さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 マラッカ その4

2017年10月06日 | 海外旅行
チェン・フン・テン寺院(青雲亭)の見学後、自由行動になって、ハン・ジュバッ通り(ジョンカー・ストリート)を見学することになりました。



中国風の家並みが続いています。



独特の色使いの建物に目が留まりますが、これは中国とマレーの文化が融合してできたババ・ニョニャ文化のものです。



こみ合った家並みの中に公園がありました。



中をのぞくと、なにやらマッチョな像が。



ハン・ジュバッ通り(ジョンカー・ストリート)は、道幅が狭いところに自動車の交通量も多く、道を横断するのも注意が必要な状態でした。できたら、歩行者専用道路にして欲しいところです。



脇道の奥に塔が見えました。



近づいてみましたが、カンポン・クリン・モスクのようです。1748年に建てられた、国内最古のモスクのひとつとのこと。



ババ・ニョニャ文化の建物。窓周囲の飾りが独特です。



福建会館とあるので、福建出身者の集会所でしょう。



ババ・ニョニャ文化の建物。



建物の構造はヨーロッパ風ですが、色や飾り付けは独特です。



ババ・ニョニャ文化の建物は、多く見られました。





マラッカ川に出ました。



マラッカ川にかかる橋を渡ると、オランダ広場に出ました。ここで引き返しました。



川沿いに遊歩道が設けられていたので、少し歩いてみました。



遊覧船も運行されていました。



脇道の風景。



オランダ広場から離れるにつれて、さびれた感じになってきました。

これでマラッカ観光は終わりになって、クアラルンプールに戻りました。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« さすらいの風景 マラッカ ... | トップ | さすらいの風景 クアラルン... »
最新の画像もっと見る

海外旅行」カテゴリの最新記事