千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

年金は支給停止となるんだね 失業保険もらってるとき

2020年05月31日 | 詠む

この前の失業は、経営者の悪意ある60歳定年制の導入の2016年11月の誕生日。

次の法律事務所に就職が決まったのが、12月。そのあとは十年ぶりの新規職場に慣れるので必死だった。

そんななかで、年金が全面停止になるのを把握しきれてなかった。たった34000円でもくれないなんて。

失業保険は給料の7割くらいの金額しか貰えない。それなのに年金分がゼロって悲惨きわまる。

65歳からじゃなくて、早めに申請した罰!?なのか。

なんだか納得がいかないが、調べても増額まで持っていけないから放っておくしかないか。

画像は、7年前の歌より。

「サバイバルおばあさん」呵呵大笑す 夜なか抜け歯の夢をみた...こわっ

Comment

空のショー!?戦闘機なぞ悍ましい 「ブルーインパルス」青い死神

2020年05月30日 | 詠む

上の句。おぞましいと詠んでね。ほりぶるぶるー。

戦闘機、それも高性能のブルーインパルス。わしの日給の、何億年ぶんだがよ。

それを、わざわざ見せびらかして飛ぶのが曲芸飛行かよ。

医療従事者への感謝だと! だぶる!! とりぷる!!! 

ひどすぎるぜよ!!!!

画像は、真人間になった元零戦パイロット。

ドキュメント「ひとりひとりの戦場」だ 最後の零戦パイロットなど

Comment

新メニュー新宿ベルク「いのしし丼」 たまごを載せて650円

2020年05月29日 | 詠む

禁煙化、野菜類の販売開始。酒の販売免許取得と、進化する新宿インディーズビア&カフェ「ベルク」

気になるのに非常時で、なかなか行けない。

めざして行ったが、初回は断念。有給休暇を取った2回めで、食べられた。

ちょっと変わった味、そもそも猪って初体験だし。

自然卵が載っている。マルシェがあるせいか、野菜も日によって違う工夫をしているようだ。

持ち帰りも可能ね。

画像は、野店長のツイッター。

Comment

3年半つとめた職場さようなら そして組合いつかまたねと

2020年05月28日 | 詠む

3年半ほど勤めた法律事務所の退職勧奨に応じた。

二ヶ月ぶん程度の退職金という端金で。これ、もとが時給千円だから。

ついでに組合費が厳しいので、全国一般なんぶも辞める。

こっちは、いつかまた参加したいとは思っている。あでぃおす。

川口は1分2分1分と 駅近便利らららんらんと

Comment

新しい生活様式かあ 自粛警察ごめんだね

2020年05月27日 | 

救援連絡センター発行「救援」紙の、2面の連載コラムより

新しい生活様式かあ    自粛警察ごめんだね

5月4日、新型コロナウイルス対策の「新しい生活様式」を厚生労働省が発表した。衛生面には注意する必要があるとは思うが、気になることがある。

例えば、「近づかない」。ひとには会わないようにする。パソコンを使った会議はあるけど、そんなのできるひとは限られている。検察官定年延長法案が、十八日に成立見送りになった背景に250万を超えるツイッターデモが話題を呼んだけど、誰もがスマホを持ってるわけじゃない。

それから「向き合わない」。食事の時は横並び、おしゃべりは控えて料理に集中する。まるで軍隊じゃないか。なんだか、向き合わないって暗示されてるかんじがする。ひとと向き合わない、かあ。

そして「話さない」。これも、見ざる聞かざる言わざる日光東照宮の三猿を連想してしまう。大声を出さない、唾を飛ばさない。

   ※    ※
 

こんな様式が提言されたせいか「営業自粛しない非国民は閉店しろ」なんて貼紙をするマスク組がでてきたよ。

貼紙された女性は、「店を開けないと生きていけなかった」と苦しい事情。家賃など月々の固定費は17万円以上。要請された夜8時までの一時間で稼ぐことは不可能で、大家も支払いの延長を認めてくれない。個人タクシーの運転手の夫も仕事がほぼなくなり、収入が激減。生活費の捻出もままならなくなった。

一人で切り盛りするこぢんまりとした店は「三密」になりやすく、感染リスクは低くない。「私も感染するかもしれない」という恐怖感を抱えつつも、重くのしかかる家賃や生活費を考えると、営業せざるを得なかった。

誹謗中傷の張り紙をされてからは、閉店後の帰り道が怖くなった。店が壊されるかもしれない、誰かに暴行されるかもしれない不安。感染が収束しなければ、19年間続けてきた店を閉めることも検討しているという。

「子どもが公園で遊んでいて三密が起きている」かたや「薬局が五十枚四千円という高額でマスクを売っている」なんて110番通報。

これは便乗じゃないかと思ってしまうよねえ「近所のタイヤ店の作業音がうるさい。店員がマスクをしていないので注意してほしい」と通報(東京新聞、5月25日付け)

外出自粛で生活が制限されて、不満や緊張ストレスが溜まって自粛警察、自主警察が増えているんだろうか。

弱者を攻撃するのは、やめようよ。


   この国は、惨事便乗型資本主義「ショック・ドクトリン」真っ盛り

Comment

獄中の命を守れ!入管も 救援連絡センター申し入れ

2020年05月26日 | 詠む

なに、いいこと言ってんじゃん。

でもこれ、一ヶ月前のだ。

救援連絡センターBOTで知ったよ。千恵子@運営委員

獄中者の命を守れ!法務大臣に申し入れ!

刑事施設内被収容者の生命を守ることを求める申入書

法務大臣 森 雅子殿

2020年4月27日

東京都港区新橋2-8-16 石田ビル5階

電話 03-3591-1301 FAX 03-3591-3583

救援連絡センター

事務局長 山中幸男

救援連絡センターは刑事施設に収容されている者(以下、獄中者という)の支援をしている団体です。

新型コロナウイルスの感染拡大は獄中者の生命までをも危うくする問題です。

法務省は拘置所、少年院、刑務所にいる獄中者の生命を今こそ真剣に守らなければなりません。そのための対策をしっかり行うべきです。全国では感染者が1万人を突破しました。さらに衝撃的なのは、慶応大病院では、新型コロナウイルス以外の病気で入院する予定の患者の6%の人が陽性だったことです。無症状の感染者が市中にあふれていることを示しています。

もはや、刑事施設の中といえども全く無菌の状態であるとは言えません。現に東京拘置所では4月に入所した被告が感染していることが判明しています。大阪拘置所では複数の刑務所職員が感染したため、職員の半数が自宅待機となっています。4月7日には政府が7都府県に緊急事態宣言を発し、16日には全国に宣言を出しました。以後、感染者数は激増しています。しかも感染経路がわからない人が半数以上います。

このような中で法務省は獄中に閉じ込めている人々の生命を真剣に守ることに全力を挙げなければなりません。特に刑務所の中のことはブラックボックスのままでいいなどということは許されません。コロナ対策をオープンにして人の生命を全力で守ることを強く申し入れます。それをしなかったら、法務省としては失格だと思います。

1)刑事施設は人々を集団で閉じ込めているのですから、獄中者全員にPCR検査を行う必要があります。そのうえで、日常的に獄中者全員が手洗い、うがいをできるようにするべきです。マスクを全員に配布しなさい。ある刑務所ではマスクを配布しているが、ほかの刑務所では職員のみマスクをつけ、受刑者にはマスクをつけさせないということが起きています。こんな勝手なことはもはや許されません。

さらに週に2回、准看護師が受刑者から診察を受け付けるという体制ではなく、毎朝、獄中者全員の体温を測ることを求めます。体調の悪い人には徹底的に検査をするべきです。感染者が出たら、厳重に隔離して診療しなければなりません。厳重な隔離が無理なら外の医療施設で診療を行うようにするべきです。その場合、ウイルスがどこに蔓延しているのかわからないのだから、施設内を徹底的に除菌するだけではなく齢者や疾患のある人は生命を守る観点から刑事施設から釈放することを要求します。場合によっては全獄中者の釈放も実現するべきです。

2)法務省は政府の緊急事態宣言下で7都府県の拘置所・刑務所の面会を弁護士だけに限るとする運用を始めました。コロナ対策として面会者に対して面会前に検温、手洗い、うがい、マスク、さらに使い捨て手袋を使用してもらうなどを実施すれば面会できるはずです。獄中者には面会を心の支えにしている人もいる。法務省の一方的な面会制限には獄中者の人権を勝手に損ねて当然という傲慢な人権無視の体質そのものが表れています。即刻、すべての面会を認めるべきです。

3)入管施設には多くの人々が狭い部屋に多人数収容されています。

1、現在入管収容施設に収容されている外国人のうち、日本国内に受け入れ先のある被収容者をすべて解放することを求めます。

2、解放できない被収容者が新型コロナウイルスに罹患し、もしくは罹患が疑われる場合には、収容施設外と同程度の医療を保障しなければなりません。

3、仮放免許可を受けている者について地方出入国在留管理局への出頭義務を免除し、期間満了を迎える者については、職権で少なくとも3か月間の延長をしなさい。

以上、申し入れます。

------------------------ 以上 転載

電話番号 03-3591-1301 さあ極入り意味おーい

Comment

タコライス蛸はないけど肉と豆 野菜たくさん「マーブルテラス」

2020年05月25日 | 詠む

チキントマトカレーの次は、タコライス弁当。

これも優しい味。600円ね。

おまけで貰えた、アクリルたわし。ラッキー。ていねいに編んである。

レジを打ってた障害者の姉さんが作ってくれたものだって。ありがとう。

どぎまぎして、ありがとうしか言えなかった。臨機応変ができないのは、千恵子あいかわらず。

「あなたの名前を教えてください」と言って、「○○さん、ありがとう」と具体的に謝意を伝えたかった(残念)。

店内は、クッキー祭りになっていた。はやく緊急事態宣言とゆーか戒厳令やめろよと、小さく呟く。(嘘、大声だ)。

画像は、大元の「タコス」料理本。

女ともだちと行く約束をしていた、この下北沢の久美ねえ銘店に7月には行けるかなあ(願望)。

なにしろ6月失業だから、道は果てしなく遠い。うー。

メキシコの料理まんさい「テピート」だ 滝沢久美よPARCO出版

Comment

アチャールは印度の漬物なんだって チキトマカレー「マーブルテラス」

2020年05月24日 | 詠む

春に始まったばかりなのに、店内飲食できない「マーブルテラス」の弁当を買いに北浦和へ。

2種類あって、どちらも600円。

このまえは沖縄発祥のタコライスだったので、今回はチキントマトカレーにしてみた。

優しい味。悪く言えば、味がしない。ん? わし 亜鉛が足りなくて味覚異常になってるかも。

付け合せのアチャールってのは、インドの漬物なんだって。

どうやって作るんだろうとしらべたら、「玉ねぎを食べやすい大きさにカットします。次に、らっきょう酢にガラムマサラ、ハバネロペッパー、マスタードを入れて、玉ねぎを漬け込みます。すぐに食べてもおいしいですが、2週間漬け込むと玉ねぎの甘みが増しておいしくいただけますよ。」

マーブルテラスのは、これとは少し違うみたいだけど2週間もつのは偉いね。

画像は、インド。どどーん。

「バーフバリ 王の凱旋」なんじゃこれ 豪華けんらん凄絶むひと

Comment

喜楽湯はPOPなかんじ猫シール Tシャツもありサウナ無料と

2020年05月23日 | 詠む

川口 喜楽湯   川口市川口5-21-6  3:00 PM~、朝風呂(土日am9:00~12:00) 

朝湯は年に一度の贅沢なのだが、ここは土日にやってるという。

なんて素晴らしいんだろう表敬訪問しなくちゃと思っていたら、コロナ禍で土曜のみの朝風呂。

ずーっと探検しようと思ってたのに雨とかあって、平日の夜に見参。

ペンキ絵は、キース・ヘリング張りのPOP感まんさい。

薪を切って風呂釜に入れる、おじさん。こども、あわあわ。番台のDJスクラッチ姉さん。音楽が聞こえてくるような愉快な絵は、日本人作家さんの作品。帰りに見たら、5000円の画集も売ってたよ。

無料サウナ自粛中だけど、水風呂あるから極楽。これって皆さん数十秒で退散するから、千恵子独占ばんざーい。

ふと見ると、タオルまで貸してくれるって最高に親切。65歳になると、200円で入れる川口市民。わお。

【無料サービス】
ボディーソープ・リンスインシャンプー・貸タオル・綿棒・化粧水・乳液・ドライヤー・携帯充電器・自転車空気入れ

【女湯専用無料サービス】
ナノイードライヤー・化粧水・乳液・ヘアアイロン・メイク落とし・洗顔料・ヘアゴム・ベビーバス・バスチェアー・コットン

次は朝風呂いこう。サウナが復活したら常連になっちゃうかも。

画像は、看板猫。タタミ。感動のあまり、百円シールを買ってしまった。

 

Comment

コンクリの隙間に咲いた白い花 除草剤にも負けぬ毒矯

2020年05月22日 | 詠む

うちはアパートの2階。北の窓の下に二畳ほどの自転車を置くコンクリート。

大家が定期的に除草剤をかけてるのだが、それでも隙間にドクダミ。それに小さな野草たち。

わたしは数週間前から自主的に掃除している。運動不足の解消も兼ねて。

茶色に枯れているのは無残なので取り去るが、コンクリの隙間に咲いてる野草は半数を残す。

今日はドクダミに白い花が咲いた。ひとつだけ。

 

アスファルト罅割れに咲く...けなげさよ 塚谷著「スキマの植物図鑑」

 
Comment

コンクリの隙間に咲いた白い花 除草剤にも負けぬ毒矯

2020年05月22日 | 詠む

うちはアパートの2階。北の窓の下に二畳ほどの自転車を置くコンクリート。

大家が定期的に除草剤をかけてるのだが、それでも隙間にドクダミ。それに小さな野草たち。

わたしは数週間前から自主的に掃除している。運動不足の解消も兼ねて。

茶色に枯れているのは無残なので取り去るが、コンクリの隙間に咲いてる野草は半数を残す。

今日はドクダミに白い花が咲いた。ひとつだけ。

 

アスファルト罅割れに咲く...けなげさよ 塚谷著「スキマの植物図鑑」

 
Comment

見えもせず聞こえもせずのコロナ菌 小満の生も蝕みつつと

2020年05月21日 | 詠む

2011年の歌。見えもせず聞こえもせずの放射能 小満の生を蝕んでいく 311から2ヶ月後ね。

天皇の即位の昨年は、見えもせず聞こえもせずの××××× 小満の生を蝕んでいく

そして今年は、下血報道のときのように毎朝の感染者数報道を聞きながらの小満か。

退職勧奨されちゃったよ。小さく満ちると書いても、緑いきいき春なのに。

なまなまし「女子と貧困」のりこえて 雨宮処凛かもがわ出版

Comment

「西便制」NHKのラジオだよ パギやんもでる名作なのだ

2020年05月20日 | 詠む

聞き逃したけど、まだ聞けるしくみになってる。

後半の予習のために、聞いた。

パギやん、悪いやつの役をやってるんだ。

なんかNHKドラマっぽくて苦手だが、パンソリを聴くために2回めを聴いてる。

「風の丘を越えて」

チャンネル [FM]
2020年5月16日(土) 午後10:00~午後10:50
番組内容
【原作】李清俊,根本理恵,【脚本】いずみ凜【演出】角井佑好【出演】平田満,金久美子,冷泉公裕,河原崎建三,山本圭,人村朱美,柴田直伸,加藤治,趙博
出演者ほか
【原作】李清俊,根本理恵,【出演】平田満,金久美子,冷泉公裕,【脚本】いずみ凜,河原崎建三,山本圭,人村朱美,柴田直伸,加藤治,趙博,【演出】角井佑好

 

Comment

義の兄貴「泉水博」ぷれせんて 救援紙にて舟橋寛延

2020年05月19日 | 

逢いたかった兄貴。すごく悔しい。

80翁が喧嘩とめたら...十日間の閉居罰って酷すぎるぜ。

その同じ3月に心肺停止って何なのよ。獄死でなくて獄殺じゃん? 

ああ。丸岡修さんも、むごい獄殺だった(号泣)。

救援連絡センター発行「救援」紙の、8面より。

「怒りていう、逃亡には非ず」

追悼 泉水博さん

岐阜刑務所に服役中だった泉水博さんが亡くなってしまった。泉水さんは83歳の生涯の半分以上を刑務所で送り、外に出たい気持ちをずっと持ちながら結局は獄死という形になってしまった。私は今、十数年来の友人、支援者として言葉に表せない悲しみの中にいる。

2020年の2月に泉水さんは懲罰を受けた。囚人同士の喧嘩を泉水さんが止めたことが、規律違反になるというのが理由だ。朝、居室から出たとき、泉水さんの目の前で囚人同士が争う気配があり、思わず体が動き、もみ合っているうちの一人を背後から抑え一緒に廊下に倒れこんだ、という。

刑務所内のルールとして、喧嘩の加勢はもちろん仲裁に入るのもいけない、という。泉水さんもそれはもちろん承知していたが、「思わず体が動いて止めに入ってしまった。だってまわりに刑務官がいなかったもんだから・・・」と最後の面会(3月16日)に言っていた。

この出来事は本当に泉水さんらしい行いだと私は思う。泉水さんの最初の刑事事件も自分を守るためでなく巻き込まれたという。無期刑で千葉刑務所に服役中に同囚に医療を受けさせるため刑務官を人質にとって訴えようとした。

その後、日本赤軍によるダッカ事件の指名に応じたのも、「自分が行けば、人質になった乗客は釈放されるだろう」という考えだった。

泉水博さんの生涯は終始、人のために行動し、貧乏くじは黙って自分が引くというものだった。

しかし今回の懲罰への泉水さんの怒りは大きかった。人として正しい行為をしたとは言え、いちおうルール違反であることは泉水さんも認識していたので、「まあ訓告ぐらいで済むかな」と思っていたら、十日間の閉居罰を食らってしまったのだ。

普段、私との面会時には温厚な泉水さんが怒りをあれだけストレートに表すのは十数年来のつきあいでも記憶がない。泉水さんの心身を刑務所の管理体制がどれほどすり減らしていたか、怒りと共に記憶したい。

 

2006年のことであろうか、初めて会った泉水さんの印象は、小柄な体をキビキビと動かし、歯切れの良い一昔前の東京弁を話す折り目正しい人、というものだった。私は泉水さんのいたずらっ子のような笑顔や時に見せる含羞が好きだった。

面会はやがて定期的なものとなり、毎月一回は岐阜刑務所に行くのが私の習慣になった。泉水さんの窮状を訴える水田ふうさんをはじめ多くの応援団と共に私は泉水さんとの友情をはぐくんで来た。

2010年の秋、岐阜刑務所は突然面会の不許可を連発しはじめた。これは泉水さんを特別にねらったものではなく、全体の面会者が増えすぎたことなど管理上の理由であったが、新しい施設収容法の趣旨を大きく逸脱した刑務所運営であった。

泉水さんと共に獄外の仲間が共同原告になり、面会権を求める国賠訴訟を起こし、一審の岐阜地裁で部分的勝利、二審の名古屋高裁では一部をのぞきほぼ全面勝利に近い判決を得ることができた。

一方、泉水さんは最初の刑事事件(1960年の事件。なんと60年前!)で無期懲役刑を執行され続けている状態であった。さらにフィリピンで拘束された際、偽造旅券行使による旅券法違反で二年の有期刑も言い渡されていた。これまでも「救援」誌面に何度も投稿したように、刑の執行順序を変更し有期刑を務めないことにはいつまでたっても仮釈放の対象にならないという絶望的な状況であった。

このための裁判もこの数年戦ってきたが、昨年一審に続き二審の名古屋高裁でも敗訴し、最高裁に上告中の中、突然迎えた死である。

泉水さんと共に歩んできた十数年間、成果もあったが、成し遂げられなかったことの方が多い。何より、あれほど出所したかった泉水さんの願いをかなえられなかったことは残念という言葉では到底表せない。

泉水さんとの付き合いで学ばされたことは本当に多い。たとえ周囲と摩擦を生じようとも自分が信じる倫理に従って行動すること。事を起こすについて損得を考えないこと。取った行動の責任は自分が負うこと。昨今あまり見られなくなった人間の生き方、規範を示してくれた。泉水さんの人生の最後尾を伴走できて私は幸せだった。ありがとうございます、泉水さん。

最後に、泉水さんが亡くなった状況がどのようなものであったか刑務所は私たちに明らかにしていない。刑務所の壁は依然として厚いままだ。こんな行刑が許されていいはずがない。泉水さんもどれだけ無念な思いで旅立っただろうか。

舟橋 寛延

『怒りていう、逃亡には非ず 日本赤軍コマンド泉水博の流転』 松下竜一 河出書房新社 

Comment

雨なので電車のったら三密は あるじゃないのさ京浜東北

2020年05月18日 | 詠む

自転車通勤を励行しているが、雨だと危ないので電車に乗った。

箱のなかで、2メートルの距離なんて取れないじゃない。

テレワークできない貧乏人は、死んでいくんだなあ。殺されるんだなあ、じわじわと。

画像は、ぐにゃり。げんなりから連想。

Comment