鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

眠り下手

2018-05-03 21:21:21 | 睡眠

昨日の夕刻からの雨は、深夜になって、本降りとなった。
そして、昼頃には、止んだけれど、今日、明日にかけて、大気の状態が不安定で、ゲリラ雨になるという予報である。

基本的に、ワタシは、雨が嫌いではない。
外出する予定がなければ、雨もまた至福・・・と思うている。

雨音を聴きながら、眠るのは最高であるし、外出の予定がないから、強制的に起きなければならない・・・というプレッシャーがないので、気持ちもゆったりしてくる。

ワタシは、外出が苦手で、今は(今も)、掛値なしの引きこもりだけれど、その一因に、寝起きが、極端に悪い・・・ということだろうか。

無理して起きると気持ちが悪い。
吐き気、嘔気が襲ってくるから、この恐怖から、眠るのを、無意識に拒んでいるようなのだ。

眠ろう、眠ろう・・・あすは外出しなければならないのだ!と思うと、いつまでたっても眠れないので、最近は、起きていることにした。

一昨日、相方の日光へ出向いたことは、一昨日のブログで記載したが、この日も、所謂、徹夜明け?状態で、殆ど眠っていなかった・・・少なくとも、断眠してから、既に24時間は経過していて、そのまま出かけた。

自宅に戻って、iPhoneの歩数計を見ると、1万歩に少し及ばなかったけれど、5キロ前後は、歩いたと思う。

それで、その日は、疲れていたのに、眠りについたのが、日付が変わって数時間後の午前3時であった。

自然に目が覚めたのが、午前7時少し前で、4時間くらい熟睡したのだけれど、目が覚めたときは、夕方になってしまったのか・・・と思うくらい、よく眠った感があって、たった4時間でも、12時間眠った感と同じくらいの感覚で、深い眠りというのは、有難いモノだな・・・と改めて思った。
そして、深い眠りが、身体の疲労を取り去ると伴に、脳の疲労もてきめんに回復させることを知った。

眠りが浅く、ダラダラ眠っても疲れは増すばかり。

深く短時間に眠れるヒトが、うらやましい。
人生が、倍使える。

そういう深い睡眠体質になるには、悩みごとがあっても、コレは、コレ、ソレはソレ!と、モノゴトを分別できる思考が必要で、ワタシのように、ひとつつまずくと、ドミノ倒しのように、ネガティブに取り憑かれるのは、ダメで、コレは、もう私自身がなくなり、思考にジャックされた状態になってしまって、もう幾久しい。

こんな難儀な体質(性質)は、母親譲りで、ワタシの母は、もっと極端だ(けれども、一度、ソレを忘れると、アトを引かないところは、全く違う)。

いつまでたっても眠り下手だが、数年に一度のあの深い眠りを手に入れたいと思っている。

コメント