goo

ウイスキー&ビアキャンプ2015(帰路):長和町へ


楽しかった2日間も終わり。
東京に帰らないといけない。
レンタカー(ヴィッツ)のエンジンをかけると、ナビをセットした。
朝の長和町を去り。
高速道路へ向かった。



「風ヲ切リ、タダ速ク、走ル」
「街ヲ過ギ、山ヲ超エ、谷ヲ超エ」
「道ノ先ヘト、タダ早ク」
「ソシテ、次ノ道ヘト、タダ早ク」
「路ノ先ニ、タダ早ク」
「マタ超エテ行ク」

路面の状況が、ハンドルから伝わってくる。
車体を高速で走行させる運転は、走るというより、滑るように感じる。
そして、1秒が長い。
運転中は、1秒以下の時間においても意識を向けなければならないことは多く。
日常生活と運転中とでは消費する時間は同じでも、感覚は異なる。

マニュアル車と違って、AT車はブレーキペダルを踏まないと減速されない。
NAは、バイク乗りだったこともあってか、
エンジンブレーキで減速する感覚(クセ)が身についている。
オートバイにはAT車など、ほとんどなく。
エンジンブレーキが使えないのは落ち着かない。
逆にタイヤ(車輪)が4つある乗用車は、転倒することなどなく。
エンジンの出力(馬力)もあり、安定感がある(当たり前だけど…、ね)。
もっとも、NAがバイク乗りだったのも、数年前になる。
ずいぶんと以前の話になってしまった。
多くのレンタカーは、ガソリンを補充して返却するようになっている。
ナビによると、東京から長野までは、195km。
それを往復している。
ガソリンスタンドで給油すると27リットルも消費していた。
金額は、¥3580-。
運転は、久しぶりでもあり。
正直、ガソリン代が高いのか?安いのかも分からない。



(外部サイト「まるごと長和町」「ブランシェたかやま」

蛇足:
長和町のペンション村にて見つけた看板。
「パラグライダースクール」
今回は、時間的に難しかったけど。
今度は、空を飛んでみるのも楽しいかも知れない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウイスキー&ビアキャンプ2015(ライブステージ編):長和町へ


例年、行われるライブステージ。
深瀬人寛さんのステージは、1日目。

両日の司会進行なども行っていた“高橋ちか”さんのステージは、2日目。
あんまり考えたことはなかったけど。
楽器演奏者にとって、屋外は厳しい環境かも知れない。
雨天になってしまった2日目のように気温が低ければ、指先に負担がかかる。

蛇足:
今回、Youtubeから、楽曲を引っ張ってくるかな?…などとも思っていたのですけど。
色々あって、断念。
かわりに残りの画像をアップしておきます。



例年、ブースを出されているインド料理。



来月、10月3日、4日に「清里」の「萌木の村」で行われる
ウィスキーフェスティバルのブース。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウイスキー&ビアキャンプ2015(2日目):長和町へ


9/5(土)、6(日)において、
今年も長野県長和町で行われた「ウイスキー&ビアキャンプ2015」。

台風接近中にも関わらず快晴だった1日目とかわって…。
どんよりとした2日目。

お昼前から、雨天となってしまった。
このような屋外のイベントでは、仕方のないところ。
もっとも、こんな事態も考えて、
ゴアテックス(透湿防水)製のジャンパーとベースボールキャップを準備しておきました。
ちょっと驚いたことに用意周到な人間は、ずいぶん多い。
多少、閑散とした状況にもなりましたけど。
雨の中、楽しむことになりました。



会場内にあったアウトドアグッズのブースにて、
防水ポンチョを購入されていた方もおられました。



あれっ?
この方は…。



ニッカウヰスキーもブースを出しています。

(ライブステージ編へ続く)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウイスキー&ビアキャンプ2015(1日目):長和町へ


9/5(土)、6(日)において、
今年も長野県長和町で行われた「ウイスキー&ビアキャンプ2015」。
(関連する過去の記事「ウイスキー&ビアキャンプ2014:出発編」)
色々と考えたり、調べ直したりしてみたけど。
いい言葉も思いつかなかったので、
まず1日目の画像だけアップ。



もはや、おなじみ(?)のタリスカーのブース。





各クラフトビールのブース。




ビールとあわせて、ジョッキも販売していたブース。
<外部リンク「AJBブルワリー」>




屋外イベントの強み、食品ブースが充実。
やはり美味い。



このような屋外のイベントでは、色々とありがたいアウトドアグッズのブース。
ケミカルライトのようなものも扱って欲しかったところ。



「磨き屋 シンジケート」のブースにて、今回、NAも購入したビアマグ。
各ブースでの利用も可能でした。
(2日目へ続く)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

4時間ドライブ:長和町へ


昨年、アウトドアウイスキーフェスティバルから、
ウイスキー&ビアキャンプへと名称が変更された。
長野県長和町のウイスキー&ビアキャンプ。
今回で行くのは5度目になる。
(関連する記事)



今回、レンタカーを準備して、
東京から長和町まで移動することにしました。
利用したのは、白のヴィッツ(トヨタ)。
車内には、ナビ(カーナビゲーションシステム)も用意されている。
このナビは、画面がタッチパネルになっており、
側面に付いているスイッチ類と併用して操作できる。
まずは、ラジオに合わせて音声をチェックする。
ラジオの音量と操作音に差異がある。
それが気になったが、目的地である宿泊先の位置を入力する。
学校や駅などのような公共施設や著名な施設なら、画面から選択できる。
それほどの施設規模のないところなら、住所入力することもできる。
今回は、最寄りのスキー場を選択し、「案内開始」ボタンを押すと、
ナビはルート検索中となり。
車内はラジオの音だけとなった。
しばらくして、ナビの音声案内が始まった。
まるでナビが考え込んでいたようにも思えて、不思議な感覚になる。
「…目的地まで4時間です」
ナビの音声はラジオに対して、やはり小さいようだ。
画面は開いて、音声を調整する。
なかなか多機能で楽しそうだけど。
運転中に不用意なことをすれば、事故になりかねない。
必要な操作だけを、ちゃんと確認しておくことにした。



東京から離れていく。
普段、都心で暮らしていると、実感はないけど。
世界的にも見ても(…と言っても、知っている範囲なのですけど。)
東京は“街”として、異常な空間。
文化や宗教的な制約を受けずに、世界中の料理や飲料が味わえ。
24時間営業している店も多くある。
外国の街…。
世界中に知られているロンドンやラスベガスのような街でも、
深夜に「ビールでも飲みたいなあ」と思っても、かなり苦労した気がする。
そんな東京から、ゆっくりと離れていく。

4時間後、ナビの案内により、目的地に到着。
午前8時30分…。
少し早かったかな?



道路わきには、キノコが生えていた。
これを食べていたら、ちょっと楽しい気分になれたかも知れないけど。
やめておくことにしました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ