PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

日々雑感。

2019-10-18 | 日記

先日もヲタの某オフ会で時計ヲタの仲間と話していたことだが、

フランクミュラーは悲しくなるほど買取が安い。

と言われる。

逆にこれはフランキーを、そのモデルの中で特に気に入っている吾人にとっては朗報だろう。

私は正規品のみだが、

2000年前後に販売したフランキーの正規品を、今も買っている。

特にイエローゴールドの3Nか4Nを中心に、〝シンプルフランキー〟をだ。

カーベックスを腕に乗せた瞬間からこの時計のとりこになる。

不幸なことに、時計好きでもない、ミーハーな金持ちが脇目もせずに買った時代が、

初期フランキーの2000年前後にあったことは事実。

だから、フランキーの魅力が損なわれたから暴落したわけではなく、マーケットにあふれた

供給過多によるものと考えれば、初期フランキーが即殺されている今日において、販売価格は

マーケット在庫数量の減少とともに上昇していくことは必定だ。

ただし、これらは、カラーダイヤルのシンプルフランキーにまず限られた傾向であろう。

どれだけの時計ヲタが理解できるか、まぁとりあえず300万円もするステンの、汚ねぇースポロレ4桁買うぐらいなら、

100万出してイエローシンプルフランキーを買うべきだろうな。

日々雑感。汚い4桁にハマればハマるほど老後はクライシスだね。

2019-10-17 | 日記

汚い4桁にハマればハマるほど老後はクライシスだね。

これは正論だ。

もはやこの日本経済下で、ポールニューマンや6263、6265を買う年収2000万円以下の吾人はいない。

いたとしたらあぶく銭(本来、あぶくですから。断っておきますので)を得た、一代限りの不動産経営者、中古車カーディーラー、5年後には消えてい

るおしゃれなレストラン経営者、インチキ税理士事務所の資格のない役員、およびそれらを職種とする独身者、でもなければこういった4桁ロレック

スは買えない。または買わない。

先日、とある異業種の懇親会で、下種な女と同席することになりその下種な女の男が、赤巻のポールニューマンのガチャガチャブレスをこれ見よがし

にしておったので、私が関心を示すと、某ショップで1800万円で買ったという。

私は以前ショップで250万円でみたことがあるなぁ。でも日ロレでメンテ不可の品であったのと貧乏だったので即決はできなかったが後悔は今でもし

ていると、伝えると彼に加えて女も神妙な面持ちであった。

私は、こんな汚らしい、軽い腕時計に1800万円もだすのならパテックのホワイトゴールドのパーペチュアルカレンダーノーチラスにするだろうに、と即座に思っ

た次第です。

これは極論だが、5513、1675などに100万円もかけるのはやめましょう。

アンティークはボッタくりです。

買取に出せば、間違いなくあなたは慌てふためき私の言葉を思い出します。

それならまだ、1601や1600の金無垢を買いましょう。

こちらなら、革ベルトものでアッパーは80万円台~アンダー50万円台で買えます。

ブレス付きだと+60万円程度でしょうか。

お金は有限。

すべてを時計に変えてはいけません。

ライカ、金貨、刀剣、外車、絵画、骨董、洋服、アバクロ、、とお金は使います。

何度も言います。

アンティークは絶対に買ってはダメ。

ボッタクラレマスカラ。

お若いのに汚いロレもほどほどにしないとある意味隣席の私のような男から笑われますよ。ハハハハハ


日々雑感。初期フランキーって素敵やね。

2019-10-16 | 日記

皆さんは、〝初期フランキー〟をご存じだろうか。

このブログを定期的に読まれている方なら言う必要はあるまいが、

ロレックス好きを卒業もしくは並行して、時計好きな方がフランキーを買うことにとっては非常にいい時代です。

たとえ中古でも〝正規品〟が半額、またはその程度で東京か大阪のウォッチランドで買えるのですから。

昨今の時計好きにとって、デカ厚時計の人気は急落傾向ですので、小ぶりの時計が大人気です。

また素材ではイエローゴールドが復活傾向であります。

これをフランクミュラーにフォーカスしてみると、

3N、4Nの各6850、5850、2852、7500系統(7502が中心)、ということになり、

2852、7500系統はアンティーク、レトロ感が非常に強いのでこのケース経のフランキーは大人気で、

特に100万アンダーになりがちな、、〝スモールセコンド、ゴールドレター、ブルー文字板〟の7500系統(7502が中心)が

香港、シンガポール、イタリア、イギリスを中心として世界中の紳士に大人気だそうです。

このタイプは私も所有していますので納得です。

だだし、ブルー文字板が買えなかったので私のはブレゲ数字のタイプですが。

7500系統(7502が中心)はボーイズですが、このあたりがスーツっと、ワイシャツの袖から出てくるぐらいが素敵で、

バブルバックや、96を好む方ならお判りいただけるかと思います。

このフランキーは現行ではまずないので、初期がおすすめ。

そうなってくると初期フランキーで正規品、ということになりますので、必然的に、銀座のウオッチランドにお求めやすい

分割ローンで買うことが正攻法、といえましょう。

今日は出社に7502のフランキーで颯爽と仕事モードに入っています、笑。

TUDOR CHRONO 70330B

2019-09-30 | 日記

2010年に、チュードルの復刻クロノが出たときこの広告は今でも鮮烈だ。

→YouTubeでTudor Heritage Chronoを検索


今は2013年にリリースしたこちらのクロノか。

→YouTubeでTudor Heritage Chrono Blueを検索


今のチュードルはブレスがいただけない。

さらに、リベットでもないのにリベット風にしたブレスは最悪だ。

アンティーク調を好むのは家具だけにしていただきたいものだ。

だから、ヘリテージなんて名付ける必要はまったくない。

フツーのオイスターブレスに似ていればそれだけでヲタはスッキリする。

せっかく、欧州で非常に人気の高いブルーの復刻クロノをリリースしたのだから。


この70330Bは非常に人気で日本ではこれをカジュアルにかっこよく決めている吾人は少ない。

というか地味に入手困難になりつつあるのだが。


圧倒的に5513の汚いサブマリーナに、自分で無理やり穴をあけて激しく叩いてスラして仕上げたツナギのジーンズに

農夫らしい、これまた汚らしいアバクロほどのTシャツでクールに決めている阿呆が多くみられる(東京)。


もういい加減にして、この辺の現行復刻チュードルクロノで決めてみてはいかがだろうか。


日々雑感。6桁大崩壊

2019-09-25 | 日記

6桁現行スポロレのこの一か月は劇的であった。

当然と言えば当然。

プレミア投資と勘違いして投機に走った連中は最終的にババをつかんだのだ。

私はガンガン、グリーンサブを酷使している。

グリーンサブの暴落が一番マーケットではひどかった。

次にまずかったのがGMTであった。

現在の暴落はいわずもがなであるが、あと二段階下落するとみている。

次に暴落が予想されるのは、ステンレスの現行ノーチラス5711/1Aだ。

これは青も、白もだ。

さらにこのノーマルノーチラスよりもひどい暴落はクロノーチだ。

正直、ステンレスにもかかわらず、ノーチラスでクロノグラフ、というだけで

1000万円オーバーはありえない。

正直、時計ショップの連中はエグイ価格設定をして消費者からボッタクル合法詐欺集団に近いと思う。

とくにアンティーク時計。

私的には人気や在庫がどうであれ、1990年代の相場が一番しっくりとくるのだが、それは難しい。

さもなければ、2013年前後の相場には戻せるだろう。

いまは納得の下落まで絶対に買ってはいけないのだ。

とくにコレクターは買ってはいけない。