魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

第48回 おさかな食育クッキング レポート

2013年05月29日 | 料理教室

青森県弘前市にある「弘前水産市場」では、魚食文化の普及と食育をテーマに、隔月でお料理教室を開催しています。

5月25日(土)、東北女子大学において、第48回おさかな食育クッキングを開催しました。

今回は春ならではの旬の食材を使いました。
「生かつお」「身欠きにしん」「切り昆布」等です。

メニューはこの3種類です。
・カツオのゴマあえ
・身欠きにしんと切り昆布の煮物
・粉寒天でつくるブラマンジェ


それでは早速、おさかな食育クッキングのスタートです。
今回もたくさんの方々にご参加いただきました。

まずは、ブラマンジェから作り始めます。
今回は、メニューごとに1回1回先生の説明を挟むという進行形式になりました。
先生のお話をしっかり聞いた後、各班で実際に調理していきます。

ブラマンジェはアーモンドを使うのが一般的だそうですが、
今日はアレンジで、きな粉を使っています。
こちらはきな粉に少しずつ牛乳を加えているところ。

小さなお子様も、お母さんと一緒にがんばっています。
やけどしないように、気をつけてね。

続いて、身欠きにしんと切り昆布の煮物に移ります。

こちらは、身欠きにしんの骨をとっているところ。
一本一本、骨抜きを使って丁寧にとっていきます。
手間隙かけた分、出来上がりが一層楽しみになりますね。

できあがりがこちら。とっても簡単で体にも良さそう。
骨をしっかりとったので、子供でも安心して食べられると好評でした。

続いて、メインの「かつお」。

鮮度抜群の初鰹です。
秋のもどり鰹は脂がのっていますが、初鰹はちょっぴりヘルシー。
その分、ゴマだれでコクを出しつつ、たっぷりのお野菜と一緒に、さっぱりいただく。
今日はそれらを冷やしうどんの上にのせていただきます。


生で食べるので、水菜もよ~く洗って。


あっという間に盛り付けて完成です。
この後、みんなでおいしくいただきました。
ごまを煎るところから作る、ゴマだれが特においしい、と大好評でした。

みなさん、お疲れ様でした!


-------------------------------------------
次回のお料理教室は 7月20日 の予定です。
-------------------------------------------

≪本日のレシピはこちら≫
カツオのゴマあえ
身欠きにしんと切り昆布の煮物※5/31公開予定
粉寒天でつくるブラマンジェ※6/1公開予定

Facebookにも料理教室の情報を載せています。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« もっとお魚を食べよう~弘前... | トップ | カツオのゴマあえ 冷やしうどん »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

料理教室」カテゴリの最新記事