PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

同じ型番の追加購入に際するロレヲタ心理を分析する(118206と118206Aの事例を通して)。

2009-04-24 | 悩み

プラチナはレアメタルであることは周知の事実です。有史以来、その産出数量はゴールドと比較しても圧倒的に少ないそうで、ゴールド、特に比較の場合、ホワイトゴールドが黄色く変色するのに対して不変のプラチナが古くからアッパークラスに珍重されてきたのもよく分かります。

気温の高まりとともに〝白系〟ロレックスの登場が日増しに多くなる今日この頃ですが、PTデイデイトのノーマルアイスブルーに物足りなさを感じた私はもう一本PTデイデイトを購入しました。ただし型番は同じでもダイヤ付文字板のそれです。

35万円程で文字板だけを交換して楽しめばいい、という声も有りますが、同じ型番でも文字板や仕様が違えば、〝別物〟ということになります。そうしたロレヲタ的な義務的脅迫観念が起こるわけです(私はバイヤーや商売をしているわけではありませんので、全く同じもの、たとえば16600114270などのまったく同じ型番の仕様を複数購入することに興味はありません)。私は宝飾ロレックスは敬遠しますが、文字板に限れば、〝あり〟でしょう。

徒然草冒頭の〝ゆく川の流れはたえずして…〟という文句のとおり、ロレックス収集において初志貫徹はないわけです。つまり全てのモデルとの〝総当たり戦〟を通して見えてくる確かなものをどのようにとらえるかによって、それぞれのロレヲタがいるわけなのです。

また別の見方をすると、ほかの時計に目移りしても、それが単なる一時的な〝浮気〟であることを気づかせてくれる、自分の理想の女、のような感がロレックスにはあります。 

ロレックスという時計は奥が深いですね。

Rolex118206


THE DAY-DATER。

2009-04-09 | ロレックス

 本日は朝から天気も良く気分も爽快でしたので、午前中は118206、午後から118239を清々しく腕につけて仕事をしております。久しぶりに2,060円で整備完了済みのビアンキでナカメからの通勤です。

 ところで、いつも私は相手から仕事とは関係なく、時計のアドバイスを求められます。〝どの時計がいいでしょうか?〟、〝あれってどうですか?〟、〝今度買いたいので一緒についてきてくれませんか?〟…とかです。

 でも私はその前に一言言います。

 〝私は時計好きではありません。ロレックス好きなだけです〟と。

 ケース素材がどうだとか、あのキャリバーの耐久性がどうだとか、スワンネックがすばらしいとか、ラトラパンテがいいとか、何とか…。

 そんな時計マニア的な関心事項は、私にはまったくもってどうでもいいこと。

 ぱっと見がよければ、中身も素晴らしいはずだ、という理論。

 つまり世間で言う、〝デザインがよければ性能も…〟というあれです。

 だから私はロレックス、とりわけDAY-DATEが好きなだけなのです。

Rolex434rolex Rolex262rolex


16520×116520(その2)。

2009-04-08 | 悩み

表情を比較しても16520の方がいい顔しています。

バックル部を比較しても16520の方がスマートに思えます。

長短針の幅も16520の方がスッキリとしています。

正規店でステンデイトナが入荷すると客は大抵目の前で保証書請求ハガキに記入を強制され、プライスタグを没収される、ということを度々伺ったことがあります。私はこれを聞くたびに、〝正規店店員自身による社内的な転売禁止〟を考えました。

しかし、プライスタグはなにゆえお店に取られる必要がありましょうか。お店には保証書請求ハガキの〝写し〟が、リファレンスとシリアルが印字してある〝お取り扱い店控え〟として保管されるのですから、むしろこの写しだけで充分で、プライスタグは逆にガサバルだけで不要でしょう。しかし、確かにデイトナのプライスタグは数百円で売買可能ですから、西友のお弁当二食分に相当するわけです。

いまやプレミアの付くロレックスはかろうじてステンデイトナだけとなりましたが、ステンデイトナは未だにイヤラシイ思惑を孕んでいるロレックスともいえるのです。

Rolex814rolex Rolex821rolex


16520×116520

2009-04-06 | 悩み

 以前私はともに正規のホワイトの116520のKとF番を所有していました。ホワイトのスポロレはなかなか爽快な感じがしていて良かったのですが、2つともロレ初心者の友人らに売却してしまいました。

あれから3年ほど経過した現在、新型ブレスのステンデイトナを拝見したく、行きつけの都内の正規店に発注、2週間ほどで私の手元に納品されました。

先週からの円安と株高で私的には少々盛り上がってきましたのと、丸の内の綺麗な娘とやっと懇意になれたこともあり、購入したわけですが、116520のブラックは確かにスーパースター的なロレックスですが、私自身には何の感動もありませんでした

特筆すべきは116520の専用箱はこんなにも小さいのか、ということをあらためて実感したのでしたが、たとえ素材がすごいステンレススティールであっても〝クロノグラフで、あの外装の作りで、しかもロレックス〟ならば100万円は当然だと思います。

私、思うのですが、ロレックスはどのモデル、ラインをとっても〝品質と価格〟のバランスが総じて〝均等〟だと思います。だから、質屋に持っていってもそれ相当な価格で引き取ってもらえるのでしょう。

Rolex816rolex

Rolex843rolex