千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「雲と火の柱」なにそれ此れは地下生活者手記 高井戸政行

2019年01月31日 | 詠む

「雲と火の柱-地下生活者の手記   高井戸政行  上方文化研究所

このまえ、びっくりこんのアーカイブ「地下潜行」を貫いた ふたりのバラード高田武と詠んでしまったので、真面目なわしは関係書を詠むと。

なんせ本が無いので、国立国会図書館から来た。いぜんは千葉や新潟の図書館から借りたときもあったけど、よーするに無いのね。

で、ちょーロマンチスト。そうでなければ青春の20代から40代まで潜ってられないよね。

アルバイト、正社員に抜擢されそうになると逃げる。住民税とかでの追跡を防ぐため。下層労働者群像が、なまなましい。金属片が飛び散る工場で、マスクなしで働くとか。

90年天皇決戦って、なにそれっと思ったが迎賓館とかだ。少し考えて想い出した。革労協よりはましだけど、なんかねーと思った攻撃だったっけ。

貴重な記録だ。

Comment

「2・10街頭演説会in埼玉」 福島みずほ仲村未央と

2019年01月30日 | 詠む

福島みずほ ツイッターで見つけた、沖縄県議との演説会にゃん。   --- 以下 転載

2月10日(日)13:30から14:30まで南越谷駅南口・新越谷駅東口通路で、

15:30から16:30まで浦和駅東口で、

仲村未央さん(参議院比例予定候補者・沖縄県議会議員)を招いて、

2・10街頭演説会in埼玉」を行います。皆さん、是非ご参加下さい!

(福島みずほ参議院議員と...労働組合・旗びらき)

 
 
Comment

「でっちあげ」刑事事件じゃないけれど 殺人教師!?福田ますみと

2019年01月29日 | 詠む

でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相  福田ますみ 新潮社

でっちあげと題しているから刑事事件かと思ったら、違う。

2003年の福岡、「殺人教師」とまで報道された小学校の教員。処分があっても、まだ足らず。小学4年生の親は、民事裁判まで起こす。百人もの弁護士がついて。かたや被告にされた教員は弁護士なし。やっとこさ2人の弁護士がつく。

そして、しだいに判明したモンスターペアレンツ、学校、教育委員会、マスコミの実態。いやはや恐ろしいノンフィクションだ。

単行本では1審の判決まで。文庫本の最後に、その後が書いてある。

Comment

ピフィラティス其れは秘密の合言葉? ひらりん想い交差点でGO!

2019年01月28日 | 詠む

うちの可愛い平井くん。ときたま、おしっこ「おもらし」してたんだよお(特定秘密)。そのくせ、おむつ買ってきても絶対に使わない。

わしがきれいにしてたけど、でもでも「わし」が遭遇したら? そうならないように、あれこれ研究ちゅう。だって世話してくれる愛人、いないからね(涙)。

 尿漏れが気になるなら。5分で即効のエクサ!

多くの人に最も効果があった ランジ  これやってみよう。

というので、時間のないわしは交差点で待つたびにやってみる。たぶん、わしのブログを見るひとは少ないので「尿漏れ体操」やってるとは思わないはず(願望)。

海のなかなら、おしっこしても大丈夫なのにねえ。お魚になりたいなー。

「シェイプ・オブ・ウオーター」とは美しく 儚い愛の物語なり


Comment

とりしらべ問題だよね 研究ぞ「今市事件」一木弁護士

2019年01月27日 | 詠む

救援連絡センター主催なんだけど、サイトに載ってないや。

取調問題研究会

2月2日(土) 13時半~16時半

新橋・港区生涯学習センターばるーん・304学習室
(港区新橋3-16-3)新橋駅烏森口歩1分

一木明弁護士(栃木県弁護士会・今市事件弁護人)

コーディネーター 大口昭彦弁護士

参加費 500円

主催:救援連絡センター 電話番号 03-3591-1301 さあ極入り意味おーい

参考 刑事司法を考える 第5巻 「裁判所は何を判断するか」 岩波書店

木谷明弁護士、18頁


Comment

「泪橋ホール」できるよ山谷の地 クラウドファンディン始動ちゅうなり

2019年01月26日 | 詠む

なにやら老人には片仮名は苦手。モーション・ギャラリーって、なんだいね。

クラファン?? 難しいけど   とりあえず転載してみる

山谷に娯楽を!
昭和の古き佳き映画を安価で見れる映画喫茶 『泪橋ホール』

初めまして!「泪橋ホール」店主の多田です。高度成長期、東京オリンピックすぐ後、繁華街浅草の街で生まれ育った私にとって娯楽は大切なものです。賑やかな浅草から近いというのに山谷は寂しいところです。昔は労働者の街、今は福祉と外国人旅行者のための安宿として親しまれ、私も深い結びつきのある街「山谷」で、古き佳き昭和の映画を映画館に行けない人でも見られる映画喫茶を開きます。

『泪橋ホール』という名の、店のわりには小さい喫茶店です。でも古い映画以外にドキュメンタリーや色んなジャンルのライブパフォーマンスもあり、なんと喫茶店なのに餃子が食べれます!!!『泪橋ホール』は映画と餃子の喫茶店として今年2019年2月9日オープンします。

明治通りと吉野通りの交差点の「泪橋」から20m位。浅草寄りの吉野通り沿いに作ります。今は橋のない名前だけの「泪橋」ですが、江戸時代、近くにあった小塚原刑場に連れていかれる罪人が、ここで今生の別れで泪を流したところと言われてます。悲しみがしみついたここで、ひと時でも、生の喜びや可笑しさをかみしめられ、共有できる時空間『泪橋ホール』になれれば最高です。

 

Comment

「毒婦」じゃないのさ 眞須美さんLOVE!

2019年01月25日 | 

「毒婦」じゃないのさ   眞須美さんLOVE!

「毒婦」という題名にどきり。副題に「和歌山カレー事件二十年目の真実」とある。わが心妹に関する本である。田中ひかるの著。

逮捕前の自宅を取り囲む報道関係者たちにホースで放水している姿が何度も報道されたよね。その背景について、夫はこう言っていると。

「カレー事件のあと、マスコミがウチ囲んだでしょ。夜中もずっといてるから、蚊にさされたらかわいそうだと思って、キンチョール持っていってやったりしたんですよ。」そうだよね、めだちたがりの、おひとよし夫婦ってかんじ。

「それなのに、とりもちつけた棒で郵便受けから郵便抜き取ったり、塀に梯子かけて二階の子ども部屋の写真撮ったりされて。」そりゃひどいよね。学校に行けないぞって教育委員会の声明も出たくらいだもん。

「そんとき私、体が不自由やったから、眞須美に『あいつらのぼせ上がってるから、記者会見する言うて集めて、上からいっぺん頭冷やしたれ』て命令したんですよ。」ん、命令か、よーするに夫が指図したんだ。

「以来、眞須美といえば、あの放水の絵が使われるでしょ。いかにもカレーに毒入れそうなおばはんの絵ですよね。」そりゃそうだ。腐れマスコミの、使い回し画像。けっ!

   !  !  !
このくだりは、涙なくして読めない。

一人の刑事が「やりました」の五文字を書けと言って、座っている私の左腕を思いっきり殴ってきた。私は殴られたとき目が覚め、立って右手をぐうにして、思いっきり刑事の左のほっぺたを殴り返してやりました。向かいにいてた他の刑事は、殴り返したことにとても驚いていた。

私を殴った刑事は、私に殴られたことで刑事のプライドがとても傷ついたことを理由に、激しく暴れて、そこらを蹴とばして出ていきました。私のことを「殺しちゃろか」というので、「根性あるなら、今ここで殺せ」といってやりました。

他の二人の刑事は、私に、「ええ根性した女やなあ」といってきたけれど、私は四人の子どもがいたからとても強く三カ月おれました。最後の方には無理矢理ボールペンで「やりました」と書かされそうになったことも何度も何度もあった。

そう、必死に黙秘を貫く彼女。

ちょうど十年前、死刑が確定して逢えなくなるので急に、大阪拘置所に接見に行った。最初で最後の対面。ピンクの服を来て元気に話してた。星になった平井くんの最後の旅行でもあったのさ。がんば!

「毒婦  和歌山カレー事件二十年目の真実」 田中ひかる ビジネス社
  

Comment

「ペコロスの母に会いに行く」んだよ 岡野雄一まんがと文と

2019年01月24日 | 詠む

「ペコロスの母に会いに行く」 岡野雄一  西日本新聞社

認知症の母、彼女の娘時代も含めて人生を考えさせてくれる作品。

長崎の地域漫画。原爆も少し描かれるが、造船って軍需産業なんだなあというのも感じた。

ほかの作品「みつえばあちゃんとボク」などなども読み進めている。2月は埼玉会館で映画みるにゃん。

Comment

南京の大虐殺を忘れまじ 見せしめ弾圧ゆるすまいぞと

2019年01月23日 | 詠む

南京虐殺の映画を見たとき、皇軍の暴虐に対して「ナチ党員のシーメンス南京支社長」!までもが民衆の生命を守るため奔走する姿に驚いた。

最低の日本が、またもや最低のことを続けるのを許してはならない。---以下 転載

靖国神社での抗議行動は正当だ!
東京地裁は直ちに2名の勾留を解け!
公判闘争を支援しよう!

2018年12月12日、靖国神社外苑で、2人の香港人の男女が「建造物侵入」の容疑で逮捕された。

男性は、「南京大虐殺を忘れるな 日本の虐殺の責任を追及する」と書かれた横断幕を広げ、日本軍国主義、南京大虐殺、靖国神社A級戦犯合祀に対する批判のアピールを行った。女性は、男性の抗議行動をビデオで撮影していた。抗議を開始してまもなく、靖国神社の神門付近にいた守衛がやめるように言ってきたので、男性が立ち去ろうとしたところ、複数の守衛が2人を取り押さえ、警視庁に引き渡した。

2人はそのまま逮捕・勾留され、さらには12月26日に起訴されてしまった。その身柄は今なお警察署の「代用監獄」に留め置かれている。1月15日の弁護団による保釈申請に対しても裁判所はこれを却下。2人はすでに1ヶ月以上も勾留され続けているのだ。

「人質司法」といわれる日本の刑事司法のありかたは、内外から多くの批判を浴びている。今回2人は、「正当な理由なく靖国神社の敷地内に侵入した」建造物侵入という罪状で起訴された。だが、外苑は誰でも自由に出入りできる場所だ。仮に有罪となったとしても微罪であるのに、今回2人に対して加えられている逮捕、起訴、長期勾留という事態は、まさにアジアの人びとが、靖国神社において公然と抗議行動をおこなったことに対する「見せしめ弾圧」であったと言わざるを得ない。この強硬な姿勢が、安倍政権においてより顕著になっている歴史修正主義、国家主義の強権的姿勢と無関係であるはずがない。

抗議のアピールが行われた12月12日という日付は、1937年12月13日の日本軍による「南京陥落」の前日である。この日を前後しておこった、日本軍による膨大な中国市民の虐殺=「南京大虐殺」の歴史的事実を、日本の右派および右翼政治家は一貫して矮小化し、実質的に否定しようとしてきた。また香港は、アジア・太平洋戦争のさなか、3年8ヶ月にわたって、日本の軍政下に置かれた地である。日本政府は、戦後一貫して侵略戦争被害者への謝罪も補償もしないばかりか、歴史的事実を転倒させ、東アジアの平和を求める動きに逆行し続けてきた。このような日本政府のあり方を、中国やアジアの民衆が強く糾弾するのはまったく当然のことである。男性は、歴史問題に関する自らの意思の表現として、この象徴的な場所で抗議行動を行ったのだ。それが靖国神社に立ち入った「正当な理由」でなくて何であろうか。

逮捕された女性は、市民記者として、男性の抗議行動を記録していた。それが、男性と共謀の上「侵入」したとして罪に問われたのである。これは明らかに、報道の自由に対する不当な介入でもあると言わなければならない。

私たちは、この日本社会に暮らすものとして、彼らの行為が提起したことの意味を受け止めながら、剥奪され続けている2人の人権を回復し、彼らを被告人として3月から開始される裁判闘争を、香港の友人たちとともに支えていきたいと考える。

本事件に関する注目と司法権力への監視を。3月公判への傍聴支援を。そして2人の裁判闘争を支えていくためのあらゆる支援とカンパを訴えます。

12.12靖国抗議見せしめ弾圧を許さない会
〒105-0004 東京都港区新橋2-8-16 石田ビル5階 救援連絡センター気付
mail: miseshime@protonmail.com
振替口座:現在口座開設準備中

*暫定措置として、「12・12靖国抗議弾圧救援」と指定のうえ、救援連絡センターに送金してくださって大丈夫です。
郵便振替 00100-3-105440 救援連絡センター

★ 法廷期日:3月7日(木)10:00〜、3月19日(火)10:00〜
ともに、東京地裁429号法廷

「ジョン・ラーベ」南京の民すくうため 尽力するはナチ党員

 

Comment

福岡の市民Qなり素晴らしい 応援メッセ5行の巻と

2019年01月22日 | 詠む

福岡市民救援会から、総会メッセージ依頼がきたにゃん。

去年は長文ラブレターだったけど、ことしはシンプル5行。

-----------------------------------------

くおかの救援会は、日本一。桃太郎より偉いだよ。

じけず電話してみよう、24時間おーけーさ。携帯当番あるもんね。

かみに抗議、ちゃんとする。辺野古への県警派遣に監査請求、そして住民訴訟だ。

んなま弾圧、治安弾圧。ゆるさない。たたかう労組おうえんするぞ。

Qえんだいじ。きょーぼー罪、せんそー法。いやなもんだい。人権まもる。

-----------------------------------------------

福岡市民救援会第7回総会
2019年2月24日(日)14:00開会
 ももちパレス 特別会議室 (詳しい場所はチラシ裏)
総会記念講演に、関西地区生コン支部
武谷新吾書記次長 来福!
「関生弾圧は改憲に向けた治安弾圧だ!」

福岡市民救援会は、2013年結成以来、毎年の総会で、1年間の活動報告と記念講演を行っています。2019年もぜひ、ご参加ください。さて、少し前を振り返ってみましょう。

2016年は、沖縄・高江の米軍ヘリポート基地建設に全国各地から機動隊が派遣され、沖縄で大弾圧がありました。福岡県警からも機動隊が派遣されたことで、福岡市民救援会は県警への抗議行動を呼びかけ、その後、監査請求を経て、住民訴訟に発展しました。その裁判は現在進行形です。

2017年には、沖縄弾圧を継続しながら、東京で経産省前テント弾圧、反五輪デモ弾圧、埼玉で「白タク」弾圧、福岡でも「軽乗用車リース詐欺」弾圧など市民運動や特定党派を狙った弾圧が多くありました。そして、福岡市民救援会でも共謀罪法制定阻止の運動に激しく取り組んだ年でした。

しかし、2017年11月に人民新聞社編集長が逮捕され、2018年には、連帯ユニオン関西生コン支部(関生)への弾圧があり、関西への弾圧が際立ってきたのです。関生は、以前から関西広域の企業の不正に対して告発を行い、是正に向けた闘いを行ってきた労働組合です。また、沖縄・辺野古新基地建設反対運動や原発再稼働反対、戦争法・共謀罪・憲法改悪阻止などにも積極的に取り組んでおり、ネトウヨや、ヘイト・レイシズムからの攻撃を受けていましたが、この関生への弾圧は熾烈を極めており、すでに40人ほどの逮捕者(再逮捕含む)が出ています。これは、改憲をもくろむ安倍政権が、原則的に闘う労働組合を潰すための大弾圧なのです。

福岡市民救援会は、2019年2月24日の第7回総会の記念講演として、「関生弾圧は改憲に向けた治安弾圧だ!」と題した講演を企画しました。しかし、次々と逮捕されていく関西生コン支部の仲間たち、お願いしていた講師も逮捕されてしまい、一時はどうなることかと気を揉みました。

しかし、武谷新吾書記次長が、講演を引き受けて下さいました。関西から遠く離れた福岡で、関生弾圧についての講演をする意味は大きいと思います。全国から、この弾圧への抗議の声をあげていきましょう。多くの参加をお願いします。

逮捕されたら、逮捕されそうになったら、090-2396-1374 福岡市民救援会
福岡市東区箱崎3-33-10-402  福岡地区合同労働組合気付 電話 092-651-4816

 

 

 

Comment

パートナー亡くしてからの生き方か「没イチ」なるは...小谷みどりと

2019年01月21日 | 詠む

自宅での突然死。

みどりさんとこは、刑事が二人きて名刺を出して云々かんぬん紳士的。うちとこの、警察どやどや6人きやがって取り調べ風と違う。うらやましいなーと思ったが、その後の展開が全然!違った。

なんと愛する彼は警察に連れ去られ、みどりさんたち出頭させられ、警察署の死体チェックでは終わらずに監察医務院で切り刻まれ、内臓は5年保存だけど通知がないから勝手に捨てられた?

葬儀の参列者には、首に切り傷があるから「自殺したのでは?」と思われるという小林多喜二も真っ赤な展開。

あちゃちゃー、それに比べたらうちの平井くんは大嫌いな警察にも行かず解剖もされなかったから、よかったのかも。へへ-、わしの熱血&涙愛らぶ。警官も同情してたくらいだ、けけっ。

本書で学習したのは「リヴィング・ウイル」

遺言で全財産を永山こども基金で安心してたけど、これも重要。延命治療やだ、緩和治療だよって伝えておかなくちゃ。あ、でもどうせ意識ないから...どうでもいいか?

すでに横須賀市は、そーゆーのやってる。えらい。たぶん数年以内に広まるだろうけど、わしが呆けないうちに浦和でもやってほしいにゃん。

----------------- 目次 -------------------

第一章 目覚めたら夫が死んでいた――没イチになった私
「やっぱり私がヤッたのか?」
抜け殻の遺体に初めて涙が流れた
「あなたを無駄死にさせないからね」
慰めがプレッシャーになるとは!
死別を受け入れる過程は人それぞれ

第二章 「没イチ会」誕生!
きっかけは講義後の飲み会
見つけた居場所と仲間に助けられて 庄司信明さん
体の一部がもぎ取られたような喪失感を経て 矢島元子さん
出会いの地、そして妻が眠るタイへの思い 池内章さん
妻の死と両親の介護の窮地を乗り越えて 佐藤勇一さん
マイナスだけでなくプラスに目を向ける 岡庭正行さん
「どうにかしなきゃ」という気持ちに突き動かされ 三橋建一さん

第三章 没イチを生きる知恵
夫亡き後の私の生活
「その後」の生活をどう立て直すか
配偶者の死をどう受け入れるか
配偶者亡き後、親族とはどう付き合うか――増える「死後離婚」
没イチの再婚を考える
万が一のためのリスクヘッジ

第四章 今日からでも知っておくこと・できること
夫が先か、妻が先か?
自活できるかどうかが分かれ道
やはり挨拶が基本の「き」
「遠くの親戚より近くの他人」
友達作りがヘタな日本人
自己アピール力を上げる
会話のキャッチボール、できますか?

第五章 没イチこそ終活
「自立できなくなった時」の備え――介護サービスについて
「自立できなくなった時」の備え――住み替え・施設入所
「自立できなくなった時」の備え――「もしもの時」を託す契約
「自立できなくなった時」の備え――お互いに「共助」できる環境を
家の片付け――自分の死後の始末も含めて
相続財産――「財産なんて無い」と思っていても必ず起こる相続問題
終末期から死後の希望を誰に伝えるか――必ず意思を伝えておく
終末期から死後の希望を誰に伝えるか――自治体の取り組みも
お葬式のこと――自分では取り仕切れないから
お墓について考える

 
Comment

国家主義ビジネスファースト止めてくれ オリンピックは誰のためなの?

2019年01月20日 | 詠む

 五輪がらみのニュースが、ごりごりくる。だから、行く。----- 以下 転載

1月27日オリンピックを問う!

誰のためのスポーツなのか〜市民参加への道

おはなし 谷口源太郎さん(スポーツ・ジャーナリスト)

オリンピックに代表される象徴されるエリートスポーツではなく、年齢や性差、身体能力のいかんにかかわらず、誰もがのびのびと体を動かすことができる地域に根差した市民スポーツの普及こそ、わたしたちのめざすべき改革への道ではないか。画期的とされた西ドイツ時代の「ゴールデン・プラン」を題材に、国家主義とビジネス・ファーストにまみれた現代スポーツを、私たちの側に取り戻す道を探るための学習集会です。

日 時:2019年1月27日(日)13:30(13:00開場)
場 所:小石川運動場・2階会議室(文京区後楽1-8-23)
交 通:飯田橋駅(大江戸線C2出口3分/メトロB1出口・JR東口7分)
    (警視庁遺失物センター隣)
資料代:500円

略歴:1938年、鳥取市生まれ。講談社、文芸春秋の週刊誌記者を経て、フリースポーツジャーナリスト。著書に「日の丸とオリンピック」(文芸春秋)、「スポーツを殺すもの」(花伝社)、「スポーツ立国の虚像」(花伝社)など。マスコミ九条の会メンバー。

★2020東京五輪災害おことわリンク
info(a)2020okotowa.link (@に変えてください)

12の問いから始めるオリンピック・パラリンピック研究

Comment

池袋トラブルシューター最新作  いいねで死ぬな「7つの試練 」

2019年01月19日 | 詠む

「7つの試練  池袋ウエストゲートパークXIV 石田衣良  文藝春秋

シリーズ第14弾。こんなになるのか、わーお。

題名の最後。はっきり言って、ローマ数字に親しくない生活を半世紀なので、指を折って数えてしまった。足し算じゃないんだから、指あれこれしても意味ないんだけどね-。

池袋の八百屋、シングルマザーと交代で店番20代。たぶん恋人いない。パソコン嫌いだけど、電脳使いに友達あり。あらためて親近感わいてきた。えっでもわし、還暦オーバーなんだけど。うー、勝手に同じ条件を並べてるだけか。(でも、マコトもタカシも途中から歳とらなくなったんだよ、ずるい)

例によって、連作短編集。さらりと沖縄の貧困をいれるとこなんか、時代とともに進む小説。

4作目の最後が表題作の「7つの試練」。「いいね」で死ぬな、殺されるな。この括弧って、ほかにも当てはまるね。安倍とか天皇とか。

Comment

ソロライブ初体験だよ大宮で 松本ヒロだ26日と

2019年01月18日 | 詠む
Comment

堀和恵「管野須賀子」の火のように 生きるさまなり評伝の巻

2019年01月17日 | 詠む

「評伝 管野須賀子 ~火のように生きて~」 堀和恵  郁朋社

30年ほど前に読んだ瀬戸内の小説「遠い声」、その後「飾らず、偽らず、欺かず 管野須賀子と伊藤野枝」 田中伸尚 岩波書店とか、気になっていた女。

なにせ教養のないわたしには、百年前の文が読めないの。だから彼女の獄中記とかも直接読めないのが辛かった。過去形でなく、今もそうだが。

「獄中の寒村をすてて、秋水のもとに走った」こーいうのってホモ・ソーシャル男どもには許せないんだろうな。それとか「秋水をたぶらかして正妻を追い出した悪女」とかさあ。なんで女が自分で考えると、行動すると、よってたかって悪口雑言ふりまくんだ! 左翼&国家権力!!

ひどい噂をたてられ名誉を踏みにじられた、彼女の実像を丹念に追った本。拍手。

------------- 目次 緑字は千恵子メモ ----------------

第1章 没落士族の娘

第2章 地方新聞『牟婁新報』で育つ ジャーナリストとして、ちゃんと仕事してる 和歌山での「娼館建議案」反対の筆陣

第3章 権力に弄ばれて 涙なしには読めない けれど風呂屋に行く途中で、ぶったおれる-尾行刑事がおぶって平民社まで運んでくるって...さすがに見ちゃいられなかったんだろうなあ 良心も妹も結核?で死んでしまうほど病気系(栄養不良もあったんだろか)

第4章 獄中で見たもの いさぎよい日記

第5章 そして、その後

(1) 膨張する野望-平沼騏一郎
(2) ヤヌスの苦悩-森鴎外  双面神ときたもんだ、官僚の森
(3) 伝搬する周波-石川啄木 田中ので読んだのか 啄木も早死だな
(4) 真情のバトンタッチ-堺真柄 まーちゃん フェミニズム映画にもでてくるね

Comment