千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

映画「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」

2017年02月28日 | 芸術

「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発

なんだい、この題は。アイヒマンの後継者が、ミルグラム博士となっちゃうじゃないか。ふつうの日本語で読んだら。

有名どころ「悪の凡庸」アイヒマンを使いたかったんだろうか、題名に。わたしはミルグラム実験として知っていた研究。

博士の研究結果は恐ろしいものだが、「告発」ではないだろうが。などと題名、副題名だけで3行を使ってしまった。

ま、よーするに多大な関心を持って臨んだが得るところが少なかったので、荒が目立つと。ぷんぷん。

脚本も破綻しているし。実験に注目する憂慮するひとが増えるのは、よいことなんだけどもね。きなくさい時代ゆえ(現在進行形)。

Comment

「貝のうた」沢村貞子かきつづる 芝居と暮らし弾圧と貝 

2017年02月27日 | 詠む

「貝のうた」 沢村貞子 いろんなとこからでてる

戦前戦中戦後に女優として生きた彼女の記録。

左翼男どもと違って、真摯な彼女。尊敬。

55 大震災のときの朝鮮人 異端者狩り 57 地熱で火傷しそうになりながら逃げる

98 佐々木孝丸

128 無理やり結婚させられる

147 逮捕

157 同房にクレプトマニア

164 手記(自白書)を書かない 

165 29日の勾留 さらに29日勾留 そして2年近くを監獄に

181 地獄のあほう鳥

192 出てきたあとの「仲間」の対応に、留置場や独房よりも、みじめな気持ちに

Comment

「世界マヌケ反乱の手引書―ふざけた場所の作り方」 松本哉 筑摩書房

2017年02月26日 | 

世界マヌケ反乱の手引書―ふざけた場所の作り方 松本哉 筑摩書房

新宿の紀伊國屋書店で著者&ベルク店長&柄谷行人の鼎談を聞いてから、ずいぶんと経ってしまった。図書館は辛いよ。

33 逮捕作戦の項には笑ってしまった。

「こうなったらもう楽しむしかない」、なに、トイレットペーパーを溶かして固めてサイコロにする? 修学旅行と紙一重??

119 IRA やっぱり出てくるなー

121 老舗「模索舎」

Comment

死んだふり其の後は詐欺の義賊なり 悪漢退治「キム・ソンダル」と

2017年02月25日 | 詠む

「キム・ソンダル  大河を売った詐欺師たち

最初は戦闘場面。清の戦争に朝鮮人を人間の盾にする、朝鮮の悪徳高官。死んだふりして生き延びたのを切掛にした仲間。

鼠小僧次郎吉の詐欺師バージョンを、次々と繰り広げる。

将軍の名刀詐欺では、日本人の血がついてることで価値をあげ、値を釣り上げる。なるほど。

そして大河を売るのは宿敵、悪徳高官。みんなで退治するんだ。智恵を絞る。爽やかコミカル歴史もの。

主人公の青年は人気のひとらしい。除隊したから抜擢された経緯を知り、徴兵制あるんだなあ隣国。

Comment

泡あわわ泡ぶくぶくに癒やされる 四半世紀で初感覚と

2017年02月24日 | 詠む

スポーツクラブ。ティップネスで10年位上、東急オアシスで15年近く、合わせて25年を超える。

ひたすら30分を泳いできた。時計を睨みながら、サウナもシャワーも慌ただしい。

水着で入るジャグジーなんて、水素を避けて素通りしてきた。

職場が川口になり、通勤時間が半分になった現在。浴槽の泡ぶくぶく。あー、生き返る。といっても最長3分だが。

初体験の日々。

(水着姿を貼ろうとしたけど、自称・特定秘密だからゴーグル)

 

Comment

「凶悪」は上申書にて死刑囚 告発するよ更に凶悪

2017年02月23日 | 詠む

「凶悪 ある死刑囚の告発」 新潮45編集部 新潮文庫

上申書殺人事件、映画にもなってたんだ。知らなかった。びっくりん。←これ、まちがい。最終行を見てね。

まえに風間博子・死刑囚を地獄に引きずり込んだ夫に驚いたけど、世の中には「平気で殺人を続けるひと」っているんだなあ。

232 内妻と、その母。身元引受人と縁切り。壮絶な覚悟で告発する。

310 彼も獄中で短歌を始める。その後は絵画も。

314 似非「先生」は、無期刑に。奇跡的なことだ。前代未聞。しかし、起訴まで至ったのは1件のみ。ほかは闇の中。

358 坂根真也弁護士が水戸地裁での弁護人をしてたんだ。

解説は、佐藤優。雑巾一枚で看守と交渉する囚人の実話に感嘆。

引用リンクをチェックするために短歌ブログを遡ると、2012年に詠んでいた。新潮45だから、忘れてしまったのかなあ。

Comment

六巻め詐欺と共謀がらみだよ 「セオの事件簿」ジョン・グリシャムと 

2017年02月22日 | 詠む

「少年弁護士セオの事件簿 仮面スキャンダル」 ジョン・グリシャム 岩崎書店

中学生のセオたちは州の進学統一テストを受験。賛否両論あるなかで、教師達が詐欺と共謀罪で起訴されそうになる。こういうのって,日本の共謀罪にもあるかも。泰斗グリシャム我らを応援す、かもかも。

例によってセオの両親の法律事務所、70歳の受付秘書が張り切ってる。

そして恒例トピックス動物裁判は、カワウソ。日本の鯉が被害者。

Comment

「ホームレス ニューヨークと寝た男」 スタイリッシュな貧困映画

2017年02月21日 | 詠む

「ホームレス ニューヨークと寝た男」

ファッションモデル兼フォトグラファーの主人公如何にもニューヨーク的なカイル・イーストウッドのジャズ。

チラシの惹句、「自由を追求したら、家は必要なくなった」。勝手に宣伝するなよ配給会社。

違うだろ、アパート代が払えなくて屋上生活6年だろうが。

それを3年とったオーストラリア人監督、彼自身もファッション業界の関係者。

一見の価値あり。

Comment

共謀罪はんたい百人委員会 山下・斎藤・足立・海渡と

2017年02月20日 | 詠む

星山京子フェイスブックで見つけた。賛同、だん。

「共謀罪の創設に反対する百人委員会」設置についての提案にご賛同くださるかた、お名前と所属(肩書き)を書いて、メールをください。urugi616161あっとまーくyahoo.co.jp (あっとまーくを@に変えておくってください)
**
「共謀罪の創設に反対する百人委員会」設置についての提案

↑ 下線リンククリックでサイトに飛ぶよ

政府は、パレルモ条約の批准を名目として、「共謀罪」に変えて「テロ等準備罪」を通常国会に提出する予定です。報道されるところによれば、対象犯罪は676に及ぶとのことで、与党である公明党は、その数を少なくしようと主張しています。

「共謀罪」は近代刑法原則の一つである行為原則=侵害性の原則を否定するものであり、その導入は、実質的な刑法改正そのものです。対象犯罪数をいくら減らしても、その構造は変わりません。

安倍首相は、代表質問の答弁で、「パレルモ条約を批准できなければ、東京オリンピックを開けないと言っても過言ではない」と言い切った。これは、オリンピック開催を優先し、妨害となるテロ対策を推進しようというのである。

このように、現在、テロ対策を口実とした「共謀罪」創設の動きが強まっています。それを容認する世論が形成される前に、その危険性をアピールし、刑法原則を守る姿勢を鮮明にする必要があると思われます。

私たちは、山下幸夫編の「『共謀罪』なんていらない!?」(合同出版)を公刊しました。

上記の危機感を共有する皆様とともに、「共謀罪の創設に反対する百人委員会」の設置をしたいと思います。ぜひ皆様の力で、反対世論を形成しませんか。

言論、司法、刑事法研究者等各界から個人として参加していただき、委員会を設置したいと思います。そのうえで、政府寄りの世論が形成される以前に「院内集会」を開催し、反対世論の形成に努めたいと思います。

ご検討のほど、よろしくお願いいたします。
2017年2月

「『共謀罪』なんていらない!?」執筆者
  編者・山下幸夫(5章)
  斎藤貴男(1章)
  足立昌勝(2章)
  海渡雄一(4章)

Comment

五巻めも少年セオは活躍す 「逃亡者の目」ジョン・グリシャムと

2017年02月19日 | 詠む

「少年弁護士セオの事件簿 逃亡者の目」 ジョン・グリシャム 岩崎書店

中学生セオたちは首都ワシントンへ修学旅行。みんな働いて旅費を貯める、貧しい人のぶんも助けあう伝統。画一的な日本とは違うなー。

そういえば彼の母さん父さん弁護士だけど、彼らの法律事務所の受付秘書は70歳だもん。60歳で定年にしたり(前の職場)、65歳が上限(今の職場)とは全然違う(苦笑)。

大都会の地下鉄で、第一話の殺人事件逃亡者を見つけてしまうセオ。FBIも出てくるぞ。しかし、逮捕してないから隠れ家の家宅捜索令状ださないって、日本より「まとも」かも。殺人なのにね。

捕まった。殺人に逃亡が追加した裁判では、目撃承認が移民青年。そ、移民のひとたちの立場も出てくるんだ。中学生、小学生にも分かるように書いてある。

そうそう、前の巻にもあった動物裁判所も、出てくるよ。気絶ヤギ。

 

Comment

「イムジン河」物語とは封印を 解いていくなり喜多由浩よ

2017年02月18日 | 詠む

「イムジン河」物語 ”封印された歌”の真実 喜多由浩 アルファベータブックス

ザ・フォーク・クルセダーズのレコード発売中止は、60年代。微妙に記憶している。

その背景、その後を追ったドキュメント。力作。

---------- 目次 緑字は千恵子メモ ------------

はじめに 
❶ 騒 動
 朝鮮総連の抗議 
 お祝い記者会見から一転 
 総連の要求は「正式国名」 
 「政治問題絡み」は困る 
 早々と決まった発売中止 
 代作『悲しくてやりきれない』がトドメ 
 「悔しさ」と「諦め」と…… 
 ザ・フォーシュリークの『リムジン江』 
 フォークル勢も「対抗」 
❷ 誕 生
 原曲はソプラノ独唱曲 
 南を想ってつくられた 
 「時代」に合わず消えた歌 
 日本での復活 
 京都の街で運命的な出会い 80 映画「パッチギ」
 若者たちの心を一瞬でつかむ 
 南北統一を願う歌詞 
 「ビートルズに会わせてやる……」 
 『帰って来たヨッパライ』で「時の人」に 
 本命は『イムジン河』だった 
 満を持した第二弾シングル 

❸ 復 活
 キム・ヨンジャ、金正日からの呼び出し 
 大反響を呼んだ訪朝公演 
 「日本語」で歌える歌はあるか 
 金正日の別荘での秘密公演 
 彼は『イムジン河』を知らない? 
 「拉致被害者」の心を揺さぶる 140 蓮池薫
 本当に「放送禁止歌」だったのか? 
 解禁のきっかけになった紅白歌合戦 152 都はるみ
 再び金正日に無視され 
 作曲家・高宗煥との再会 
 小泉訪朝で「暗転」 

❹ 希 望
 世界的指揮者・金洪才の管弦楽『リムジン江』 
 生き別れた祖母との再会 
 「初演の再現」にチャレンジ 
 三国首脳の前で歌った歌手 
 母国・北朝鮮でも復活 
 ソウルの街角で耳にした「あの歌」 186 アジアのイマジン 川面に機雷が浮いている まだ戦争が続いてる
 映画「パッチギ!」で新たなブーム 188 JASRAC
 それぞれの『イムジン河』 
 日本で最も有名な「北朝鮮の歌」 

結びにかえて 202 産経新聞に半年間の連載

Comment

春眠に暁なしと昔いう 眠れないのは齢のゆえか

2017年02月17日 | 詠む

下の句。「齢」は、よわいと読んでね。

神経は使うけど頭脳は使わない仕事が多かったせいか、血の巡りを良くするために二十年来の水泳。30分間ほど身体を全体的に動かすと眠れやすくなるのだ。

だけど半年くらい前からか、夜に何度も起きてしまう。尿意のせいもある。定年退職策動の不安、実際に霜月には退職。清掃の仕事は手が荒れるし、介護の仕事は夜勤で体を壊すだろう。事務はパソコン睨むの苦痛だし、お先まっくらやみよと。

新年睦月からは、気持ち新たに法律事務所。埼玉県川口と近いのは楽。目覚ましは1時間遅い7時半で大丈夫。なにせ8時半にでれば余裕で出勤。しかし、パソコン多用で一気に視力が落ちた。

ともあれ,眠りが浅いのは困ったもんだ。仕事に慣れたら落ち着くのかなあ。

 画像は堀部宏ニ画伯の作品 「百合」

Comment

「最終陳述 歴史的裁判の勝訴を決めた説得術」 マイケル・S. リーフ 朝日新聞社

2017年02月16日 | 

「最終陳述 歴史的裁判の勝訴を決めた説得術」 マイケル・S. リーフ他 朝日新聞社

酒田芳人弁護士フェイスブックで紹介してたドキュメント。ランダムハウス講談社文庫からも出てる。

法曹向けの記録かな、説得術とあるから陪審員(裁判員)対策かなと思ったら、壮大な演説。すごい、すごすぎる。

60年代シカゴセブンの荒れる法廷。

原発会社を告発して殺されたシルクウッド事件は、メリル・ストリープ主演で映画にもなったよね。

歴史を動かした、少年の死刑事件。

マンソン・ファミリーによる凄惨な殺人事件。ポランスキー監督の家で女優シャロン・テートが殺された有名な事件。

30年後に黒人を暗殺した男が罰せられた経緯。

ヴェトナム戦争で民間人を虐殺した中尉の軍事裁判など、興味深い事件の最終陳述だ。

Comment

130年たちくるよ涙香の 裁判小説「人耶鬼耶」

2017年02月15日 | 詠む

裁判小説「 黒岩涙香 解説:池田浩士 インパクト出版会

なにしろ1888年、仏国からの翻案探偵小説。

黒岩涙香なんて後期高齢者だって知らないくらいの御仁だが、おもしろい。池田浩士が送り仮名とか丹念に工夫したからなのだが。

探偵小説、推理小説、ミステリー。違いに得心。

なんせ皇族まででてくるんだもん。ほー、皇族は殺人をしないってかと嗤っちゃったけどねー。

最後に「萬國死刑廢止協會」がでてくるのは、涙香ならではの展開。拍手。

Comment

訳詞した「インターナショナル」怪優は 佐々木孝丸★砂古口早苗

2017年02月14日 | 詠む

「起て、飢えたる者よを訳詞した怪優★佐々木孝丸」  砂古口早苗 現代書館

笠置シヅ子ルポを描いた著者は、インターナショナル訳詞者の俳優も調べてるんだ。

-------------- 目次 緑字は千恵子メモ ----------------

序章 敗北者の逃走 自伝では敗北者と書いてるけど、「転向」とは違うということか なんと誠実なひとだろう

第1章 大正の薫風 今の新劇は駄目駄目だけど、しっかり実験演劇やってたんだー

第2章 ああインターナショナル 佐野碩が訳詞と聞いてたけど、実は彼が最初に訳したんだ

第3章 昭和の暴風 共産党員でもない演劇人が弾圧される 仲間では佐野碩が転校して外国に逃げてった 滝沢某などたくさんのひとの転向

第4章 戦後娯楽映画脇役半生 脇役、悪役、月光仮面も見てみたいな

終章 怪優の陰翳 インターナショナルが出て来る映画も解説してる 「光の雨」の森恒夫が山本太郎だったと知ったわ

Comment