PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

オールドライカの広告

2009-01-30 | ライカ

 私は古書店(海外も含む)に無造作に放置されている1970年代以前の古雑誌が好きです。なぜなら思わぬロレックスの広告があるからですが,大抵は現在も存在するメジャーな雑誌が多いので,案外,発見しやすいのも事実です。

 まだまだ市井のロレ雑誌や特集に掲載されていない,未発見の広告を私はたくさん持っていますので,折を見て皆さんに紹介したいと思っています。

 そんな中で,LEICA M3の広告を発見しましたので,アップします。

 ロレックスの広告は数千円から数万円で取引されているようですが,〝ライカの広告〟となると,私にはタダ同然ですが,それでも逆にライカヲタから見ると,ロレ広告もタダ同然に見られているのも確かなようです。

Leicaad Leicaad1


この記事をはてなブックマークに追加

Ref.118206×Ref.118239

2009-01-28 | 悩み

Rolex416rolex_2

 特にプレジデントブレスのヘアライン仕上げ部(コマの両端部)を比較しますと,18ctWGのロレックスよりもPtのロレックスの方が白さを感じます。

 18ctWG製は光の加減によってはやや黄色く見えますが,Ptはそのような感じがしないのはご覧の通りです。

 〝18ctWGのロレックスは白いのでSSのロレックスのようで嫌だ〟と言うのは,妄想で,むしろPtの方こそSSのロレックスの様でもあります。しかし,地金から発する神々しい白金の輝きはロレックス戦歴を経験した,Ptロレックスを持つ者しか体感できない感動を覚えるはずです。


この記事をはてなブックマークに追加

…もはやこれまで。日本経済,瓦解す。…ジ・エンドです。

2009-01-26 | 社会・経済

 国内大手輸出企業の経営臨界点であった1122の日本円対米ドル為替レートクライシス勃発以降,3ヶ月も経過しているにもかかわらず,日銀券の発行量もこれほど増大させているが,恐ろしいことにインフレにも触れず,円高が異常進行しもはやコントロールの効かないボブスレーの如く急傾斜の谷底をまっしぐらに突っ込んでいっています。

 自民党は次回の選挙で大敗北ですが,果たして民主党が有効な経済政策を実行できる頭脳集団とも思えません。

もはや操縦杆の部品交換をしなかったがために故障のまま滑走している日本経済。雪山に衝突するか,なだらかな平地を滑走するか,または急上昇するか,途中で即死するかは各自の体力しだいですので,判りません。

 しかし, 『100年に1度』の経済危機という認識がノスタルジックな閣僚にあるのなら,なぜ100年に1度の経済政策』を実行しないのでしょうか。

言うだけタダ,もはや幕府瓦解時の『ええじゃないか』的な思考しかできない,日本政府。

 ゲーセンで消えてしまうような乞食騙しの金額を一部の国民に散布しても…。日本を乗せた高速ボブスレーはそうそう止まりません。

政府は内需拡大の方針ですが,二年前にこのブログでも発言したように,日本の高度成長は確かに都市部にやって来た田舎者が家電製品を個々に購入するようになる1960年代の内需によって拡大されたのは学界的にも認識されています。しかし,1970年代以降,バブル期も含めて,日本経済は外需によって繁栄してきているのです。そう考えれば,焼け石に水的な内需に税金をばら撒くよりも,また円安に歯止めが効かない以上,企業にメリットのあるばら撒きと同額規模の減税政策をする必要もあります。

しかし,もはやタイムリミット,つまり,ジ・エンドなのです。

 私はあの国内株価大暴落に大量に購入し,購買差額18値上がりした国内株を売却して得たお金を見通しのつかない国内銀行数十行に分散させる,という引き篭もり的な保守的人間からの脱却を計画しているところですが,私の友人は先月,ゴールドロレックス3(1820611652816808)を持って,東南アジア某国の永住権獲得のため,日本を脱出しました。

 こんなこと,言いたくはありませんが,日本,かなりヤバイです。

 それでも,私は友人の高級官僚らとともにローレックスをして日本経済を再生させたく,今,力強く,そう,思います。

 画像は私が入居予定のナカメのアパート。

114_2


この記事をはてなブックマークに追加

〝白いロレックス〟

2009-01-16 | ロレックス

 プラチナデイデイターとして,今更ながら言いますが,〝白いロレックス〟と呼べるのは,プラチナロレックスだけです。もちろん男性用ならば,Pt-DAY-DATE(ピーティー・デイデイト)です。

 レアメタル・プラチナデイデイトの重さに耐えられず腱鞘炎の症状がみられそうなお方にはお薦めはできません。もちろん大学紛争にも参戦せずにただ単に年をとった小ウルサイだけのロマンスグレーの華奢なオジサマには精々,合型のロレゾールが関の山ですが。

 ちなみにデイデイターである私の最近の日常使いは,異常不況の中,日々のヒートアップを幾分冷ましてくれる118206氷青が,今の私にとってのリラクゼーションです。

 プラチナデイデイター予備軍のお方には,プラチナの重さや輝き具合から言っても150万円オーバーならば,18206系購入はNGでお金をドブに捨てるようなものです。

同じプラチナデイデイトでもたとえ数十万高くても118206の方が満足で正解です。

 118206購入のポイントは,中古フルコマ・アイスブルー文字板で280万円程度,新型クラスプ,ロレックス打刻サークル,特にZ番以降です。新品ならば330万円程度でしょう。ちなみに1コマ約13万円,外装変形の恐れのある中傷以上のケース研磨はメーカーでは基本的に困難です。

2009年新年の中目にて。

118206sinu


この記事をはてなブックマークに追加