さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

白馬周回 写真その3

2007年08月07日 | 登山
二日目は、朝日平のテン場にもう一日過ごして、前日見られなかった朝日岳周辺の花を楽しむことにしました。

再び朝日岳を越えて、照葉の池まで足をのばした後に、白高地へ下りました。

写真のすぐ上の鞍部が千代の吹上。なだらかな山頂を見せるのが朝日岳。蓮華温泉から登ってくると、この最後の登りがきついのですが。

白高地には、ハクサンコザクラ、チングルマ、リュウキンカなののお花畑が広がっています。


ハクサンコザクラ



チングルマ



リュウキカは、流れに沿って。



イワイチョウ



一転して、朝日岳の下半分は、砂礫地帯の花になります。

ミヤマウスユキソウ





イブキジャコウソウ



ミヤマムラサキ。少し時期を過ぎていましたが、一面に広がっていました。



タカネシオガマ



タカネバラ



クモマミミナグラ



朝日岳の上半分は、残雪の雪解け部も交えた草原になって、花も変わってきます。

ハクサンコザクラやチングルマに混じって、ハクサンイチゲも現れました。



ムシトリスミレ



ミヤマアズマギク



コバイケイソウ



拡大してみると、違う花のようですね。



朝日岳から朝日平の間も、花の多い区間です。ただ、一般的には、最後の体力を振り絞っての歩き、あるいは未明の歩き出しになって、ここでゆっくり花を楽しむ人はめったにいないでしょう。

ミヤマタンポポとハクサンボウフウ



ミヤマキンポウゲ



ハクサンチドリ



シロバナトリアシシオガマ。はじめてみました。白一色では、ヨツバシオガナとの区別が難しいですが、すぐ脇には、トリアシシオガマがまとまって咲いていました。



キヌガサソウ



花の山旅はさらに続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 白馬周回 写真その2 | トップ | 白馬周回 写真その4 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
花見山行もしたいな? (福島 S.O)
2007-08-07 23:23:17
さすらい人さん、今晩は。最近はヤブ山との付き合いが続いています。過日行って来ました。只見要害山と日尊の倉山ともう一座。日尊の倉山では台風の影響下、雨の中の登りでしたが、踏み跡もそこそこにあり頂上まで行ってきました。さすらい人さんのレポートのおかげで主三角点があることが分かっていたので助かりました。GPSでも確認しましたが、情報を持たないで登れば主三角点が山頂と間違えてしまうようなピークでした。当分ヤブとの付き合いが続きそうです。
朝日岳から朝日平へは・・ (インレッド)
2007-08-08 19:55:19
朝日岳から朝日平らへは本当に花を見ている余裕がありませんでした。朝日小屋へのあのなだらかな登りもかなりきつく感じました。
お花見 (さすらい人)
2007-08-08 21:10:21
福島 S.Oさん:
会津の薮山に行ってこられましたか。暑いので大変でしょうね。日尊の倉山の山頂は、判りにくいといより、誤解しやすいですよね。でもGPSのおかげで、ピークハントは、確実なものになりましたね。私は、まだしばらくは、お花見山行を続けようと思っています。
最後のアプローチ (さすらい人)
2007-08-08 21:18:18
インレッドさん:
私も、朝日岳から朝日平への下りは、辛く感じます。縦走というのは、時間配分の関係で、見落とす区間というものができてしまいますね。朝日岳は、簡単には到達できないということで、雲ノ平と並んで好きなところになっています。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事