さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 阿拉善(アルシャー)左旗 その4

2019年10月04日 | 海外旅行
ホテルに戻ってひと休みした後、定遠営古城の夜景見物のために再び出かけました。

予想通りに道路沿いに延びる城壁はライトアップされていました。





城内に入ります。



城内に入って左に曲がり、城壁に上がることにしました。





賀蘭門とは反対側に延びる城壁の眺め。



延福寺の白塔の眺め。ライトアップされて昼間とは違った美しい眺めになっていました。



賀蘭門方面に歩くことにしました。



夜になっても散歩の人がちらほらといました。



城壁上の楼は、赤い提灯とライトアップで美しい姿を見せていました。





賀蘭門が近づいてきました。





賀蘭門の上から来た方向を振り返ったところ。

賀蘭門に到着して判ったことですが、すぐ脇の貯水池で噴水ショーが行われていました。丘の上が展望台になっているようなので、丘に登ることにしました。



丘上に向かって階段登りが続きました。時々足を止めて、背後の眺めを楽しみました。

中央に見えるのは賀蘭門で、その背後に競技場が見えています。



素性の怪しい城跡ですが、ライトアップされた眺めはなかなか見られない美しさです。



丘の上は台地状の広場になっており、崖縁の柵に沿って見物人が並んでいました。



音楽にそって刻々と姿を変える噴水の眺めが広がっていました。



時折噴水が高く上がりました。







しばらく丘の上から噴水ショーを楽しんだ後、丘を下って貯水池の堤防に移動しました。



全景は丘の上からの方が眺めやすいですが、堤防からは迫力のある噴水を体験できました。









10時を過ぎても噴水ショーは続いたので、ホテルに戻りました。

この日は月曜日で週末でもないので、噴水ショーは毎日行われているのでしょうか。城塞のライトアップといい、この噴水ショーといい、資源の無駄使いではないかなと気になりました。楽しませてもらいましたが。
コメント   この記事についてブログを書く
« さすらいの風景 阿拉善(ア... | トップ | さすらいの風景 阿拉善左旗... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事