鼎子堂(Teishi-Do)

三毛猫堂 改め 『鼎子堂(ていしどう)』に屋号を変更しました。

家電毀るる・・・。

2019-01-12 23:59:16 | Weblog

都内では、初雪だったそうで、我が居住地では、降りそうで、降らない雪の冬。


今週、蛍光灯が、切れたので、新しいものを購入したのだけれど、でも・・・蛍光灯って、この間、取り換えたばかりじゃなかったかなぁ・・・と思ったりで・・・。

同じ道を往復するばあい、初めての往路より、来た道を戻る復路の方が、短く感じるのは、既に、往路の記憶があるから・・・らしく、ヒトも経験を重ねると、年齢とともに、時間を早く感じるそうで・・・蛍光灯が切れるのは、蛍光灯とは、関係なくて、時間の経過の感じ方が違うせいなのか否か・・・。

大分、昔のお話だけれど、経営学総論という授業で、
『蛍光灯の寿命を延ばすのは、蛍光灯の寿命を短くするより簡単である。』
という内容で、寿命を短くする技術の方が、難しいらしいです。

蛍光灯も、いつまでも切れないのでは、メーカーさんが、儲けにならないから、ある一定の時間で、切れるように作られているらしい・・・ってのは、蛍光灯に限らず、あの過去に、世界のソニーなんて言われた会社の『ソニータイマー』が仕組まれたパソコンなんかでは、使用頻度にもよるのだろうけれど、丁度3年くらいで、不具合が起こるようプログラムされていると噂もあったりで・・・(確かに、そういう技術は、優秀だよな。あの企業は・・・。流石、日本の技術力?)

蛍光灯を取り換えるとき、パッケージに、点灯時間が、9000時間と記載されておりました。

1日24時間、電気をつけていると、大体、1年くらいしか、持たないようで、それでも、24時間点けっぱなしということは、ないので、半分の12時間の使用だと、2年という計算になりますが、2年は、持たなかったような気がします。

コレは、時間の流れを早く感じるメカニズムなのか、或いは、蛍光灯製造技術の賜物なのか・・・は、わかりませんが・・・。

それにつけても、蛍光灯は、もう間もなく、製造中止ということなので、LEDというヤツに転換してくのが、政府?の方針なのでしょうね。

そういえば、地上波テレビになったときも、昔のテレビは、チューナーがないと使えないし、面倒だから、買替ちまえってカンジでしたが・・・。

今のテレビに、買替える前のテレビは、ブラウン管で、12年間以上つかっていたけれど、どこも故障していなかったし、電気掃除機に至っては、もう25年は、使っているけど、スイッチが、ちょっとおかしくなったくらいで、現役だし。


ものづくり大国・日本の面目躍如だね。


今は、システム自体が、変わってしまうから、有無を言わさず・・・フランスの某大統領さんだって、

『ガソリンが高いなら、電気自動車を買えばいいじゃない?』

みたいな、マリー・アントワネットみたいなことを言っておりましたがね・・・。


それにつけても。

日本の技術は、優秀なんだよね。

そして、今日、家人の電気ひざ掛けの電源が、入らなくなり、急遽、新しいものを見繕って、ネットで、発注。

コレもピンキリで、安価なものは、ソレなりな耐久性しかなさそう・・・かの隣の大陸製とか・・・。



コメント

天井バンバン・・・!

2019-01-10 23:46:26 | Weblog

くもりがちだけれど、風はなく、それでも、寒い一日。

去年の年末頃?からだろうか・・・昼夜を問わず、我が自室の屋根・天井から、物音がしていて、昼間は、カラスが、ベランダの廂の上を、ツンツン・ピョンピョンと跳ねていたりしたので、それを屋根の上でやってるのかな・・・と思っていたのだけれど、昨日あたりは、真夜中でも、バタバタと、カラスよりも、重量感のあるような生き物が、天井裏を駆けずりまわっているような音で、もちろん、ネズミにしては、音が大きいので、何か、住みついてしまったのだろうか・・・と、ふと不安になりました。

最近では、屋根裏に、ハクビシンだの、アライグマだの、イタチだのが、住みついて、駆除には、時間と人手がかかり、もちろん、費用もそれなりで、十数万円だとか・・・。

去年は、スズメバチ駆除で、今年は、害獣かよ・・・とウンザリです。


それにつけても・・・。

アライグマなんてのは、我が居住地に居るのかどうか?
ハクビシンなども、聞いたこともないのだけれど、自宅裏が、山林なので、ペットを捨てていく不届き者も多く、犬猫はもとより、にわとり、タヌキ、イタチ(フェレット?)などの姿を見かけたことも有ったりで。

そんな小動物が、屋根裏に住みついてしまったとなると、本当に、困りもので、夜中に寝付いたと思ったら、バタバタ駆け回るし、野で暮らすものであれば、ダニやウィルスなんかの不安もあるし。

考えてみれば、ヤツラも、越冬などを目的としているのかもしれず、それならば、我が自室の屋根裏は、住み辛く、危険だと思って貰えれば、自ずから、出て行ってくれるのではないか・・・と考え、対策として、動物が嫌がる周波数などを発生させる機械などが、ラクでよさそうだけれど、現在、ネズミとゴキブリよけの超音波発生装置は、常備しているし、コレを打ち破って迄、侵入するとなると、やはり、忌避剤などの化学兵器の出番(割と、安価で、売られているようです)だろうけれども、天井裏って、どうやって、はいるのか、わからないなぁ・・・押し入れの奥に、天井に繋がる入り口なんて、あったのだろうか・・・???

この天井裏は、危ない・・・ということを、理解させるため、天井から音が、発生したら、掃除機の延長ノズルで、天井を叩いてみることにしました。

ヤツラ?(単数かもしれないが・・・)に、危険だと認識させれば、いいのだから・・・。

・・・ということで、昼夜となく、音がすれば、天井を、バンバンと叩き、警告音を発すること数回。


今日は、一度も音がしない・・・。

出て行ってくれたのだろうか・・・?


よくよく、考えれば、姪の飼っている猫だったのかもしれません。

なんだかわからないけれど、天井バンバンは、効果があったような・・・?



コメント

初詣⑥&凧上げらー②

2019-01-03 21:23:33 | Weblog

お正月3が日目。

午前中より、県央北西部の多気不動尊持寶院へ、相方と初詣。

多気不動尊は、多気山の中腹にあり、お正月4日迄は、山腹の途中にある市営駐車場は、使えないので、県道を挟んだ入り口前の駐車場から、歩くことになりました。
無料駐車場の入り口には、駐車待ちの車が、10台前後、列を作って、空きを待っておりましたが、朝の早い参拝客が、一巡したようで、すぐ、駐車することが出来ました(ラッキー!)。


結構、長い上り坂を、歩くと、鳥居が見えますが、その先・・・120段の階段が、待っております。

石段前には、長蛇の列。
黒山のひとだかり・・・(初詣では、有名処らしく?元日4日迄は、混雑するようです)。

麓の坂道から、120段の階段を昇り詰めると、iphoneの歩数計は、14階(約5000歩)を記録しておりました。

丁度、60段目あたりまで、のぼったとき、前を登っていた女性が、疲れたのか、息が続かないのか、立ち止まったので、私の歩行ペースが、乱され、社殿迄は、なんとか上ったものの、息は、絶え絶え・・・。

『酸素、酸素、酸素をくれぇ!』

お不動様なので、社殿前では、参拝客が、購入したお線香の煙が、もぅもぅ・・・ああ・・・ますます酸素が・・・。


ベンチが、ひとつ空いていたので、座って、相方持参の珈琲を飲んで、一息。


お詣りをして、御守りを買い、御神籤(吉でした)を、引いて、下山です。

途中の階段下で、救急車が出動、救急隊員6人が、救助搬送に向かう様子をみて、相方が、言いました。

『社殿で、誰か具合がわるくなったようだね・・・。』

あの120段の階段もあるし、社殿前は、混雑してたし・・・、私も、迷走神経反射でも起こしていたら、下山できんかったなぁ・・・などと思ったりで。

来た道を、戻りつつ、あの目黒の行人坂よりは、傾斜が緩いわ・・・などと話ながら。


桜の名所でもあるようで、暖かくなったら、また来てみたいです。


時刻は、正午を回っておりましたので、近くのバスク料理店へ。
お店の駐車場は、ひとつだけ、空いており・・・コレまた、ラッキー!!だね・・・!!!

このお店は、以前、来たことがあったのですが、正月3が日って、ランチ・メニューは、無いかもしれない・・・と思っていましたが、杞憂で、通常どおりの営業でした。


いつも前菜が、充実しております。



おナカが、一杯になったので、次は、鬼怒川河川敷公園で、凧あげです。

久々の凧上げらーです。

ただ、今日は、風があまりないので・・・どうかなぁ・・・と思いましたが、相方が曰く・・・。

『河川敷なら、上がるよ。』

そして、午後から、北西のやや強い風が、吹いてきました。


河川敷には、既に、ゲイラ・カイトをあげている子供や親子連れが・・・。

流石にお正月。


今回、上げる凧は、パラフォイル・カイトという、骨のない凧で、長い尻尾が特徴の凧です。


凧は、何の抵抗もなく、するすると上がって行きました。




綺麗な青空に、北風をはらんで、美しい凧が、あがりました。

凧自体が、それ程、大きくないのと、尻尾が長いので、安定していますが、時々、左右の触れながら、風に乗っていました。
そして、ゲイラとは違い、思った程、引きが強くないので、もう少し、抵抗が欲しいなあ・・・と思いました。

周りのお子ちゃま達は、ゲイラばかりだったので、私の凧は、優雅に、上がっておりました(あげてくれたのは、相方ですが・・・)。


☆☆☆本日のiphone 歩数計

歩 数   8,018歩
距離数   4.5キロメートル
上った階数 15階



コメント

HAPPY NEW YEAR !

2019-01-01 00:11:22 | Weblog



美しく、光に満ちた1年となりますように・・・。


コメント

今年さんに『さよなら』を・・・。

2018-12-31 22:45:55 | Weblog


歳末の夕暮れ・・・。

お年賀用贈答品のお菓子の詰め合わせなど、買い物を頼まれ、街中へ。

夕食に供するお蕎麦に使う海老天なども買ってきて・・・と家人に頼まれる。

家で、てんぷらを揚げなくなったなぁ・・・。
レンジが、汚れるし、面倒だし・・。


冬至から、まだ10日しかたっていないのに、夕方が、少しだけ、長くなって、暗くなるのが、遅くなったような気がする。

あくまで、気がするだけある。

コレから、冬の本番だし。

和菓子屋、スーパー、郵便局・・・どこも、駐車場は、満車状態。

明日は、お正月・・・日付が、変わるだけなのに・・・。

し~んと静かな夜。


今年もお世話になりました。

今年さん、さようなら。

今年さんは、明日には、去年さんになって・・・
来年さんは、明日から、今年さんになる・・・

ただそれだけなのに・・・。

随分、静かな夜です。

今年さんが、去年さんになる迄、あと少しだけ・・・。


∴∴∴☆☆☆∴∴∴☆☆☆∴∴∴☆☆☆∴∴∴☆☆☆

拙なブログにご訪問いただきまして、ありがとうございました。

どうぞ、よいお年をお迎えください。









コメント

薔薇の花束⑨

2018-12-28 22:52:12 | Weblog

明け方、氷点下。
日中も、最高気温6℃ 北西の風強し・・・。


一日遅れの誕生日プレゼント。

昨日(27日)に届きました。

重箱くらいの大きさに、赤い花をぎっしり詰めたフラワーボックスをいただきました。


『まるで、お花の宝石箱や~~~。』

彦摩呂さんになってしまいました。

薔薇とカーネーション、雛菊、林檎、松ぼっくり、赤い実はなんでしょう?ハナミズキかな?

花束の概念とは、ちょっと違うのかもしれませんが(・・・束には、なっていないかな・・・)。


最近は、ギフトもいろいろなんですねぇ・・・。
コメント (2)

誕生日に、知らない人の勘違で、怒られた・・・怒られやすい体質?

2018-12-27 22:23:24 | Weblog

週末は、寒波到来というニュースが、盛んに流れておりますが、本日は、穏やかな晴天となりました。

昨夜のニュー・ヨーク市場は、1000ドルを超える反発。
市場最高の値上がり幅だそうで。

それを受けて、東京市場も、終値前日比750円の値上がりで、20000円台を回復したようです。

東京市場も明日が納会。
12月後半から、荒っぽい展開で、今年は、終わりそうです。



昨日(26日)、夕刻から、県央の料亭で、相方と食事。

ソレ程、規模は大きくありませんが、地元では、結構、有名なお店らしく・・・。
なかなか落ち着いたよいお店で、お料理も、美味しかったです。

・・・でも、帰り際、入り口付近で、お勘定をする相方を待っていたところ、入り口ドアが、かなり重くて、なかなか開かず、右往左往していたところ、外から、男性が、ガラリとドアをあけて、いきなり、

『なにやってんだよ。お母さん!』

と、怒られてしまいました。

男性は、バツの悪そうな顔して、私を見ましたが、すぐに、お母さんと呼ばれている女性が、奥から現れました。、

お手洗いに寄った奥さんを、外で、待っていたようで、外は、相当、寒かったので、待たされてイライラしていたのでしょうか?
二人で連れ立って、お店の前の駐車場に止めてあった車に乗り込んでおりました。



『なにやってんだよ。お母さん!と見知らぬお父さんに、怒られちまったよ。しかも誕生日に知らない人に怒られるなんて。』

会計を終えた相方に、言うと、

『今頃、車の中で、お母さんが、来るのが、遅いから、お母さんと間違えて、よその女のヒトに怒っちゃったよ・・・って、お母さんとケンカになってるよ。』

と笑っていたので、問題は、ソコではなくて、知らない人に、怒られて、怖い思いをしたワタシなんですケド・・・。


考えてみれば、私は、どうも、人から、怒られやすいというか、普通のひとと比べると、些細な事なのに、ひどく怒られたり、叱られたりすることが多かったような気がします。

ヒトからみれば、怒りやすい相手なのかもしれませんね。

もしかすると、『怒られやすい体質』なのかもしれません。

やだな・・・こんな体質。

すぐ、メソ泣きしてしまうのも、一応、体質なのかもしれません???

食事は、凄くおいしかったのになぁ・・・フィナーレが、ちょっとしたアクシデント?に見舞われた夜でした(とほほ・・・)。


(↓県央ショッピングモールのイルミネーションが、綺麗でした)





コメント

薔薇の花束⑧

2018-12-26 23:24:25 | Weblog

薄曇り。

昨日より暖かいけれど、週末に向けて、寒くなりそう・・・という予報。

昨日は、クリスマスだったけれど、特に、ケーキを買ったり、食べたりもせず。

正午過ぎ、相方が、仕事の途中、私の地元迄、薔薇の花束を届けてくれました。

毎年恒例(・・・ってか、一日早めのプレゼント)。



赤色の花だけにしようかと思ったそうですが、オレンジ色の薔薇ラッキーと或る占い師に言われたので・・・ということを、覚えていたらしく、オレンジ色も半分くらい?で、色と薔薇の品種は、去年と同じでした。

(↓光線の加減で、赤というよりマゼンダっぽく写ったピントの甘い薔薇)


全体的に、可愛い感じですかね。



自宅に戻り、薔薇をお湯につけ、茎を切り、葉を落とし、次亜塩酸ナトリウム溶液(←キッチン漂白剤)を入れた花瓶に、活けました。
(漂白剤は、200ccの水に数滴ということなのだけれど・・・具体的に、どのくらいの濃度なんでしょうかね???毎回悩む?)

午前3時を回り、病院へ行った家人を、回収?し、スーパーへ寄って、買いたいものがあるというので、スーパーへ(数の子わさび漬けと郷土料理の「しもつかれ」が、食べたかったらしいです。因みに、しもつかれとは、鮭の頭と、大根と人参と大豆と酒粕を煮込んだ見た目、ちょっと・・・いやかなり、食欲を減退させるヴィジュアルの料理です)。

スーパーへいったけれど、ケーキを買うことは、思いつかず。

鯵(あじ)の握り鮨5個入りパックと、野菜類、家人の食べたいオカズを買って、帰りました。


宵の口。

毎年、大抵、売れ残って値引きされている(ハズの)某・高級クラシックホテルのクリスマス・シュトーレンが、あれば、ラッキーだなと思い、車の燃料計も、こころもとなくなったので、ガソリンを給油するついでに、近所の某反日・電子を帯びた原子という名前のショッピング・モールへ。

クリスマスのコーナーは、既になく、お正月用のお菓子の売場になっておりました(残念)。


特に、クリスマスらしいことは、何もせず・・・ってとこでしょうかね?


コメント (2)

塩薬~塩番茶目薬

2018-12-24 22:21:20 | Weblog

朝から快晴。

冷たい北西の風強し・・・。


今を去ること、数十年前。

巷では、某・漏斗(←ろうと)製薬から、『ティアドロップ(涙)漏斗』という目薬が、発売され、学校でも、休み時間に、この目薬を差すのが、流行?した時期があって、そのころ、視力1.5を誇っていた私には、無縁のハナシだったのだが・・・(ロクに勉学せんと、目も悪くなりようが、なかったのだった)。

当時、まだコンタクトレンズは、ソレ程、普及していなかったので、勉学に勤しむ真面目な学生の視力矯正は、メガネが主だったものであった。
(その後、コンタクトレンズ装着のときに、この涙系目薬を使うひとも多かったのではないかと記憶している)

化学担当の教師が、その涙の成分と同じという目薬を差している子をみかけて、

『ちょっと見せて。』

と言って、容器の裏の成分表示をみた。

『コレ、早い話が、塩と水だよね。』

とのたまった。


涙の成分は、塩と水であった・・・。
人体の体液は、塩分濃度0.9%ってことで、涙の成分も似たようなものなのかもしれない。


以前、この拙なブログで、私の身体で、唯一、美しいと褒められたことがある場所は、『白目』だったということは、記載した。

白目が、黄色味がかっているのは、肝臓が悪かったりする場合があるけれど、身体に異常がなくても、淡黄を帯びているひとも多い。
アメリカの製薬会社の発売した『バイシン』は、白目をブリーチする・・・ということで、売れていると聞いた。

やはり、白目は、白くて普通(私の白目は、青みがかった白目なので、それを、目元涼し気・・・と評して下さった方が居たのだが・・・遠い過去の話である)。
しかし・・・目薬で、失明の危機とか、目薬飲んで死亡・・・などというニュースを目にするようになったりで・・・(かなり危険度が、高いのかもと危惧していた)。

水と塩に、防腐剤など、添加しているしな・・・案外、危ないものかも知れないし?

日本の民間療法で、焙茶(或いは、番茶)100ミリリットルに、1g弱の食塩を加えて、冷ましたもので、目を洗う・・・という方法が、紹介されていて、白内障の診断を受けた家人に、例の如く・・・効くか、効かぬかは、わからんが、塩番茶で、目薬作るから使ってみるか?と問うた。

朝晩、塩番茶を冷ましたもので、目を洗ってもらった。

白内障が、治るかどうかは、わからないが、朝起きて、目ヤニで、なかなか開かなかった目が、改善したようで、とにかく、目ヤニは、出なくなったと言っていた。

目薬1本500円から1000円前後だろうか・・・。

塩と水だけでは、何なんだから、防腐剤、清涼剤、誰も疑わないビタミン剤でも添加して、クールに爽やかに・・・って、キャッチコピーで、多売しよう・・・そんなところか・・・。

そして、お決まり事。

防腐剤は、目に厳しい(優しくないからね)。

無農薬番茶と自然海塩の効果に比べたら、かなり割高いかもしれない。だって、基本、原料は、塩(たぶん、日本たばこ産業の化学塩?)だもん・・・(百万歩譲って、ゲランドの塩、たどか、ちまぬーすの塩だとか・・・使ってる訳ね~~よな)。

・・・まあ、塩番茶目薬は、作り置きができないのだが・・・。





コメント

醤油薬~卵醤

2018-12-23 22:12:56 | Weblog

どんよりとした曇りがちの祝日。

祝日・・・誰を祝うのだろう・・・?
太平洋戦争の戦犯と言われる軍人たちを、当時の皇太子の誕生日である23日に処刑した日。
その日・・・忌むべき日に、祝福されるは、来年、退位されるあの御方であろうに。

たぶん・・・そんなことも、もう既に、御記憶には、残っておらぬのだろう・・・それに、本物の皇太子だったひとは、たぶん・・・。

・・・陰気な出だしになってしまった・・・今日は、たぶん、呪われた日なんだろう。

呪うこと・・・祝うこと・・・さてさて・・・。



丁度、一週間前、家人の具合が、悪くなり、目もよく見えないというので、効くか効かぬかは、わからぬが、卵醤というのもを、試してみるか・・・と、家人に問うた。

鶏卵を半分に割り、割った殻の半分に、すりきり一杯の醤油を注ぎ、卵黄、卵白を割りほぐし、殻半分量の醤油を注ぎ、かき混ぜ、飲み・・・という、極めて、簡単な療法なのだが、生卵が、飲めないひとには、不向き。

家人は、飲めるというので、飲ませてみた。

この療法は、鶏卵の有精卵と自然海塩を使った自然醸造醤油があれば、簡単にできる。
スーパーなどで売っているフツーの卵、アルコール醸造の醤油では、かえって、毒になるという。
あくまでも、自然卵と昔ながらの自然海塩の醤油を使わないと効果がないとのことだった。

自然卵については、先々月あたりから、いろいろと探し回り、意外なところで、販売しているのを知り、ソレ以来、鶏卵は、そこで調達しているし、よい醤油もインターネットで購入できる。

まず、4日間、この卵醤を、お昼ご飯のかわりに飲んでもらった。

飲む時間は、いつでもよいそうで、4日間は、続けること、飲むことが出来なければ、無理に飲ませないこと。

そのあとは、3~4日間をあけて、1回飲み、そのあとは、1週間に、1回か、2回、飲みたいときに飲む。
加熱すると効果は、なくなるらしい。

疲れたときや、体調の悪いときに飲むとよいようだ。

この卵醤という療法は、『正食と人体/一倉 定・著』という本に、記載されているらしいが、絶版で、古書なども高額な値段になっているようだ。


4日間、卵醤を飲んでもらった家人の体調は、驚くほど、回復したようで、往復で2kmくらいは、毎日歩けるようになり、近所のコンビニエンス・ストアで、要らぬ買い物などして来るようになった(拙宅の冷蔵庫には、誰も食べないコンビニエンス・ストアの加工食品が、場所を塞ぎ始めた・・・コレには、多少、困っているのだが・・・)。

この卵と醤油は、増塩療法になるのだろうか。

医療マフィアと呼ばれ自分達だけ、儲かれば、他人が、病気になろうが、苦しもうが、どうでもいい人たちが、存在する。

少し血圧が上がれば、降圧剤を処方し、減塩させ、治すふりをして、悪化させ、高額な医療費を搾り取り、カネが、搾り取れなくなれば、患者は、ポイ捨てである。

かの医療マフィア(医療ヤクザ?の方が、下品でいいかも?)に、『塩分』は、身体に悪いということを、洗脳された国民は、病気になるために、医療費を支払い、間違った治療で、治る病気も治らず、苦しんでいるという事実を、そろそろ、認識する時期なのではないだろうか・・・。

たいして、効果の無い食品を、『特保』とかのレッテル代で、懐を潤す、お国の機関である厚生労働省が、医療ヤクザのお友達である。

その嘘を、信じるのは、やめた方が、いいのではないだろうか?
少なくとも、自分で、治せるなら、自分で直した方がよさそうな気がする。


・・・そう・・・今日、祝賀されたかの御方のお祝いは、呪いなのだということも、含めて・・・。

あのひとたちも、随分と、国民を騙し続けてきたのだから・・・。





コメント