千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

五巻めも少年セオは活躍す 「逃亡者の目」ジョン・グリシャムと

2017年02月19日 | 詠む

「少年弁護士セオの事件簿 逃亡者の目」 ジョン・グリシャム 岩崎書店

中学生セオたちは首都ワシントンへ修学旅行。みんな働いて旅費を貯める、貧しい人のぶんも助けあう伝統。画一的な日本とは違うなー。

そういえば彼の母さん父さん弁護士だけど、彼らの法律事務所の受付秘書は70歳だもん。60歳で定年にしたり(前の職場)、65歳が上限(今の職場)とは全然違う(苦笑)。

大都会の地下鉄で、第一話の殺人事件逃亡者を見つけてしまうセオ。FBIも出てくるぞ。しかし、逮捕してないから隠れ家の家宅捜索令状ださないって、日本より「まとも」かも。殺人なのにね。

捕まった。殺人に逃亡が追加した裁判では、目撃承認が移民青年。そ、移民のひとたちの立場も出てくるんだ。中学生、小学生にも分かるように書いてある。

そうそう、前の巻にもあった動物裁判所も、出てくるよ。気絶ヤギ。

 

Comment   この記事についてブログを書く
« 「イムジン河」物語とは封印... | TOP | 共謀罪はんたい百人委員会 ... »
最新の画像もっと見る

post a comment