はなバルーンblog

藤子不二雄や、好きな漫画・アニメの話がメイン(ネタバレもあるので要注意)

藤子・F・不二雄大全集『チンタラ神ちゃん』感想

2012-06-30 16:00:49 | 藤子不二雄
 25日に、藤子・F・不二雄大全集『チンタラ神ちゃん』が、発売になった。

 この作品は、以前に双葉社のパワアコミックスで単行本化されていたが、数少ない合作作品で今後復刊されないだろうと思われていたせいか、古書価が高騰して気軽に買えるような値段ではなくなっていた。
 大阪の国際児童文学館には「少年ブック」の本作掲載号が揃っていたので、別冊付録掲載の2話(「クルパー教」「チンタラスマスで祝おう」)を除いて一通り読んではいたのだが、やはりちゃんとした単行本で読むのとはわけが違う。そんなわけで、この全集版の刊行で、ようやく『チンタラ神ちゃん』をきちんと読む事が出来た。パワアコミックスでは収録順がメチャクチャなので、今回の全集で誰もがまともな順番で全話を読む事が出来るようになったと言える。

 それで、この作品の感想なのだが、いざ文章にしようと思うと難しい。とりあえず、つまらなくはない。実際、発売から5日間たった今日まで、既に何度も読み返している。言葉をどれだけ選んでも、「何とも言い難い面白さ」としか表現できない。
 この「何とも言えない感」は、本作が藤子不二雄両先生の合作による事に起因するのだろう。他の大部分の合作作品と違って、単に二人でキャラを描き分けているだけではなく、話によってはネームまで分担しているために、藤本テイストと安孫子テイストのギャグが入り乱れて、両先生の持ち味が渾然一体となった結果として、合作ならではとしか言えない味が醸し出されたのだと考えられる。
 その最たるものが、「クルパー教」だろう。「Neo Utopia」32号でも分析されているが、雷に打たれて神ちゃんが狂うまでは藤本先生、狂ってからは安孫子先生がネームを担当していると言われている。実際にこのエピソードを読んでみると、なるほど前半の理路整然とした話運びは明らかに藤本先生の持ち味であるし、後半の、話がどんどんエスカレートしていく展開は、安孫子先生の得意とするところであり、NUの分析は妥当だと言う事がわかる。
 この「クルパー教」は、後半の派手な展開を安孫子先生が担当されたため、どうしてもみんなでクルパーしている話という印象が強烈に残ってしまうが、これはこれで面白くて「藤子不二雄の合作」の一つの完成形と言えるのではないだろうか。欲を言えば、逆に安孫子先生が前半、藤本先生が後半(オチまで)を担当したらどのような話が出来るのかも読んでみたかった(私の読み込みが足りないだけで、そう言う話もあるのかも知れないが)。
 「クルパー教」以外でも、オチを安孫子先生が担当していると思われる話もいくつかある。「神ちゃんの大好物は…」「チンタラコマーシャル」「南の島で海水浴しよう」などで、これらは妙にしらけて唐突で捻りがない終わり方をしており、いかにもA先生っぽい。それに対して、例えば「神ちゃんハイキングへ行く」などは、オチが『ドラえもん』の「いやになったらヒューズをとばせ」とほぼ同じで、オチまで藤本ネームであるのがわかりやすい。
 他にも、細かいコマ単位で藤本先生っぽい、もしくは安孫子先生っぽいネタがあちこちに見受けられる。本格的に分析するとなると大変な作品だが、それだけに読み込み甲斐はある。両者の味が存分に見受けられる(必ずしもそれが成功しているとは言えないが)という点で、本作が一番合作らしい合作と言えるのではないだろうか。繰り返すが、不思議と何度も読み返したくなる作品なのだ。


 さて、感想としては前段落で終わりだが、今回の全集版を語る上でで避けて通れないのが、当ブログで何度も取り上げてきた「クルパー」問題だ。
 要するに、「クルパー」の言葉がこれまで自主規制で違う言葉に変えられてきたため、本作の「クルパー教」がどうなるかが問題だったのだが、意外な事に全く問題なく「クルパー教」のままで収録されており、本編中の「クルパー」もそのままだ。ここまで出来るのであれば、『ドラえもん』の「クルパーでんぱ」もそのまま載せて欲しかった。
 とは言え、これまでの「クルパー」と、今回とには大きな違いがある。それは、『チンタラ神ちゃん』が両先生の合作である点だ。つまり、藤子プロの一存ではセリフの改変などが行えないのではないかと推測される。しかし、やはり合作である『オバケのQ太郎』や『海の王子』ではセリフの自主規制が見受けられるので、正直なところ実情はよくわからない。あるいは、「クルパー教」のようにクルパーを連発して話の中心にあるのでは改変のしようがなく、自主規制の担当者がさじを投げた結果なのかも知れない。「クルパーでんぱ」の場合、「クルパー」はサブタイトルと本編に一回だけの登場なので、「おかしなでんぱ」でごまかしたのだとの推測が出来る。
 結局、考えても結論は出ない。理由はともかく、「クルパー教」がそのまま収録されたのは、実に喜ばしいことだ。


 ともかく、藤子・F・不二雄大全集もあと3ヶ月で第3期が完結する。今まで3年間、あっと言う間に経ってしまった。今の最大の関心事は、果たして第4期はあるのだろうかという事だ。4期がないと、未収録のまま埋もれてしまう作品群が、たくさん残されている。
 色々、難しい問題もあるのかも知れないが、一ファンとして無責任な立場で言うならば、ぜひ4期を出していただきたい。

最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2022-11-21 04:07:13
チンタラ神ちゃん、FFランドで出てるかと思ったら出てないんですね、けっこう意外でした。パワアコミックス版はサイトでも7-8000円するので諦めました。

やはり大全集が一番いいのかな…
チンタラ神ちゃん (おおはた)
2022-12-29 19:34:33
 『仙べえ』『チンタラ神ちゃん』あたりは藤子不二雄ランドで出ていそうですが、出ていないんですよね。
 パワアコミックス版はおっしゃるとおり8,000円くらいが相場ですが、大全集が出る前は、これの10倍くらいの値段が付いていました。
 収録内容的にも完全版ですし、「クルパー教」も改変なしなので、大全集がいちばんお勧めですね。
Unknown (Unknown)
2023-02-06 22:49:47
チンタラ神ちゃん、大全集で入手しました。
問題のクルパー教、想像以上にイカれてました、確かに前半がF先生で後半はA先生担当説はかなり信憑性ある気がします。
なんの意味もなく神ちゃんや信者となった人たちとただただクルパーするだけという無意味な展開、個人的に大好きです。

特にククルクルパロマー!がお気に入りになりました。
クルパー教 (おおはた)
2023-03-21 21:58:01
 大全集版の入手、おめでとうございます。
 「クルパー教」の両先生の担当分けは推測の域を出ないものではありますが、そう思いたくなるような内容ですよね。理屈抜きで踊り狂う展開はA先生がいかにも描かれそうです。
 本文にも書きましたが、この話が改悪されずにそのまま収録されて、本当によかったと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。