「15th memorial Live 2019」に行ってきた

 昨日、渋谷のduo MUSIC EXCANGEで開催された「15th memorial Live 2019」に、参加してきた。

 このライブは、2003年~2004年にかけてテレビ愛知をキー局として放映された某アニメの放映15周年を記念して開催されたものだが、チャリティーとして有志で行われたものなので、「大人の事情」で作品名やキャラクター名などを表に出すことができない。
 そんなわけで、この記事においてもその「お約束」を守って、作品名やキャラクター名は書かないようにする。正直なところ、非常に書きにくいのだが、そういう事になっているので仕方がない。
 なお、これはあくまで対外的なものであり、ライブの最中は作品名もキャラクター名も普通に出ていたことは、お断りしておく。

 とりあえず、セットリストを載せておこう。


・諸注意(土屋実紀)
・前説(伊東みやこ)

1.太陽の楽園 ~Promised Land~(全員)
2.Legend of Mermaid(全員)
3.恋はなんだろう(中田あすみ)
4.Ever Blue(寺門仁美)
5. 夢のその先へ(中田あすみ・寺門仁美・浅野まゆみ)
6.オーロラの風に乗って(小暮英麻・永田亮子)
7.KIZUNA(中田あすみ・寺門仁美・浅野まゆみ)
8.Legend of Mermaid ピアノバージョン(植田佳奈)

・トークコーナー(プリンセス6人)

9.Before the Moment(土屋実紀)
10.花と蝶のセレナーデ(小島めぐみ)
11.暗黒の翼(石塚さより)
12.黒の協奏曲 ~concerto~(土屋実紀・下屋則子)
13.闇のBAROQUE(土屋実紀・下屋則子)

・トークコーナー(悪役5人)

14.Piece of Love(浅野まゆみ)
15. 水色の旋律(寺門仁美)
16.MOTHER SYMPHONY(中田あすみ)
17. KODOU ~パーフェクト・ハーモニー~(中田あすみ・寺門仁美・浅野まゆみ・小暮英麻・永田亮子・植田佳奈)
18.希望の鐘音 ~Love goes on~(全員)

・アンコール

19.Legend of Mermaid(全員&観客)

・更にアンコール

・エンディング・クレジット(練習中の写真&各人のメッセージ)
・後説(伊東みやこ)


 以上、敬称は略させていただいた。
 いかがだろうか。この作品のヒット曲・名曲はほぼ網羅されており、非常に満足できる内容だった。

 なお、「Legend of Mermaid ピアノバージョン」で登場した植田佳奈さんと前説・後説の伊東みやこさんについては事前には情報が伏せられており、サプライズでの登場だった。特に、植田さんが出てきた時の会場の興奮具合はものすごく、ペンライトはすぐに続々とオレンジ色に切り替わっていった。
 それぞれの曲について感想を書いていくときりがないが、「恋はなんだろう」の「ヘイ!」や「オーロラの風に乗って」の「うれしくて」などのコールをバッチリ入れられたのは特に楽しく、嬉しかった。会場は700人がぎっしり入っており、まさに立錐の余地もないと言えるほどであったが、その一体感は非常に素晴らしかった。
 トークコーナーでは作品の楽しい裏話をいろいろと聞くことができたが、中田さんと寺門さんが揃って、作品の第1話を闇に葬りたいと思っているらしいのが特に印象的だった。確かに、実際に第1話の出来を見ると、気持ちはわからなくもないが。まあ、それだけ衝撃的な第1話だったと言うことで、あながち悪いだけでもないだろう。
 他にも、「ぐるぐるあわあわ」や「パンダパンだ」などのネタが出演者から忘れられていないと言うことがわかって、なんだか嬉しい気持ちだった。

 今回、作品の放送から15周年と言うことで、本放送当時に幼女だった若い女性の方々が多数参加されていたのが、特に印象的だった。
 もちろん、作品の本来の視聴者層から考えると当然のことなのだが、本放送に夢中になって放送を見ていたであろう元・幼女先輩たちの興奮具合は特に凄まじく、私の隣にもそうした人たちの一人がいたのだが、歌にもトークにもいちいち感激しまくっていて、横で見ていて微笑ましい気持ちになってしまった。
 誰でも、子供の頃に夢中になって見ていた作品は、一生心に残るものだ。そんな作品で、しかも歌が重要な要素であっただけに、これだけ多くの曲の数々を、生で聴けたのは本当に嬉しいことだったのだろう。
 もちろん、本放送時に幼女でなかった「大きいお友達」も、多数参加していた。それでも、元幼女の人の方が割合としては大きかったか。

 今回のライブは一年越しで準備されてきたとのことだが、期待を裏切らない素晴らしいライブになったと思う。
 あらためて、企画して下さった土屋実紀さんと、そして出演して下さった皆さん、さらには観客の元幼女先輩&大きいお友達の皆さんには、大いに御礼申し上げたい。
 今回は残念ながら来られなかったという人もいるだろうが、会場では20thに向けてのアンケートもとられていたので、もしかしたら5年後にもしかするかもしれない。もしその時が来たなら、今回同様に多いに盛り上がりたいものだ。今回は歌われなかった歌も聴けるかもしれないし。

 ひとまずは、皆さんおつかれさまでした。ありがとうございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「平成」時代...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。