PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

『ロレックス エクスプローラー REF.1016って、本当にいい時計ですか。』を〝購入価格〟で再検証

2006-05-19 | 通販・買い物

 REF.1016特集は人気コラムの一つの様なので、重複しますが実際のREF.1016で検証してみます。

下記写真のダイアル、特に〝王冠マーク〟と〝ROLEX〟の形状により、高年式、1980年代物だと判断されます。

Rolex1846rolex_5 

では、具体的に、このREF.1016は現在、ロレックス・マーケットの中ではどんな価値的位置づけなのでしょうか。

このREF.1016と製造年式(R後半ナンバー。1987年頃)、外装コンディション、コマ数、付属品の有無、メーカーメンテナンスの有無という、すべて同じ条件下で、二つのロレックスで比較検証してみます。

1987年当時、REF.1016は28万円、REF.16808は426万円でした(下記写真参照)。

Rolex1884rolex_1

しかしながら、それから二十年近く経過した現在、ご存知の通り、REF.1016は90万円、REF.16808もほぼ同額。。

単に「金無垢は今の自分には似合わない…だからステンレスのスポロレがいいんだ、、だから1016は100万円でも購入したんだ。」というのであれば、それは市井の人々には〝マッタク〟理解できません。

こういう感覚でしか買い物できない人は、いつまでたっても、金無垢は買えても、似合わないものです。

もっとも、とっても軽いステンレスのスポロレ、フルコマでもやはり軽いスポロレ、、そういうものに100万円以上掛けるというのは、やはり、ロレオタ以外には理解不能でしょう。

Rolex18130rolex_1

〝ロレックス〟といえども、100万もする中古ステンレス時計の購入理由は、ロレオタなりの高尚な 理由が必要です。

つまり、こういう理由です、、『ロレックスコレクションのために必要不可欠と判断したため、シカタナク購入したけれど、別にビンテージジーンズに合わせるためとか、ファッション的に必要だったというわけでもない。購入して直ぐ他のロレックスと一緒に静にしまい込んでいて、たまに来る友人に鑑賞用として見せるものに過ぎません。そんなことで、特に思い入れもありませんけど。。』

…これが100万オーバーステンロレ購入に対する、100点満点のロレオタの模範解答です。

しかし、アッパークラスのロレオタは金無垢、コンビ、スポロレ、チェリーニ、懐中、、と混在させた収集をしますが、一つだけそういうロレオタにとって心中は「…どんなにステンレスの時計が重くても〝ステイタス〟は感じない、、」といつも真理として実感していることです。

…どうも、ファーストロレックスに100万もする〝ステン〟中古スポロレを選択するのは、購入ロレックス選択ばかりでもない、一事が万事、人生そのものにポリシーなしのミーハーともいえない、空っぽでつまらない、チンケな人間だけのようです。

Rolex18123rolex_1

 


不誠実な〝ASK〟および〝価格応談〟表示を徹底検証する。

2006-05-04 | 通販・買い物

 特に日本の場合、どんなお店でも〝正規店〟でも、一般に、表示価格を〝ASK〟〝価格応談〟とは表示しません

お客様に対して〝信用〟を損なう、 店へのイメージダウンになるからです。当のお客様側もこのような表示は、悪くとっても良くは感じません。〝客の足元を見ている〟と感じるのが百人中百人でしょう。また表示法違反に抵触する可能性もあります。

 ではなぜ、〝ASK〟や〝価格応談〟と売買提示するショップがあるのでしょうか(最悪なショップはディスプレイされているロレックス(特に最近はREF.101616551665.)に、〝ASK〟や〝価格応談〟すら提示せずにディスプレイさせ、非売品なのか、商品なのか、お客側を混乱させるショップも現に、都内にはあります。ディスプレイしておきながら「まだ価格を決めてはいない」、と言いのけるお方も現実にいます。)

こういう売買表示をする対象モデルは決まって金無垢モデルかプレミアムモデル、または顧客オーダー品(注文時にショップにストックなし)です。注意したいのは、ここではオーダー品は除きます。なぜなら、海外仕入物は当然、為替レートの影響を必ず受けるからです。

では、再び検証に戻ります。ショップ側はそういう表示の理由を〝為替レートの急激な変動〟、〝プレミアものだから需給によりプライスを決定する〟…ということをおっしゃいます。(…現実には、毎日、毎週単位での変動はありません。せいぜい四半期程度のシーズン単位のはずですが…)

これらすべての理由は、〝ASK〟および〝価格応談〟という表示を良しとする理由にはなり得ません。

なぜなら、ショップが委託されているものやオークション形式をとっている分けでもないのに、〝店頭に出している時計〟の〝仕入金額〟は、支払未決の買掛扱いだったとしても、ショップがもう既にその商品の仕入代金を判明させているもののはずなのに〝ASK〟および〝価格応談〟というのは、現実のショップ仕入額に通常の利益以上の儲けを期待する、単なるショップの〝スケベ根性〟まるだし、といえましょう。

つまり、単純に〝販売価格の吊り上げを狙っている〟のです。

私が思うに、そんなに急激に価格変動があるモデルならば、株価や金相場状況のように面倒でも随時変更表示していただくほうが、購入当事者であるお客様には親切というものです。

消費者である私たちは、逆に、そういう行動をするショップの姿勢に〝ASK〟したいものですね。

Rolex0138rolex_1


ロレックスの美しいノベルティーペンダントと、汚いロレ箱。

2006-05-03 | 通販・買い物

 ロレックス社純正ペンダント(下記参照)は意外とショップでも見かけませんが、いつも行っている新嘉坡のロレックス正規店から、ちょっと来星ついでに挨拶がてらに伺っただけなのに帰り際、マレー系の友人ゴー氏から頂きました。

タダで申し訳ないので、〝Give And Take〟商道徳的観点から、金無垢ネックレスを購入してあげましたが…。とりあえず私には不要なので、このブログの後に、部下にプレゼントするつもりです。

Rolex0610rolex

Singapore River 岸のClarke Quayエリアの古物商の華人商人が何気にディスプレーしていた汚いロレックスの古箱(下記参照)を、SGD10で購入してきました(もちろんタックスリファウンドは受けられません)

序に言わせて貰えば、特にイギリス植民地下の旧海峡植民地と香港ではこういった汚いロレ箱を多く見かけます。イギリス人はロレックスが好き、というよりも寒いイギリスと比べてずっと暑いという気候の問題から、Rolex Oysterが好まれるのでしょう。

ところでタクシーの中に放置しようかと思ったこの箱は、シンガポーリアンとの話のネタにはあまりならず、ゴミを日本に持ち帰ったような感じがして不快でしたが、日本のロレオタ仲間には好評でした。。

Rolex0619rolex

しかしながら、たぶん、この何処から流失したかわからないこのような箱に、アンティークの高価なスポロレに付属させ、〝オリジナルボックス付〟といって数万円余計に儲けている人がいて、無知が故に騙される人もいる…日本人同士がこんな結局ゼロサムゲームに没頭している恐ろしい世の中で、

改めてやっぱり〝無知は恐ろしい…〟とも思いました。