鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

冷たい向い風の中で・・・。

2008-12-31 21:05:37 | Weblog
午前中から、強風の兆し。
夕方から、ものすごい風。
なんとなく、大晦日・・・。
今年も暮れ行く・・・。

ここ数年のことですが、大晦日といえど、あまりテンションが上がらないような気がしています。

大掃除をやっても、大して綺麗になったような気もせず(家屋が古いしな・・・)、それでも、昨日よりは、少しはマシか・・・といった感じなのです。

・・・だから・・・なんなんだ!と言いたくなる様な・・・。

どうせなら、何もせず、普通と変らず、仕事でもしたい(嘘です)気さえしてくるのは、何故・・・?
・・・というような感じなのです。
昔は、大掃除だ、買出しだ、ソレ!って感じだったんですけどね・・・。

今日の風の強さは、今年の後半から来年にかけての景気の動向を、顕著に予言しているようなそんな気がしています。
微風は、やがて、強風に変り、荒れまくり・・・。
製造業の次は、何処に伝播するのでしょうか?

ワタシ個人的にも、この先、3ヶ月の動向がまるで、読めません。
ど~なるのかしら・・・???。
もしかしたら、仕事が変っているかもしれないし、なんとか現状維持しているかもしれないし・・・。

年の瀬くらい、心静かにすごしたいものです。

今年、幸運だった方も、ちょっと不運だった方も、来年は、よい風が吹きますように・・・。


どちらさまもよいお年をお迎えください。

コメント

2008年読書総括

2008-12-30 21:05:55 | Weblog
よく晴れて、今日も穏やかな一日。

・・・それなのに、お昼近くまで、眠ってしまい、半日、ムダにしてしまいましたとさ・・・。
カーテンなんかの大物をお洗濯しようと思っていたのですが・・・。
明日から、寒くなりそうとの天気予報。
暖かいうちにやっておけば、良かったのに・・・と後悔先に立たずってとこです・・・。

昨日は、『演劇』についてあれこれ書きましたが、今日は、ブログタイトルトップの『読書』について。

これも、今年は、あまり満足に読むことができませんでした。

どうも、集中できないというか、何ページか読むと、意識が他の事を考えてしまって、どうにも、こうにも先へ進まないといったカンジでした。

去年くらいだったら、1週間に2冊ペースくらいで、読めていたのにな・・・。

今年の7月に、自室にエアコンを設置する関係で、部屋に積んであった本を撤去(拙ブログ7月23日~28日あたりをご参照くださいませ)した頃から、どうも読書も進まなくなってしまいました。

目が、ますます悪くなっているのも一因か・・・。

それでも、一度、撤去したものの、また新に本を買ったりしているので、またまた本の塔の建設中です。
しかも、未読のものばかり・・・。
まさに『積読(つんどく)』。
早く読んでしまいたいと思うのに、なかなか、思うように読めないって・・・。

・・・ということは、やはり、ブログタイトル・・・変えなくてはいけないか・・・。
看板にいつわり有り・・・だもんな・・・。


ただ、言い訳させてもらえれば、今年、自分の人生で、会社が無くなったり、新しい仕事(・・・と言っても、基本的には、変りないのだけれど、手法が変わりました)になったりする中、表面上は、いまだ、変化は、ないものの、この本を読んで、内面が少しづつ、変ったと感じる・・・本に出会いました。
ここで、詳しく書ける程、まだ、読込みが足りないので、今は、ご紹介することが出来ませんが、この本を、通しで、3回くらい読みました・・・。
そのせいで、他の本が読めなかったということを、敢えて、自分を弁護する意味でここに記しておこうかと思います・・・。

でも・・・いつもの年より、読書時間も相当減ったという事実は、認めております。

来年は、もう少しね・・・。増やしていきたいし、読書感想ももっとたくさん書いていきたいと思っています。

コメント

2008年演劇総括

2008-12-29 21:14:54 | Weblog
昨日からの強い風もおさまって、穏やかな年の瀬。

この間から、今年一年の演劇のまとめでも書こうと思っていたのですが、どうも今年は、印象に残ってるものが、あまりない・・・といった感じで、結局、書けずにいたのですが・・・。
やはり、ブログのタイトルの二番目に『演劇』と標榜しているからには、書かずにはいられまい・・・別に書かなくてもいいのだけれど・・・誰も要求していないのだし・・・。

どうしましょう・・・。
演劇に飽きたか・・・。

・・・となると、来年からブログタイトルも変えるか・・・『演劇』外してさ・・・。
読書も、ロクな文章を書くことが出来なかったし、音楽に至っては論外・・・。
まるでダメな一年でしたね・・・。


さて、演劇・・・。

今年は、冬から悪天候に見舞われて、予定していた2月の観劇は、全部、ボツになってしまっていて、今年の観劇動向を予測するようでした。

観なければ良かったと思う作品もいつもの年より多かったのも今年の特徴だったみたいで。
何だか、どうも・・・。
演目の選択を間違えてしまっていたのでしょうか・・・。
いろいろ、公私ともに、いろいろ心配事の多い1年でしたし(会社が無くなったりとか・・・)、コンディションも決して良いとは、言い切れない1年でしたしね。
観劇後、物凄い頭痛に襲われたり、観劇中、腹痛に襲われたりと・・・。

それでも、やはり、都内へ出れば、気晴らしには、なりますしね。

それでは・・・。
昨年に引き続いて、2008年の演劇・My・best 3

1位  ルドルフ (5月帝劇)

2位 人形の家(9月シアター・コクーン)

3位 五右衛門ロック(7月新宿コマ劇場)
同率3位 愛柁姫 (8月歌舞伎座)

・・・といったところを挙げておきましょうか・・・。

コメント

休日出勤

2008-12-28 21:15:00 | Weblog
良く晴れたけれども、風の強い一日

昨日から、年末・年始のお休みに入りましたが、26日までに一応終わらせておかなければ、年明けの提出に間に合わない会計処理が、雑用ばかりが、たてこんできて、なにひとつ、手をつけられなかったので、去年の暮れに引続いて、昨日は、休日出勤でした・・・(残業・休日出勤禁止令が出てるってのに・・・今月は、何故かいつもの倍やってしまっていて、ちと・・・ヤバイ感じなのですが・・・)。

そんな事情から、今日は、日曜日ですが、土曜日っぽい感覚なのです。

休日出勤の良いところは、電話は、まるで、かかってこないし、いつもの書類配布もないし、もちろん、接客に伴うお茶汲み・・・なんて仕事?もないし、デスクに座ったまま、じっくり、本来の仕事が出来るってことですかね・・・。四六時中、ひとの視線に晒されることもなくて・・・。
いいなぁ・・・こういう環境って・・・。
何も気を使わずに、期限付きの仕事をじっくりやって、ミスもきちんと発見できて・・・。

普通の日だとこうはいかない・・・。

一応、朝、出勤して、朝礼が終わってから、『今日中にやらなければいけない仕事』の優先順位なんかを珈琲なんて飲みながら考えている訳ですが、これが上手くいくと、順調だねぇ・・・なんて私は、有能なの!なんて、勝手に思って(誰もそんな評価はしてくれませんけどね・・・)、悦に入っているという状態ですが、何か、突発的に、飛び込んできて、それが解決に至るまで、かなり面倒だったりすると、予定は、全部、狂ってきて、結局、なにひとつ出来ず・・・
『優先順位をつけるの今度から止めようかな・・・やっぱり自分は、なんて、無能なのかなぁ・・・』
・・・なんてことを思う訳です。

しかも・・・事前準備が出来たはずなのに、手抜きをしていたりして、
『あの資料どうなってる?』
なんて、上司に突然、フェイントをかけられた日には、もう最悪・・・。
一日中・・・ダメな自分を引きずって、しまいには、
『こういう仕事向いてないもん・・・。給料に、みあっていないもん・・・この仕事・・・。』
と開き直りだけが、残ってしまって・・・。

不況の折、そう簡単には、次の仕事なんて見つからないしな・・・。

・・・といった具合で、毎日、休日出勤?だといいな・・・と思う、今日この頃・・・。
・・・って、ありえない想像をする年末・・・。

コメント

ラッキーだったのか?アンラッキーだったのか??

2008-12-26 21:43:41 | Weblog
氷の破片を含んだような冷たい強風。

ここ数日、Live のお話が続きましたが、今日は、その番外編・・・というか、12月23日のブログの復路編。

Live会場の原宿クエストを出るとき、雨は既に上がっていて、これは、ラッキー。
帰りの電車は、翌日が祝日でお休みということでもないのでしょうが、かなり飲まれた方も多かったようです。しかも、始発から満員。始発なので、ラクに座れましたが・・・。

さて、居住地の駅にたどり着いたときには、既に日付は変っておりました。
往路で、とめた駐車場で、さて、料金を支払おうと、清算機に駐車券を投入。1700円也の表示。
料金支払い口に、5千円札を入れるも、戻ってくる。
(5千円札、使えないのかな・・・)と思い、今度は一万円札を入れてみたのだけれど、これも戻ってきてしまいます。
あいにく、サイフの中に、千円札や硬貨で、1700円分の持ち合わせがありませんでした。
呼び出しボタンを押してみるも、まるで、シカト・・・(深夜ですから、係のひともいないのでしょうけれど。)
なんてアン・ラッキーなんでしょう・・・。

・・・ということは、5千円札を両替するか、両替の手段がなければ、車を駐車したまま、翌日、清算するしか方法はないのか・・・となるとタクシーで自宅まで帰るしか、手立てがない・・・。
清算機のパネルには、千円・500円・100円・10円の表示にランプがついていて、一万円、五千円のランプは、消えているようです(深夜だからでしょうか?)。

ちょっとパニクリました。駐車券は、清算機の中だし・・・。
どうしましょう・・・後続の車が来ちゃったら完全にアウトだしな・・・。
兎に角、車を、モトの駐車スペースへ、戻して、清算機の前で、しばし考えましたね。
どうすりゃいいのか・・・。
『料金をお支払い下さい。』
清算機は、オウムのように同じトーンで、繰り返すので、なんだかイライラしてくるし・・・。
・・・いや・・・ここは、ひとつ、冷静に考えよう・・・。

暫くすると、駐車券が、戻っているではありませんか・・・。後続車はなし!ラッキー

・・・となると、後は、この5千円か一万円札を、千円札に両替すれば、問題は、解決です。
駅まで戻り、ジュースの自販機を見たけれど、こちらもお札は、千円しか入らないようです。
終電後で、駅が閉まっていなければ、券売機で、入場券を買って両替するか、改札の窓口が空いていれば、駅員さんに頼んで両替することも可能だ・・・と思い、とりあえず、券売機の前へ。

ラッキー!券売機は、動いていました。
5千円札で、140円の入場券を購入。出てきたおつりで、駐車料金の清算機へ料金を支払い、無事自宅へ・・・。

JR東日本さん(・・・が営業してる駐車場だと思いますが・・・)。
深夜でも清算機で、5千円と一万円札或いは、クレジットカードが、使えるようにしてください。

コメント

face to ace * Christmas Live③ 客層ウォッチング

2008-12-25 21:26:02 | Weblog
昨日とは、うって変わって、暖かいクリスマス・・・
クリスマスだっつ~のに残業・・・。
定時で帰るつもりだったのですが、来客やら、予定外の飛び込みの仕事やらで、結局、残業。
ケーキも買ってないのに・・・。

さて、昨日、一昨日と face to aceのChristmas Liveについて、あれこれ、書かせていただきましたが、今夜で、ファイナル。

このユニットのファン層は、ビミョーな年齢の女性がほとんど。
Live会場でも、98%(正確ではありませんが)は、女性。
男性の単独で観にいらした方もいたようですが・・・。
その他は、カップル・・・彼女と一緒に・・・って方が多いみたいです。

ビミョーというのは、お姉さんとオバサンの境目の方がおおいみたいですが、30歳台から40歳代の女性が多いみたいですね。

和服の方、ドレスアップした方、会社帰りの方、普通の方・・・。
おいくつなのだろう・・・と年齢不詳な方も多いし、お子さんをつれたお母さんもいらして(・・・子供に分かるのだろうか・・・face to ace・・・)・・・。

このブログに何度も書いているのだけれど、ワタシは、ファッションに疎いので、なんとも表現できないのだけれど、昔はやった少女マンガの『キャンディ・キャンディ』のあのふわふわスカートにひらひらフリルのドレスで・・・一体、トシなんぼなんだろう・・・と思われる方も・・・。

確かにLive会場は、気温が上がる・・・だから、夜会服(・・・今時、こういう表現でいいのか・・・)というか、肩から胸ギリギリまで、あいたドレスの方もいらして、寒くはないのか・・・。
風邪ひかんようにな・・・外は、雨だし・・・。

傾向としては、二派に分かれるような気がしています。
どちらかというと、普通の会社員風(或いは主婦風)の多数の方と、派手なオミズ系の少数派と・・・。

どうみても、あきらかにオバサンという方もお見受けできた・・・。

聖飢魔Ⅱ時代の現役のファンだと、やはり、40歳台ってとこだろうか・・・。

曲によっては、ハンカチで、涙を拭っていらっしゃる方も・・・。
いろいろ思い出が、あるのでしょう・・・。

また、行きたい・・・face to aceのLive

コメント (3)

face to ace * Christmas Live②  アメフラシは、私?

2008-12-24 20:52:46 | Weblog
クリスマス・イヴ・・・。とても寒い一日。

昨日の続き。

原宿・青山・六本木・表参道・・このへんは、ファッション・トレンド・・・とか日頃、あまり縁の無いWordが、錯綜していて、どうもあまり、居心地がよくない・・・まぁ、苦手なエリアというか・・・。

その原宿駅で下車したところ、冷たい雨が本降りでした。

今日のLiveのface to ace の ace清水さんは、ヘクトパスカルを下げてしまわれるとの噂のお方。
Liveのトークの時も、
『この会場にアメフラシがいるのでは・・・。』
と、ご自分と雨の関わりについては、否定されておられましたが・・・。
・・・っつ~ことは、『アメフラシ』は、私かよ・・・(自己申告:ここ3年間の統計ですが、Live・コンサート関係に出かけた5回中4回は雨だったので、確率80%・・・やっぱ、立派なアメフラシだわ・・・。うち1回は、嵐で、電車のダイヤが大混乱だったし。)

face to aceのChristmas Live は、去年に引続いて、二度目。
去年は、Shinjuku-Marz(綴り違っていましたら、お許しを・・・) という地下にあるLive spaceで、喫煙OKなので、空気悪いし、薄暗いし、あの狭い場所に300名のお客さん。おまけにスタンディングという私にとっては、かなり苦しい状況でのLiveだったのだけれど、今回は、アメフラシの私の為に(違います!)座席指定で、椅子までご用意下さって、重畳でした。

クリスマスLiveってことで、『きよしこの夜』、去年に引続いて、『アヴェ・マリア』も歌って下さって、こういう静かな曲の方が、aceさんには、向いているんじゃないかと思えるくらいですが・・・もともとヘヴィ・メタルの方ですもんね。やっぱ・・・バリバリのハードロックビートもカッコイイです。
ヴォーカル・ギター・MCとお疲れ様でした。

相棒の本田海月さんは、跳ねながらのキーボード演奏して、キーボードを演奏しながら、ギターを弾いて、ピアニカのソロも演奏しつつ、コーラスで、去年も同じ事を書いてしまっているけど、千手観音のよう・・・曲に合わせてのアクションで、aceさんをサポート。

face to aceのクリスマス・ソングともいえる『Quiet Snow』が、曲のオーダーに組まれていなかったのが一寸、残念でした。

約3時間近いLive・・・。
終演後は、お二人が、会場のお客さまと握手して下さるというもの去年と同じ・・・。
マジかで拝見するお二人のお姿もファンには、嬉しいかぎりです。

去年は、指先に少しだけ、触れさせていただきましたが、今回は、お二人に、ぎゅっと握っていただいて(気のせい???)ぼっ~としてしまいました。
ファンなんて、こんなもんさ・・・。勝手に妄想してればいいのさ・・・。


コメント

face to ace * Christmas Live 

2008-12-23 20:53:28 | Weblog
天皇誕生日。冬晴れ。
全国的に祝日ですが、会社は、営業・・・ですが、ワタシは、個人的に休暇。

昨日は、原宿クエストホールへ、face to ace Christmas Live へ。
会社は、早退。
部長から
『何処、遊びに行くの?』
と申告していないのに、何故か・・・バレバレ・・・。誰にも言ってないのに・・・。
どうせ、減産だし、仕事のピークは、週末だしね・・・。

昨日の午前中は、暖かくて、天気予報だと、雨は、夕方からの予定。
会場のクエストホールも駅から徒歩1分らしいので、それ程、激しい降りでなければ、傘は、不要でしょう・・・。
私は、傘を持ってしまうと、他の手荷物が、お留守になってしまって、落としたりしてしまうというヘンな体質?なもので、都内に出るときは、できるだけ、傘は、持ちたく無い訳で・・・。

・・・by the way・・・

早退して自宅に戻り、軽く食事をしていると、一転、明るかった曇り空に妖しい暗雲。
強い風まで吹いてきて・・・。

ワタシがLiveにいく時は、天気が荒れる・・・。

夕方からの予定?だった雨が、午後2時をまわった頃から降り出して、かなり本気な降りとなってきました。
『これは、天が、ワタシの足を止めようとしているのか・・・。』

幸い、電車の運行状態は、平常。

本降りだし、風も強いし、今日は、料金は高いが、濡れずに済む駅隣接の駐車場へ車を、留め置こう・・・ここが、満車だったら、いつもの徒歩5分の少し遠めだが、1日パークして、500円の例の駐車場にしよう・・・(これが、この後、不運を呼ぶのですが、それは、またいずれ・・・)。

駅隣接の駐車場は、空車状態で、しかも、入ってすぐの場所が、空いているではありませんか。
いつもだと、雨の日は、かなり奥まで行かないと、スペースが無いのに・・・。
『これを、ラッキーと言わずして、何をラッキーと言うのだろう・・・。やはり、今日は、Go!なのだ。』

16時過ぎの快速電車もガラガラに空いていて・・・ゆったりできるね・・・。
・・・と往路は、順調でしたが・・・。

本日も前振りが、長すぎて、肝心のLiveのお話が、書けなくなってしまいました。

続きは、また明日。
コメント

the winter solstice~冬至~

2008-12-21 20:58:36 | Weblog
二十四節気のひとつ・・・で、今日は冬至。

冬至・・・とは、思えない暖かさで、このまま、寒くならないといいのになぁ・・・と思いますが・・・。

冬至と言えば、昼の時間が一番短い時期ですが、現在からお正月くらいにかけてが、昼間が特に短く感じる時期でしょうか・・・あと1ヶ月半くらいで、節分・立春を迎える頃は、かなり陽が長くなっているのに気がつくはずですが・・・あと1ヶ月半か・・・大体、45日前後・・・。
それでも、寒さは、厳しくなる一方で、風邪だの、インフルエンザだの・・・と心配な時期でもありますね。

私は、三大『低』な体質(拙ブログ2008年5月4日をご参照下さい)ですが、幸いに冷え性では、ありません。
寒がりですけどね。
低体温なんで、一度、風邪をひくと、体温があがっても、37℃前後しか上がらず、酷いときには、夏まで、風邪が治らなくて、難儀したこともあるので、風邪には、極端に弱いと言えそうです。
漢方では、『青い風邪』と呼ばれる種類のようです。
反対に体力があって、一気に熱が上がって完治する理想的な風邪を『赤い風邪』というそうで、こういう体質って羨ましいな・・・。
2ヶ月も3ヶ月も情けない咳している私にとっては・・・。

今冬は、まだ、風邪の気配なし。
まだ、ハイネックのお世話にもなっていないし、首から風邪をひくようなので、寝るときは、タオルマフラーなるものを巻いて寝ておりますが・・・(これは、もう10月くらいからやってます)。

今日は、買ってきた柚子をお風呂に入れて、『柚子湯』にでも、入って暖まりましょうか・・・。

でも、柚子ってなんで、あんなによい香りがするのでしょうか・・・。
ほっとしますね。柚子・・・。

コメント

100年に一度の不況だそうです・・・。

2008-12-20 20:59:57 | Weblog
100年に一度の金融不況とニュースで言っておりましたが、年の瀬とは、思えない暖かさです。

つい2ヶ月くらい前までは、こんなに加速度的に景気が落込む・・・なんて、誰も予想もしていなかったようで、私のお勤めする会社でも、期間工さん、派遣さんが、猶予も無く解雇されていく状態が続いています。

・・・100年に一度って・・・。

7年前に派遣で行っていた大手通信機器メーカーでも大リストラって騒いでいて、ワタシも、リストラとは、一寸違う意味で、その部署を去らなければならなかったけれど、それより、今回は、厳しいのかどうか・・・。
これから、不況の程度が、増していくのか・・・多分、そうなんでしょう。
それとも、それは、もう始まっていて、ただ実感できないだけなんでしょうか・・・。

個人的というか、私の周辺では、現在、所属している部が、今年一杯(あと10日)で、廃部となり、他の部署に吸収ってことになるようなのですが、それなら、今年の初め、子会社だった会社が消滅して(2008年2月6日あたりのブログをご参照下さい)整理、回収が終わったばかりだったのに、またか・・・って感じですが・・・。
なんだか、去年から、バタバタしてちっとも落ち着きませんね。

ただ、100年と言うスパンで考えるならば、100年前って言えば、大正時代くらいだろうし、この頃の不況では、餓死者とかの単位が、信じられないくらいで、今は、特に、失職した方が、餓死したとか亡くなったという話は、聞かないし(それだけ、社会的に保障されて来たんでしょうかね。100年前よりも・・・)、巷では、贅沢品やブランド品(これは、円高だからなのかな?)の売れ行きに翳りが出ているとも聞かないし・・・どういう構造の不況なのだろうと、勉強不足のワタシには、いまひとつ、分かりづらいのですが・・・。
ただ、不況というと、一番弱い立場の方たちにしわ寄せが行くようで、何の咎もないはずなのに、どうしてそうなってしまうのかな・・・。

厳しい年の瀬。
せめて、気持ちだけは、穏やかに暮らしたいものですが・・・。


コメント