鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

香考No.24:AMAZONE

2018-08-25 23:24:25 | 

猛残暑本気モード。
まだまだ行くぜ~!的な・・・。
明日は、更に暑くなるって・・・。

体温をゆうに超え、その上、台風の置き土産なのか、湿度も満載で。
朝の8時で、既に、32℃に届いていたので、今年は、暑さの質が違うのでしょう。

夜間でも室内温度は、30℃を下回らず、暑さで目が覚めるし・・・的な。



エルメスの『AMAZONE(アマゾン)』


昔は、もっと違った香りだったような気がします。

どちらかと言えば、秋の深まった頃から冬に、似合いそうな香りかもしれません。

フタをあけた感じでは、やはり、少し昔の・・・少しハーバル系とも言えなくもないというか・・・そして、ウッディの温かみのある香りに変化していくのは、従来通りなんですけどね?

嗅覚が変わったのか、嗜好が変わったのか、或いは、香料自体が、変わったのか、処方が、変わったのか・・・?

記憶にある『AMAZONE』とは、少し(・・・いや大幅に?)違っているような・・・いやいや、嗅覚の記憶が、違っているのかもしれない。
私の体質も、変わってきているし。

そうなんだよなぁ・・・香りの保存って、できないもんなぁ・・・。
(それでも、天然香料で作られた香水類なら、未開封であれば、100年以上は、保持できるそうですよ。最も、保存状態にもよるようで、年中、気温差が、なく、太陽光や室内灯など遮蔽して、光老化を起こさせないような保存の仕方であれば・・・)

やっぱり、記憶だけなんだよな。

この『AMAZONE』のエルメスをはじめ、シャネルやゲランといった老舗の香水類も、名香は残るも・・・原初とは、何処か微妙に・・・いやいや、大幅に変わってしまうのが、普通なのでしょう。

天然香料の入手が絶望だったり・・・たぶん、コレが一番大きい原因でしょうかね。
環境変化、自然破壊、戦争、動乱、地政学リスク・・・で、採取不可能になったり、ソレに変わる安価な人工香料の発達・・・とか・・・。

それでも・・・懐かしいっちゃ、懐かしい香りでもあります。

コメント

香考No.23:Flower by KENZO

2018-08-23 23:23:23 | 
8月23日 香考No.23:Flower KENZO

本日も、最高気温34℃
夜間も、30℃を割ることもなく・・・。

今日は、台風の影響なのか・・・お昼過ぎから風が吹き始め。

久々、香考(かおりこう)。
手許不如意なんで、香料系も購入できないのですが・・・。


画像は、Flower by KENZO


数年前(少なくとも、5年くらい前でしょうか?)押し入れの奥に仕舞われていた・・・私的デッドストック品。

デザイナーの高田賢三さんプロデュースのミニボトル。
罌粟(けし)の花の流線形のボトルが、可愛い。

爽やかな花々の香りで、夏に似合いそう。
花の香りのフレグランスは、少し重いイメージがあるのだけれど、重くないのが、よさそう。

KENZOさんは、他にも、ローパーケンゾーなどの爽やか系の香り

腕時計は、押し花の可愛らしいデザインです。



コメント

香を聞く(焚く)②

2017-10-04 23:14:52 | 

くもりがち。

『香道』という雅なあそびがあるのを知ったのは、故・宮尾登美子さんの『伽羅の香り』という小説を読んでからで、世の中には、数々の財力なないとできないあそびがあれど、千年続く・・・そして、一般の人びとには、手が届かない・・・本当に一部のひとだけの遊びがあることを知った。

香道具のメイン・・・香木に至っては、蘭奢待・・・なる正倉院の御物は、天下人でなければ、切り取ることさえ、許されず・・・。

遙か、南洋の島々・・・熱帯から流れ着いた香木は、漂流した果ての日本の浜辺で、燃やされると、15km四方に薫香が、漂った・・・そうな・・・。

また、宮尾氏の別の小説『一絃の琴』では、子宮がんを患った義母の為に、(癌特有の匂いを消すため)絶えず、病室に香を焚いた・・・という一文がある。

いづれにせよ、生活に余力がないと、香を楽しむのは、難しかったのかもしれない。

現在では、手軽なインセンスとして、安価なものも販売されているけれど、忙しいお勤め人には、リラックスして、香を聞く・・・なんてことは、時間的にも贅沢なことだろう。
仕事を終えて、帰ってきて、食事の支度やら、家事やら・・・で、あっという間に寝る時間・・・寝ないと明日が持たない・・・なんて状況だったから・・・。


私が、虫よけ?も兼ねて、香を焚いてみると、燻す・・・というか、そんな燻す・・・というのは、秋の夕暮れを連想させるのだけれど(落ち葉焚き?)、燻された香りというのは、郷愁を誘うというか・・・(最近は、田畑の野焼き他、家庭内でのゴミを燃やす行為は、市の条例で禁止されていますかね?ダイオキシンが出るとかで・・・???)そんな感じがあったりする。

焚いているお香は、資生堂の『禅(ZEN)』。
頂き物で、10年?近く、私の部屋の押し入れの片隅で、ひっそり眠っていたのだけれど、去年の暮に、発見。
資生堂は、遙か昔だけれど、この『禅(ZEN)』』という香水を販売していて、深みのあるよい香りだった。
その香調を引き継いだのが、セルジュ・ルタンスで、彼の調香する香水には、お香が使われているものも多い。


お香は、魔を切る・・・とかの美輪明宏さんが、仰っていて、舞台の最前列で、美輪さんを拝見させていただいたのだけれど、舞台から、よい香りがしました。

視覚、聴覚だけなく・・・嗅覚も有りなのだなぁ・・・と思った次第。

良い香りは、魔を払う・・・というけれど、確かに、よい香りには、気分をリラックスさせるものもあるようだ。


コメント

香を聞く(焚く)

2017-10-03 23:42:53 | 

雨のちくもりのち晴れ・・・。
このところ・・・というより、8月頃から、なんだか、雨が多いような気がする。

温度も高くて、湿度も高い・・・梅雨時みたいなカンジで、そのせいか・・・。

腕と背中を、ダニに噛まれた。

チクチクするので、見てみたら、ぷっくり、腫れあがって、強烈な痒さ。

ダニの痒さは、一時、治まっても、時間を置いて、また痒くなり、それを1週間くらい繰り返し、ようやく終息に向かうという・・・。
常時、痒い訳ではないけれど、突然、物凄い痒みに襲われる。
そして、我慢できずに、掻きむしると、無残にも色素沈着を起こすという・・・タチの悪いモノでして・・・。

刺されないことが一番で、刺されてしまったら、搔き崩さないことが大切なんだけれど、皮下に溜っている小さな水泡を、潰すと痒みが、一気に沈下するような気がする・・・。

市販の緩い痒み止めクリームなどは、一時的に痒みを抑えるだけで、繰り返しの痒みに対するブロック効力は、ほとんどない。

あまりにも、痒いから、仕方がないので、ステロイド入りの少し強力なヤツを、買ってきた。

『フルコート』である。
昔からあるステロイド剤含有の軟膏で、ベタつきがハンパない。

・・・しかし、コレも・・・気休めでしかないことが分かった。

体質なのか・・・一度、刺されると、終息までに、やはり1週間、我慢して、我慢して、搔き崩さないようにするのは、搔き崩すよりストレスの度合いが、激しい。

一節によると・・・『搔く』という行為は、体表面についた異物を取り除きたい行為・・・らしい。

・・・そんなこんなで、それでは、ダニを防虫する方法として、様々な道具が売られている。

薬剤散布系(ダニアースとか)、燻蒸剤(バルサンなど)のダニにとっては、核爆弾級?のものから、布団専用のクリーナー(レイコップ?)などの超高額商品、布団やカーペットの裏などに置いて、捕獲するマット系もの。
電波、超音波などで、部屋に寄せ付けない電子戦力系・・・などなど様々・・・。

そう言えば、去年、大掃除(もどき)のことをしたときに、10数年前にプレゼントでいただいたお香が出てきた。
よい香りがするので、時々、焚いていたけれど、お香類もダニなどの虫避けになるそうな・・・???

平安貴族などは、衣装に香を焚きこむということをしていたけれど、衣桁に着物をかけて、香炉で燻す・・・というか・・・。

気品のある伽羅、白檀などの香木で、良い香りに燻蒸し、虫避けにもなる一石二鳥・・・。

殺さず、避けるというあたり、やはり、雅さを感じる。

因みに香道では、香を『聞く』というそうな・・・故・宮尾登美子氏の『伽羅の香』に記載があったことを思い出した(←拙ブログに既出かもしれない。重複していたらすみません)。

コメント

ラヴェンダー

2017-08-01 23:44:26 | 

午後から、豪雨。

激しい雨。

雨音を聴いていたら、眠ってしまった。
ちょっと長いお昼寝。

気温も30℃に届かず。
涼しくなってきたけれど、8月になったばかりで・・・。
夜間には、秋虫の声。



昨日、購入した新しいシャンプーを使ってみました。

それは、それは、佳き香りでした。

私の大好きなラヴェンダーの香り(+ゼラニウム)。

イタリアのシャンプーで、ラヴェンダーとローズの香りのシャンプー(ヴィオリスタ)がお気に入りだったけれど、製造中止になっちゃったから、それ以来のラヴェンダーかな?

ラヴェンダーは、紫色の小花が、穂先のように沢山ついていて、シソ科の植物(シソの仲間なのか・・・と言われれば、シソも赤紫の小さな花を咲かせますね)。

清潔な香りで、欧州では、男性用のパルファムの代名詞のようです。

私は、調香された香水で、ラヴェンダーの香りのするものをあまり知らない。
Chloe(クロエ)のEAU DE FLEURS LAVANDE(オー・デ・フルール ラヴァンド)くらいしか思いつかないな?

ラヴェンダーは、単独で充分な香りだから、他の香料と相容れないところがあるのかも???と勝手に思っています。
だから、前出のヴィオリスタのラヴェンダーローズも、どちらかと言えば、ラヴェンダーの香りの方が強かったような気がします。

・・・まあ、香料の値段から考えれば、ラヴェンダーの方が、安価だしな・・・?????

それにつけても・・・。
香料には、好き嫌いがあるし、ラヴェンダーが苦手・・・と言う方もいらっしゃるのではないか・・・と思う。

その昔の国産の安価なシャンプーにも、ラヴェンダーの香りのするものがありました。その影響で、好きなのかも?

筒井康隆さんの小説『タイム・トラベラー』は、主人公の和子が、ラヴェンダーの香りで、タイムトラベル能力を覚醒させる・・・なんてハナシでしたかね???

コメント

6月の白い花

2016-06-19 17:17:21 | 

気温30℃に届かず。

涼風が立つ。


6月に咲く花々は、様々あれど、菖蒲(あやめ)や杜若(かきつばた)、イチハツといった直立して、凛とした雰囲気のある川や湿地帯などの水際に咲く花、睡蓮や蓮なども今頃から、夏にかけて咲く植物なのだろうし、まだ少し先かもしれないけれど、梔子(くちなし)や百合(ゆり)などの芳香性の・・・かなり、キツイ香りを放つ白い花・・・などが、目につくようだ。

キツイ…芳香は、先日、相方の車の中にあった、芳香剤の香りに、一撃されて、乗り物酔いと片頭痛などひきおこし、嘔気が酷かったけれど。

車用の芳香剤には、辟易し、カーナビの横についていたのを取り外し、ティッシュにくるんで、ダッシュボードの中へ、仕舞ったのだけれど・・・。
車に乗っている間は、嗅覚が少し麻痺するけれど、再び乗車すると、慣れるまでに時間がかかる・・・。
なんで、あんなにストロングすぎる・・・な香りなんだろうな・・・と思うけれど、どうも喫煙者用らしい・・・。

あの芳香剤程では、ないにしろ、梔子(くちなし)だとか、百合(ゆり)だとかは、むせ返るような香りを放つ。

シャネルのガーデニアとか、ナンバー22(←記憶ちがいかも?)などは、梔子の香りをイメージしたものだろうし、キャシャレルのアナイスアナイスなどは、グリーン系ベースの百合の香りで、コチラは、清潔な感じがする。

湿気った6月の雨の日の車の中や、電車の中では、避けていただきたいのが、この濃厚な6月の花達のかおりだろうか?
いづれにせよ・・・梅雨時の重たい空気の中、濃密な花の香りは、空気中に拡散されて、更に、憂鬱さを増すのではないかと思う。

嗅覚的に頭痛を起こす香りなんだろうな・・・そして、気分は、更に重くなるというか・・・。

6月の花には、そんなイメージがあったりする。


他にも、土壌が酸性かアルカリ性だったか、どちらかに傾くと色が変わる紫陽花(あじさい)なども、6月の花の代表だろうか?

山あじさいやこあじさいなど、今が盛りだろう。

やはり、雨というか、水というか・・・そんなものを連想させる花が多い様な気がする。

薔薇は、5月が真っ盛り・・・かと思っていたけれど、6月もまだまだ見頃のようで、よくお手入れされたよその御宅の薔薇が、フェンスや門扉に綺麗に咲いていて、小雨に打たれていたりする姿を見かけると、6月の薔薇もいいもんだな・・・と思ったりする。

基本的に、薔薇の香りは、好きだ。

6月は、木に咲く花も多そうだ。
白い花で、目立たぬものも多いけれど、よく見ると、花だったりする。

先週訪れた北関東の山の中のダムは、水が少なくて、干上がりそうだった。
暑い夏との予報で、水不足が懸念される貯水量かもしれない。



コメント

香考No.22  EAU DE COLOGNE : CHANEL

2016-01-06 22:51:14 | 

曇りがち。昨日迄の暖かさは、何処へ・・・???


去年の暮に、半日くらい掃除をした。

本格的な大掃除とまでは行かず、中途半端におわってしまったのだけれど、捨てたいモノ、捨てなくてはいけないモノ、捨てられないモノ・・・など、所謂、『捨て』に関することで、いつもいつも二の足を踏んでしまう。
いづれ、捨てなければならないものも、もしかしたら、役に立つかも・・・と、さもしい根性が邪魔をして、大事に取っておいたりする。

あのときは、あんなに欲しかったのに、手に入れた途端、別にどうでもよくなってしまうのが、私なのだった。

そんなどうでもよくなった・・・モノを、まとめて、箱などに入れて置いて、さて、邪魔になってきたら、捨てる・・・みたいなことを繰り返して、結局、やっぱり、必要なかったのかも・・・ってものが、ほとんどな自室で、ひっそりと、仕舞われていたのが、本日の画像。



シャネルのオードゥ コローニュ 4ミリリットル入りのミニニュア。

案外、高額なモノで、たしか、2000円か3000円か・・・もしかしたら、それ以上だったかもしれない。

このブログ内でも、記載済みだと思うけれど、改めて、手首にのせてみると、なんとも良い香りで、コレも年月とともに、ムスク系の香料が、穏やかになってきた・・・ような気がする。

香料の含有率が、最も低い、トワレ類だから、1時間もすると、消えゆくラストノートに辿りつく。
長い時間、楽しめるものではないけれど、夏の昼間のシャワーのあとに、とても似合う感じがする。

・・・こんなことは、季節ハズレの冬に書く・・・のは、どうかと思うけれど、やはり、夏用なのだろうかと思う。

でも・・・敢て。
雪をイメージしたダイヤモンドのペンダントヘッドを、チェーンから外して、やはり、雪空を連想させるような?ブルーのシルクスカーフをバックに、雪のイメージで、写真を撮ってみた。

液体の色が、無色透明なので(香水類で、液体の色が、無色透明なものって、あまりないと思うけれど、セルジュ・ルタンスなんかが、得意?とする色の演出で、赤紫のラフィーユドゥベルランとかあるけれど、ローフォアッド、ローセルジュルタンス、グラスウールなんかが、無職透明な液体で、このシャネルのトワレは、それに先駆けての発売だから、やはり、シャネルなんだな・・・と思う)雪のイメージに合う様な気がしている。

香り自体は、柑橘系。

トムフォードのネロリポルトフィーノを、さらに上品にした感じがする。

フルボトルは、高額すぎて、手が届かないのはいつものこと。


掃除をすると、思わぬ発見があるものである。



コメント

香考No.21/荘:SONOKO

2015-11-12 22:53:37 | 



1980年代の初め頃、シャネルは、グリーン系という不思議なジャンルの香りを発表して、多分、それ以前にもこの『グリーン系』という香りは、存在したのだろうと思うけれど、私が初めて遭遇した『グリーン系』は、シャネル°19
・・・また、以前の記事と重複してしまうのだけれど、ごめんなさいね。

それくらいインパクトのある香りだったのね。

それ以来・・・私は、『グリーン系』と呼ばれるこの香りを求道したといっても過言じゃないです。
いまでも、このシャネル°19をつけていらっしゃる方に遭遇すると、懐かしさを思い出します。

季節でいえば、春とか、新緑とか・・・5月の連休とか・・・を連想してしまうのね。

・・・イヤイヤ・・・ここまで書いておもったけれど、ワタシには、どうしても、おねえ言葉ってにあわないのね・・・ね・・・ね・・・ね・・・語尾に『ね』を付けてみるけれど、なんか、合わないから、いつもの文体に戻すことにする。

却説(さて)。
香水なども年相応に変えて行かねばな・・・と思いつつも、やっぱり、好きな香りというのは、ハズせない気がする。


本日の画像。

故・鈴木その子さんの設立した会社・SONOKOから、販売されているオーデトワレ・荘。


テストもしないで、いきなりのフルボトル購入。
普通の香水ショップ(ネットショップ)には、置いていない(・・・と思う)。
レビューがよいので、買ってみたら、全く合わなかった。
肌にのせる前は、とてもよい香りだな・・・と思うけれど、実際に、つけてみると・・・見事なくらい酔ってしまった。

・・・ああ。コレは、失敗であった・・・!

どんなによい香りでも、結局は、自分の嗅覚に合わないとダメなのね・・・コレで何度も失敗したけれど、ちっとも懲りていなかった・・・というより、この時期、忙しくて、忙しくて・・・。

数年経って・・・。

少し香りが落ち着いていたのか?或いは、体質が変わったのか・・・???
(たぶん、後者だろうと思うけど。)

この香り・・・好みのグリーンっぽさが、あることに気が付いた。

成るほど・・・良い香りである。シャネルのように全面的なグリーンじゃないけれど。

レビューにもあったが、男性がつけても、いいかもしれない(・・・っていうか、もしかすると男性の方がイイカモ?)






コメント

柑橘系⑤Relaxing Shower Gel : L’OCCITANE

2015-11-10 22:57:33 | 



国産の蜜柑(みかん)が、店頭に並び始めた。
先月頃から種類も多くなってきて、柑橘好きには、嬉しい季節でもある。

食べて美味しい柑橘類だけれど、こと香りに関しては、爽やさが一番だろうか。
果肉は酸味があって、さっぱりした爽やかさが醍醐味で、果肉を覆う表皮に、香りの成分が凝縮しているように思う。
レモン・ライム・オレンジ・ベルガモット、柚子(ゆず)など、オイル分を含む表皮は、ジャムなどの食品になるし、また香料、洗剤と用途が広い。

紅茶などの香りづけにも使用されていて、アールグレイなどは、ベルガモットのよい香りにうっとりしてしまう。

以前、ウイスキーで煮たイギリスのマ・マレードは、朝のトーストには、贅沢な美味しさだった。

このマ・マレードと紅茶で朝食をとると一日が、幸せで始まるような錯覚を見せてくれる。

最も・・・もう数十年、朝食を食べられない時期が長く続いたので、その至福の味も何処かへ行ってしまった(体質的に朝が弱いので、やはり、朝は、一番不幸なのである)。

西洋では、どうなのか分からないけれど、本邦では、冬至に、柚子をお風呂に入れて入る習慣があって、この日(冬至)に、柚子湯に浸かると風邪をひかないと言われている。
レモン・オレンジなどの果実に比べると、柚子は、控えめで、優しい感じがする。

食べてよし、風呂に入れてもよし・・・とやはり、柑橘シーズンだなと思うけれど、こんな柑橘好きに嬉しいアイテムを発見した。

(本日の画像)ロクシタンのシャワージェル。

これは、柑橘類とラヴェンダーのとても良い香りで、気に入っている。

お風呂で使うシャンプーやボディソープ類で、ラベンダーは、単品で使われるものが多いような気がする。
ラヴェンダーだけで、独立したひとつの製品で充分なのだろう。

以前、コレが一番・・・だと思っていた薔薇とラヴェンダーの香りのシャンプーもいつの間にか、市場から姿を消してしまって、同一のメーカーからは、薔薇単体の香り、グレープフルーツだけの香り・・・とそんなラインになってしまって、残念に思っていた。
仕方がないので、今は、薔薇単体の香りのシャンプーを使っていたけれど、(私にとっては)高額で、先月、底をついたのを期に、安価なモノに変えざるを得なかった(貧乏ここに極まれり・・・である)。

このロクシタンのシャワージェルは、ラヴェンダーと柑橘類・・・といった私の好みに合うもので、やはりバスグッズなどの香りは、柑橘類かラヴェンダーが、一番好きだ。


コメント

ローズイケバナ/エルメス②

2015-11-07 22:26:40 | 

香水やオーデトワレなどは、一度、容器を開けたら、早めに使い切る方が、よい・・・と言われている。
空気に晒されていると良い意味では、熟成が進み、悪い意味では、劣化するという。

コレも安い合成香料を使っている場合には、あてはまらない。

天然香料だと密閉状態あれば、100年くらいは、香りが変わらない・・・という記述を何処かで、読んだ記憶があって、本や陶器、宝飾品などとは、違って、香水は、嗅覚だから、状態を保存し、記憶するのが、相当難しい。
だから、100年前のものと現在のものと、果たして同一なものなのかどうかは、分からない。
どちらといえば、ワインだとか、ウイスキーなどとカテゴリー的には、似ているのかもしれない。

私の手の届く価格帯の香水類は、コストの関係上、合成香料のものがほとんど・・・だと思う。

未だ、無収入の身だから、生存に不要な香水類などは、論外だ。

それでも、過去に買ったまま、香りが、気に入らなかったり、取っておきたいものなど、数本であるが、ストックがあって、先日、そんな中のひとつ、エルメスのローズイケバナのミニサイズを開封した。
(このローズイケバナに関しましては、拙ブログ⇒ http://blog.goo.ne.jp/minmin0235/d/20131021 をご参照下さい)

上品さは、さすがにエルメス・・・で、多分、20歳代でコレをつけこなすのは、ちょこっと至難の業かもしれない。

かのゲランの名香・Mitsuko などは、50歳をすぎないとダメだろうなぁ・・・少なくとも、40歳越というか・・・。

・・・という訳で、先月の定例の観月会(15日)、相方と食事をするので、つけていった。

『なんだか、とても良い香りがする。しいて言えば、両切りのピース(煙草)の缶をあけたときのような・・・莨(たばこ)かなぁ・・・?』

どうして、この香調(或いは、調香)が、『タバコ』なのか・・・?

後日、このローズイケバナのミニボトルを持って、試してもらった。
(このときは、セルジュルタンスのサ ジェステ ラ ローズ をつけていたのだけれど)

『あっ。明らかに違いますね。』

香水は、つける人によって、香りが変わるようだ。

私がつけると、『両切りのピース缶をあけたときの香り』になるらしい。

生憎、私は『両切りのピース缶』なる香りを知らないけれど。




コメント