千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「オオカミのようにやさしく」お話は 身近になるな今日この頃は

2015年02月28日 | 詠む

オオカミのようにやさしく」 ジリアン・クロス 作 青海恵子 訳 岩波書店

テロリストの父を持つイギリス娘の話。

数年前に読んだときは遠い国の話だと思った。英国では20年以上前に行った時に地下鉄で「爆弾に注意」のアナウンスが流れていたっけ。

この頃は私闘予備・陰謀という古文書のような罪名によってジャーナリストが家宅捜索されたり、民間軍事会社(自称)武器商人の青年が斬首されたり、15歳の英国の少女がアイシスに参加するとか現実味を帯びてきている。

今朝のニュースでは、英国移民二世がジハーディー・ジョンとして特定されたと。

 

 

Comment

「フラガール物語」なり常磐の音楽舞踊学院50年

2015年02月27日 | 詠む

フラガール物語 常磐音楽舞踊学院50年史」 清水一利 講談社

映画「フラガール」は邦画だから見なかったが、裏面史いや正史50年を知ると感動する。

自前でダンサー養成で年間4億円かかる。ハワイからプロを呼ぶと1億円で済むが、そんなことはしない。もともと閉山になった炭鉱の家族を考えた常磐ハワイアンセンターなのだが、大激論になったそうだ。(133頁ほか)。

2011年の大地震、津波、原発事故、そして風評被害。二百日の長期休業でも「スパリゾートハワイアンズ」は社員の解雇者を出さなかったという。拍手。

講談師神田香織がいわき弁で語る「フラガール物語 常磐炭鉱余聞」も、観たくなった。

池田浩士の石炭の文学史を思い出して、感慨が深い。

--------------- 目次 -----------------------

第1章 東北にハワイを — 中村豊と二人の講師

第2章 スタートライン

第3章 冬の時代

第4章 映画『フラガール』を経て

第5章 東日本大震災と「全国きずなキャラバン」

付録 スパリゾートハワイアンズの挑戦 — ハワイアンセンター物語・常磐DNA

 

Comment

異世界の弁護士かつやく物語 ラノベKADOKAWA季菜こもちなり

2015年02月26日 | 詠む

「異世界弁護士 (バリスター)」   季菜こもち KADOKAWA

中学生の作文みたいな物語。これがライトノベルか。

正義をめざした検事が挫折し、異世界に行って弁護士として活躍する展開。

職務質問に対して、任意かどうか確認する場面は大事ね。

でた。証拠捏造で公務員特別職権濫用罪フロッピー前田とか有名になったからか。

-------------- 目次 --------------------------

 
Comment

アスファルト罅割れに咲く...けなげさよ 塚谷著「スキマの植物図鑑」

2015年02月25日 | 詠む

「スキマの植物図鑑」 塚谷裕一 中公新書

上の句で「けなげ」と詠んだが、実は「楽園」なのだった。

太陽ひとりじめの特等席。

アスファルトが乾燥を防ぎ、雨はまっさきに流れてくる。

Comment

イラクへとよたび出動そげき手の あわれなまつご「アメリカン・スナイパー」

2015年02月24日 | 詠む

映画「アメリカン・スナイパー」

精緻な愛国映画。病んだ米国の兵士群像スパイスが、効いている。

プロデューサーてもある主役ブラッドリ^・クーパーは、160人を殺した米兵役。そして心優しい父親役は、20キロ増量して臨んだそうだ。

監督のクリント・イーストウッドは、美しいメロディを作曲している。

極東の属国の住民としては...最後の一人いがいの米国人が、みんな善人。かたや、アルカイダの狙撃手は凶悪なうえ精神異常者みたいに描かれているのが気になる。

Comment

乱歩賞「よろずのことに気をつけよ」 川瀬七緒の呪いものなり

2015年02月23日 | 詠む

「よろずのことに気をつけよ」 川瀬七緒 講談社

2011年の江戸川乱歩賞、受賞作。

呪いの専門家よろず、でてくる。

18歳の少女、真由の成長譚でもある。

Comment

ブックレット「イスラム・ヘイトか、風刺か」は 第三書館ならではなのか

2015年02月22日 | 詠む

イスラム・ヘイトか、風刺か ― Are you CHARLIE?」 第三書館

このチラシ自体が侮蔑的なんだけどなあ。

2010年には公安流出のイスラムデータ、まんま出した第三書館。現代書館本に警察批判があるやつ。

今回は、ムハンマド(教祖)モザイクがかけられている。

足立正生監督の文章が良い。

>初版は3千部だが「取次の配本がなく店頭には置かない」(紀伊国屋書店)「要望があれば取り寄せるが、店には置かない」(三省堂書店)との声が相次ぎ、店頭に並ぶ例は少なそうだ。(共同)

ほとんど書店に並ばないらしい。自粛する書店か。

Comment

強姦の被害者ふたり子や孫も アイスランドの「湿地」なり

2015年02月21日 | 詠む

「湿地」 Reykjavik Thriller アーナルデュル・インドリダソン 東京創元社

この頃の北欧ミステリーは秀逸なものが多い。アイスランドもの。

強姦の被害は、めぐりめぐって子どもや孫にも及ぶ哀しい物語。

警察小説なのだが、刑事と娘の掛け合いに味がある。

Comment

城崎さん獄から獄へ...ぐるぐるだ 米国の地から属国日本と

2015年02月20日 | 詠む

 日本赤軍の容疑者、きょう逮捕へ 米国から帰国予定 朝日新聞2月20日

>服役中の77年、日本赤軍が日航機を乗っ取って拘束メンバーの釈放を求めたダッカ事件で、政府の「超法規的措置」で釈放され、日本赤軍に加わった。

日本赤軍って、もうないんじゃないの? あ、過去形だから日本語としては正しい??

>ジャカルタの米大使館が砲撃された事件に絡み、98年2月に米連邦地裁で禁錮30年を言い渡され、米国の刑務所に収監された。今年1月、釈放され、収容施設に移っていた。

先月、釈放されってこと? 入管施設に入れられてたの??

>現住建造物等放火未遂の疑いで同日中に逮捕する。

裁判員裁判?

救援連絡センター機関紙「救援」

Comment

ノルウェー福祉施設の諸相なり アンネ・ホルトの「悪魔の死」むざん

2015年02月19日 | 詠む

「悪魔の死」 アンネ・ホルト 集英社文庫

20年ほど前に、ノルウエー元法務大臣の書いた「女神の沈黙」を読んだ。

主人公はレズビアン。女性と同居しているが、親しい同僚にしかカミングアウトしていない状態。このたび警部となった第三弾。

児童福祉施設の女性所長が殺される。子どもと職員たちの様相。

最後は、うーむ。

Comment

アンデスの伝統楽器いろいろと ラテンアメリカ探訪なのよ

2015年02月18日 | 詠む

会報や郵便連絡なくメールのみのせいか、400円という嬉しい会場費。

そのうえ秋葉原だと定期券で行ける、うれしい。

文化、音楽、料理と多様な面からの発表を続けている企画。

------------------------------------------ 以下、転載

第128回ラテンアメリカ探訪

「音、モノ、つながり

多様なるボリビア・アンデス伝統楽器の世界」

南米の国、ボリビアのアンデス地方には、豊かな音楽文化が存在しています。

その魅力のひとつは他の地域になかなか類を見ない多種多様な伝統楽器の存在です。葦の笛ケーナ、小さな弦楽器チャランゴ、丸太をくりぬいてつくるボンボなどを初めとして、その数は数百種類に上ると言われています。

これらの楽器は、美しく力強い音楽を奏でる道具であると同時に、人々の生活実践を反映し、社会関係を創り出していく媒体としての役割も担っています。

この発表では、実際の楽器の演奏なども交えながら、ボリビアの伝統楽器の魅力やその社会的な背景について、余すことなく皆さんと語り尽くすことができればと考えています。

アンデスの音楽は聞いたこともないという方から、ボリビア音楽を長年アクティブに演奏・研究されてきた方々まで、様々な方の参加をお待ちしています。 

発題= 相田豊 (東京大学大学院)

日時=2015年2月23日(月)午後7~9時

会場=千代田区和泉橋区民館5階洋室D
https://plus.google.com/115185897511989913373/about?gl=jp&hl=ja
JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡っ て右折。書泉ブックタワー隣り。駅から徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを 目指せば、すぐわかります。

会場費=400円

メキシカン・ガールズ・モード オアハカの衣装がわたし

Comment

「モルデカイ」髭はヴァジャイナ連想か? あそこと訳す字幕版なり

2015年02月17日 | 詠む

清く正しく美しいわたし(自称)なのだが、ろくでなし子ちゃん逮捕事件いらい「まんこ」に過敏反応するようになってしまった。

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

ジョニー・デップ扮する詐欺師もどき美術商「モルデカイ」。自慢のチョビ髭は、高貴な妻グウィネス・パルトローにヴァジャイナみたいと言われてしまった。ヴァギナみたいだと。

キスを拒否されてしまうのだよ。髭アレルギーで。

さて、ヴァジャイナ。

どう訳するのかと思ったら、「あそこ」。

あそこ、ねえ。

Comment

いっしんに思いつめたる八恵さんは 娼婦かなしや「飢餓海峡」

2015年02月16日 | 詠む

映画「飢餓海峡」

水上勉の原作は素晴らしい。

パギやんの声体文藝館は、映画からのもの。

やっと午前十時の映画祭で見られた。

連太郎が主演。前半は間抜けな大男、後半は尊大な成金。

力演は、娼婦の左幸子。けなげさが哀しい。

もともとは3時間を超える映画だったんだ内田吐夢監督。東映が無断カットしたのに抗議し、クレジットから名前を外すよう要求し退社。

戦後すぐのデモ映像に、革命歌インターナショナルが流れる。

でも一番よかったのは原作だな。細かい描写が貧困を抉る。

 

Comment

動き出す秘密保護法シンポだよ 弁護士会館17日と

2015年02月15日 | 詠む

弁護士会のって無料なのが嬉しい。貴重な資料付きだったりする。

今回は会場費が書いてないけど。

------------------------------------ 以下、転載。

動き出した秘密保護法

検察、裁判所にこの法律の暴走が止められるか?

2015年2月17日(火)午後6時~午後8時30分

弁護士会館2階クレオA
千代田区霞が関1-1-3 東京メトロ「霞ヶ関駅」B1-b出口直結 地図

基調講演

 「売国」と特定秘密  真山仁氏(小説家)

パネルディスカッション

【パネリスト】

 真山仁氏

 原田宏二氏(元北海道警察釧路方面本部長)

 常岡浩介氏(フリージャーナリスト)

 堀敏明弁護士(東京弁護士会秘密保護法対策本部本部長代行)

【コーディネーター】

 清水勉弁護士(東京弁護士会秘密保護法対策本部委員)

主催:東京弁護士会 人権課  TEL:03-3581-2205

2014年12月10日、これまで日弁連を挙げて反対してきた秘密保護法が施行されました。秘密保護法関連の捜査は、警備、公安警察が主導して行われることになるでしょう。社会的影響が絶大なだけに、警察は、捜査開始から終結まで、地検、高検、最高検と打ち合わせをしながら進めることになるでしょう。果たして検察は、警察が暴走したときにブレーキをかけられるでしょうか?また、令状裁判官はどうでしょうか?

このシンポでは、特定秘密保護法が施行され「事件」が発生する状況を生々しく描いた小説「売国」の著者、真山仁さんに基調講演をお願いし、併せてイスラム教徒個人情報収集事件や「イスラム国」捜査などから、秘密保護法違反事件捜査の危険性や問題点を考えたいと思います。


Comment

とつぜんに勾留されたらどうするか 「おしどりとりどりえりすぐり」かな

2015年02月14日 | 詠む

おしどりマコケン、原発反対の女集会のときに感動した芸人さん。

なんと! こんな企画があったとは!!!

救援連絡センター運営委員としては要チェックだ。

---------------------------------- 以下、転載。

第8回おしどりとりどりえりすぐり  「突然勾留されたら!」

【日 時】 2/14(土) 開場18:30 開演19:00

【出 演】 おしどり恩田えり

【ゲスト】 橘家文左衛門

 【会 場】 光塾 COMMON CONTACT 並木町

      渋谷区渋谷3-27-15 光和ビル地下1階

 【料 金】 前売 2,500円 当日 2,800円

 【ご予約&お問い合せ】 mongolbrazil@excite.co.jp



Comment