Granma のデジカメ写真日記

折々の散歩や旅行で撮った風景、花等の写真を載せています

2月中旬自然教育園(3)サルトリイバラ、テンニンソウ、アザミ、コウヤボウキ、コバノカモメヅル、マユミ、ススキ、ウグイスカグラ、フキノトウ

2019年02月18日 | 自然教育園
一昨日、昨日と用事が入って忙しかったので、自然教育園の植物を
まだアップしたかったのにお休みしてしまいました。
武蔵野植物園では「サルトリイバラ」(猿捕り茨)の冬芽がまだ見られましたが
以前の様な 『女性のような姿』というより子供のような感じでした。

武蔵野植物園で秋に咲いていた「テンニンソウ」(天人草)が枯れて残っていました。
開いているところから種がこぼれでたのでしょうか?ちょっと形に興味を覚えました。

「アザミ」(薊)の枯れ姿が素敵に見えました。

「コウヤボウキ」(高野帚)、まだ少し綿毛が残っていましたが
総苞が見られました。

水生植物園で前回見た「コバノカモメヅル」の
綿毛がまだ残った果実や

果実の中に残っている種を付けた綿毛が収まっている姿が見られました。

「マユミ」(真弓)の果実が枯れて開いている姿や

枯れた「ススキ」(薄)の穂先を見ると綿毛のようなものが見えました
。初めて見てススキにも綿毛が出来るのを知りました。

路傍植物園では見られなくなってしまっていた「ウグイスカグラ」(鶯神楽)の花が森の小径ではまだ咲いていました。

水鳥の池に行く途中で顔のように見える葉痕を見つけました。
起こったような顔が幹に沢山出来ていてびっくりしました。

少し先の木では優しい顔が見られました。

路傍植物園に戻って来て帰る寸前に「フキノトウ」(蕗の薹)を見つけました。
我が家の庭にもそろそろ見られるのではと思っています。

撮影日  2019年 2月14日
コメント

2月中旬の自然教育園(2)カワセミ、アオジ、ルリビタキ

2019年02月15日 | 自然教育園
今回は、花のアップをお休みして自然教育園で見た野鳥を3種類アップしたいと思います。
(望遠を目いっぱい効かせて撮ったのでボケていますが、リサイズして野鳥の姿を大きくしたのは
「アオジ」と「ルリビタキ」の2枚だけです)
自然教育園の水生植物園脇の散策路を歩いて池の方を見ると
中ほど辺りで6、7人の方達が望遠レンズを池のそばの木に
向けていたのでその方向を見ると「カワセミ」の姿が見えました。

撮っている方たちのそばに行って私たちも撮ってみましたが
望遠レンズを使ってもあまりよく撮れませんでしたが「カワセミ」のの綺麗な姿はどうにか撮れました。

園内を巡った後、帰りがけに水鳥の池に行くとそこでも「カワセミ」がいました。

どれもボケていて三脚を使ってしっかり撮れば良かったと反省しました。


寒い時期なので花は少なかったのですが武蔵野植物園の休憩ベンチで
昼食をとっている時に
近くに野鳥が来て地面をつついているに気づきました。

保護色のようになっていて鳥の姿がはっきりしないのでリサイズして
大きくしてみると「アオジ」のオスでした。(ネットで調べると目の周りが黒いのでオスと分かりました。)

鳥の鳴き声がして近くを一羽の野鳥がロープや杭にとまっては飛びとを
繰り返していたのでしばらくその姿を撮りました。
丁度食事をする前に野鳥を撮っている方が撮った写真を見せて下さっていた「ルリビタキ」のオスでした。
うっかりオスとしてしまいましたが写真の鳥は「メス」です。
ルリビタキのオスの方が青くて奇麗なのだそうです。


とても可愛いのでリサイズしてちょっと大きくしてみました。

休憩広場の中を人がいるのにあまり警戒せずにあちこち飛び回っていて近くで撮れました。




撮影日 2019年 2月14日
コメント (2)

2月中旬の自然教育園(1)セツブンソウ、フクジュソウ、ユキワリイチゲ

2019年02月14日 | 自然教育園
寒い日続いていますが、自然教育園のホームページで「フクジュソウ」(福寿草)や
「セツブンソウ」(節分草)、「ユキワリイチゲ」(雪割り一華)が
咲き始めているのを知ってお友達と見に行ってきました。
『去年も丁度同じ日』に行っていたことがブログのお知らせで先程知りました。
入園してすぐの路傍植物園で数輪咲いていました。

 

水生植物園に下る階段の途中でも咲いていました。



武蔵野植物園でも「セツブンソウ」を見ることができ、丁度花の見ごろだったようでした。

武蔵野植物園に入ってすぐの場所では「フクジュソウ」(福寿草)が
やっと出て来た陽ざしを受けて咲き始めているのを見ることができ

奥に行った場所でも見られました。

「ユキワリイチゲ」(雪割り一華)も咲き始めているとのことで探しましたがまだ花が開いているのが見られませんでした。

陽ざしが弱いので花が開いていないようにも感じられました。

もう少し暖かくなってお天気の時に改めて見に来れたらと思いました。

撮影日 2019年 2月14日
コメント (2)

東京農大そばの河津桜と工事中の馬事公苑奥の白梅

2019年02月13日 | 花や実の写真
以前2月中旬頃に度々馬事公苑へ行った時、
近くの東京農大付属高校のグラウンド脇のカワヅザクラ」(河津桜)を見に行っていたのを
思い出し、少し暖かくなった今日、午後から自転車で見に行ってきました。
最初に目に入ったのは開いた一輪の花でしたが目が慣れてきて
近くの枝を見ると咲いている花が十数輪見つかりました。
 

まだ咲き始めで数は多くありませんでした。

河津桜がグラウンドに沿って6,7本あるのですが、他の木はまだ蕾ばかりでした。

帰りに馬事公苑の脇の道を通るとオリンピックに向けて工事中で
以前とは全く変わった雰囲気で大きな建物を何棟か工事しているような感じでした。

武蔵野自然林は残されているようで木々が見られました。

オリンピック記念碑のそばにあった「ハクバイ」(白梅)の木が見え
見頃のようでしたが自動車道路を挟んだ歩道から望遠レンズで撮ったので綺麗に撮れませんでした。

写真を撮った足元で「スミレ」(菫)が咲いていて思わずカメラを向けてしまいました。

撮影日  2019年 2月13日
コメント

やっとクリスマスローズが咲きました。

2019年02月12日 | 庭の草花
先月末に地植えのクリスマスローズの蕾が膨らみ始めた写真をアップしましたが
今日の午後庭に出て見てみると花が開いていました。
寒い日が続いていたからか思ったより咲くのが遅かったようです。

鉢植えのクリスマスローズはまだ蕾のままですが数が多く
咲き揃うのを見るのが楽しみです。

撮影日  2019年 2月12日
コメント (2)

サクランボとアンズの小さな蕾とハラン

2019年02月07日 | 庭の草花
ここしばらく、寒暖の差の激しい日が続いていますが、暖かい日もあったので


庭の「サクランボ」の芽の膨らみ具合を見てみるととても小さいのですがちょっと緑が見えて来ていました。

同じころに芽を吹くらませる「アンズ」(杏)も小さな蕾が見られました。

花が咲くのは両方とも3月初旬なのでまだまだ先になるのですが
毎日膨らみ具合を見るのが楽しみです。

先月中旬に『「ハラン」(葉蘭)の蕾と花、果実』を見つけていたのですが残っていた
蕾が開いて花が見らるようになりました。

撮影日 2019年 2月7日
コメント (2)

世田谷フラワーランドでは咲いていた福寿草

2019年02月06日 | 世田谷フラワーランド
砧公園の山野草園では「フクジュソウ」(福寿草)の
蕾が少し開きかけていただけだったので先月中旬過ぎに蕾が開きかけていた
世田谷フラワーランドの「フクジュソウ」を帰りに寄って見に行きました。

日が差していなかったので輝いていなかったのすが
花が開いていました。

まだ蕾が幾つか見られるので又お天気の
良い時に行って見てみたいと思いました。

撮影日 2019年 2月4日
コメント

暖かだった立春の日に砧公園へ モクレン、シナマンサク、ハリエンジュ、ソシンロウバイ、オニグルミ、ハクバイ、フクジュソウ

2019年02月05日 | 砧公園
数日前に砧公園の野草園のボランティアの方から「フクジュソウ」(福寿草)の
蕾が出て来たとお聞きし、とても暖かい日だったので午後から思い立って砧公園へ行きました。
その前にすぐ近くの環八通りに面した小さな『いらか道市民緑地』に寄って 
「モクレン」(木蓮)を見ると小さな冬芽が枝高くにありました。望遠ズームを効かせて撮って大きくして見ると
葉痕の「顔」を見ることが出来ました。

小さくて分かりにくいのでトリミングしてみました。
何となく大きな帽子をかぶった男の子の顔のように見えました。

砧公園に入って八季の坂路の「シナマンサク」(支那満作)の花もほころび始めていましたが

まだ木全体を見ると2,3分咲きでした。

八季の坂路の登りきったところにある「ハリエンジュ」別名「ニセアカシア」の葉痕が
変わった顔なのを「多摩ニュータウン植物歳時記」の
ブログで見ていたので初めて望遠を目いっぱい効かして撮ってみました。
後ろのピンクは環八通り沿いの建物が写ってしまいました。

猿の顔に似ている葉痕がありました。

最近砧公園へ行く度に見ている「ソシンロウバイ」(素心蝋梅)は満開で良い香りが漂ってきていました。
<


山野草園へ行く途中、背の高い「オニグルミ」(鬼胡桃)の木がありますが「多摩ニュータウン植物記」で
多摩NTの住人さんがやはり面白い顔をした「オニグルミ」の葉痕をブログにアップしていらしたので
無理は承知で望遠レンズで撮り

トリミングして見てみると顔を見ることが出来ました。

山野草園へ近づくと早咲きの「ハクバイ」(白梅)の木は満開になり、その隣の木も見頃を迎え始めていました。

山野草園の「フクジュソウ」(福寿草)はほんの少し頭をのぞかせている位だったので
もうしばらくして又見に行かなければならなさそうです。

撮影日  2019年 2月4日
コメント (2)

2月初めの皇居東御苑(3)日本水仙、侘助椿(太郎冠者、数寄屋)、鬼縛り、裏白の木、吐切豆、藪紫、糊空木、男ようぞめ

2019年02月04日 | 皇居東御苑
植物ガイドの方の説明を聞き終えた後、二の丸庭園の池のそばでお昼を済ませ
歩き始めました。池をバックに「ニホンズイセン」(日本水仙)が咲いていました。

侘助椿が少し先で咲いているので見に行きましたが枝の高い所で咲いていて
撮るのに苦労しました。「太郎冠者」

その向かい側に咲いていた「数寄屋」

二の丸雑木林に行き、東御苑の花だよりに載っていた「オニシバリ」(鬼縛り)の
花を探すと地味な小さな薄緑色の花が見つかりました。

ジンチョウゲ科の花で樹皮が強くて鬼でも縛れるということから名前が付いたそうです。

近くにある「ウラジロノキ」(裏白の木)の枝を見ると白い果実が残っていました。

この後、秋に見ていた「トキリマメ」(吐切豆)を探すと以前に見つけた場所で沢山見ることが出来ました。
 

ちょっと『「ゴンズイ」(権萃)に似た変わった様子の果実を面白半分で撮ってしまいました。
 

二の丸雑木林を出て野草の島へ又戻って行き見忘れた実がないか探してみると
「ヤブムラサキ」(藪紫)の毛が周りについた実が残っていました。

いつも冬に楽しみに見る「ノリウツギ」(糊空木)の枯れ花を今年も撮りました。

帰りに中之門跡を少し行った所で「オトコヨウゾメ」(男莢迷)の花が
葉は少なくなっていましたがまだわずかに残っていました。

撮影日  2019年 2月2日
コメント

2月初めの皇居東御苑(2)紅梅、白梅、寒桜、捩木、深山鶯神楽、支那満作

2019年02月03日 | 皇居東御苑

皇居東御苑で植物ガイドの方の案内で大手門休憩所前から
梅が咲き始めている梅林坂に向かいました。

早咲きの梅から中咲きの梅が見られました。

「ウメ」(梅)の説明を聞きながら、写真を撮っていたので梅の札を見るのを忘れ名前が分からなくなってしまいましたが


八重寒紅、紅冬至、八重野梅等の紅梅と


白梅が咲いていました。まだ2月初めなのでこれから咲き進んで行き、
しばらくすると梅の香りに包まれて梅林坂を歩けそうです。


梅林坂を登って本丸広場に行くと「カンザクラ」(寒桜)が咲いていました。


野草の島で「ミヤマウグイスカグラ」(深山鶯神楽)が花、花柄、葉など
いたるところに腺毛が生えていて、「ウグイスカグラ」は無毛とのことでした。
(写真はブレてしまったのボツにしました。)
『追記』 「ミヤマウグイスカグラ」(深山鶯神楽)の花、あまりブレていない写真が見つかりました。

すぐそばにあった「シナマンサク」(支那満作)花弁が
まだくるっと巻いていますが出て来ているのをアップし忘れていました。

少し離れた所にあった「ネジキ」(捩木)の1年枝が赤い光沢をしていることから、
別名を「ヌリバシ」(塗り箸)などとも言われているとの説明がありました。

撮影日 2019年  2月2日
コメント (2)