さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

白馬周回 写真その4

2007年08月08日 | 登山
三日目は、雪倉岳を越えて白馬岳へ。
小雨が降っていましたが、水平道の入口から白馬岳が見えていました。今日のゴールは遠い。

水平道は、その名前に反してアップダウンのある道です。先を急ぐ気持ちになりますが、花も多いコースです。

特筆すべき花は、キヌガサソウの群落。



ハクサンコザクラの群落も、次から次に現れますが、なんども写真を出しているので省略。

夏にもかかわらず、ミズバショウも見られます。



雪倉岳への登りは、朝日岳の下半分と似た感じのお花畑でです。

これは、タカネナデシコ




シロウマアサツキ



雪倉岳越えは、力を振り絞る必要もあって、花の写真撮影どころでないのは残念。

雪倉岳を越すと、砂礫地帯にはコマクサが広がっています。



タカネシオガマ



さらに避難小屋までの下りには、草原性のお花畑が広がっています。ここも見所。

ウルップソウ発見。花の終わった咲きがらは無数にあるのですが、花を付けた花に出会うことができました。



ミヤマハンショウズル



さらに鉢ヶ岳下のトラバース部には、ハクサンコザクラ、チングルマ、シナノキンバイの群落が広がっていました。

その中で目に留まったのは、八重のシナノキンバイ。ヤエシナノキンバイというようです。



この後、三国境でコマクサの大群落を見ると、白馬岳山頂部のお花畑になります。

雪倉岳の避難小屋泊まりで、雪倉岳付近の花をゆっくり見たいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 白馬周回 写真その3 | トップ | 白馬岳周回 写真その5 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤエシナノキンバイ (テントミータカ)
2007-08-09 13:50:02
朝日岳から白馬へ向かって歩いたことがありません(遠そうなんだもん)、お疲れ様でした。

白馬から朝日は得意なんですけど(笑)

ヤエシナノキンバイ、初めて見ました。こうしてお花写真数々眺めていますと朝日のテント場連泊で、水平道や黒岩平をのんびり楽しみたくなりますね~。

時期がずれると、栂海新道分岐の大岩付近、見事なクガイソウ群落があります。

>雪倉岳の避難小屋泊まりで、雪倉岳付近の花をゆっくり見たいものです。

過去、小屋管理者のお願い表明記事もありましたから、雪倉岳の避難小屋泊の計画は止めておいたほうが無難だと思います。
雪倉越え (さすらい人)
2007-08-09 15:53:23
私の場合、三回歩いて、全部朝日から白馬方向でした。雪倉越えは、白馬方面からの方が楽ですかね。でも最後に蓮華温泉への登りをやりたくはないなあ。

朝日岳付近は、休みを取る関係で、いつも同じ頃に出かけていますが、それでも花は違っています。時期を変えると、がらりと花も違ってくるのでしょうね。

雪倉避難小屋についてのコメントは、私のお手つきですね。
確かに、以前、環境保全のために、この避難小屋は緊急時以外には使わないようにっていう話がありましたね。

花をのんびりみるため、雪倉岳付近を軽装で歩きたいっていうのが趣旨なもんで、白馬岳から下りてきて、三国境でザックをデポし、軽装で雪倉まで往復し、その日は白馬大池で泊まるっての良いかな。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事