さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

新潟100名山

2010年07月02日 | 登山
「新潟100名山」新潟県山岳協会監修 新潟日報事業社 (2600円+税)

またまた、100名山本が出版されました。

新潟県山岳協会監修ということなので、一応新潟では一番権威のあるものといって良いでしょう。

選ばれた山は、以下の通りです。

1 金北山
2 金剛山
3 日本国
4 吉祥岳
5 新保岳
6 天蓋山
7 鷲ヶ巣山
8 以東岳
9 竜門山
10 寒江山
11 西朝日岳
12 光兎山
13 朴坂山
14 高坪山
15 大平山
16 鳥坂山
17 櫛形山
18 風倉山
19 二王子岳
20 大境山
21 杁差岳
22 門内岳・地神山
23 北股岳
24 飯豊山
25 大日岳
26 蒜場山
27 焼峰山
28 菅名岳
29 日本平山
30 銀太郎山
31 白山
32 矢筈岳
33 御神楽岳
34 狢ヶ森山
35 五頭山
36 宝珠山
37 不動堂山
38 光明山
39 角田山
40 弥彦山
41 粟ヶ岳
42 袴腰山
43 守門岳
44 浅草岳
45 鬼ヶ面山
46 鋸山
47 番屋山
48 下権現堂山・上権現堂山
49 八十里越
50 毛猛山
51 未丈ヶ岳
52 越後駒ヶ岳
53 中ノ岳
54 八海山
55 荒沢岳
56 丹後山
57 平ヶ岳
58 金城山
59 巻機山・割引岳
60 大源太山
61 七ツ小屋山
62 武能岳
63 茂倉岳
64 一ノ倉岳
65 谷川岳
66 万太郎山
67 仙ノ倉山
68 平標山
69 飯士山
70 苗場山
71 佐武流山
72 米山
73 刈羽黒姫山
74 尾神岳
75 菱ヶ岳
76 天水山
77 鍋倉山
78 青田南葉山
79 関田峠~伏野峠(信越トレイル)
80 伏野峠~深坂峠(信越トレイル)
81 不動山
82 鉾ヶ岳
83 妙高山
84 火打山
85 焼山
86 雨飾山
87 金山
88 斑尾山
89 海谷山塊 鋸岳
90 海谷山塊 駒ヶ岳
91 明星山
92 青海黒姫山
93 白鳥山
94 犬ヶ岳
95 黒岩山
96 長栂山
97 朝日岳
98 雪倉岳
99 鉢ヶ岳
100 小蓮華山

一つの山域で集中して選ばれている傾向があります。

飯豊や朝日、谷川連峰はしかたがないとしても、信越トレイル関係が、トレイル二つに、菱ヶ岳、天水山、鍋倉山、斑尾山が選ばれているのは、多すぎるのでは。そもそもトレイルが名山といえるのか。

目次を見ていくと、並べられている順番がおかしなところがありますね。

参考文献に「新にいがた花の山旅」や「新潟ファミリー登山」が書かれていますが、山の説明に引用するほどの本でしょうか。

地図の細かいところを見ると、あいかわらずGPSで実際に歩いた記録と違っており、ただ、地図の破線をなぞっただけのところがあります。今頃出版するガイド本なら、GPSでルートを確認するのが当然ではないでしょうか。

ロングコースでは、一部の地図しか載せていないのは、手抜き。

登山道の無い山として、矢筈岳と毛猛山が選ばれていますが、この本の対象者をどのように考えているのだろう。一般登山者にとっては、この二山が、100名山達成の大きな壁になってしまいますね。

せっかくの新しいガイド本ですが、「にいがた花の山旅」や「新潟ファミリー登山」の焼き直しという感じがしました。

詳しくは、これから読んでいきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 祝瓶山から北大玉山 (2010.6... | トップ | さすらいの風景 敦煌 その7 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野次馬で・・・ (テントミータカ)
2010-07-07 23:30:26
 近所の図書館に購入リクエストしようかどうか?

 矢筈岳と毛猛山が楽に歩けるようになればうれしいな~(笑)。
 この二山が除外なら、大力山と霧の塔あたりを入れてみたかったかな?と(全くの私見です)。
 
名山 (さすらい人)
2010-07-08 20:02:15
今晩は。
図書館で借りられるなら、それが良いでしょうね。
この本のリストでは、矢筈岳と毛猛山が突出して難しいですね。他の98山を登っても、個人的な登山愛好家レベルでは登頂は困難なのでは。100名山を達成してもらおうというなら、道の無い山でも、もう少し楽な、日白山、棒掛山、笠倉山、柄沢山、三田原山あたりを入れて、すこしずつレベルアップできるようにするべきでしょうね。その点、日本百名山は、登っているうちにレベルアップできて、良く選ばれています。
このようなガイドブックを必要とする登山者向けの新潟00山なら、大力山と霧の塔(小松原湿原を含む)は欠かせないと私も思います。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事