Sometime Somewhere

気ままに撮った花々を、気ままにアップしています。
お越しくださった際、足跡を残してくださるとうれしいです。

鎌倉・光則寺ヤマアジサイ(5/22-2)

2017-05-24 19:09:49 | 鎌倉・ヤマアジサイ

5/22に撮影をした中から、今日と明日の2回に分けて装飾花などが色づいてきた品種をご紹介します。

 
 
毎年本堂前の場所が定位置の「清澄(キヨスミ)」
装飾花に赤の覆輪が入ってきました
まだまだこれから変化をしていきます♪

 
新宮テマリ(シングウテマリ)

 
爽風(読み方不明です)

 
土佐織姫(トサオリヒメ)

 
濃紫大山(コイムラサキダイセン)

 
木沢の光(キザワノヒカリ)

 
伊予の光(イヨノヒカリ)

 
天女の舞(テンニョノマイ)

 
石鎚の光(イシヅチノヒカリ)
両性花が脱落する品種です

 
花笠(ハナガサ)

 
瀬戸の月(セトノツキ)

 
屋久島コンテリギ(ヤクシマコンテリギ)
装飾花が少し白っぽくなってきました

( 撮影日;2017年5月22日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉・光則寺ヤマアジサイ(5/22-1)

2017-05-23 20:00:34 | 鎌倉・ヤマアジサイ

昨日撮影をした80品種のヤマアジサイ中、初めて光則寺に来た新入り13品種をご紹介します。
花の状態はまだ咲き始めで、これから装飾花や両性花の変化を楽しむことができます。
花の名前から、色や形を想像するのもヤマアジサイの楽しみ方のひとつです(^^♪

 
藤娘(フジムスメ)

 
写楽(シャラク)

 
土佐の白玉(トサノシラタマ)

 
土佐の蛍(トサノホタル)

 
姫恋(ヒメコイ)

 
天華(テンゲ)

 
酔湖の月(スイコノツキ)

 
笹の舞(ササノマイ)

 
酔湖姫(スイコヒメ)

 
池の蝶(イケノチョウ)

 
乾杯(カンパイ)

 
望郷(ボウキョウ)

 
英彦山絞り(ヒデヒコサンシボリ)

( 撮影日:2017年5月22日 )

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉・光則寺(4/29)その2

2017-05-22 21:16:04 | 鎌倉

今日は11時半ごろから15時半まで、約4時間ほどヤマアジサイと戯れてきました。
境内の通路脇にはヤマアジサイの鉢がずいぶんたくさん並べられ、
数品種撮り忘れてしまったのを除き、80品種ほどになっていました。
 
コガク大分

 
土佐の蛍


****************************************
4/29撮影分の後半をご紹介します

 
 
 
ガクウツギ(額空木)
少し奥まった所に地植えされているので、両性花の様子がよくわからないかもしれませんが、、、

 
 
ハンショウズル(半鐘蔓)
今年はたくさんの花を付けていました

 
ムサシアブミ(武蔵鐙)
 
ソシンムサシアブミ(素心武蔵鐙)

 
コバノタツナミソウ(小葉立浪草)

 
 
ハナイカダ(花筏)の雌花

 
コケリンドウ(苔竜胆)
まだまだ元気に、次々と花を咲かせています

 
ミヤマオダマキ(深山苧環)

 
オオバアカメガシワ(大葉赤芽槲)/ 別名:オオバベニガシワ
 
オオバアカメガシワの雄花
 
オオバアカメガシワの雌花

 
ユキモチソウ(雪餅草)

 
エビネ

 
チゴユリ(稚児百合)

 
ツボスミレ

 
ヤマシャクヤク(山芍薬)

 
アミガサタケ
美味だそうです

 
シラユキゲシ(白雪芥子)

 
ヒメウツギ(姫空木)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の箱根湿生花園

2017-05-21 21:50:40 | 箱根湿生花園

ヤマアジサイの季節になると、毎週日曜は「いざ!鎌倉・光則寺!!」なのですが、
今日は思い立って、日帰りで箱根湿生花園に行ってきました。
かなり日差しが強く、花を撮るには辛い状況でしたが、
色とりどりの初夏の花を楽しむことができました。
明日は光則寺のヤマアジサイを撮りに行きたいと思っているので、
今日の撮影分をアップできるのは少し後になると思います。
湿生花園では初めて見ることができたクロユリと園内の様子を一足先にご紹介します。
 
 
 


「鎌倉・光則寺4/29」の後半は明日アップしますね(^^ゞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉・光則寺(4/29)

2017-05-20 22:50:19 | 鎌倉

3週間前に撮影をしたままになっていた光則寺の花や風景を、今日と明日に分けてご紹介します。
アップをする花々はほとんどが咲き終わってしまい、今はもう咲いていないものばかりだと思います。
光則寺の境内を散歩をする気分で見ていただき、そして、来年の参考にしていただければ幸いです。
 
 
 
ヤマフジ
 
 
シラユキゲシの群落
 
 
オオモミジ
 
エビネとシロバナタツナミソウ
 
 
 
 
セリバヒエンソウ
 
本堂
 
シャガ
 
 
山門からの眺め

( 撮影日:2017年4月29日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉駅への帰り道で

2017-05-19 23:06:51 | 鎌倉

光則寺から鎌倉駅まで、人ごみを避け裏道をぶらぶら。。
途中咲いていた花などを撮りました。

 
 
 
 
民家の玄関先に植えられていた「センダン(栴檀)」
ちょうど空き地側に枝が枝垂れ、目に高さで花を撮ることができました
今まで咲いているのを見ることはありましたが、
高いところに咲いていたりで、撮ることができずにいました
淡紫色の長さ8~9ミリ・5弁の小さな花をたくさん付けます
とても可愛らしい花に、暫し夢中になって撮影でした

 
 
 
御成小学校の正門前の花壇に植えられていた花
トウダイグサの仲間でしょうか?
面白可愛い花に、ここでも暫し夢中に(^^ゞ

 
ハコネウツギ

 
鎌倉駅前の大巧寺に寄り道
イチョウの木に絡んでいる「イワガラミ」
月末には白い花を咲かせるはず♪

 
大巧寺の社務所前に咲いていたフウロソウ
1センチに満たない小さな花です

( 撮影日:2017年5月14日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉・光則寺 初夏の花(2)

2017-05-18 22:38:47 | 鎌倉

 
 
カラタネオガタマ(唐種招霊)
境内に入るとバナナのような香り、、、この花の香りです
モクレン科の常緑小高木で
中国南部原産で江戸時代中期に渡来し、暖地の神社や庭に植えられたそうです
光則寺に向かう途中の民家の庭にも植えられていて、甘い香りが出迎えてくれます♪

 
 
 
6月になると菖蒲の花が咲き始める場所に
今の時期は春咲きグラジオラスと黄菖蒲が競演しています

 
池の中の島にはアヤメが咲いていました

 
マルバウツギ(丸葉空木)

 
セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)

 
モリアオガエルが卵を産みました
今年は花の終わったシャクナゲの木を産卵場所に決めたようです
産卵は撮影をした前日だそうですので、卵の色はほぼ白色
日が経つにつれ、茶色を帯びてきます
光則寺ではモリちゃんと呼んでいる(^^ゞモリアオガエルの赤ちゃんをまた見れるといいなぁ~♪

( 撮影日:2017年5月14日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉・光則寺 初夏の花

2017-05-17 21:33:14 | 鎌倉

ヤマアジサイのあと、境内に咲く花たちを撮影しました。
3回に分けてご紹介します。

 
ガクウツギ(額空木) 
図鑑ではウツギ属ではなく、
ヤマアジサイやコアジサイなどと同じユキノシタ科アジサイ属に分類されています。
両性花は終わってしまっていますが淡黄緑色、装飾花は白色でガク片は3~5個です

 
 
ユキノシタ(雪の下)

 
スイカズラ(吸蔓)
枝先の葉脈に2個ずつ花を付けます
はじめは白色で、咲き進むと黄色になります
別名のキンギンカは、この花の様子からつけられたのではないでしょうか。

 
 
 
ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉)
原産は熱帯アメリカ、明治末期に渡来し観賞用に栽培されているそうです
土牢への階段手前に植えられていますが、甘い香りがするのですぐに咲いていることがわかります
直径約4センチの淡紫色の花を開きますが、2日ほどすると白色になります
蕾の形が面白く、私にはどうしても宇宙人に見えてしまいます

 
ガンゼキラン
常緑樹林内に生える多年草です
花は長さ3~3.5センチ、幅1~1.5センチで、エビネに比べると大型という印象です

 
 
フタリシズカ(二人静)
山野の林下に生える多年草で、ヒトリシズカと同じセンリョウ科です
小さな白い花は花弁が無く、3個の雄しべが丸く子房を抱いています
図鑑には“ 和名の「二人静」は静御前とその亡霊の舞姿にたとえたものという”と書いてあります

( 撮影日:2017年5月14日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉・光則寺 ヤマアジサイ(3)

2017-05-16 21:02:20 | 鎌倉・ヤマアジサイ

2日間で18品種をご紹介しましたが、今日は残りの7品種を♪
 
屋久島コンテリギ
装飾花、両性花ともまだ淡い緑色ですが、今度の週末にはきっと白になっているはず♪

 
コガク大分
 
コガク大分
両性花がわずかに開いてきています
ガク片が紫色…
さて、装飾花は何色になってくるのでしょうか

 
酔湖(すいこ)の月
昨年は装飾花のガク片は4枚でしたが、今年は小さいのが1枚増えています

 
胡蝶の舞
わずかにピンク色になってきています
 
胡蝶の舞

 
木沢の光(乙女の舞)
ガク片が細いヘラ状なのが特徴です
色の変化は様々で、美しい品種です

 
新宮(しんぐう)テマリ

 
爽風

( 撮影日:2017年5月14日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉・光則寺 ヤマアジサイ(2)

2017-05-15 19:13:35 | 鎌倉・ヤマアジサイ

昨日に引き続き、咲き始めのヤマアジサイをご紹介します。
咲き始めは装飾花がまだ淡いグリーンや白ですが、開花が進むにつれ色が付いてきます。
1週間後、2週間後にはどのように変化をしているか、、、楽しみです(^^♪
 
土佐の楽園

 
土佐の蛍
 
土佐の蛍

 
土佐の白玉
装飾花のガク片が渦巻き状に重なっていて可愛らしいです
この後どのような色に変化をしていくのでしょう
でも、品種名に白玉と付いていますので、白!でしょうか…
 
土佐の白玉
装飾花の花茎が少し長めで下を向いています
「白玉団子」にも見えるような(^^ゞ

 
土佐の月
装飾花のガク片に入る控えめな鋸歯が優雅です
今は淡い紫が入っているように見えますが、
この後、明るいブルーになっていく、、、たぶん(*^^)v

 
深山黒姫

 
白縞散斑(しろしまちりふ)
白の斑が入る葉がとても美しい品種です

 
別子(べっし)テマリ

 
伊予冠雪(いよかんせつ)
葉に白散斑が入る様子を「冠雪」と表現したのでしょう
今年はあまりはっきりとは散斑が入っていないようです

( 撮影日:2017年5月14日 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加