ホタルの独り言 Part 2

ホタルの生態や生息環境を研究し保全活動をしていますが、様々な昆虫や美しい日本の四季
自然風景の写真も撮っています。

本栖湖より富士

2017-01-15 21:23:45 | 風景写真/富士山

 ようやく本格的な冬がやってきた。北日本から東日本の上空約5000mには、氷点下39℃以下の強い寒気が流れ込むという数年に一度の大寒波がやってきており、日本海側を中心に大雪になっている。雪に悩まされる方々には申し訳ないが、霧氷やダイヤモンドダストを撮りたい私にはチャンス到来である。
 13日の朝にライブカメラを見ると、霧ヶ峰において待望の霧氷が確認できた。しかしながら、昼には溶けてしまい、翌14日も霧氷はなし。東京は、強い冬型の気圧配置のため晴れてはいるが、日中に少しだけ雪が舞うという天候。翌日への期待が高まる中、細かく気象状況をチェックすると、どうも条件的に15日も期待できない。これまでに霧氷写真は数多く写しているが、昨シーズンは撮れる機会が全くなかったため、この冬は「作品」創りに挑戦したいのだが、なかなか思うようにはいかない。

 さて、2010年から2014年は、毎年1月初めに、一番縁起が良いとされる富士山を撮ってスタートしていたが、2015年は2月に撮影。2016年に至っては一年間で1枚も写していなかった。昨年が心折れる週末続きだったのは、それが原因だったのかもしれない。本年は、すでに裏磐梯の秋元湖で初撮りを終えてしまい、初夢も「一富士」どころか何を見たのかさえ覚えていないが、まだ1月の半ば。霧氷がダメならば富士を撮るしかないだろう。今日の富士を自身の縁起担ぎにしたい。
 過去に撮影した富士山の写真は、記事「富士10景」に10枚ほど掲載しているが、今回は当然違う場所から狙いたい。そこで、本栖湖を選んだ。本栖湖は、2013年に「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一つとして、世界文化遺産にも登録されている。また、本栖湖から見る富士山は、千円札の裏面に描かれていることでも有名で、富士山写真家の故・岡田紅陽氏(1895年-1972年)が撮影した写真「湖畔の春」をモデルにデザインされている。その撮影場所は、駐車場から30分ほど山を登った展望台からの眺めであるが、今回は楽をして下のポイントで撮ることにした。
 15日午前3時半に自宅を出発し、一路、本栖湖へ。東京の朝の気温は-2℃という冷え込みであったが、河口湖では-5℃。5時過ぎに到着した本栖湖は-7℃で微風。-10℃以下を期待したが以外に高く、秋元湖と同様で湖面にさざ波があり「けあらし」もなし。強い冬型の気圧配置のため空気は澄んでいるが、空気中のチリも飛ばされ、また湿度も低いため綺麗な朝焼けも期待できない。そして肝心の富士山は、山頂付近に雲がかかっている。更には、レンズの選択に失敗。富士山が近くて50mmの標準レンズでは画角が狭い。広角レンズを自宅に置いてきてしまったことを後悔した。
 朝日も雲越しのお出ましであったが、風景は一期一会で、この時の光景は二度と見ることはできない。そう思いながら20人ほどのカメラマンに混じってシャッターを押し続けた。ダイヤモンド富士の時は、三脚が隙間なく並ぶというから、今日は少ない方だろう。それでもすべてのカメラには同じ絵面が写る。差があるとすれば、画角と露出、そして何よりも、ふんわりとやわらかい感じからキリッと引き締まった硬い感じまで独特の空気感を醸し出すレンズ、カールツァイス・プラナーの表現力かもしれない。
 とは言っても、霧氷がダメならば富士・・・そんな気持ちで臨んだため、験を担ぐどころか気休めにもならない結果である。一週間前の反省が生かされていないことも情けない。この一年、昆虫写真も含めてよい結果を出すためにも、このままでは終われない。霧氷同様に、気象条件はとても限られるが、データを詳細に分析しながら、綺麗な朝焼けと本栖湖の湖面に映る美しい「逆さ富士」を撮ることを最優先課題としたい。

 本栖湖を7時半過ぎに引き上げ忍野へ移動したが、霧氷はなし。山中湖の「花の都公園」も同様であった。そのまま車を止めることなく、道志村を通って相模原ICから高速に乗って帰宅した。

お願い:写真は、1024*683 Pixels で掲載しています。Internet Explorerの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorerの画面サイズを大きくしてご覧ください。

富士山(本栖湖から)の写真

富士山/本栖湖
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE / 絞り優先AE F2.8 30秒 ISO 100 -1EV(撮影地:山梨県南巨摩郡身延町 2017.1.15 5:59)

富士山(本栖湖から)の写真

富士山/本栖湖
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE / 絞り優先AE F13 1/400秒 ISO 100(撮影地:山梨県南巨摩郡身延町 2017.1.15 7:01)

富士山(本栖湖から)の写真

富士山/本栖湖
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE / 絞り優先AE F16 1/1250秒 ISO 100 -1/3EV(撮影地:山梨県南巨摩郡身延町 2017.1.15 7:25)

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

コメント
この記事をはてなブックマークに追加