千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「バトル・イン・シアトル」なりはWTO 99年ドキュメント風

2019年03月22日 | 詠む

盟友スレイマン企画、外遊中だったので直前になってしまった。

「バトル・イン・シアトル 」 ウッディ・ハレルソン機動隊員、レイ・リオッタ市長か。

1999年シアトルで実際に起きたWTO(世界貿易機関)への抗議デモ・暴動を、ドキュメンタリータッチで描いた作品。

会議では、新ラウンド(新多角的貿易交渉)立ち上げが期待されていたが、デモの影響もあり合意に至らなかった。 また、次回以降のWTO会議でも、デモ活動は続いた。

---------------------------------------- 以下 転載

東京スプリング 映画/ディスカッション
   "battle in seattle"

日時:2019.3.24(SUN) open 3:00 start 3:30
場所:Cafe★LavanderiaMAP | facebook )

イベント参加は無料です。(ただし上映前に必ずワンドリンク・オーダーをお願いします) また可能な限りでかまいませんのでカンパをお願いします。

Comment

大道寺「最終獄中通信」は 俳句に滾る思弁ありけり

2019年03月22日 | 詠む

「最終獄中通信」 大道寺将司 河出書房新社

天皇暗殺計画「虹作戦」のひと。26歳で逮捕され、獄中42年で病死。

句集「棺一基」のときは(当然だが)俳句ばかりで、わあ古風な言葉を良く知ってるなあ。さすが俳人。偽歌人の千恵子は、とても歯がたたなかった。

こんどのは文章とともにある。長い年月なので、読むほうも三ヶ月かかってしまった。向井考、大道寺幸子、松下竜一、貝原浩、丸岡修、たくさんのひとが亡くなったなあと感無量。

大道寺将司の内省が鋭い。そして、たびたび。こんな人を殺してしまうのかと、改めて国の怖さを感じる。

たくさんのひとに愛された死刑囚でもある。

Comment

「代替わり」もうすぐなのだ30日 ”NO”と言おうぞ天皇制と

2019年03月21日 | 詠む

安倍が酷いから明仁ましとか、なにやら空虚な美談とか、うんざり。

天皇「代替わり」直前!今からでも”NO”と言おう集会

「天皇、何かヘンかも」と思う人。
「代替わりのときくらい反対したいな……」という人。
もちろん常連の皆さんも!

おわてんねっとが総力を挙げて5つのテーマで現代天皇制の問題を指摘します。

  • 代替わりと天皇教
  • 米国と天皇
  • くらしと天皇
  • あとつぎ問題
  • 女性と天皇

日時:3月30日(土)13時15分開場 13時30分開始
会場:文京区民センター 2F(JR水道橋駅 地下鉄後楽園駅 都営線春日駅など)

チラシはこちらから → ダウンロード

Comment

6年ぶり高村薫またあらた 「冷血」えがく極北の地を

2019年03月20日 | 詠む

死刑囚が気になっている昨今。ぎゃー。初心で読んだら、なんと6年前に詠んでるではないか。この小説。

ががーん。びっくりだが、忘れんぼう千恵子は6年前は覚えてないか。

印象は、ほぼ同じだが...微妙に知り合いの死刑囚が10人以上? 死んだぶんだけ悩ましさが増える。そんなこんなで3週間かかって読了。なんだか疲れたので6年前のを引用。

ひさしぶり高村薫よみとおす 「冷血」えがく極北の地を

冷血」 高村薫 毎日新聞社 

 90年代、高村薫を何冊も読んだ。とくに合田雄一郎刑事シリーズは、たいへん面白かった。

その後、「晴子情歌」も「新リア王」も馴染めなかった。

堀川恵子の死刑本に高村薫が推薦文を書いていたので、ひさしぶりに読む。

うーむ。ふくざつな気持ち。雄一郎ずいぶん変わったし。

もはや、ミステリーの域を脱している。

やはり御大トルーマン・カポーティ『冷血』の影響を受けているらしい。

この米国のノンフィクションは非常に面白かったけどねー。

------ 備忘メモ ---------

上150 医療過誤 弁護士3人も出てくるか

上153 糊のきいたワイシャツ 刑事を支えるべき妻の献身の象徴として重視 けっ

上209 キャベツとの比較 苦笑

上232 ネットでの誹謗中傷に抗議する少女たち シスターフッド

上300 ブランド品三昧の危うさ

下6 調書 誘導あきらか

下9 当番弁護士

下153 偽りの記憶 ここでも出た

下195 届かない葉書 拘置所ありがち?

Comment

「眠る村」ねむっているのは誰だろう 東海テレビ・ドキュメンタリー

2019年03月19日 | 詠む

映画「眠る村」

戦後唯一、司法が無罪からの逆転死刑判決を下した名張毒ぶどう酒事件。米国みたいに検察官控訴がなければ、無罪のままだったのに。なんと43年間も獄中で無実を訴え続けたまま、逝去。

亡くなった奥西勝死刑囚の妹さん、88歳が再審請求人になったことが本作の切っ掛け。あれれん、クリント・イーストウッドと同い年。でも彼の「運び屋」爺さんは名演技。田舎町に住む妹さんは、農業のせいもあってか腰が曲がり杖をついて歩く本物の御高齢。後を継ぐ再審請求人は、いない。

「元」判事「元」検事いう 嬉しいが何故「元」なりや恐ろしき国

木谷明弁護士、市川寛弁護士。どちらも著書など短歌ブログで何回も取り上げた法曹。でも「元」のひとしか発言しないんだよね。裁判官も検察官も。

ご遺体を「まんま」写すは渾身の 迫力とどく数秒間と

さいきんの日本のテレビは死体を映さない。視聴者に不愉快なものを出さない、清潔志向が強いなかで東海テレビ。強い意志を感じる。前作「ふたりの死刑囚」のときは監獄にカメラは入れず、想像映像を使うしかなかったなあ。

鎌田麗香監督、齊藤潤一監督、拍手。 阿武野勝彦プロデューサー、ありがとう。

Comment

ABCそれじゃたりないあいうえお 数字つけるよ関生逮捕

2019年03月18日 | 詠む

永嶋靖久弁護士の報告を聞いて、驚愕。

逮捕者をABCとしたら20じゃ、きかない。

あいうえおにしたら50じゃ、きかない。

とうとう数字にして、逮捕者62人を表すしかないと。一覧表を見て、がーん。

とんでもないことが起こっている。ちなみに参考情報を集めると、ネトウヨみたいなのばっか。関生サイトを見ると、関東の煎餅屋トラック並みの迫力トラック行進。なぜか猫ちゃん、がんばる。冊子にもでてくるね。

 

ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
連帯ユニオン、小谷野 毅、葛西 映子、安田 浩一、里見 和夫、永嶋 靖久(著)  旬報社


Comment

再審だ「袴田巖」集会だ 再収監を許さないのだ

2019年03月17日 | 詠む

ダースレイダー、もっかい見たい。

2012年6月に起きた「大阪・泉大津市コンビニ1万円窃盗事件」て、埼玉弁護士会で生の話を聞いたSUN-DYU。--- 以下 転載

袴田巖さんの再審開始を!再収監を許さない3.23全国集会

2014年3月27日に静岡地裁から再審開始決定が出され、袴田巖さんは48年ぶりに釈放されましたが、2018年6月11日、東京高裁は再審開始を取り消してしまいました。さらに最高検察庁は、82歳の袴田巖さんについて「拘置の必要性は高い」などという意見書を最高裁に出しています。再収監を許さず、1日も早い再審開始を訴えて全国集会を開催します。ひとりでも多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

  • 演奏&お話
    ダースレイダー(ラッパー/MC)、SUN-DYU(シンガー、えん罪被害者)
  • 弁護団報告
    西澤美和子弁護士
  • 各界支援者メッセージ
  • 袴田秀子さん、巖さん(予定)挨拶
  • 集会アピール採択

2019年3月23日(土)13:30~16:00

明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン9階309B
(JR・地下鉄丸の内「御茶ノ水」駅から徒歩3分)

袴田巌さんの再審無罪を求める実行委員会
アムネスティ・インターナショナル日本/日本国民救援会/日本プロボクシング協会袴田巌支援委員会/袴田巌さんの再審を求める会/袴田巌さんを救援する清水・静岡市民の会/袴田巌さんを救援する静岡県民の会/浜松・袴田巌さんを救う市民の会/無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会

映画版「ふたりの死刑囚」たちは 連綿つづく...東海テレビ

Comment

自虐ねた「翔んで埼玉」ぶっとびだ テルマエ・ロマエ化!?武内英樹

2019年03月16日 | 詠む

映画「翔んで埼玉」

埼玉県人、差別されまくり。そして自虐ネタ満載。ぶっとび映画。

BL。ボーイズラブって、こんなんだったの。知らなかったあ。

おおげさなのが、おかしい。「テルマエ・ロマエ」武内英樹監督。

阿部寛みたいに濃いひといないし、ヤマザキマリみたいな原作じゃないけど、場内から笑いが翔ぶ。埼玉解放戦線だってさ。なぜか麿赤兒でてくる。

Comment

人格は斯様にかわるものなのか 「鏡の背面」篠田節子と

2019年03月15日 | 詠む

「鏡の背面」 篠田節子   集英社

わたしより1年うえの1955年。国立二期校教育学部のあと公務員。転職志向があって小説講座に通うと。わたしは弁理士試験講座だったけど、なんだか境遇が似てるせいもあって、90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞したデビューからずっと注目していた。そして新しい作品分野のたびに、彼女の意欲に喝采していた。

97年『女たちのジハード』で直木賞は、たいへん嬉しかった。でも、いつからか宗教絡みは苦手になってきた。

そして彼女らしい農業とサラダ工場すさまじい 篠田節子の「ブラックボックス」から5年ぶりに詠む。

エンタテイメント長編小説の大作。なのに誰ひとりとして共感できるひとがいないという類まれな感覚で500頁を超えて読み進む。途中からは、なんだか意地で読んでしまった500頁超え。うーん、マザーテレサ苦手だからかなあ。今年に入って吉川英治文学賞を取った。

本ブログのために調べてたら20年以上も母親を一人で看護してきたとある。知らなかった偉いなあ。それをも作品のなかに昇華させてるんだ。チェロも聞いてみたくなった。

Comment

オウム囚13人の処刑とは?死刑廃止の年報でたよ

2019年03月14日 | 詠む

オウム死刑囚からあなたへ -年報・死刑廃止2018

 毎号、読んでいる年報。今回は、重い。なにしろ大逆事件なみの大量処刑。

緑字の箇所が心に刺さった。


********** 目次  ***************************

検証・オウム法廷と死刑執行 江川紹子×安田好弘(司会・岩井信) 6

13人死刑執行という大量虐殺 この時代とどう立ち向かうか 安田好弘 37
 
資料・松本智津夫氏の獄中医療報告書  50
 
オウム死刑囚を語る 弁護人・支援者から 59
   伊達俊二(井上嘉浩さんの再審弁護人) 
     高裁と8月6日に第三回の進行協議が決まっていた  60
   堀和幸(新實智光さんの弁護人)
10日前には元気でまた会おうね、と言っていた人が、眠るように亡くなっている 63
   新實智光さんの妻から  65
   庄子幸一(東京拘置所在監の死刑囚)
     獄中で見た土谷さん 保護房から処刑場へ  67
   中川智正さんの支援者から  69
   堀井準(遠藤誠一さんの再審弁護人)
     難しい人間だったけど、でもいい奴だった  70
   加城千波(横山真人さんの弁護人)
     抗議集会へのメッセージ  72
   河井匡秀(端本悟さんの上告審の弁護人)
     彼は最後まで再審請求をすることを断りました  72
   吉田秀康(小池(林)泰男さんの再審弁護人)
     東京拘置所長は、東京地裁の仮の差止め決定を無視し立会人をつけ続けた
   大木和弘・宮田桂子(豊田亨さんの弁護人) 80
     抗議集会へのメッセージ
   谷川修真(広瀬健一さんの支援者)  84
     未完に終った『オウム真理教元信者広瀬健一の手記』

オウム死刑囚からあなたへ  87
   早川紀代秀 オーディン神とともにいく  88
   新實智光 恩赦の出願書 補充書1 
   宮前一明 どうして麻原と一緒の刑に 絵画作品集  100
   井上嘉浩 詩二篇 102
   土谷正実 静かに死を迎えたい 103
 
袴田事件・飯塚事件 再審開始せず 101
  袴田事件の不当決定 小川秀世(袴田事件弁護団事務局長)  106

日本の再審法制の現状と問題点
    菊池・飯塚再審事件の経験を通して 徳田靖之  120

死刑をめぐる状況2017-2018   137
 死刑執行と抗議行動 138
2017年12月19日の執行
  上川陽子法相は裁判所の判断を差し置いて、自分たちで再審事由がないと判断して死刑を執行した 安田好弘 138
  松井喜代司さんの書かれたものから 146~149

 死刑廃止をめざす日本弁護士連合会の活動報告 小川原優之  150
 獄窓から描いた「もう一つの日常」
    第13回「大道寺幸子・赤堀政夫基金死刑囚表現展」表現展 池田浩士 154
 「死刑囚表現展」の13年間を振り返って 太田昌国 162
  死刑映画週間7年を振り返って 太田昌国  168
  トークショー七日間の報告 可知亮  171
  私たちは何を知るべきなのか オウム死刑報道と「獄友」 
    死刑映画を観る  中村一成   174
  死刑関連文献案内 前田朗  186
  死刑廃止に向けた国際的動向 山口薫  207
  死刑判決・無期懲役判決一覧 菊地さよ子  216
  死刑廃止運動にアクセスする  225
  死刑を宣告された人たち 236
  法務大臣別死刑執行記録 264
  死刑廃止年表2017 271

 

Comment

「救援」の50周年ふしめだね 関生だんあつ治安だんあつ

2019年03月13日 | 詠む

ことしは、半世紀の区切り。そのため、めじろおし。なんと、11時~

救援連絡センター定期総会

2019年3月16日(土)10時半開場 11時開会
場所:みどりコミュニティセンター(墨田区)

第1部 総会

第2部(13時~)
講演   「関生弾圧の現状とこれからの治安弾圧」
講師   永嶋靖久(弁護士、大阪弁護士会)

電話番号 03-3591-1301 さあ極入り意味おーい

Comment

つんつん「月夜釜合戦」は釜ヶ崎  あいりん地区の開発批判 

2019年03月12日 | 詠む

映画「月夜釜合戦」

初日の初回に見参。渋谷ユーロスペース。

田中登監督の「丸秘色情めす市場」を彷彿とさせる、味わい。飛田遊郭の私娼が主人公だからかな。

16ミリで撮ったって。アングラ芝居っぽいかんじ。

映画サイトでは、こんなふうに紹介している。

「安心・安全」を名目とした再開発により、街には監視カメラや野宿者の排除を目的としたオブジェやアートが配置され、じんわりと再開発がなされていく中で、そこにいる労働者たちも場を失いつつある。そのような状況に対抗する喜劇として「月夜釜合戦」は誕生したのである。

映画と別らしいが、佐藤零郎監督はカメラを回してただけで逮捕&勾留100日くらったことがあるって。最新号「キネマ旬報」133頁

Comment

右傾化は男性化なの?鈴木くん 竹信三恵子 田中美津だよ

2019年03月11日 | 詠む

とあるメーリングリストからの転載----------

みなさま、賛同人のお一人で鍼灸師の田中美津さんからイベントのお知らせです。

70年代のウーマンリブ運動からこれまで、独自のスタンスで発信を続けてきた田中美津さん。『いのちの女たちへ—とり乱しウーマン・リブ論』(パンドラ)などの著作でも知られますが、この秋にはドキュメンタリ映画も公開されます。それに先立つイベントが以下のように予定されています。ぜひご参加ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Subject: 遺言代わりの映画ができました(笑

みなさま
田中美津です。

3年にわたって「私」を撮り続けたドキュメント映画がこの秋、渋谷・ユーロスペースで公開されます。

クラウドファンディングの助けを借りて作られるので、それに向けてのトークライブも3月から6回!にわたって開催されます。
チビの後期高齢者は「私のいのちも今年限りか・・・・」と、ひそかに呟きつつ必死に頑張っているという状況です。お暇なときにでもイベント告知ページhttps://tanakamitsu1.peatix.com/をご覧いただければ幸いです。

またお知り合いの方々に、情報を拡散してもらえると、大変ありがたいです。よろしくお願いします。

トークライブのお知らせ

申し込みは、トークライブ告知ページ右側の、「チケット申し込み」から。または、  konooshi2019@gmail.comに、「氏名・ご連絡先・トークイベント名」を記載の上、お申込みください。

・・・・・・・・・・・・・
1) http://tanakamitsu1.peatix.com
    3月12日(火)19:00〜(朝日新聞東京本社)
    栗原康(政治学者)×田中美津
    「わかってるようで、わからない魅惑——“自由”ってなに?」

2)https://tanakamitsu2.peatix.com/
    3月18日(月)15:15〜(朝日新聞東京本社)
    田原総一朗(ジャーナリスト)に聞く(聞き手:田中美津)
    「右傾化、不祥事の数々・・・それでも安倍政権の支持率が落ちないのはナゼ?」

3) http://tanakamitsu3.peatix.com/
    3月22日(金)19:00〜(朝日新聞東京本社)
    鈴木邦男(活動家)×竹信三恵子(ジャーナリスト)×田中美津
    「目から鱗!右傾化とは、要するに男性化のこと?」

4) https://takanamitsu4.peatix.com/
    4月6日(土)14:00〜(朝日新聞メディアラボ渋谷分室)
    中山千夏(作家)×田中美津
    「自分以上にも以外にもなりたくない、あなたと私のものがたり」

5) https://tanakamitsu5.peatix.com/
    4月10日(水)19:00〜(朝日新聞メディアラボ渋谷分室)
    千田有紀(社会学者)×上岡陽江(ダルク女性ハウス代表)×田中美津
    「あの、「千葉10歳女児虐待死」母親逮捕は妥当か?不当か?」

 

「家事労働ハラスメント」の分析は とてもなっとく竹信三恵子


Comment

90歳「運び屋」なりしクリントは渋い演技と監督の妙

2019年03月10日 | 詠む

映画「運び屋」

なんと「グラン・トリノ」以来十年ぶりで、クリント主演監督! うれしい!!

何度も賞を取った栄光の「ユリ栽培」事業が傾き、インターネットのせいで農場は破産し差し押さえされ、家族を顧みない生活で関係悪化が続いたすえ、家も無い90翁。

腰も曲がった姿は演技なのかな。よぼよぼ爺さんなのに、しだいに魅力に惹かれていくわ。

麻薬の「運び屋」になる老人。名優だなあ。脚本も良い。誰かの命令に縛られるじゃなくて、やりたいことをやるんだ。横暴白人警官を追い払う頓智に、にっこり。

麻薬取締局の捜査官を「アメリカン・スナイパー」愛弟子ブラッドリー・クーパーが演じる。ふたりの会話が伏線でもある。

90点をあげよう、名作。

Comment

リーフレット「警察対応など」などの伊藤真弁 知ってるかい?

2019年03月09日 | 詠む

たまに集会で見かける、ちいさなリーフレット。黄色と黒は勝利の色、なんだと。

われらが救援連絡センター
03-3591-1301←「さあ獄入り意味おーい」も紹介されてる。ありがたや。

30部で200円とかなので、ともだちに配るひともいるようだ。あ、ダウンロードもできるよ。

著作の法学館、ありがとうね。

リーフレット 「市民運動において注意すべき事~警察対応など」(伊藤真弁護士)

Comment