秘境という名の山村から&道後湯の町暮らし

にちにちこれこうにち 秘境奥祖谷(東祖谷山)の山村暮らし&湯の町暮らし

初秋の風が心地よく、歩き、を楽しむ

2019年08月21日 | Weblog


早朝の歩きが随分涼しさを感じるようになって楽しくなったが
猪の掘り起こした穴が多くなり動きが活発になった、気をつけないとと思っていた途端、
唸り声とともにその先で2,3匹が走り去った、やれやれ!だ

カラスウリの花がきれいに髭を伸ばして咲いているし、梶の木の実が赤く熟し
ギンナンが色づき始めて初秋の気配を感じた早朝であった










カラスウリの花












梶の木の熟した実














ギンナンの色づきだした実















コメント

菜菜子の気ままにエッセイ( よさこいとヴヴヴに捧ぐ独り言 )

2019年08月16日 | Weblog


苅り飛ばした青草の匂い。規則正しい蝉の声。
開け放された障子戸。

縁側から真っ直ぐに吹き抜ける風が叔母の横顔を撫でていく。
「ええ風じゃのうや~」
そう言うと、湯飲みに残った冷めたお茶を、飲み干す。
「カヨさんも何しよるかのうや~電話してみようか」

そう言うと、子機の受話器のボタンを押して、姉が出るまで鳴らし続ける。
「カヨさん出んわ~くたびれて寝よんだろうか」
諦めて、電話を置く。

風が 冷蔵庫に張った数枚の写真をパラパラと床に落としていく。四人のひ孫達の写真だ。
「ありゃりゃ、みな飛びよるわ~」
そう言って笑いながら、座卓の上のお菓子の袋を開ける。
「秋のお彼岸には、みな戻るかのうや~何作って食わすかのう~」

「何か美味しいものを作るわな」
私がそう言うと
「たのんます。頼りにしよるわ~スマン、スマン」
そう言いながら、思い出したように、再び子機を握る。

「もしもし、○○のネエサンかえ~、イモも掘って食うたかえ~
○○のネエサンくのイモは、今年はみょうげになって、わやになったと~
明日は雨っていよるけん、集まるかえ~」

友人数名に素早く連絡をして、明日の遊ぶ手筈を整える。
「帰るわな、帰ってゴンの散歩するわ~」
「ようえ、いぬんか」
そう言うと、必ず庭先まで、見送ってくれた。
あの日、庭に咲いていた幾つもの百日紅の紅色は、今は咲き方さえ、忘れたみたいです。

何気なく過ごした時間が、
こんなにも 愛しく思う。
魂の温もりが、パラパラ漫画のスピードで、
私の心をツツイテ
無性に切なくて 愛しくて

よさこい祭りの山車から激しく響く、重低音の音楽。
まるで空のスピーカーから流れるみたいに、鼓動する。
夕刻になると、山車は其々にライトアップされ、色彩が小さな商店街に溢れていく。
ボーカルが、逝く夏を惜しむように、更に声を張り上げていく。

かき氷の屋台に並ぶ
見知らぬ親子の笑い声。どこからか流れてくる、屋台の揚げ物の匂い。
振り向けば そこに居た。
振り向けば、そこに居た人達の
今は気配さえ無い。
真っ直ぐに手を翳して、深呼吸して探してみる。

8月
よさこいの夏。
貴方は どこに いますか。
そちらに
夏は ありますか。
みんな
元気ですか…
合 掌




































コメント

一の森ヒュッテにて

2019年08月14日 | Weblog

剣山系、一の森ヒュッテの眼前で
30分あまりに亘って繰り広げられた、ご来光と雲と雲海と強風によるドラマ、
次々と消えては湧き上がり強風に煽られて火の玉が走り抜けるように
変わり行く朝焼けの見事さに唖然として釘付けになった




























































コメント

梅雨明けの朝は空気もすっきり心地よい歩きもすっきり

2019年07月25日 | Weblog


梅雨明けの早朝は植物たちもすっきりとした雰囲気に心地よく歩けた







































ブラウンホールもすっきり



























コメント

菜菜子の気ままにエッセイ( 迷走と瞑想のお時間です~♪)

2019年07月07日 | Weblog


相変わらず中途半端な貧困に苦しめられている。
この月末で、愛車の車検の期限が切れる。
仮にこのまま走ったとしても、どこで故障するかも?判らない。

県外で故障したなら、レッカー移動の追加の金額が発生し、更に中途半端な貧困に追い打ちをかける筈だ。
悩んだ末に、7年共に過ごした愛車と別れることにした。本当に本当に室内は新車並みに、キレイなんです。

ボディもずっと手洗いしてきたのです。と愚痴っても仕方ない。仮に人間で言うと、90歳近くのお爺さんが、
「ワシはお肌ツヤツヤ筋肉バリバリで、若い衆には負けんっ!!ワシを雇ってくれまいか!」と雇い主さんに哀願して、
「いやぁ、年齢が年齢ですからね~いつ、何が起きるか判らないですからね~」

とあっさり断られる様なもので、いつ、止まるか判らないエンジンは、安く安く下取りされる。走行距離が問題なんだ。
頑張って普通に働いている。が、何ゆえに貧困から脱出できないの?

…そう

わたしは あの先日の美しい女医様のお顔を見て、絶対的確信を持って思った。
穴の開いたヒラヒラのブルーの紙パンツを履いて、ベッドで横になりながら、女医様の高潔な美しい所作を観察しながら、思った。
この方は絶対に、受信料なんて契約致しませんっ!なんて暴力的な言葉は生涯口にすることはないだろうな。

この方は絶対に、コンビニのお釣りの小銭を必死で数えたりしないんだろうな~
この方は絶対に、ポイント8倍の日に必死で買い置きとかしないよね~。
……
……
それぞれの日々の時間の積み重ねが、その人の人相を造る。
捕まった犯人の顔写真をメディアで見る度に
思わず唸りたくなる位、皆さん 揃って人相が悪すぎる。

笑って写っていないのも、そう見える要因かも知れないけど、(逮捕されて最高の笑顔を浮かべる犯人も、たまにいるが)
どう見ても、人相が悪い。
昔、信号待ちをしていたら、後ろから軽く追突された。

すぐに路肩に避けて 追突してきたお兄さんに 私の車のキズを確認して貰った時に、そのお兄さんも
めちゃくちゃ人相が悪かったが、そのお兄さんから見ると、私の人相が凄く凄く悪かったのか
そのお兄さんは、すぐに携帯電話でどこかに連絡して、助っ人を呼んだ。

すぐに呼ばれた助っ人のオッチャンが来たが、
このオッチャンもなかなか、人相が悪かった。
合計3人の人相の悪い大人が、立ち話をしている、可笑しな光景となった。

私の人相の悪いのは、今始まったことではない。
中学生の頃の集合写真を見ると、一目瞭然。
こいつは、反社会派の一族の輩か?みたいな 仏頂面の私が敵意を剥き出しにジッとカメラを睨んでいる。
いい顔で歳を重ねるのが、自分自身の目標だったのだけど、

余裕のない生活は、無駄な皺をドンドン生み、
無駄な皺は表情筋を滑落させる。
このブログの読者の皆様の既婚者の皆様、
是非この機会に、妻のお顔をご覧下さい。

幸せな者の代名詞?みたいな口角が上がり、爽やかに笑っていますか?
声をかけると、
「どしたん!!」
とか、お返事しませんか?
用事のある時だけ、可愛らしく話しかけて来ませんか?
妻の顔を造ったのは、夫の責任です。

今からでは、もう手遅れだと思うので、そのまま速やかに妻に服従して下さいね。
何故に何故に、
車の金額が高いっ!!
高すぎるっ!!
ワタシの身体は
「車買い換え症候群」
に蝕まれ、オカシクなっております。

免許を持たない高知の従姉妹が、逆にうらやましい。
従姉妹は今日もチャリで、西に東に移動する。
そのチャリは、鍵を掛けなくても、誰にも盗まれない。
ある意味、レアな自転車である。

草 々





































































コメント

菜菜子の気ままにエッセイ( 突然ですが検査のお時間です・後編))

2019年06月21日 | Weblog


15分かけて一杯目をゆっくりと飲み干した頃に、爽やかショートボブ女史が、部屋をノックする。
「大丈夫ですか~?ムカムカとかありませんか?」
「大丈夫です~ありがとうございます」

「変わったことがありましたら、遠慮しないですぐに呼び出しボタンを押して下さいね~」
「はいっありがとうございますぅ」
「テレビとか点けて、ゆっくりして下さいね」
「ありがとうございます。テレビは余り見ないんです」
そうですか~と爽やかに微笑んで女史が去る。

2杯目を注いで、外の景色を見る。
部屋の中は静かだ。
ドア越しに僅かに聞こえるのは、胃の内視鏡検査の方々の、廊下を歩く音と看護師の声。
今朝検査室前のロビーに座っていたオッチャン達が、大腸検査の本日の受診者かな?
と思って一瞬、ゾッとしたのだった。

あの見知らぬ数名のオッチャン達と同じ空間に座り、同じ便座を共用しなければならないの?…
日々の仕事で利用者の便は、慣れては?いるけれど、まだ元気そうな?
見知らぬオッチャン達の異臭を、半日浴びなければならないのは、ちょっと辛い。※相手も同じだろう。

晴天の空の下。窓の外に映る、見知らぬ方々の千差万別の日常。
次から次へと車が走って行く。何の打ち合わせもしないのに、みんな上手に追走してる。
家がある。会社がある。壁がある。

その四角い空間の中で、みんな何と格闘しているの?
誰と戦っているの?
幾つの煩悩と戦っているの?自分自身…。
そう…ワタシ

私は、今、下剤と向き合っているの。
15分かけて、2杯目を飲み干す。
味が不味く思えてきた。
ちょっとテレビを点ける。

今日も車が歩道に乗り上げたと、報道されている。
「60代の女がアクセルとブレーキを間違えて○△○△~~」リポーターが声を張り上げている。
で、思い出した。元院長は、なぜあのように沢山の経歴を並べられて報道されたのか!

なんで、あのオジイサンだけが、元院長って連呼されたの?
それなら60代の女って云わずに、せめて、女性って言えよ。
加害者に無職とか、テロップが流れるのは何故?

70才無職って、普通に当たり前なのに、わざわざ無職って報道するなよ!
などと、一人で怒りながら、テレビを消して、三杯目四杯目を飲み干し、最後の五杯目を飲み干す。
1時間が過ぎ、一リットルの下剤との戦いは無事に終了した。

次はお待ちかねの、ガスコンの登場だ。
10ミリリットルの少量のガスコンを持ち、看護師さんが説明してくれた。
これを飲んでから、500ミリリットルのお水(お茶でもOK)を、ゆっくり飲んで下さいね。
その頃には便意を皆さん催すみたいです。

ガスコンをクリアし、数回の排泄を終え、最終の排泄物が、薄めたオロ○ミンCみたいな色になり、腸の洗浄は終わった。
最終確認に看護師さんがやってきた。
「キレイになってますね。検査出来ますよ」※排泄物を誉められる、へんな快感。そして再び、看護師さんがやってきた。
「12時40分から先生が検査しましょうとの事なので、この服に着替えて於いて下さいね」

丈が長めの病衣に、穴の空いた紙パンツ。
遂に決戦の時間だ。イザッ着替えて看護師さんの後ろから検査室に入って行った。
時刻は12時40分っ。
検査室に入ると、若い看護師さんと、先生が迎えてくれた。

「お願いします」
と女の先生に深々とお辞儀をした。
「お願いします」
と先生も頭を下げて下さった。
「上手な女の先生がおるんよ」
その口コミだけを頼りに、ここまで来た。
私の浅はかさ。
ずっと夢見が悪かった意味が解った…

私が想像していた女医と違う!
今私の目の前にいる小柄な先生は、昔の町の産婦人科にいた、婦長さんみたいなタイプ。愛想はいい。
愛想はいいが、早い話が、ベテラン過ぎて、少し高齢で、お化粧も濃くて…
このベテラン先生…ポリープ切除出来るの?

そうか、見かけじゃなくて、その道に熟練した先生なんだ。
まてよ…もし、今日に限って手が震えて、ポリープから出血とか?
穴の空いたブルーの紙パンツを履き、ベッドに横になりながら、これ迄の人生が、走馬灯の様に過った。

「娘達よ、元気で暮らしなさい。母ちゃんは本当に本当に満足な人生でした。ありがとう」
心の中でキッチリと覚悟した。最期の姿がブルーの穴あき紙パンツなのは、無念であった。
確かに女の先生だった。
女の先生に違いはないが、オバアサンに近い?先生じゃあないの…
不安を払拭する様に、深く息を吐いた。

若い看護師が、スーと部屋を出た。
検査室の中には、先生とワタシだけになった。
「大丈夫?ゆっくりチカラを抜いて下さいね。今からもう一度、血圧計りますからね」
大丈夫って、こっちが聞きたかった。
「先生、今日は手は震えていませんか!?」
聞ける筈なく、検査室は一瞬、不気味な位、静かになった。


「○○さん、もう少ししたら、先生が来られますからね、ちょっと待っていて下さいね。」
「えっ!!?」
検査室のドアが開いたっ。清楚で綺麗な40代の女医が、颯爽と現れたっ!
「○○さん、お待たせしました。お願いします」
ワタシは思わず起き上がった。女医が突然舞い降りた女神様に見えたっ!

左側には、さっきまで先生だと思っていたオバチャンが、ニコニコ顔で立っていた。
オバチャンは、検査の助手さんだったのだ。
検査が済むまで、私の左肩をずっと優しく撫でてくれ、ついでに髪の毛も引っ張ってくれていた。検査より痛かった。
ポリープは良性で、無事に検査は終了した。

ありがとう。スペシャリストな女医様。
本当に楽な検査でございましたっ。
受付番号26番っ 御礼申し上げます!
草 々





































































コメント

菜菜子の気ままにエッセイ( 突然ですが検査のお時間です・前編)

2019年06月20日 | Weblog


前略・
空梅雨が?続いておりますが、皆様お変わりありませんか。
乾いた空の下、草刈り機の音が、あちらこちらで響いています。

夕方には夏の終わりのような風の匂いがして、人間様も自然界も狂いかけているみたいです。
そんな人間様のわたくしは、長生きしたくない~と相変わらず豪語しながらも
定期検診だけはこまめに受け、本当に自分で自分の真意が解らない。

そして、四年ぶりの大腸検査。
前回指摘され、経過観察中の小さなポリープはガンに変わっているのか?
時折、左の腹部が痛んでおりました。
今回は絶対に何かしらの処置(内視鏡によるポリープ切除)はされるかもと
しっかりと数日の入院の準備をして、病院に向かったのでありました。

もし幸運に問題なければ、運転して帰らなくてはならない。
今回も軽度の麻酔はお断りして、カメラ対ワタシの素面の一対一の戦いになった。
受付を済ませ、検査室に行く。

看護助手の方に幾つかの確認をされる。
「前回は四国○央さんで、検査されたんですね。その時にポリープがあると言われたのですね」
「はい。三年後に検査するように言われていましたが、四年後になってしまいました」

そうですか~と爽やかに頷いてくれるショートボブ女史。
「こちらの病院の女の先生が検査が上手だと知人に聞いたので、こちらの病院に来ました~」
ニコッと笑って女史を見るワタシ。

ニコッと笑って女史が微笑み返す。
「今日の検査は女の先生ですね~」と、独り言みたいにパソコンを見ながら伝えてくれた女史。
「やったぁ~嬉しいです。別の先生ならどうしょうかと思いました~」
素直に手を挙げて悦ぶワタシ。
「今日の大腸検査の方は二名だったのですが、一人キャンセルになったので、お部屋は○○さんの貸し切りですよ~」

爽やかに話す女史。
「エ~、なんかワタシ、ツイテますね~貸し切りですか~」
素直に歓声をあげるワタシ。こんな歓声はあのガソリンスタンドの小銭泥棒以来だ。
大腸検査を受けた者でしか、共感できない控え室とトイレの独り占め。

広いソファーにテレビ、雑誌。3つのトイレ。
誰にも気を遣わないで、半日を過ごせる。
とりあえず、エアコンのスイッチを切る。
国道の見える窓のブラインドを上げる。外は晴天だ。

ソファーに座る。
小さな丸いテーブルの上には、一リットルに薄められた下剤と紙コップ。
今から1時間。五回に分けてゆっくりと、この下剤を飲みほすのが、第一関門。
1時間かけて、飲み干したら次に腸内の泡を消す薬を飲んで
更に持参した五百ミリリットルのお水を30分かけて、ゆっくり飲み干す。

どうでもいいが、この泡を消すクスリの名前はガスコンっ!
なんか、強そうな名前だ。
一杯目の下剤をゆっくりと飲む。

味はハチミツをポカリで薄めてそれに少しの煮汁を足した様な複雑なお味。
飲めないことはない。
だって 飲まなければ 検査出来ない。
最近は亡くなった友達の夢ばかり見ていた私…
で…明日に続く 〆







































コメント

夏の花 クチナシの白い花が甘い香りよ

2019年06月19日 | Weblog


夏の花、クチナシの白い花が甘い香りを漂わせていつまでも付いてくる、せつない日の散歩、


ねぶの花の赤白の剣が青空に刺さって天を支えている、雨が降りそうにもない


密やかに青いアケビの実がふたつ、食われないよう、かくれんぼ











































































コメント

雨上がりの自然林に生気がよみがえって

2019年06月16日 | Weblog


昨夜からの雨もあがり、陽射しが戻ってきた、恵みの雨に植物たちも、ひともほっと一息
遅れている梅雨入りも近いかな
アカメガシワの花がきれいに咲いて、ベニバスモモの実が大きくなっている

枝にぶら下がっている繭はヤママユガ科のクスサンのサナギ繭かな?、
10cm近くある、毛虫は何の種類だろうか?
ナツハギの花が風に揺れてかがやいている







アカメガシワの花












ベニバスモモの実












ヤママユガ科 クスサンの繭、なかにサナギ













何の種類の毛虫か?













ナツハギの花














コメント (2)

入梅遅れか、空梅雨か、青空が広がるばかり

2019年06月12日 | Weblog


この地方の入梅が遅れているというか、空梅雨らしくなっているというか、
水不足で節水を呼びかける広報車が走り回っている、

自然林の木々、草花は陽射しを浴びて光合成を盛んに、青々と勢いづいて輝いている、














































































コメント

多種多様の草花に魅せられて

2019年06月10日 | Weblog


自然林のなかには、多種多様な草花が蔓延っていて眺めすかしてたのしいひと時を過ごすのは心地よいもの
早くもナツハギの小さな花が光の加減で色変わりして楽しませてくれるし、オシロイバナが一輪、ひっそりと咲いていた

山椒の小さな木を見つけて良く見ると青い小さな実が生っている、少し収穫して持ち帰り
ちりめん山椒の佃煮を作ってみた、ピリリとした味でご飯に乗っけて食べると美味しい

































































コメント

初夏 瀬戸風峠の自然林のなかを歩く

2019年06月07日 | Weblog


初夏 瀬戸風峠の自然林のなかを歩く、栗の木の花が盛り、そのなかの一本だけはすばらしい花を咲かせていた
初見の小小坊の白い花は可憐さがあり、秋にはブルーベリーに似た黒く熟した実がおいしい、

ヤブムラサキシキブの花も初見の花、足元の草の茎に白い泡が付いている、アワフキムシの幼虫の巣か?
サンキライの青い実がなんとも初々しい感じで微笑ましい



































































コメント

菜菜子の気ままにエッセイ( その雨の日の・悪態)

2019年06月02日 | Weblog


前略。
この季節のいつもの鳥の囀りと、この雨の匂いは多分梅雨入りしています。
そんな 静かな雨の1日。
悲惨な事件が起きる度に、いつも考える。考えさせられる。

温かな母胎から産まれた生命は、いつから荒んで行ったのだろうか。
産まれた時に既に遺伝子に因って、荒んでいたのだろうか。
そして、その母胎も既に悪の一端を持ったままに、母となったのだろうか。父となったのだろうか。
原始時代には 無かっただろう。人間のカタチが変わって行く。

一年位前に、高齢ドライバーが何の前兆もなく、幼い子供の命を奪った時も思った。
将来の老いた自分に、殺された様な、哀しい出来事。
命を前提としたら、許されること等何も無い。
全てが無かったことになる人の一生に於いて、その時間の狭間で 痛ましい出来事がある度に 思う。

人間は存在しなければ、ならないの?
存在することに 何の意味があるの?
竹やぶの竹の方が偉いと思えた。(※前回の主様の呟きを読んで、あの呟きはお勉強になりました。竹ってスゴイ)

引きこもりの子供や大人も増えた。漂流老人も益々増える。
この人は生活保護でしょ~と思う方々が必死で生活し、一部のこの人達が生活保護?精神障害?振動病?
と疑いたくなる人達が楽に生きている様に見える時がある。

不正を隠蔽し、団体を守る。イコールそこに属する個人の暮らしを守る。
再び不正が蔓延る。
私個人とは無関係なことだけど そんな組織の一員にはなりたくない。家族で在りたくも無い。

組織を辞めた人達が、一斉に内部告発をしたら…考えただけでワクワクするけど、田舎の人達は何かしらで関わっているから
みんな遠慮して本当の事を口にしない。
その時に生じる心のモヤモヤも、小さな悪の結晶を造る。

仕事とは、忍耐なんだ。
人間対人間の 忍耐なんだ。
価値観対価値観の忍耐なんだ。
自分を見失ってまで、仕事をしなければならないの?

しなければなりませんっ!
生きていく為だから!
そこまで 頑張って生きる目的は何なの!!
それは、生きる答えを探す為ですっ!
私はそんな答え等 求めません!そんな事を聞いているのではありませんっ!
……
……
頭が ぐじゃぐじゃになる。
ワタシ、とりあえず 車を探そう。
何で 何で貴方は
車が 必要なの!

それは
生きる為です。
草 々









ホタルブクロの花 ホタルを入れて遊ぼうよ













虫も生きるために葉っぱでレースを編む














ブルーベリーの実 熟したら食べたいな
コメント

初夏に瀬戸風峠の自然林のなかを歩く

2019年06月01日 | Weblog


瀬戸風峠の自然林のなかを歩く、いま、きれいなのはセンダンの大木に薄紫の花が鈴生りに咲いていること
歩く先々にいっぱいあって楽しみだ、足元にはユキノシタの花が群生している

頭上には、川イチジクの実、梶の木の雌花のど、先々赤く熟して、美味しい実に生るものがあって、うれしいものだ


やっと、竹林に若葉が戻ってきた、先だって竹林のほとんどで葉が黄色くなり落ち葉になっていた、
今年は天候不順でのためタケノコがほとんど出来ず不作であった、生産者のひとに聞くと、竹の自衛本能だそうだ、

自分の命を守るためにタケノコを芽吹かせず一旦は葉を落として養分を蓄え、若葉を出して自分の命を守るのだそうだ、
植物の生命力というか、その対応の仕方はすばらしいのひとことだよなあ































































コメント

四国のみち、瀬戸風峠の自然林のなかを歩く

2019年05月29日 | Weblog


天気が回復、瀬戸風峠の自然林のなかを歩く、展望の利くビューポイントから
前景が里山三山をながめ、遠景に花の名山、皿ガ嶺を中央に両側に連山を従えて悠然と構えている、

突然に目の前にカラスアゲハが花に止まり、近くにスイカズラの白い花が清楚に咲き、
グミ(しゃぶしゃぶ)が赤く色づいている、ひとつ、捩って口に入れると
甘酸っぱい味が、幼いころを思い出して懐かしい













































コメント