石川県新生活運動協議会・石川県生活学校連絡会~~~あしたのまち・くらしづくり~~~

〒921-8105
 石川県金沢市平和町1丁目3番1号 石川県平和町庁舎内
 電話・FAX 076-245-6581

令和2年度地区別研究集会(金沢)開催される!

2020-07-10 13:22:57 | 日記
令和2年7月9日(木) 13:30~15:30
石川県女性センター 2階大会議室
参加者 40名

令和2年度 石川県生活学校連絡会 地区別研究集会(金沢)


課題「災害に強いまちづくり」
テーマ「健康を守るために~平時の備えと災害時の方法を考える」

司会進行 石川県生活学校連絡会 副会長 長田千代子

ねらい
 第33回石川県生活学校大会(平成19年度)において、災害に強いまちづくりは、普段から
家族や地域で話し合っておく必要があり、今後も定期的継続的に防災を考え、学んだことを
人に伝えるよう努めていくことを確認しました。
 本研究集会では、昨年度に続き「災害に強いまちづくり」をめざし、平時はもとより災害時に
おいて健康を守るための方法を考える機会とします。


開会あいさつ  石川県生活学校連絡会 会長 中谷純子

来賓あいさつ  金沢市市民局人権女性政策推進課 課長 石田真紀子氏

来賓      石川県新生活運動協議会 常任理事   梅田和秀氏
        石川県新生活運動協議会 理事     本 珖恵氏


シェイクアウトいしかわ 実践




防災ワールドカフェ
 講師 石川県立看護大学 地域看護学 曽根志穂氏

 〇話題提供「「災害時に健康を守るために~いつもの備えから~」

 〇防災ワールドカフェ説明
   ①今、災害が起こったとき、あなたや家族、地域で困ること、問題になること
   ②災害時に健康を守るために備えておくもの
   ③災害起こったとき、健康を守るためにできること


 〇8グループ  15分×3

 〇発表

講評 石川県新生活運動協議会 常任理事 梅田和秀氏

閉会あいさつ  石川県生活学校連絡会 副会長 松本多美子

野々市生活学校 防災グッズの展示
        石川県発行「避難所における新型コロナウィルス感染症対策指針「暫定版」」

消費者トラブル防止啓発チラシ展示


*********************************************************

蒸し暑い日でした。窓全開にして開催しました。
石川県女性センターにより、マスク着用、検温、消毒の実行と
参加者を普段の半分にする、名簿を供えるが義務づけられた中での開催でした。

今年度初の行事となりました。
昨年に引き続き防災について考える機会となりましたが
九州や岐阜の大雨の被害をみると心が痛みます。
被災者の皆様の健康が心配です。
どうか一刻でも早い復旧をお祈りしております。

新型コロナウィルス感染症対策を取り入れた避難所の様子がニュースで流れています。
3密に配慮したものになっていますが、
避難所や被災された人の健康がとても危惧されます。
難をのがれても、そのあとの生活環境の悪さで2次被害が出ています。

今回は災害時に起こりやすい健康問題をとりあげ
教えていただきました。
その後困ること。健康をまもるために備えておくものや
災害時に健康を守るためにできることを話し合いました。

普段の生活を見直すことが大切と改めで実感しました。

一人では家族だけでは解決できないことがいっぱいです。
共助が必要といっても、普段からの交流がないと協力しにくいものです。
健康を守るのは自分自身です。

多くの人が今だからこそ、話し合っておく
まずは家族から。次に近所、友人、地域と広げって確認しておきましょう。

災害が起きるとそれに便乗した消費者トラブルも起きます。
消費者トラブルにも気を付けたいものです。


************************************************************
コメント

令和2年夏の交通安全県民運動始まります!

2020-07-08 14:56:24 | 日記
北陸三県統一の
夏の交通安全県民運動が始まります!

期間 7月11日(土)~7月20日(日)
 

さわやかに 夏を走ろう 北陸路(北陸三県統一スローガン)


7月20日は北陸三県統一
 「子供と高齢者の事故ゼロの日」です!


運動の重点
◆子供と高齢者の交通事故防止(北陸三県統一重点)
 しっかりと 止まってかくにん 横断歩道

◆無謀・暴走・過労・飲酒運転の根絶と運転マナー向上
 あおるより ゆずるあなたg かっこいい

 「あおり運転」行為を受けたときは、
  安全な場所に待避して、直ちに110番通報をしましょう!


◆自転車の安全利用の推進(特に自転車安全利用五則の周知徹底)
  危ないよ イアホン スマホで うわの空

◆すべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  チャイルドシート ちいさなVIPの 指定席


************************************

石川県では今年度交通死亡事故が多く「警報」がたびたび出されています。
交通事故は加害者も被害者も大変です。

交通マナーやルールをまもり交通事故防止に努めましょう。
一人だけなら大丈夫と思わず、
率先して実行することが大切です。

特に交差点付近、夕暮れなど注意をお願いします。

****************************************
コメント

熱中症予防のポイント!

2020-07-08 14:10:23 | 日記
熱中用予防のための新たな情報発信に関する検討について(環境・気象庁)資料より

熱中症について

現状
1.気温の上昇と熱中症の増加
   日本の夏(6~8月)の平均気温は100年あたり約1.1℃の割合で上昇
   近年、熱中症による死亡者数・緊急搬送人員数は年々増加傾向
   今後も気候変動等の影響により熱中症は増加すると考えられるため、
   適応の一環としても、対策を強化することが必要

2.現行の伝達手法
   環境省:暑さ指数(WBGT)
    全国840地点の予測・実況値を環境省Webサイトで公表
    毎夏提供機関内に3000万の
   気象庁:高温注意情報
    「最高気温」が概ね35℃以上の予想で関係機関へ配信
    前日は地方、当日は府県単位で配信

3.現行手法のメリット・デメリット

   暑さ指数
     メリット  熱中症の救急搬送人数と相関が高く、ISOで国際的に規格化されている
           各種団体等において、具体的な対策行動が示されている
     デメリット 国民の間の認知度が低い
           環境省のホームページで掲載しているが、プッシュ型の伝達経路がほとんど活用されていない

   高温注意情報
     メリット  基準が明確でわかりやすい
           自治体や報道機関への伝達経路が確立されており、一般まで広く情報を伝えられる
     デメリット 発表基準(最高気温35℃以上)が必ずしも熱中症の緊急搬送人数と相関していない
           具体的な対策行動とセットではないため活用しにくい
           発表回数が多く情報の重みが薄れてしまっている

今後

新たな情報発信~熱中症警戒アラーと(試行)
 環境省 「暑さ刺繍」の運用実績 各省・各種団体とのネットワーク
 気象庁 防災気象情報のノウハウ 確立された伝達経路

 熱中症警戒アラート(試行)
               熱中症リスクにきわめて高い気象条件が予測され、
               国民各層において適切な対応をとってほしい場合に、
               環境省及び気象庁から、疲労情報発信

今後のスケジュール
 今夏に、一部地域で先行実施しその後検証  7~10月
 令和3年 全国で本格実施


熱中症予防のポイント
 〇部屋の温度をこまめにチェック!
   (普段過ごす部屋には温度計を置くことをおお奨めします)
 〇室温28℃を目安に、エアコンや扇風機を上手に使いましょう
 〇のどが渇かなくてもこまめに水分補給!
 〇外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も! 
 〇無理をせず、適度に休憩を!
 〇日ごろから栄養バランスの良い食事と体力づくりを!


*********************************************

「警戒アラート」というと小池都知事が新型コロナ感染予防対策のことが思い出される。
「熱中症警戒警報」ではだめなのだろうか?

以前暑さ指数を紹介したが
単位が℃と同じなので温度との区別がつきにくい
気温は度で指数は℃にするとか区別がはっきりつかないと
認知度を上げるためにも必要ではないかと思う。

新型コロナ禍においてマスクをしていると
熱中症になりやすいというが
厚労省のホームページではそのことについても情報を発信しているので参考にされたい。

蒸し暑いのは当たり前だが
「50年に一度の大雨」が毎年続いている(ニュースでの被災者のコメント)という。
熱中症予防だけでなく、気象に関することにも興味をもって
地球温暖化防止に努めていかなくては!

*******************************************

コメント

新型コロナウィルスの影響で困窮する学生を支援!~~~野々市市

2020-07-06 13:24:28 | 日記
令和2年7月4日(土)
野々市市役所 議会口

新型コロナウィルスの影響でバイトなど収入が減った皆さんへ
大学生などへの食料品応援フードパントリー

対象者  野々市在住のひとり暮らしをしている大学生(専門学生含む)
対象人数 100名(先着順)
持参物  学生証

主催 野々市市社会福祉協議会
共催 野々市市
協力団体 野々市生活学校

7月3日北國新聞によれば

食品の提供を呼び掛けたところ、1か月ほどで市民を中心に12000点が寄せられた
4日市内の一人暮らしの学生に配るのを皮切りに継続的に実施し、
ひとり親世帯にも対象者を広げていく考えだ。


**********************************

市の広報でこの活動を知った野々市生活学校がフードドライブを実施し、
集まった食品を寄付したところから始まったそうだ。
フードドライブを年2回実施し、
集まったものを福祉施設「ののの木」に届けている野々市生活学校だが
少しでも協力できればとの思いが強くメンバーに呼びかけた。

これも日ごろからのつながりがあったからであろう。

新型コロナウィルスの影響で、
今年は草団子を高齢者にふるまう「ふるさとの味めぐり」が中止になり、
また、子どもへの料理指導も中止になるなど(代わりに新聞紙でマイバッグ作りを教える)
やや心がなえていたときだったが
地域のためにと協力を行ったそうだ。

「自分たちができることを」と前向きに活動している様子が伝わってくる。

***************************************



コメント

「早寝早起き朝ごはん」~~~眠ることと起きること!

2020-07-06 11:51:53 | 日記
「早寝早起き朝ごはん」全国協議会より発行
 「小学生のための早寝早起き朝ごはんガイド~保護者・指導者むけ」冊子より

平成18年に「早寝早起き朝ごはん」国民運動が始まって以来、
関係者の皆様方のご尽力のおかげで
全国に「早寝早起き朝ごはん」が認知され、
その成果として、子どもの朝食摂取率が改善され、
規則正しい生活リズムをみにつけるためのしつけをする保護者が増えています。

(中略)

運動をより実効のあるものとして広げていくためには
保護者の方々をはじめ、学校教員や地域の大人の方々などに、
広く「早寝早起き朝ごはん」の重要性を知っていただく必要があります。


ということでガイドができたそうです。


眠ることと起きること

眠るということ
  生まれてすぐの赤ちゃんは「飲むー寝る」を繰り返していますが、
  生後4か月ごろには、昼間起きている時間が長くなり夜は少しずつまとまって眠る、
  という一日のリズムができてきます。
  このリズムに則ってホルモンなどが分泌されるようになります。

 メラトニンと成長ホルモン

  子供の成長に欠かせないホルモンとして、メラトニンと成長ホルモンが挙げられます
  メラトニンは入眠を促す働きがあり、メラトニンが分泌されることによって
  体温などが下がり、自然と眠りにつくことができます。
  また、生体リズムの調整にも大きな役割とはたしています。
  成長ホルモンは、寝入ってすぐの深いノンレム睡眠時にたくさん分泌されていて
  骨や筋肉を作り成長を促したり、免疫力を高めたりする働きがあります。

 睡眠と記憶
  脳は眠っている間にその日起こったことや学習したことを繰り返し再生していて
  必要な情報は記憶し、不要なものは消去します。
  主に記憶の整理や定着が行われるのはレム睡眠時ですが、
  レム睡眠は、ノンレム睡眠をしっかりとった後に出現します
  そのため、夜更かしなどにより睡眠時間が短くなると、レム睡眠が少なくなり、
  せっかく学習・経験したことが定着しにくくなる恐れがあります。

 睡眠は、体を整備し、成長させ、健康に保つだけではなく、
 新しく学んだ知識や運動の技能などを定着させる重要な役割を担っています。

 そのため日ごろからしっかりと睡眠時間を確保することが大切です。



起きるということ
 体内時計と朝の光 
  体内時計のうち中心的な働きをしているものは脳にあり、
  ホルモンなどの分泌や睡眠・覚醒に関わっています。
  この体内時計は、24時間より若干長い人が多くで、放っておくと日々ずれていってしまうので
  どこかで修正する必要があります。そのずれを修正するのが朝の光です。

 セロトニンの役割
  目が朝の光を感じると、セロトニンという脳内物質が分泌されます。
  セロトニンは、脳と体を覚醒させ日中活動しやすくするとともに、
  心のバランスを整える(イライラをおさえ、機嫌がよい状態にしてくれる)役割
があります。
  さらに、眠りを誘う働きを持つメラトニンの生成にもかかわっています。
  メラトニンはセロトニンを材料にして作られるため、
  昼にセロトニンがしっかり分泌されていないと、夜にメラトニンが不足してしまい、
  寝つきが悪くなります。
  そうすると、日中眠くなったり、機嫌が悪くなったりするのです。

  朝起きてしっかりと活動するためには、夜ぐっすり眠ることが大切です。
  そのためには、セロトニン分泌を増やすことが不可欠です。
  セロトニンの分泌を増やすためには
  「太陽の光」「リズミカルな運動」「人と関わる(face to face )のコミュニケーションをとる)こと」が大切だと言われています。

 セロトニンの分泌を増やすために
  〇朝起きたらカーテンを開け、朝の光を浴びましょう!  
     お散歩などの軽い運動や、朝ごはんの配膳などのお手伝いで身体を動かすことも効果的です
  〇朝ごはんをよく噛んで食べましょう! 
     リズミカルな運動には体を動かすことのほかに「よく噛んで食べること」も含まれています。
     食べ物が胃に送られてくると腸や大腸が動き始め、朝の排便習慣にもつながります。
  〇日中は元気に体を動かして遊びましょう
     明るい環境で身体を動かすことは疲れて寝つきをよくするだけでない、
     セロトニンを増やす効果もあります。
     家族やお友達とコミュニケーションをとることで気持ちも安定します


*******************************************

このあと、朝ごはん、運動・遊びと続きます。
なぜよいのか。必要なのかがかかれています。

昔から「早寝早起き」や「朝ごはん(三食食べる)」ことがいいよと言われてきました。
しかし、現代の生活環境では難しい面が出てきました。
そこで、なぜ必要なのかを知り、子どもたちと一緒に実践することが大切となりました。

子どもだけでなく、大人にも当てはまります。
なぜ寝ることが大切なのか。朝起きることはどういうことなのかを
しっかり学び、
健康のために実践していきたいものです。

*******************************************



コメント