千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

異常者と

2011年04月30日 | 詠む

異常者と呼ばれし彼ら原告は さらに増えたり沖縄の憤怒

国の「異常者」扱いから29年、原告30倍に 沖縄タイムス4月29日

>1982年に始まった爆音差し止め1次訴訟は国の「異常者発言」で幕を開けた。

>国は第1回口頭弁論で当初602人の原告に「たまたま周辺に、特殊な感覚の持ち主、通常人と異なる生活態度をとっている者が存在することで適法であるはずの行為が許されなくなる」と指摘した。

>2万2058人が28日、願いを三度(みたび)、司法に託した。過去最大級の原告団は0歳から106歳

この現実に、付け加える言葉は...以下無言なり。

Comment

いつもなら

2011年04月29日 | 詠む

いつもなら画像は見ない吾なれど ひろみちゃんだあブルーノート東京

27日の夜、なにげなくツイッターを見ていたら、発見。

>おうちでブルーノート!すごっ!上原ひろみ×熊谷和徳公演(4.27wed.2nd show)生中継! - BlueNoteTokyo

あららと思って、開いてみると上原ひろみの生演奏。

いつもは画像は待つのが面倒で見ない、目が悪くなったら嫌だ、文字のひとなのと彼是ともかく敬遠していたのが...ひきこまれてしまった。

2万円&移動時間を、得した気分。ブルーノート東京なんて、一生いけないだろうところ。

のべ24,689人が観てたのか。時代は変わったもんだ。合計視聴者数は、55,481?

途中からしか観られなかったので復習しようと思ったら、もう配信してなかった。それは、しかたがないか。

いやぁ、眼福耳福至福の、いったりきたりの夜だった。

 

Comment

牛たちの

2011年04月28日 | 詠む

牛たちの餌にことかく震災後 組換食品いちじてきよね

遺伝子組換え反対派生協などが、飼料としての利用を開始 FOOCOMブログ

>遺伝子組換え作物を食品として利用しないだけでなく、飼料としての利用も拒否してきた生協、団体が、震災による飼料工場の被災を理由に次々に、飼料利用に踏み出している。

大地を守る会
パル・システム生協
生活クラブ生協

この報告を挙げているブログ、感じ悪い。通奏低音・悪意だ。

そこで、見つけてから数日間に渡って他の情報を見つけようとしていた。しかし生来の怠け者なので、なんにも見つけてない状態。

大地も生活クラブ生協も、信頼に足るとこ。

震災後に死んだ牛の写真を見た。いたましくてたまらなかった。生き物は毎日餌を与えないと死んでしまうからなぁ。大豆か、とうもろこしか、遺伝子組換え。

注視しよう。

Comment

「年下の

2011年04月27日 | 詠む

「年下の男の子」本わくわくと シンデレラ願望いつしか溶ける

年下の男の子」 五十嵐貴久 実業之日本社文庫

キャンディーズじゃないよん。

恋愛小説は詰まらないので敬遠していたが、五十嵐貴久だから読んだ。

軽いノリて進んで行くが、女主人公がシンデレラ精神から脱皮するのが嬉しい展開。 

Comment

戸籍への

2011年04月26日 | 詠む

戸籍への具体的なる追及に 光かかげた逝きし春

2時からの会に、参加予定。以下転載。-----------------------------

佐藤文明さん(さとう・ぶんめい=フリーランスライター、戸籍研究者)が2011年1月3日、62歳で亡くなりました。

佐藤文明さんやその著作と出会い、ともに学び、ともに語り、ともに闘い、ともに生きてきたさまざまな仲間たちが集まって、故人を偲ぶ会を開こうと準備を進めています。

佐藤文明さんとの思い出やエピソードを語り合いながら、故人が歩んだ足跡をごいっしょに振り返ってみたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしています。

偲ぶ会の開催日程 開催日:2011年4月30日(土曜日)

第1部:「ザ BUMMEI WORLD」これからが始まり

時間:14時00分から16時30分まで

会場:文京区民センター 3-A会議室
所在地 文京区本郷4-15-14
電話番号 03-3814-6731
都営地下鉄大江戸線・三田線「春日駅」A2出口すぐ上
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」徒歩3分

内容:佐藤文明さんのプロフィール
私と文明さんとの係わり(ともに闘った仲間、友人たちからのことば)

資料代:1,500円
参加者全員に佐藤文明さんの遺稿本『知っていますか?戸籍と差別 一問一答』解放出版社刊をお渡しします。

第2部:文明さんはこんなふうに闘っていた

時間:(17時30分開場)18時00分から20時00分まで

会場:在日本韓国YMCAアジア青少年センター 9階国際ホール
所在地 千代田区猿楽町2-5-5
電話番号 03-3233-0611
JR中央線「水道橋駅」東口下車、徒歩6分
都営地下鉄三田線「水道橋駅」下車、A1出口徒歩7分
都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線「神保町駅」下車、A5出口、徒歩7分
JR中央線「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口下車、徒歩9分

内容:文明さんが大好きだったお酒と料理を楽しみながら懇談します
文明さんと出版エピソード:編集者が語る文明さんの思い出
ライブ(うた・フラメンコ・日舞)、スピーチなど

参加費:5,000円 サイトは、http://shinobukai.kokuseki.info/

Comments (2)

10万年

2011年04月25日 | 詠む

10万年そんな先まで埋めておく 岩盤かたきフィンランドなり

映画「100000年後の安全

>放射性廃棄物が安全になるまでには、10万年かかる。
>この高レベル放射性廃棄物を処分する施設が、世界で初めてフィンランドのボスニア湾岸の島に最終処分場の建設が決まった。岩を削り地下500mに造られる。

「世界で初めて」というのもあって、観に行った。有楽町のヒューマン・トラスト・シネマは、満席。

ドキュメンタリー映像なのだが、監督がコンセプチュアル・アート出身のせいか、美しい画像配置と音楽。

「れぇいでぃおぅ あくてぃびてい~」で始まる名曲Radioactivityを演奏したクラフトワークもありって、後になって気がついた。

Comment

トリイ基地

2011年04月24日 | 詠む

トリイ基地庭じゃないんだ沖縄は 勝手にやるな海の石積

「無許可で工作物 米軍、トリイ基地内海岸に」琉球新報4月23日

>工作物の近くには読谷村漁協の定置網やサンゴ礁もあり、環境への影響を懸念する漁協と村は工作物の撤去を求めている。

そうだよねぇ。

そもそもこの、トリイ・ステーション。ゲートの正面に鳥居を建てるという珍妙な発想。俗界と神様の境なのに、意味わかってるのかなぁ。わかってたら、傲慢不遜の局地。

そのうえ、基地外の美ら海(ちゅらうみ、うちなーぐちで、うつくしいうみ)を汚すとは、言語道断。

Comments (2)

遺伝子の

2011年04月23日 | 企画

遺伝子の操作の果ての悪夢なり クライトン作「NEXT」生物

碩学の科学者でもある、マイケル・クライトン。90年の長編「ジュラシック・パーク」など秀逸な小説を書いて08年に亡くなった作家。他の作品を中断させて作った渾身の上下巻。

エンタテイメント性に溢れているが、現実でもGMO技術は進んでいるので、かなり切実。

香山リカ曰く、「読者の人間性と倫理観も天秤にかけられる」本。(リンク参照)

最後の辺りは、映画化も意識しているのかな。

 

Comment

穀雨なる

2011年04月22日 | 詠む

穀雨なる節季きたれど酷雨とは 傘で防げぬも間近に

百穀を潤す雨が、セシウム・レインとは...。それも傘で防げるレベルを超えて、野菜に魚に地下水に拡散していく。

二四節季も、三分の一過ぎた。

Comment

情報が

2011年04月21日 | 詠む

情報が爛れて発酵するさまは オーディンの神...鴉の漆黒

オーディンの鴉」 福田和代 朝日新聞出版

東京地検特捜部の検事が主人公の、監視社会ミステリー。

落合洋司弁護士に取材したという小説。インターネット詳しくなくても、鴉の怖さは切実に迫る。

読了してから調べたら、人肉検索というのは2006年からあるんだ。

Comment

ジャズの店

2011年04月20日 | 詠む

ジャズの店そこに交差す万華鏡 いかなるねいろ奏でたりしか

異色のジャズライブ。

4月20日(水) 赤坂 B Flat  

(東京都港区赤坂6-6-4 赤坂栄ビルB1) 03-5563-2563

1st p.m. 7:30 ~ Charge:2,500円 

アクセス/地下鉄千代田線「赤坂」駅下車。出口5bから3分   地図

なんとあのHAVATAMPA以来、久々のジャズハウス、ビーフラットに...イブニングドレスで八木啓代が再登場。

今回は、大熊ワタル (cl)阿部篤志(p)との異種格闘技に、誰もが息を飲む、まさかのスペシャルゲストとして、あの郷原信郎弁護士がサックスとトークで登場する。


あり得ない組み合わせとあり得ないレパートリーは、まさに千載一遇・一期一会となるだろう。
ピアノ:阿部篤志、クラリネット:大熊ワタル、ゲスト:郷原信郎(アルトサックス+トーク)

Comment

TPP

2011年04月19日 | 詠む

TPPわけのわからぬ名前だが 効果じんだい束縛つよし

全国一般なんぶ、組合の学習会でTPPの話を聞いた。

その「テーピーピー」なるもの、プラスティック製品みたいな略称だが威力というか破壊力は凄まじい。

WTO<国内法 TPP>国内法 ん。そうだ、そうなんだよ。

 

 

Comment

屋上屋

2011年04月18日 | 詠む

屋上屋かさねた先の工程に とまどうわたし抗議する彼

ニューヨーク・タイムズ紙では、あらたな水漏れが指摘されている。日本では報道されない。
Comment

はるかなる

2011年04月17日 | 詠む

はるかなる地に建てられし施設まで 父を訪ねし径の菜の花

田舎は自動車が必需品だ。わたしの実家も、運転免許保有者の数より車の台数の方が多い。どこも、そんなようだ。

父がいる施設まで、毎日曜日に駅から20分歩いていた。早朝に出発して、往復半日。

今週から引越ししたので、鉄道を乗り継いで新たな施設に向かう。そして地図を片手に駅から歩く。グーグル地図で24分と書いてあったのに、てきとうに歩いたら径に迷い1時間以上かかって到着。かれこれ一日がかりの小旅。

農道を歩くと、ひばりのさえずり。知らない鳥の、さえずり。

Comment

「ダーク」

2011年04月16日 | 企画

ダーク」桐野夏生

闇と毒。憤怒。福田和也が文庫本の解説していたせいか、当時は読まなかった。

連作だった女探偵・村野ミロが主人公なのだが、ここでは徹頭徹尾ノワールに変身。しのびよる放射能、ゆれつづける地面の暮らしなので、やけのやんぱち気分で一気読みしてしまった。

くせの強い作品なので万人向けではないが、強い磁場を持つ作品。またシリーズものという点も一般向けではないという弱点もあるが、やはり一言二言メモしておきたい。

冒頭から、ミロが豹変しているのに驚く。

「光州(クァンジュ)が燃えている」、の章は凄い。軍隊の殺戮場面が、これでもかこれでもか。

「罰なんか絶対に受けない」、の章。強姦した男を殺すさまの弩迫力。

 

Comment