鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

連鎖読書或いは、連鎖的読書を含む『連鎖』

2010-10-31 21:03:44 | Weblog
くもりがち。


連鎖読書・・・というのは、ワタシ的には、ある一冊の本を読んで、その本の中に、記述のある本を読むことを、勝手に定義しています。
もしかすると、全く違う意味で、そういうWordが、あるのかもれません。
毎回、無知蒙昧な内容で、すみません・・・。

昨日のブログで、伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』を取り上げました。
これは、今月11日に書かせていただいた橘玲さんの 『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』
の中で、取り上げられていたので、どんなものか・・・と思い、読んでみたというのが動機です。

何かから始まって、何処へたどりつくのか・・・始まりからは、想像もできないようなところへ着地しまうこともありますが、全くと言っていい程、興味がなく、或いは、最初は、嫌悪感さえあって、近づくのもイヤだった・・・というものもあります。
単に喰わず嫌い・・・といいましょうか・・・。

やっぱり、喰ってみないとわからないですね。
食べ物でも、ヒトでも・・・。なんでも、かんでも・・・。

私は、意固地というか、相当、頑固モノでもあるので、何か、誘導されるというか、引き寄せる・・・みたいな力が働かない限り、なかなか、新しいものには、出会わないようですが・・・。

『絶対に、好きになれない』とか『生理的にダメ・・・』
といった場合でも、きっとなにかの取っ掛かりがあれば、
『凄く好き』に変わったりして・・・。

そこには、或る意味『運命的な連鎖』があるのですが・・・。
この連鎖は、一体、ナンなんだろうとよく考えます。
考えたってわかるものではないし、この連鎖が、『運命』なんだろうかとも、思えたりしますが・・・。
きっかけが、ないと出会えないし、繫がっているのにわからない・・・。
後になって気がついてみたりするし・・・。

なにか、サイン(合図)でも、発してくれたら、随分と生きやすくなるのではないでしょうかね~~~。

好み・・・好き嫌いというのが、一番の動機になるのでしょうが、その『好きか嫌いか』を決めるファクターってなんだろう・・・???

環境によるものか、最初から個人のもつ原初的なモノなのか・・・

一体、何処にたどりつくのか、皆目、見当のつかないこの頃です。

コメント

『重力ピエロ:伊坂幸太郎・著』~この透明感・・・

2010-10-30 21:06:47 | Weblog
台風の影響で、一日中雨。
雨音を聞きながら、ほとんど一日中眠っておりました。


先週からちょっと体調が悪くて、そのせいか、気が沈み、鬱状態だったのですが、そのさなかに、読んだのが、伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』。
伊坂幸太郎さんの作品は、5年ぶりくらいでした。
『死神の精度』、『魔王』、そして、『重力ピエロ』。

どういうわけか、5年前は、入院していてその時に、読ませていただいたのだけれど、丁度、今頃。

あの独特の透明感のある静かな世界に、一気読みしてしまいました。
現実を忘れて読書しました・・・こういうのなんか、久しぶり。
たぶん、現実には、ない設定で、伊坂ワールド極まれり・・・。

50%の血のつながりを持つ泉水と春の兄弟。
妻が事件に巻き込まれ、生まれたのが遺伝的には、全く他人の子供・春を育てる父親。
それでも・・・自分達は、『最強の家族』。

この物語は、父親の違う泉水と春の兄弟だけど、その中心にいるのは、彼らの『父親』で、穏やかさだけが取り得の地味で、目立たない人間だと思われがちだけれど、本当は、凄いひと・・・なのです。
利己的な遺伝子を超越する或る意味、『神』のような存在で、二人の兄弟を見守ります。

妻が他人の子供を妊娠したと告げた時、この父親は、神様に相談します。
そして、神様に怒鳴られます。
『自分で考えろ。』

人生は、クイズやテストじゃない。
『正解』のない世界なのかもしれない・・・。
癌に侵され、余命のない父親は、病床で、家族を慈しみます。

この物語では、母親がリアルタイムでは、登場しません。
早くに亡くなってしまうからです。いつも泉水(長男)の思い出の中のひと。
その思い出の中で、美しい母親は、夫と子供達と会話をします。
『楽しそうに生きていれば、地球の重力なんてなくなる。』

事件に巻き込まれトラウマになっていないはずのない兄弟の母親。
そして、自分の出生を知った弟は、一日だってそのことを忘れるはずがない。
そのことを受け止める父親と、どうすることもできない兄。

このドラマは、随分、優しい・・・。
たぶん現実では、遭遇しがたい優しさ・・・なのではないだろうか・・・と。

コメント

筋肉痛って・・・言ったって・・・。

2010-10-29 21:07:16 | Weblog
台風接近。嵐の前の静けさ・・・でしょうかね。よく晴れました。


何となく、具合の悪い一週間で、週末からの休みに続いて、2日間休暇を取り、都合3日間、ほとんど、床についている状態ですごしたのですが・・・。

そろそろ、月末・月初の会計ピークに向いつつあるので、いつまでもダラダラ休んでもいられないし・・・ってことで、週中に出社して、普通に8時間働いてみたのだけれども、翌日、大腿部と首筋に、かなり、痛みのある筋肉痛が、発生しておりました。

たった3日間、動かなかっただけなのに・・・。

普通にしている分には、なんともないけれども、椅子に座る瞬間と立つ瞬間に、激痛・・・(という程では、ないのだけれども、結構、痛い・・・)。

年寄りは、運動?してから、2~3日後に筋肉痛が起こるというのだけれども・・・。

私の身体は、小学生の頃から年寄りで、運動会や徒歩の遠足(軽い山登り)といった運動の後、筋肉痛が起こるのが、2~3日後だったので、なんで、足が痛いのか、よくわらなかったですね。

若いひとは、翌日、筋肉痛になるというのだけれども・・・。

そんなこんなの筋肉痛の経過で、何故か最近は、翌日に痛みがくるようになってしまいました。

老化しているのか、或いは、時間を遡り?若体化?しているのか、わりませんが・・・、若くなっていることは、ありえないので、きっと、新たなる?老化?現象なのでしょう・・・たぶん。

3日間休んで、翌日、普通に働いて、その次に筋肉痛という経過パターンを考えると、長期入院だとか、怪我だとかで、身体を動かせなくなったとき、多分、筋肉は、倍速で、弱まっていくのだろうな・・・なんて、考えてみましたが・・・。
重力のない宇宙では、負荷をかけてあげないと、筋力が衰えてしまうと聞いているし、やはり、重力も大切なものなんでしょうねぇ・・・人間の身体にとっては・・・。

使わないと衰える人間の身体で、一番使わないところは、何処だろう???

身体じゃないけれども、潜在意識なんかは、普段、意識していないから、あまり働いては、くれないようなんだけれど・・・筋肉なんかとは違って、鍛える・・・みたいなことが難しいもんね。
チベットの山奥とかへ行って、ベジタリアンになって、瞑想して・・・なんてことをしないと、開発できないようですが・・・。

たかが、筋肉痛で、コレくらいクダラナイ文章を書いてしまう私は、無駄だらけ・・・。

コメント

(着たきり)雀の言い分~チープは、チープ!

2010-10-27 21:14:39 | Weblog
久々に朝から晴れ!


急激に冷え込んできた!
寒い・・・!!!
・・・というわけで、タンスに仕舞っておいたフリースのパーカーを着たのだけれども、やっぱ、タンスの匂いですね・・・。
所謂、防虫剤ってぽい・・・っていうか・・・。

職業柄・・・というか、現場を持っている事務職としては、社内で、着る服は、作業服とか、動きやすい服装・・・がT.P.Oということになりますか・・・。

メインの建屋は、男性は、Yシャツ、ネクタイ、女性は、結構、色とりどりで、コレは、現場向きじゃないのも仕方がないのですが・・・。

・・・現場を持っている事務職の女子社員は、ある有名なメーカーの服を着用されている方も多い訳で。
安価で、色のパターンもたくさんあって・・・、スタイルは、スタンダード。あの有名なメーカーさんです。
その名も『ユニ・クロ』。

季節が、変わると、みなさん、同じような服装で、ご登場なので、どんなのが、今年のあのメーカーさんのテーマなのか、ひと目でわかります。

お揃い・・・なのか・・・。

このブログ内で、何度も書いておりますが、私は、派遣先支給の所謂、オフィス・ユニフォーム(制服)でで、まぁ・・・一年中、おんなじ~~~。

だから、人様の服装に関しては、全く、発言する権利は、ありません。
・・・ないんだけどネ・・・!

な~んか、チープなんだよねぇ・・・。
所謂、安っぽさ・・・。
価格と比例しているっていうか・・・。

この会社は、女子社員の給料が、かなり安い・・・(らしい)。
世間の相場からみると・・・本当に安い・・・(らしい)。
・・・だが、しかし、待遇は、いい。
多少、仕事が出来なかろうが、休み続けようが、解雇されない・・・というメリットを、大いにいかしていて、能力主義にとって変わりつつある会社組織としては、逆を行くようですかね・・・。

・・・だから、あのメーカーなのね・・・。
いいんですよ・・・。安価歓迎。誰でも似合ってOK!

着たきり雀には、何も申し上げる資格は、ございません・・・。

『アンタが、一番チープだよ』

ごもっとも・・・でございます。

コメント

不気味な猫バス

2010-10-26 21:03:09 | Weblog
雨の一日。もう晩秋か・・・と思うような冷たい雨。

どうも、最近というか・・・(昔からか・・・???)、街には、ヘンなものが溢れている。
フォルムがヘンなもの、色彩がイカレてるとしか思えないもの・・・・そんなものばかりで、気が滅入る。

何を隠そう・・・私の通勤経路に出没する某・幼稚園のスクール・バスもそのひとつなのだけれど。

・・・所謂、猫バス・・・。
誰が、デザインしたものなのかは、分らないのだけれども、とにかく、不気味なのだ。
アレを、可愛い!というひとの美的感覚を疑いたくなるようなバスなのである。

はっきり申し上げる。
ワタシが園児なら、多分、あのバスには、乗りたくないと思う。

通勤時もできるだけ遭遇しないようなルートを選んでいるものの、あのバスを見かけると一日、不吉なことが起こりそうな気がして、ほんとうに気が滅入るのだ。

・・・もっと、普通の可愛いスクール・バスにできなかったんだろうか?

この猫バス・・・たぶん、あの『となりのトトロ』あたりから、ヒントを得たのだろうと思うが、どうも似ても似つかない・・・。
猫の顔が、中途半端で、どこか中国的???な気もするし、はっきり見ると気持ちが悪いから、出来るだけ見ないようにしているから、ディティールについては、コレ以上詳しく述べることは、出来ない。

真偽の程は、不明なのだが、この幼稚園の園児の制服は、●●●ンシーらしい・・・。
所謂、ブランド・・・ということなんだけれども、幼稚園児に、●●●ンシーの制服?を着せて、あの不気味な猫バスで通園・・・考えただけで、気が滅入る。

おかしくないか?

別に、制服が●●●ンシーであっても、なくても、着心地がよくて、お家で、洗濯ができて、汚したり、破いたりしても、惜しくないような素材は、どこにでもある。

親のステータスの見栄だけを満たすこの幼稚園(真偽の程は、知らないので、本来なら、なんともいえないのだけれども・・・)、吐き気がする。

小学生のガキが、銀座の鮨屋のつけ台で、イクラとかウニとか注文するのと同じようないやらしい嫌悪感を隠すことができない。

・・・猫バス・●●●ンシーの制服に醜悪ささえ感じるのは、成金趣味が鼻につくだけなんだろうか・・・。
これらのものになんの美的価値を見出せずにいる今日この頃。
明日は、会わねばよいのだが・・・。

コメント

『カエサル』②~美しいオクタヴィアヌス・・・もっともっと観ていたかった・・・!!!

2010-10-25 21:03:40 | Weblog
曇り。弱い雨。


昨日の続き。

今年の4月青山劇場で上演された『戯伝写楽』に喜多川歌麿役で出演されていた小西遼生さんに、一目惚れ?しまして、今回、ローマ帝国初代皇帝・アウグストゥス(オクタヴィアヌス)を演じられるということで、チケットを購入。

17歳の神経質でひ弱なオクタヴィアヌスと14年後、皇帝となったアウグストゥスを見事に演じ分けていらっしゃいました。
17歳の時は、初々しく、皇帝となってからは、神々しく・・・。
特に、皇帝のロイヤルブルーのお衣装が美しい・・・。
この方は、きっと、何でもお似合いでしょう。
ほんとうに、姿が美しい。

しかし・・・しかし・・・出番が、少ない・・・ものすごく・・・少ない!
セリフが10分あるかないか・・・そんなもんだった・・・。
あの綺麗なお姿を、もっともっと観ていたかった・・・!!!


ブルータス役の小澤征悦さんは、大河ドラマ『篤姫』で、西郷隆盛役で出演されていた方だったと記憶しておりますが、演技力のある役者さんですね・・・。
舞台上演期間も終盤を迎えていたせいか、声が枯れていたようでした。
セリフ多いしな・・・。
千秋楽まで頑張って下さい。

あまりインパクトがなかったクレオパトラ役の小島聖さん。
どうなんだろう・・・クレオパトラは、クレオパトラの物語だったら、違っていたのかもしれないけれど。
この方の衣装もブルー系で、綺麗だったな・・・。

奴隷で、ブルータスを慕うアリス役は、水野美紀さん。
元気者で、ひた向きなアリスを好演。
奴隷という役柄上か、わりと、ヘンなメイクだった。
綺麗な奴隷ってことで、もっと、綺麗なメイクにしてあげればよかったのに。モトが綺麗な女優さんなんだからさ・・・。

キケロ役の渡辺いっけいさんは、芸達者で、哲学者キケロの属っぽさを余すところなく発揮。
このひとは、こういった役がとてもお上手ですね。


・・・ということで、先月の『イリアス』に続き、地中海周辺の紀元前の物語2ヶ月続いたのも、何かの因縁なんでしょうかねぇ・・・???
コメント

『カエサル』~ワタシの記憶が確かなら・・・???

2010-10-24 21:05:26 | Weblog
一日中、どんよりとした曇り空。夕方から雨。


昨日は、1ヶ月ぶりに都内へ。
日生劇場へ『カエサル』を観劇。

いつ訪れても落ち着く劇場です。
なんたって、劇場デビューが、ここなんで・・・。

今週初め頃から、体調が頗る悪くて、どうしようかと思ったのだけれど、時間も余るくらいの余裕の日程での観劇となりました。

プロローグは、シルエット。
カエサル(松本幸四郎さん)が、愛人の息子←(初めて知りました!)ブルータス(小澤征悦さん)に暗殺されるシーンから。

・・・で、カエサル登場。
あれっ?少し太られましたかね?松本幸四郎さん・・・。
今日は、前から、2列目で、拝見させていただきましたが、一瞬、江守徹さんかと・・・。
松本幸四郎さんは、歌舞伎よりも、普通の演劇の方が向いてる役者さんだなぁ・・・(コレは、大変失礼な感想かとも思いますが・・・。松竹から東宝へ移籍とか・・・あったりで、歌舞伎俳優よりは、ミュージカルとか、テレビドラマでの活躍の方が、知名度が高そうですが・・・?)

・・・エロおやじで、人間味溢れる魅力的な『カエサル』を松本幸四郎さんが、知性的に演じて行くのだけれど、ふと昔の記憶が、蘇ってきた訳で。
ここで、お断りしておかなければならないのだけれども、
『あくまで、ワタクシの記憶が正しければ・・・』
という条件付きですが・・・。

愛人・セルヴィーリアを演じていた『高橋恵子』さん。ご結婚前は、関根恵子さんだったと思うけれど、舞台を突然降板して、作家の河村季里さんとタイへ失踪した事件があったのだけれど、その時、降板した舞台のお相手って、たしか、当時・市川染五郎さんだった現・松本幸四郎さんではなかっただろうか・・・?
このへん、ほんと、曖昧なんですがね・・・『ドラキュラ』???だったか、違ったか・・・???

この失踪事件は、河村季里さんの小説『青春の巡礼』で、読ませていただいたけれど・・・。

ほんとに・・・ワタシの記憶が確かなら・・・、高橋恵子さんとの共演は、半世紀ぶり?(そうでもない???)という、極めて、曖昧なことばかり書いておりますが・・・。

そんなことを思いながら、観てしまいました・・・。そういうこともありましたねぇ・・・。昔々・・・。

(明日に続きます)
コメント

睫ダマの恐怖②~ダマダマ地獄再び・・・。

2010-10-22 21:04:02 | Weblog
曇り空・・・。

去年の6月16日のブログの続編(・・・随分、昔ですが・・・第二弾です)。

私の会社での仕事は、まぁ・・・所謂、独立行政・・・とでもいいましょうか?
私の他に、課員は、誰一人として、同一種の仕事をしているひとがいなくて、上司の承認以外は、ほとんど、ひとりで勝手に?やっている仕事(・・・どんな仕事だ?会計です)で、チームを組んだりということが、ありません。
あまり、他の課員との接触もないのですが、今日は、あるお方の顔をじっくり見る機会に恵まれました。

所謂、アラフォーと言われる世代の方ですが、バッチリ・キッチリ・ベットリ???メイクをされている方です。
どうでもいいんですがね・・・。他人の化粧なんて。

しか~し、ツケマツゲのマスカラが、ダマダマ地獄であった・・・。

個人的にいうと、アレは、本当に、見苦しい・・・私の勝手な感性なんで、ダマダマ好きな方は、お許しくださいませ・・・というより、ああいう、マツゲにダマ作るのって、今、流行しているんでしょうか???

ワタシは、生理的に受け付けないので、気持ち悪かったんですけど・・・。

・・・で、午後。
別の課の方と打ち合せ。
初めて会う(・・・といっても、通りすがりくらいには、会っていたかも?まるで記憶にないんですけどね)ひとでしたが、この方のマツゲも結構、ダマッ!!!

今日は、ダマダマ地獄の日でした!

サイケデリック???アーティスティック????アバンギャルド?????

形容詞が思い浮かばないのですが、基本的に、ゴミくっつけているみたいだし、アレを美しいと感じるヒトっているのかな~~~~???

別にいいんだけど。
あのダマにどれくらい時間がかかっているのだろうか?
貴重な朝の時間が・・・。

ワタシには、一生縁がないんで、わかりませんが・・・。

なんだか・・・今夜・・・夢に見そうで・・・コワイ・・・自分の・・・マツゲが・・・天然ダマに・・・なっていたりして・・・???


コメント

Flower Flower

2010-10-20 21:06:03 | Weblog
純粋なくもり。灰色の空。

昨日、風邪っぽかったので、早めに寝ようかと思い、首筋を暖めるためにお風呂にはいったものの・・・。
追い炊きしか出来ない我家の旧式の風呂釜のボイラーが点火しない・・・。
半端に沸かしてあったお湯は、ぬるく・・・暖まるどころが、余計、冷え込んでしまった。

・・・なんだか、風邪は、少しつづでは、あるが、悪化しているような・・・。
昨日は、疲れ方も半端ではなくて、それだから、早く寝ようとおもったのだけれど。

ツイてない日は、とことんツイていないようです。


以前、占い師に
『アナタは、どうも花と相性がいいみたいですねぇ・・・。』
と言われた。
『ハナ・・・???ですか。』
『花です。生花に限らず、洋服やハンカチの柄とか・・・。ラッキーアイテムだから、積極的に使ってみてください。自分に花を活けるかんじで・・・。』
『ははは・・・(照れ笑い)。自分に活けちゃうんですか・・・。』

まぁ・・・そんなことが、気になって、ソレまでは、引っ掛かったりするのが、イヤなので、見向きもしなかった『花モチーフ』のリングなんかを集め始めることに・・・。

・・・先日、気に入ってはいたのだけれども、なくしてしまった小さなピンクダイヤモンド・リングを買ったネット・ショップで、セール価格になっていた花のモチーフのリングが、昨日、届いていたので、それが、本日の画像。

・・・何処が、ピンクダイヤモンドなんだろう・・・ブラウン・ダイヤモンドの間違いなのでは・・・。

濃い色がついているのは、充分わかる・・・。
しかし・・・コレ、本当に、ピンクダイヤモンドなんだろうか???

たしかに白いモノの上だと、色がついているようにみえるんだけれども・・・。

ただ、色味を差し引いても、小さなダイヤモンドが競うように輝いて、それは、それは、繊細で、綺麗なリングであることは、間違いない。
無理にピンクにしなくても、よかったんじゃないかと・・・。

・・・だけどな・・・アレだけ、大々的に『ピンクダイヤモンド』って標榜しているのに・・・ピンクに見えないってもの・・・。

Flowerは、果たして、ラッキーを呼ぶのかどうか・・・あまり期待のできない雰囲気には、なっているのだけれども・・・。
コメント

明け方の冷え込みで・・・。

2010-10-19 21:01:18 | Weblog
くもりがち。
空気がひんやり・・・。秋が熟していくような・・・そんな一日。

朝からくもりがちで、こういう日は、もっと眠っていたい。
今週もまだ始まったばかりなのに・・・と思いながら起きる。

妙に気だるくて、首筋が痛い。

迂闊にも、半袖で寝てしまい、明け方の冷え込みで、どうも風邪っぽいか・・・。
首筋に来たな・・・と自覚症状があるくらいだから・・・。
首筋の痛いところを、ちょっと暖めることができればいいのだけれども、そんな時間もない。
会社に着いて、暖かい缶入り紅茶を買って、ハンカチに包んで、少し暖めてみたら、少しは、良くなってきたようだ。

それでも・・・眠気・だるさで、身体が前へ進まないような一日だった。
こういう日は、大人しくしているに限る。
仕事も、日程的には、余裕の中旬だから、ゆるゆるやって早く帰ろう・・・なんて思いながら、時間が経つのを待って、やりすごしたような一日になってしまった。

忙中閑ありじゃなくて、閑中忙ありとも違う、閑中閑だらけ・・・といった有様。

終業のチャイムが鳴ったら、まだ誰も席を立っていないけれど、すぐ帰宅した。

今日は、早く眠ろう・・・。

低体調で、思ったように動けないそんな一日。

コメント