鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

神々の贄~天皇は、祭祀「だけ」を行ってくださればよい・・・のに・・・???

2017-05-31 21:22:23 | 皇室
雨季が近いような風騒ぎ・・・。


御老体に鞭うち、近くは、都内の美術館、音楽会。

国内では、災害地域の慰問。


遠くは、海外迄。

既に今は、齢80過ぎなれど・・・。

謝罪の旅にでかけましょう。

戦争をしたのは、僕の悪い国でした。ごめんなさい。

西へ東へ南へ北へ。

ドア to ドア。

政府専用機、自衛隊の艦。

眠っている間に着きまする。


本物の帝に成り損ねたかつての少年の横には・・・。

登場するたびに、写真や映像に映るその姿の身長が伸びたり、縮んだりする摩訶不思議で、キッカイな『女性(にょしょう)』が、片時も離れず、お付添いになっていらっしゃる。

かつては、何処かの女優のようなひとも居たのだが・・・パートタイムで、場面毎の分業。
写真班、テレビ班、行事班・・・様々な場面をパートする・・・複数でひとりを演じ切っている。

一体何人いるんだろう。僕の妻は・・・?


おこづかい年間3億円は、生贄の代償には、安すぎるよね?


それは、神々の贄。

身代わりとなりて、神の怒りを鎮めるために。


帝は、祈る。

神に祭祀を捧げる。


それを成すことなしに、帝とは呼べぬのがこの国のきまり。


・・・本物の帝の成り損ないのジミーが、何故、本物の帝に成れなかったのか・・・。

まだ少年ジミーだった日。
僕のお誕生日に、戦犯と呼ばれる軍人が、見せしめのために処刑された。

僕は、怖れ慄いて、テーブルの下で、泣き出した。

次は、お前の番だよ・・・ジミー。

お前の神に請うがよい。

神の哀れな生贄のジミー。

お前の国の神さまは、イエスを神に格上げしてくれた天の父のように、お前を神にしてくれるかどうか試してみたまえ。


家庭教師の売人(ヴァイニング)夫人は、少年が、この国の本物の帝にならないように教育したようだ。

ニホンの帝になるはずだった少年を・・・自分の国の少年につける名前であるジミーと呼んだ。

神様の生贄になんて、ならなくても、いいのよ。ジミー。あなたは、人間なの(・・・そして、決して、本物の帝になってはいけませんよ!)。

9時から5時まで、はんこ押しのお仕事。それが終わったご褒美に、お出掛けしましょ。

この国の帝は、神々への捧げもの。

僕は、生贄にならぬため・・・。

僕は、名ばかりの帝になろう。


でも何も知らぬ国民は、僕の為に、一生懸命働いてくれるだろう。

何の疑いもせず。尊い僕のために。

生贄にならぬ名ばかりの帝の僕のために・・・。


だから・・・海の姫巫女よ・・・。
そなたも、もう普通の女に、お戻りなさい。
自由なおんなに、戻りなさい。



コメント

翻弄される日本或いは・・・世界?②放送受信料の謎~悪法も法なり?

2017-05-30 21:21:21 | 社会・経済

夏日。多湿なれど、風は、涼しい・・。



悪法も法なり・・・。

テレビ受像機を購入し、設置すると、問答無用で、『放送受信料』を、支払わなければなりません。

その放送受信料で、某NHKという公共放送機関にお勤めの方々は、日本の一般国民とかけ離れたお給料をもらっているらしいのです。

そして、その職員の多くが、『在日朝鮮人』だと言われています。

平均年収1750万円前後(正しい数字は忘れましたが・・・大体、このくらいだったかと思います)。


100歩譲って・・・。

日本国民に有益な情報を提供してくれるなら、支払ってもいい。


しかし・・・。

流す情報は、『嘘』です。
嘘じゃないかもしれませんが、誰かに都合の悪いことは、報道しません。

報道しないことは、責められませんが、虚偽だけは、やめていただきたい。

何処かの某国と同じ思想なのでしょう。

『嘘も百回言えば、本当になる?』

そんな放送局のために、何故、私たちは、受信料なるものを支払わなければならないのでしょうか?
受信したくないわ。電波流さんといて欲しいわ。
(民放が、中韓系なのは、視聴は無料なので、問わないけれど)

こんなデタラメな法律が、まかりとおる社会は、不健全です。

国民に害を与える放送局に、何故、受信料をしはらわなければならないのでしょうか?

その顕著な例は、『健康情報』だと思います。

原発事故の放射線量も、隠蔽されているようです。
安全、安心・・・別の何かにすり替えて(例えば、航空機の方が、放射線を浴びる量が多いとか、年間被曝量は、レントゲンと同じくらいだとか・・・)。

医療・製薬業界が絡み、体を害するかもしれない情報をバラまく、バラまく・・・さも真実のように。

『信じたアンタが、悪いんだよ!』
としか・・・いいませんよね?不測の事態が起きても。

家電メーカーは、NHKだけ受信できないテレビを開発しないのでしょうか?

そんなことをしたら、たぶん、大変なんでしょうね。
いろいろなところからの圧力が・・・。

悪法も法なり・・・しかし、悪法は、正さなければなりません。


コメント

翻弄される日本或いは・・・世界?

2017-05-29 21:15:50 | 社会・経済

夏日。


インターネットの普及で、世界の様々な出来事が、瞬時に、世界に配信される世の中になりました。

それに伴い、これまで、情報をコントロールし、人々を騙し続けてきたメディアの実体が、現れてきました。

各テレビ局の放送は、嘘ばかり。

かの悪名高き・某国営放送(NHK)を筆頭に 、各テレビ局は・・・。
(誰かに)都合の悪いことは、放送しません。

新聞は、嘘ばかり。
(誰かに)都合の悪いことは、書きません。

一体、誰の都合が悪いのでしょうか?

米国のメディアをほぼ掌握したユダヤ人たちでしょうか?
日本のメディアの乗っ取りを完了した在日朝鮮人たちでしょうか?
(それとも・・・世界の全てを掌握していると言われているあの方々でしょうか)

・・・世界を掌握していると思われる民族は、かつて虐げられた人々といわれてきたようです。
世界的規模でのユダヤ人。
アジアでは朝鮮人。

一緒にしてはいけないのかもしれませんが・・・ユダヤ人の縮図が、在日朝鮮人のように思えます。
全くの見解違いかもしれませんし、わたしには、よくわからないのですが・・・。

かつて、ユダヤ人が就ける職業は、高利貸し、ダイヤモンド産業など、或る程度、限定されていました。
その産業のひとつが、映画界。
発明王エジソンは、反ユダヤで、新興産業であった映画に必要な映写機に莫大な使用料を要求しました。
ユダヤ人たちは、ニューヨークを離れ、エジソンの目の届かない西海岸にハリウッドを設立しました。

日本でも、芸能界というところは、『朝鮮人』でないと成功は難しい・・・と言われているようです。
ユダヤ人を真似たのでしょうか?
そんな『在日と言われる朝鮮人』を、スターと崇めていた『日本人』は、一体なんだったのでしょうか?

メディアが作った虚構の世界でした。

大企業と言われている会社の設立者も『在日朝鮮人』と呼ばれて成功している人がおおいようです。
企業に掛る税金の負担が、驚くほど優遇されていると聞き及んでいます。

支払わなくてもよくなった税金は、パナマなどの税金のかからない地域にある金融機関にプールされているようです。

政治家・企業・メディア・マスコミ・・・の虚言の配信を、疑いもせず、真面目に働いてきた日本人から搾取した税金は、『在日』と呼ばれる人たちに喰いつくされています。

彼らの作る幻の世界に翻弄されると・・・本来の自分を見失うかもしれません。


コメント

初夏の夕風・白花の香

2017-05-28 18:50:52 | 詩のような・・・?もの

お天気回復。

夏日が戻ってきましたが、それ程、暑い様な気がしないのは、先週初め頃の暑さを、身体が覚えているからでしょうか?


夕方から、涼しい風が吹いてきました。


陽が沈む前の・・・何やら、ほっとする寂しさ中、名も知らぬ木に咲く白い花の香り。

薔薇の花ように芳醇な香りでもなく・・・。

それこそ、野にある花のような・・・爽やかで、軽ろやかな香り。

白い花の香り。

白い花の香り。

木に咲く・・・白い花の香り。

初夏の夕暮れの風にのって。


コメント

毛布

2017-05-27 21:52:54 | Weblog

夜中。
あまりにも寒いので、折角仕舞った毛布を引っ張りだす。

一昨日迄は、毛布なんて、もう見たくもなかったけれど。

そして・・・明日は、また暑さが戻るというか・・・暑くなる・・・という予報。

今日は、午前中は、曇ったり雨が降ったりして、気温も20℃前後だったけれど、正午前の天気情報番組では、都心は、晴れて夏日ということで、100キロはなれていないのになぁ・・・と思ったりする。

同じ関東でも、南と北では、全く違う・・・

同じ県内でも、南と北では、全く違う・・・


それにつけても・・・。
夜中の寒さで、膝から下が、冷えまくり、寒くて寒くて、どうしよう・・・毛布なんて、また引っ張り出すのは、面倒だし・・・このまま、凌げないモノか・・・と、ウダウダしていたけれど、やはり風邪なんてひいたら、イヤだし、脚が冷えるということは、体調が、悪くなる前触れなことも多いから、眠くて、身体を起こすのが、凄く、億劫だったけれど、毛布をひっぱりだした。

それで、あまりに暖かくて、すっかり安心して、眠ったら、もうお昼前だったりした。

朝方、昔、同じ会社に勤めていたひとから、メールが来ていたんだけれど、読むのが遅くなってしまって、返事は、どうしようか・・・と未だに、この時間になっても思案している・・・返事と言っても、お誘いとかではなくて、近況報告で、仕事を辞めざるを得なくなったという深刻?な内容だったので。

リーマン・ショックのときに、解雇になって、暫く、パートタイムなどを転々としていたけれど、何度目だろうか・・・と思う。

結局、私には、どうすることもできない。

でも、コレって・・・。

真面目で、欠勤などもなかったひとだったので、報われて欲しいと思っている。

それにつけても・・・。
気温も寒いけれど、ひとの世も冷たいもんだな・・・としみじみ思う・・・走り梅雨の寒い土曜日。




コメント

明日も雨になるらしい・・・。

2017-05-26 23:46:10 | 詩のような・・・?もの


週明けから、真夏日が、続いて、すっかり夏気分・・・だったのだけれど、昨日あたりから、一転、肌寒い雨の日が続いています・・・。

走り梅雨・・・なのでしょうか?


そして、天気予報では、明日も、雨になるらしい・・・。


急激な温度差に、油断していて、風邪症状だとか、なんだか、身体が怠いとか・・・不調の多い時期かもしれません。

午後から、いったん上がった雨も、深夜近くになって、また降りだしました。

雨音の金曜日の夜。

なにやら、ゆっくりとした時間の流れ・・・です。

明日は、お休みの方も多い事でしょう。

今宵は、雨音など聞きながら、今日と明日の狭間で、ゆらゆらと楽しんでみるのも一興・・・。


・・・明日も、雨になる・・・らしい・・・。

・・・明日も、雨になる・・・らしい・・・。

・・・明日も、雨になる・・・らしい・・・。


コメント

映画『帝一の國』

2017-05-23 21:24:52 | 演劇・映画
夏日。気温30℃越え。

あと1ヶ月で、夏至。

夕方が、長い。
夕方でも、30℃近い気温だけれど、夏と違うのは、風が立っていることと、湿度が低いこと。
爽やかな暑さです。


昨日、夕刻より、相方と隣市のシネマコンプレックスへ、『帝一の國』を観にでかけました。

青春学園ドラマ・・・という括りでよいのでしょうかね?

総理大臣の椅子を狙う人間にとって、一番の早道は、名門・海帝高校で、生徒会長になること・・・。

子供の頃は、特に、総理大臣になりたかったわけでもない赤場帝一(菅田将暉さん)は、ピアノを弾くのが大好きな子供でした。
しかし、通産省事務次官の父親の果たせなかった海帝高校⇒生徒会長⇒総理就任の悲願を自らに課すことになり、その第一歩、生徒会での派閥の中で、激しい選挙戦を戦うことになります。

ここでふと・・・この映画は、もしや・・・『腐女子』向け・・・???なのでしょうか・・・と思ったりしました。

高校生には、ちょっと・・・(トウがたった?)と思われるものの、イケメンの俳優さんばかり登場します。

キャピキャピ可愛いアイドル系男子の榊原光明(志尊淳さん)、外部入学で、苦労人の大高弾(竹内涼真さん)、先輩で将棋部の森園億人(千葉雄大さん)、同じく、先輩で、森園と生徒会長の座を争う金髪の氷室ローランド(間宮祥太朗さん)、そして、親子二代に渡る因縁をもつ東郷菊馬(野村周平さん)。

綺麗どころ?満載です。

私は、この『帝一の國』の原作の漫画は、知らないのですが、もしかして、少女漫画???と見紛うようなキラキラ男子テンコ盛りです。

エリート高校の選民意識の高い高校生達の生徒会長のイス取りゲーム。


・・・こんな漫画あったよな・・・池田理代子さんの『おにいさまへ』なんてのは、生徒会そのものが、人間に値段をつける組織。

山本鈴美香さんの『エースをねらえ!』は、スポ根ものだけれど、高校生とは思えないお蝶夫人も生徒会関連だったような・・・???

そんな世界を踏襲しているのかな・・・なんて思ったりで・・・?

そして、『ヒカルの碁』の筒井さんは、まんま帝一の先輩・森園億人そのひと・・・。囲碁と将棋の違いは、あれども。

いろいろ、ミックスして、新しい青春学園モノの誕生!でしょうか?

そして、気の毒なほど、華の無かった女優陣・・・帝一くんのガールフレンドの美美子さん、お母さん、妹さん…オザナリ感一杯でした。


最近、映画多いですかね?蜷川幸雄さんのシェイクスピア劇なんかで、よくご登場の吉田鋼太郎さん。

帝一くんのお父さん役で、選挙参謀の事務次官役でした。

親子して、奇抜な衣装での登場も楽しめました。



コメント

夏日の日曜日。

2017-05-21 21:41:51 | Weblog
気温30℃越えの暑い日曜日。

陽が暮れると、田んぼの蛙たちが、大合唱を始めます。

ケロケロ、ゲコゲコ。
ケロケロ、ゲゴゲコ。

夜の合唱団。

ケロケロ。
今日は暑かったね。

ゲコゲコ。
雨は降りますかしら?

ケロケロ。
お隣が、またミサイルをブチ上げたらしいですよ?

ゲコゲコ。
それは。まあ。難儀なことで。

ケロケロ。
それで、ジェット機の音が、うるさいのですかねぇ?

ゲコゲコ。
どうでしょうかねぇ・・・アタシら、蛙には、わからぬことですが・・・。

ケロケロ。
まあ、無事で、雨期を迎えられるといいんですがねぇ?

ゲコゲコ。
ゲコゲコ・・・。


・・・なんて、世間話をしている訳ではありません。

カエルは、蛙なりに、やらなきゃならいことがあるんです???

それにつけても。
5月の暑い日曜日でした・・・。
(↑ホントにコレだけ・・・の相変らず、内容のナイ・・・いつものブログ)


蛙の合唱団。
夜の合唱団。

咽喉の調子は、如何ですか?
昼間は、暑くても、夜は、少し冷えたりしますんで。
お布団、ハネのけて、風邪なんて、召しませぬよう・・・。

コメント

カルメンちゃん⑥~さよなら。カルメンちゃん

2017-05-17 08:26:50 | Weblog

はっきりしない空模様。

雨期を予感させるような湿度のある空気の朝。


隣市のメガ・ホームセンターのペット舘にいたスカーレットコンゴウインコのカルメンちゃんが、いなくなりました。
2月か3月に訪れたときには、壁に向かって、うずくまっていて元気がなかったので、少し心配していたのですが。

そのあと相方が訪れたときには、いつものように、ひとなつこいカルメンちゃんに戻っていたそうですが、先日、会いにいったときには、いなくなっていました。

店舗間のローテーションで、他店舗へ移されたのか、或いは、飼い主が見つかったとか・・・。
もしかしたら、病気が悪くなったのか・・・。

そんなことを考えました。

地元のホームセンターのペット舘にいたオーストラリアキバタンのロビンも、知らない間にいなくなっていて、なんだかとても寂しかったのです。

カルメンちゃんは、大型のインコで、ケージの高さだけでも1.5メートルくらいの場所に居て、すこしオレンジがかったような赤い羽、尾羽は、青や黄色のまざった極彩色の綺麗な鳥だったのですが、その外見に似合わず、静かなたたずまいを見せる鳥でした。

カルメンちゃんは、オスかメスがわかりませんでしたが、その羽の色から、相方が、『カルメン』と命名して、会いにいくたび、勝手に、『カルメンちゃん』と呼んでいたのです。

『カルメンちゃん』と呼びかけると、近くに寄ってきてくれて、頭の撫でさせてくれます。
頭を、搔き搔きしてあげると、気持ちよさそうに目を瞑ります。
けして噛みついたりせず、大人しい鳥でした。

もし、誰かに買われたのなら、優しい飼い主さんだったらいいなと思います。
もし、病気なら、早く元気になることを望んでいます。
もし、他店舗に移されたのなら、そこがカルメンちゃんにとって、居心地のよい場所であることを願っています。

・・・そして・・・もし、命を落としたのなら・・・苦しまずに、安らかに逝ったと信じたいです。

・・・そして・・・もし、また別な形で、カルメンちゃんに会えるなら・・・会いたいと思っています。



コメント

杞のくにのひと②ミサイルに脅える

2017-05-16 21:40:00 | Weblog

くもりがち。夜から雨・・・の予報。

何やら、肌寒い。
肌寒いのに蒸し暑い・・・。
どっちつかずのお天気である。


朝鮮半島のゴタゴタは、既に、対岸の火事ではなくなっていて、対策を打てないまま、かの国に、ミサイル開発の時間を与えてしまったという・・・。

ミサイルが都内に着弾した場合、かの国の核爆弾の威力は、広島型原爆の1.2倍・・・或いは、2倍弱・・・と言われているけれど、たぶん、交通網は、遮断。

もし生存していても、やはり、徒歩で、帰宅せねばならぬのだろう。

歩く以外、帰りつく術がないのなら、レールの上を歩くか、国道を北上するしかない・・・。


さきの大震災より、地震が怖く、都内で、大規模地震に遭遇したら・・・。

一発で、絶命できれば、それに越したことない。

・・・ただ、中途半端に生き延びてしまった場合、たぶん、ワタシは、徒歩で、自宅を目指すだろう・・・生きて都内を出て、約80kmの道のりを、果たして、徒歩で、踏破できるのであろうか・・・?

たぶん・・・10分と歩けないのではないか・・・。

・・・なんてことを、都内へ出るたびに、考えてしまう・・・私は、根っからの杞の国のひと。

地震の他に、ミサイルも加わって、心配事は、増えるばっかりだ。
いつか空が裂けて、天が降ってくるのでは・・・と、心配しても、仕方のない事ばかり、心配している・・・『杞憂』の語源でもある。


ミサイルの着弾については、相方曰く。

『大丈夫。きみの家には、間違っても、着弾しませんから。』

・・・と自信満々にいうのだけれど・・・ソコは、ソレ。

かの国のミサイルなんだよ。
間違っても、正確な目標になんて、着弾しないよ。
起動のズレで、間違って、着弾したらどうすんだよ!と反論してみる。

そう・・・かの国のやることである。だから侮れないのである。

弾道計算しても、ハズれるんだよ。

そして、その弾道計算から、生まれたのが、株価の動向を予想する『グランビルの法則』だという。

まあ、そんなことは、どうでもいいんだけれど。

日経平均株価は、2万円を前に、足踏み状態だよね。

東芝の赤字も膨らんで。お国は、税金で助けるみたいね?半導体技術の海外流出を防ぐため?とか?

・・・んなことたぁ、どうでもいい。

とにかく、ミサイルは、御免だからね。

杞の国のひと・・・。
ミサイルに憂い、脅える・・・。


コメント (6)