鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

剥がれた落ちたふたつの鍍金(めっき)~園遊会

2016-04-28 21:23:38 | 皇室

日付が変わる頃から、雨が本降りになって、時々、強風も吹いたりして、荒れ模様の連休前日。
気温も上がらず、しまい込んだタートルネックのフリースを再び、引っ張り出して着ている。

自分自身にないもの、身につかぬもの・・・があるとコンプレックスに陥る(コンプレックスに陥らない人もいるし、全く、スルーしてしまうひともいる)。

だから、ヒトは、過剰なまでに防御するのだろうか・・・。

鍍金(めっき)は、剥がれるものだし、やはり、本物の価値ある金属(金、プラチナなど)と、見てくれは同じかもしれないけれど。

アンティークジュエリーなどで、17世紀から18世紀頃の宝飾品の台座は、主に、銀細工で、銀は、空気に触れ続けていると、黒ずんできて変色してしまう。
ブローチだとか、指輪、ネックレスの留め具などに使われる銀は、変色すると服に色移りするから、鍍金(めっき)で、塗装する。

20年?くらい前(正確なところは不明だけれど)から、ゴールドという素材に、ロジウムだとか、他の金属を混ぜて、ホワイト・ゴールドなるプラチナと区別がつかない・・・金でありながら、プラチナの輝きをもつ金が、出現するようになった。

宝飾品の台座の主流は、金からプラチナへ移って行った。

プラチナの方が、流通量が少なくて、希少性があるし、加工がしやすく、強固なためらしい。

数年前からは、従来の金色をしたゴールドを、イエローゴールド、ピンク系のピンクゴールド、少し黄色味がかかったシャンパンゴールドなるカラフルな金地金が登場した。いづれも、金の他に、25%の混ぜ物をして、色を出すようだ。

レッド・ゴールドなる赤みを帯びた金地金を見たことがあるけれど、ピンク程、定着しなかったように思う。
私は、このレッドゴールドが欲しかったけれど、手許不如意で、買いそびれた。
それ以来、見かけたことがない。

以前、購入したホワイトゴールドの地金のリングの小さな石が、緩んでしまい、しかも、鍍金(めっき)が剥がれて、地の色が見えるようになってしまった。

修理に出そうかどうしようか、迷うところだけれど、塗装のし直しとなると・・・そうまでして、身に着けていたいかというと、そうでもない。

一応、18金だから、売却はできるだろうと思う。

・・・昨日。皇居では、春の園遊会が行われたようで、御病気で、療養中の東宮妃殿下が、数十メートル歩かれて、御退出・・・ということだった。

流れるニュース映像をみていると、かの妃殿下の視線は、キョロキョロ・・・態度は、おどおど・・・。

ヘコヘコなお辞儀。

一刻も早く、この場を去りたい・・・そう思っているのだろう・・・そんなカンジだった。

ハーヴァード大学、東大、オックスフォード、外務省、外交官・・・という肩書なのだろうけれど、それは、みんなニセモノで、あの妃殿下には、なにひとつ、本当に、自分自身で、身に着けたモノがないように見受けられる。

所詮、身についていないモノは、身についていないし、ニセモノを、ホンモノに見せようとしても、鍍金(めっき)は、剥がれ落ちるのである。
厚塗りされた鍍金(めっき)程、剥がれたときのギャップは大きいのだろうか。


中身がないなら、せめて努力で補う時間は、20年あったのに、結局、何も身につかず、若さが失われた今・・・何もないようである。

残ったのは、唯一その身についた脂肪と世間に知られてしまった無知蒙昧。

見ているのが、恥ずかしいというか、痛々しいというか・・・晒しものにされ、気の毒でもある園遊会だったようだ。

今上さんも東宮さんも、魂の抜けた抜け殻のようだし、女帝陛下も幽鬼のように、そして、恥をしらない醜悪な老婆となって、今上の腕を掴んでいた・・・見苦しいことこのうえなし。



コメント

職業選択の自由

2016-04-26 01:26:26 | Weblog

数十年前・・・の転職情報誌のキャッチコピー。

職業選択の自由。

近世、我が国では、職業は、ほぼ世襲制だったようで、武士の家に生まれれば、武士に、商家に生まれれば商人に、農業に携わるなら、農業に・・・といった所謂、『士農工商』などという階級制度があった。女性が、職業を得ることは、困難で、大奥などに勤めて、権力を手にする・・・なんて物語もあったし、事実、そういうほんの一握りの女性が居たことは居たのかもしれない。
医師なども、女性には、道が開かれず、産婆止まりだろうか。
大きな商家へ女中奉公、行商などの仕事があったくらいだろうか。


先日、携帯端末と電話回線の通信会社を変更するにあたって、数社のサポートセンターに電話をかけまくるはめになったことは、昨日以前のブログにも書いた。

そのとき・・・ふと、思ったのである。

世の中には、電話オペレーターという職業があって、顧客のさまざまな質問・要求に答えねばならない職業で、いろいろとストレスも多かろうなぁ・・・と思う。

某通信会社では、会話のあとに、時節柄、お身体大切になさってください・・・ということを、電話受付のサポートセンター、工事担当部門などを一言添えるようにしているようだ・・・もっとも、コレは、顧客の年齢別に言うことになっているのかもしれない。

若者には、言わんからな・・・普通は。

・・・っていうことは、ワタシは、既に、老人扱いの年齢か・・・と思う。

私には、電話オペレーターという職業は、難しい・・・というか、就けないだろう。
マニュアル以外のことは、言えないし、顧客の質問が理解できそうにないからである。

相方と一緒に食事をするときに、セットメニューの内容で、かなりいろいろと注文が細部に渡って選べるようになっているお店でも、私は、自分が、注文したいものを上手く伝えることができないことが多い。

それと同様で、電話口で、相手に、どう伝えたらいいのか、言葉が出てこないのだ。

こういう、アタマと要領の悪い私のような顧客から、一体、どんな要求なのか・・・ということを、聞き出す裁量がないと、電話オペレーターさんは、勤まらないように思う。

相方には、よく言われる。

『はじめっから、こうして欲しいって伝えればいいんじゃないの?珈琲が飲みたいとか。解約したいとか・・・。』

相方は、辛抱強く?最後まで、話を聞いてくれるが、電話オペレーターさんや、ウエイトレスさんは、忙しいから、私のように、たどたどしいお客には、さぞ迷惑しているだろうなぁ・・・と肩身が狭い。

こんなことだから、未だに失業中なのである。
私に、職業選択の自由はない。

出来る仕事は、限られているし、出来る仕事しか出来ない。

電話オペレーターなどは、論外なのである。




コメント

携帯端末乗換顛末記(5)

2016-04-25 01:24:25 | Weblog

試練・・・まだまだ続く。

ストレスフルマックスな日々である・・・。

ネット回線やプロバイターの乗換えで、違約金が発生した場合、新契約をした通信会社が、工事費用を含め、返還してくれるということになっている。

そのためには、違約金の記載のある請求明細書が必要なるので、云々・・・。

WEB明細書を入手しようとおもったのだけれど、旧通信会社のWEBサイトの個人アカウントは、回線切り替えと伴に、会員資格も抹消され、プリントアウトすることが出来なくなっている。

旧通信会社に、電話し、書類を願い出た・・・。

『20日締めとなっておりまして、4月分のご請求の確定は、5月20日頃になってしまいますので、その頃に、お手数ですが、またご連絡下さい。』
とのことだった・・・。

来月、また同じことを説明しなきゃならないのか・・・。

なんかもう、ウンザリ・・・だ。

そして、今度は、普段使っている銀行などのサイトのメールアドレスの変更作業だ。
@以降のドメインが変わるから、変更しとかないと送金などが、使えなくなる・・・。

以前、国営だった某金融機関が、民間?になった某銀行・・・ワンタイムパスワードの受信できるメールアドレスの変更は、書類をプリントアウトし、郵送して、メールアドレス再発行の手続きをしてください・・・!

何で・・・今時???WEB上で、メールアドレス変更が出来ない???(まあ、プロバイダーメールしか登録していなかったワタシの手抜かりだったのだけれど・・・)

しかも、新しく入れ替えたウィルスソフトが、邪魔をしているらしく、肝心の変更手続き書類が、プリントアウト出来ない????????

簡単に書いたけれど、書類を提出しなければ、実質、送金・振込が出来なくなるという事実に辿りつくのに、なんと1時間近くかかってしまった。

仕方がないので、某銀行のサポートセンターへ、電話して、書類を送付してくださるよう、お願いする。
中年の男性オペレータさんが、丁寧な対応をしてくれた。

そんなこんなしているうちに、風の気持ちの良い一日が、足早に去ってしまった・・・。
便利なハズなのに、何故にこんなに、サマザマに面倒なの?????

なにをか、いわんや・・・である。


コメント

携帯端末乗換顛末記(4)

2016-04-24 01:10:25 | Weblog

ゴールデン・ウィークマジかの世間的にも、季節的にも、なにやら、心弾むような時期の到来。

某・ショッピング・モールでは、白いハナミズキが、満開で、遠目には、満開の桜のようにも見える。
気温なども夏日。解放されたような季節感。

しかし・・・相当、ストレスフルな日々である。

インターネット回線・プロバイダーを変更して、普通にインターネットが使えるように、なるにはなった・・・。

次のストレスは、プロバイダーの解約手続き。

電話をしても、『ただいま電話が大変込み合っております。暫くお待ちいただくか、15分くらい経ってから、お掛け直し下さい。』
のアナウンス・・・。

しかも、ココは、電話が無料ではないので、待っていると、通話料金が加算される仕組みである。0570で、始まる・・・ナントカ電話ってヤツだ。

解約する客の通話料金を、タダにしてなるものか・・・という気構え???が見える。

15分おきに、4回電話し、やっとこ、繋がるも・・・。
顧客情報を伝えたあと、60分以内に、折り返しご連絡差し上げます・・・ということで、プロバイダーから連絡が来たのが、2分遅れの62分後。

違約金等発生する。

何でも、カンでも、2年シバリ、3年シバリで、顧客を拘束する仕組みだ。
5年以上、ロクに使わぬサービスに、カネを払っていた我が身が悔やまれる。

無線ナントカと、WiFiのSIMカードの返却を言い渡された。
購入店まで、配送するか、持参せよとのことだった。

そして、コレも多分、トラップなんだろうけれど、
『長年御契約いただいたお客様ですから、機器の御返還のおついでに、パソコンの健康診断が無料となっておりますので、是非、お持ちください。』

とのことであった。

今使っているパソコンも、そろそろ年季だろうし、買い替えさせる気満々なのだと見た・・・あざとい。

無料の罠テンコ盛りである。

追い打ちをかけるように、新規に乗り換えたキャリアからの請求書で、末日1日しか使っていない3月分の電話料金発生し、次月請求のクレジットカードの請求明細が、来る・・・???何故に・・・???日割りにはならぬのか・・・。

或いは、間違いなのか・・・。

問い合わせをしたところ、最初に掛る手数料とのことだった。

要らぬ・・・と断ったタブレットを、実質、無料という・・・???訳の分からぬ料金設定で、まんまとの乗せられ、不要なカネが、半端なく出ていく。

コチラも、スマホ2年シバリ、タブレットは、3年シバリ・・・と、時期をズラしているあたり、姑息な手段が、ヒシヒシ・・・と感じられる。

登録手数料、スマホ・タブレット6000円、回線変更手数料新旧携帯会社各2160円・・・。

違約金だの・・・ナンダノカンダノ・・・。

そして、更に、更に、追い打ちをかける事態が待っていることに、まだ気が付かない、情弱なワタクシなのであった・・・。




コメント

携帯端末乗換顛末記(3)

2016-04-23 06:06:56 | Weblog

ストレスフルな日々である。

5年前、インターネット環境を、ADSLから光回線に替えた時、かなりなストレスだった。

屋外の電柱から、光ファイバーケーブルを引き込んで、自宅内の配線だとか、何だの、カンダのと・・・。
そのときは、6~7年使ったパソコンが、死んでしまったので、この機に、光回線にしちまおうと、意を決したのであった。

今回は、業者さんが来て、屋外の電柱で、切替作業していて、自宅には、女性の業者さんで、光コンセントなるものを設置して、30分前後で、作業終了だった。

ガラケーからスマホにするだけのつもりだったのが、インターネット回線も変える羽目になるとは・・・。
想像もしていなかった。
だって、5年前のストレスは、半端じゃなかったから・・・。


インターネット環境が変わるというのは、ケーブルを繋ぐだけならナントカなりそうだけれど、それだけでは、対応できない・・・深い闇・・・みたいなものがある。

些細なことにひとつつまずくと、解決策にたどり着くまでに、かなりな時間を要する・・・。

手順書に書いてある通りにやったハズなのに、繋がらない・・・何故、繋がらないのか・・・仕組みがわからないから、不安である。

例えば、それが、たまたま『g』と『q』の打ち間違えであっても・・・。

だから、自分ではやらず、出張訪問サポートというサービスを利用する。

スマートフォン、光電話、インターネットのセットについてくる1時間無料というヤツであった。

30歳前か、ちょい過ぎの兄さんが、パソコン設定にやってきた。

訪問予定時間は、45分過ぎている。
訪問予定時間は、16:00~17:00の間に・・・ってことだったので、まあ、時間通りってことでいいのか・・・。

前のお宅で、トラブッてしまって・・・とのことで、それでも作業は、サクサク進むも・・・。

兄さん、夕べ、首を寝違えたとかで、多少、不調そうだったけれど、世間話などしながら、ウィルスソフトのインストールやら、新しいプロバイダーのメール設定やら、お願いしたことを、1時間かからず終了。

コレでなんとか、普通に戻ってくれたようだ。




コメント

携帯端末乗換顛末記(2)何となく・・・ガラパゴス・・・。

2016-04-22 02:56:01 | Weblog
 
孤立した環境の中に長く居ると、エリア外との互換性がなくなり、孤立化する・・・。

やむにやまれず?ガラケーから、スマートフォンに乗り換えたのだけれど、それに伴い、インターネット回線も乗り換えるハメになり、工事を待つ身であった。

もともと、某NT●の光回線は、引き込んであるから、光回線終端装置とコンセントを変えるだけだと思うけれど、上手くいくのか、行かぬのか・・・なかなかなストレスである。

工事日に合わせて、お抱えのプロバイダーから、接続の人が派遣されるというサービス付だけれど、何やら、都合で、工事日当日の派遣ができなくなって、1日のびることになって、都合2日間インターネットが使えない状態になるらしい。

スマホがあるからイイケドさ・・・。

メールアドレスの変更だとか・・・なんやかんやと面倒である。

今は、勤めていないからイイケド、勤め人だったら、できないかもしれない・・・とさえ、思えてくる。

我が身は、ずっとガラパゴスで、何だか、ひとに接するのが、とても面倒になってしまった。

もっとも・・・。
派遣先でも、1日中、誰とも会話せず・・・って、時期も10年位あって、その延長上にあるのかもしれない(信じられないけれど)。

社会生活不適応者だから、自宅に居るのが、一番よさそうな気がする。

ガラパゴス諸島と言えば、イグアナだろうか・・・。
恐竜のミニチュア?みたいな感じの外見で、動きも緩慢?な動物だと思っているけれど、アレは、アレで、日光浴などして楽しそうだ。

マダガスカルにいた巨大な鳥ドードーなんかも、ヒトを警戒せず、警戒することも知らず、絶滅してしまった。

外界に適応できないと種として滅びてしまうようだ。

絶滅危惧種なら、保護してもらえそうだが、私が、いなくなっても、誰も困るひともいないだろうから、それはそれで、気楽かもしれないな。

ひとりで、ひっそり、死んでいくのも、またオツなものである(・・・か・・・どうかは、わからない)。




コメント

もしも・・・月がなかったら・・・。

2016-04-20 22:54:29 | 詩のような・・・?もの

夜毎にその姿を変えていく月。

地球からは、月の片面しかみえないけれど。
ボールのような球体で、地球と綱引きしていると・・・。

もしも・・・月がなかったら・・・???

重力が変わってしまうだろう。
潮の満ち引きが変わってしまうだろう。

人間の姿も変わっていたかもしれないし・・・。

狼男は、変身できないし、ドラキュラ伯爵は、夜の空で迷ってしまうかも・・・?

もしも・・・月がなかったら・・・???

ケプラーは、占星術をしていたのかな?

私の生まれた日の月は、上昇していて???
天頂の木星と土星とスクエア。
天底の火星とスクエア。

もしも・・・月がなかったら、月のうさぎさんは、御餅が搗けなくなってしまうかな・・・?

うさぎさんの御餅を食べて、月は、どんどん太ってしまします。

ダイエット。ダイエット。ダイエット。

月は、一生懸命、ダイエットに励みます。

スリムな三日月。拒食症。
1日消えてなくなって・・・そして、また、月のうさぎさんの御餅を食べる。

もしも・・・月がなかったら・・・?
もしも・・・月がなかったら・・・?

地球は、私は、どんな姿になっていただろう?



コメント

龍の棲む島

2016-04-19 04:25:14 | 詩のような・・・?もの

大地が揺れて、火山が火を噴き、天が裂け、滝の如く豪雨が地を襲う。
海水温度が上昇し、巨大な台風が生まれる。

地球のエネルギーが、ちゃちな原子力発電所を、片手で捻り潰し、暴走する放射線は、分裂を繰り返しながら、降り注ぎ、海へ還る

水は、護岸を越え、街を破壊し、炎は、地上を焼き尽くし、風は、渦を巻きながら、竜巻を呼び、酸素を作る木々をなぎ倒す。

二酸化炭素は、オゾン層を破壊し、全ての細胞を破壊へと追い込む。
オゾンのヴェールは、はぎ取られ、殺人光線がふり注ぐ。

純白の巫女の衣は、血に染まり、枯渇した大地に、芽吹いたばかりの種を枯らす。

1滴の清き水を下さい・・・。

1滴の清き水を下さい・・・。

純白の巫女の衣は、血に染まり

それでも・・・麗しき巫女は、大地に立ち、遙か彼方を見据え、
その漆黒の瞳は、澄んだ湖のように静かに・・・静かに・・・静かに・・・。

忘れられた神殿で、遙か彼方・・・南の大地の神々に、祈りを捧げる。


龍の住む美しき列島を護り給え。

麗しき巫女の祈り。


コメント

擾乱の嵐

2016-04-17 21:02:09 | 皇室

昨夜から、風が立ち、強風になり、雨も降りだした。

晩春の嵐の到来だろうか。

週末に起こった九州の地震も翌日に更に大きな揺れを観測し、更に雨が襲う。


オカルト系では、皇室の祭祀の懈怠だと・・・。

興味深い記事があった。

天皇とは、国民の幸福を願うために祭祀を行うのではない。
国民に成り代わり、その身に厄災を引き受け、身代わりとなるために存在する。
そのために、祭祀を行うのだと。

或る意味、人身御供なのだろうか?
だから、戸籍も苗字も持たないのかもしれない。

それゆえ、国民は、皇族を尊敬し、最上の生活を約束するために、税を差し出す。

神霊だとか、心霊だとかは、よくわからない。

視えないし、証明も出来ない。


いちおう紀元2676年続く、この神に仕える本邦最高神官のお家が、崩壊しつつあるのは、どうも間違いなさそうだ。
明治維新前など、天皇家は、格式は、高く、御所に、住まわりながらも、貧しいお暮しをされていたそうで、食事も質素なものだったという。

時の権力者が、その血統を絶やすことがなかったのは、ひとえに、神に捧げる血をもつ一族だからなのだろうか?

国民の苦しみを、その身に受ける覚悟の全くない今上では、皇室は、もう存在意味がない。

そのご自覚すらないらしい。

愚帝(痴呆症なのだから、仕方がないか)とされる平成は、災害が多すぎる。

そろそろご譲位の時期なのだろうか・・・。

擾乱の嵐は、まだ収まる見込みはないようだ。





コメント

第28回目の観月会

2016-04-16 21:00:45 | 食・料理
 
昨日(15日)は、定例の観月会。

先週(土曜日)に見た桜(染井吉野)は、散ってしまっていて、たぶん県央より北では、満開だろうと思う。
昨日は、居住地では、既に新緑。
ソメイヨシノは、既に、葉桜で、今は、八重桜、山桜に変わりつつある。

観月会の場所は、県央。
八重、山桜の他に、枝垂れ桜が満開。
まだまだお花見できそう。


月に恵まれない観月会が続いている。

今宵の月は、半月であった。観月会の最中、月は沖天にあったと思われる。
東向きのいつものカウンター席から、南に傾きかける半月は、見えなかった。

今の時期の金曜日。
歓迎会風の団体さん。女子会風などいつも静かなお店が、混雑している。

混雑していても、今日のお客さんは、お食事メインなのか、大人数の割には、静かだった。


今月のメニューは、筍、蕪類、タラの目芽、さくらえび、白魚・・・などの春から初夏にかけての食材が満載。

若菜(菜の花)を茹で上げ、すりつぶし、真丈状にしたものの上に、乾煎りしたジャコ。
翡翠茄子に糸鰹節などの先附け。

前菜は、白魚と春野菜のカルパッチョ風。筍、小蕪、トマト、ニンジン、小松菜など野菜と酸味のあるオリーヴオイルのドレッシングで、さっぱり。

煮物椀は、鰹節たっぷりの出汁に、筍、若布、ほうれん草とズワイガニ。

もうこの3品に、ご飯で充分なくらい。

御作りは、鮪、真鯛、甘エビ、生湯葉の定番。鯛が美味しい季節ですかね?

鉢物。蕪の射こみ煮。丸ごとの蕪を煮て、上をくりぬき、湯波、穴子、ズワイガニをトッピング。
手の込んだ一品。

焼き物は、鰆黄金焼き、鶏塩焼き、雲丹クリームソース。ふきのとう味噌絶品。

揚物は、レモンをぎゅっと絞って食べる塩味のついたタコの香り揚げ。香草が良い香り。
白魚とタラの芽の天ぷら。

ご飯は、桜茶漬け。桜の花の塩漬けと桜えび。たまり漬け。

デザート。わらび餅、桜餅、いちごと生クリーム。珈琲。


今日もご馳走様でした。


帰る頃、ちょっと太目になった半月が、西の空に沈みかけている。
半月のことを、彎月(わんげつ)というそうで、観月会のお店のコースメニューにもあって、こちらは、先月、食した和牛がメインのコース料理。


帰りに、ショッピングモール内の食糧品売り場で、買い物。
閉店時間が23時になってしまったので、30分前に入店。
会計を終える頃には、ホタルの光・・・の音楽が・・・。

1週間ぶりに家から外へでた。

ほんとうに、引き籠りな毎日である・・・。




コメント