「中央区を、子育て日本一の区へ」こども元気クリニック・病児保育室  小児科医 小坂和輝のblog

川﨑の事件、不安な気持ちは、担任や養護、学校カウンセラーの先生、そして私達小児科医にご相談下さい。/病児保育鋭意実施中。

『トクヴィル 平等と不平等の理論家』 宇野重規氏 

2016-07-01 23:00:00 | 書評

 あるブログに出会いました。

 英国のEU離脱判断で民主政に?

 まさに、同じ感をもっています。

 そのブログhttp://blog.livedoor.jp/shoji1217/archives/1058899452.htmlには(ブログの著者が誰かは存じ上げません)、

 トクヴィル 平等と不平等の理論家 (講談社選書メチエ) 宇野重規 講談社

 「現時点だからこそ、トクヴィルの『アメリカの民主政』を初めとして、『ザ・フェデラリスト』やバークの『フランス革命の省察』という民主政を扱った古典を読み直す必要がある。」

 と書名があげられていた。

 ひとつの参考にしていきたい。
 

コメント   この記事についてブログを書く
« アベノミクスの成果は上がっ... | トップ | 自民党 憲法草案91条 「国民... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

書評」カテゴリの最新記事