一脚40万円はする来客用の黒革張りの椅子は25程あるでしょうか。受付窓口には5~6人の30歳前後の女性スタッフが、一般客、ロレ好き、ロレヲタ、ロレエンスー、ロレマニアなど多種にわたるロレックスオーナーを捌いており、裏方には2人の男性技術者がロレガッチャマンの防波堤の役割を担っています。正面右側の孤立したブースにはインフォメーションの女性が警備員とともに控えています。なかなかの静寂の中、淡々と雑談を交えての接客態度はさすがロレックスという、好感のもてる雰囲気です。私は好きですね。

ただ私が非常に残念に、そして無礼に思うのは、日本ロレックスの接客理念とは直接関係はありませんが、二階のトイレに向かう際の、4名程居る通路警備員の変わらない態度(その中の特に1名)です。でもどの会社でもそうですが、〝サービス〟という使命観念のない警備員出身の他職業転職は即座に順応できないというのはどこでも同じことですから、彼らに接客マナー云々をいうのもナンセンスといえばそうなのですが、正直いつも気分が悪くなるのでトイレは我慢しています(笑)、、

3_3

 


この記事をはてなブックマークに追加

ロレックス雑談

2009-06-25 | 悩み

今日は親しい業界仲間と築地でお寿司食べに行きます。

このところ天気は芳しくなく、自転車通勤は控え、地下鉄で出社しています。いつも気分が悪いのは、欲しい時計が皆無だからでしょうか。

以前の時計購入の天秤は、〝素材の価値(金無垢やプラチナ)>希少性(ステンレスの四桁のスポロレ)でしたので私は現行品に偏重していましたが、ここに至って近年、四桁のスポロレのメンテナンス有無が不透明に至り、〝とりあえず買っておこうか〟ムードが高まりつつありますが(残存スポロレ4桁は1016、1675、5513。すべて外装パーツはオールニュー。ただし1016は当時のダイアルのままです。)、日ロレメンテ至上主義の私には、個体によって購入の選択幅に制限がでてきているのは至極きびしい、というのが現実です。

おそらくメーカーによる将来的なメンテの動向は、四桁時代のムーブメントを供給していたバルジューやエタを系譜する現企業の供給がボトルネックになっているのかもしれませんが、何でもかんでもロレックス社が傘下にまたは吸収合併してしまえば問題はないのですが。

Rolex2125rolex2

Nakame4


この記事をはてなブックマークに追加

フランキーな日々

2009-06-24 | インポート

 最近何かと出番の多い時計はフランキー(左から出撃待機中の6850CCMC,6850MB,5850SC)ですね。

一般人に分かりやすい時計、といえばロレックスが何と言っても第一位。でも私の業界仲間受けするのはやはりフランク・ミュラーでしょうね。未だにね。。

おそらく在日華僑と香港人が近年のフランキーブームを牽引している感じなのかな。

そんなわけで、そんな連中との恵比寿での夜会ではフランキーばかり交互に着けています。私は根っからのロレヲタですので、もう暫くするとまた連日のデイデイターに戻るはずです。

それにしても最近の日本ロレックス(丸の内)のご対応はすごく感じイイですよね。私が個人顧客としては上得意だからかどうかは分かりませんが、10年前とはおよそ全く違う接客対応には感心というよりも感動すら覚えます。これで10196263などのスポロレメンテ受付を強化されたら言うことなしなのですが。。

追伸、以前、私の記憶では丸の内にあるあの日ロレを〝丸の内サービスセンター〟と言わず、〝東京サービスセンター〟という名称だったような気がします。

私は本ブログでも日本本社の日ロレを〝丸の内〟と言い続けていましたので、特には気にしていませんでしたが、先日のメンテナンス見積書を見て〝丸の内サービスセンター〟という名称に今更ながら気が付き、少し嬉しかったです。

Fm32


この記事をはてなブックマークに追加