魚介を美味しく食べるレシピ

魚介を使ったレシピを紹介していきます。
旬の魚や季節にあった料理など、ご家庭で楽しんでチャレンジしてみませんか?

ほっき貝入り小田巻き蒸し

2013年01月29日 | ~ほっき貝~レシピ

小田巻蒸しとは「うどんが入った茶碗蒸し」のことです。
ほっき貝のうまみを閉じ込めて、アツアツ・ぷるん!体の中から温まりましょう!

ホッキ貝は、冬の冷たい海水によって身が引き締まる1月~3月が旬です!
たんぱく質、ミネラルが豊富で、貧血予防に有効なビタミンB1、B2鉄分が多く含まれています。
女性には是非食べていただきたい食材の一つです!

★材料(4人分)

【卵液】

・卵・・・3個

■混合煮出し汁・・・540ml(卵の重量の3倍)

・昆布・・・10g
・かつお節・・・5g
・塩・・・小さじ1/4
・薄口しょうゆ・・・小さじ1
・みりん・・・小さじ1

・冷凍うどん・・・360g
・しょうゆ・・・小さじ1

・ほっき貝・・・4個(剥き身で80g)

<a>
・酒・・・小さじ1
・しょうゆ・・・小さじ1/2

・生しいたけ・・・3枚

<b>
・煮出し汁・・・大さじ3
・砂糖・・・小さじ1
・しょうゆ・・・小さじ1/2

・ほうれん草・・・40g
・かまぼこ(赤)・・・1/4本
・花麩・・・4個

★作り方

①混合煮出し汁に調味し冷ましておく。

②卵を泡立てないように溶きほぐし、①を加えて裏ごしを通す。

③ほっき貝…一口大の削ぎ切りにし、熱湯をかけ<a>で下味を付ける。
 
 しいたけ…放射線状に4つに切り、<b>でさっと下煮する。

 ほうれん草…茹でて3cmに切る

 かまぼこ…飾り切りして、熱湯をかけておく

 花麩…水で戻して、絞っておく

④うどんはサっと茹でてほぐし、湯をよく切ってからしょうゆをふりかけ下味をつける。

⑤器にうどんを入れ、上に具を乗せる。

⑥⑤に②の卵液を注ぎ入れ、表面の泡を消す。

⑦蒸気の上がった蒸し器に入れ、2分位強火にし、その後火力を弱めて85~90℃で12分くらい蒸して完成!アツアツのうちにどうぞ。

※蒸すときは、すだちができないように、ふたを隅切りして、乾いたふきんを挟んで行う

【レシピ考案】東北女子大学(2013年1月26日開催)
<1人当たり>エネルギー:237kcal たんぱく質:17.6g 食塩:2.5g
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第46回 おさかな食育クッキ... | トップ | 生真たらこと豆腐のお吸物 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

~ほっき貝~レシピ」カテゴリの最新記事