千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

ニコ動も

2011年05月31日 | 詠む

ニコ動も真摯な報道するんだね 量が質へと転化したのか

いかにして「暴言検事」は生まれたか ニコニコ動画

数年前までニコニコ動画は、児戯に等しいものだった。参議院選挙に立候補した時のテレビ政見放送映像は6本あるのに、そのなかで一番わるいのをダビング重ねて画質劣悪、へんてこな文字いれた最悪の晒しものだった。

小沢議員の発言を、ニコ動で何万人もが観る時代になったと知り、変わったなあと感じた。

今回、市川元検事の発言「全文書き起こし」紹介と知り、隔世の感あり。

視聴者が多くなったいま、ステイタス向上を目指してるのかもしれない...が。

Comment

怪物は

2011年05月30日 | 詠む

怪物は警察あがり野球ほか 天覧炉さえ小道具とす

巨怪伝』佐野眞一 文藝春秋

備忘メモ

ストライキ 65頁

警察電話の地域での流言飛語 68頁

裕仁は柵を取り払い中に入り...階段を登って原子炉の中心部を覗いた(要旨) 371頁

Comment

ひさかたの

2011年05月29日 | 詠む

ひさかたの光はかなき皐月かな もはや季節は梅雨となりつつ

Comment

顔本の

2011年05月28日 | 詠む

顔本の友が百人超えてなお 子細わからぬ電脳なのさ

フェイスブック。1年前にトランペット奏者から招待状をもらったまま、しばらく放置していた。1月に映画を見て予習してから入った。

311のあと、安否確認がわりに使うこともあり、友達が増えていく。廻り廻って、同じ職場の人まで繋がってしまった。

で、この顔本。やればわかると思いきや、いまだに謎の塊なり。

Comments (2)

沖縄と

2011年05月27日 | 詠む

沖縄と原発むむむ解毒する 写真と映像お話の会

染色家の松永優さんから案内をいただいた。これは、行かねば。

森口  豁 写真展&講演会
 6月1日(水)~6月5日(日) 9:00~20:00
 

さいたま市市民活動サポートセンター
コムナーレ 展示場
JR浦和駅東口前 パルコビル9階

森口豁ドキュメンタリー&トーク
 6月5日(日)  PM 3:00~  写真展会場 (入場無料)

                   

沖縄、そして原発

 

 ドキュメンタリー上映作品

     「毒ガスは去ったが・・・」(1971

    「空白の戦史・沖縄住民虐殺35年」(1980

Comments (2)

てふてふは

2011年05月26日 | 詠む

てふてふは韃靼海峡わたれるか ひらりひらりん放射能あび

元歌:「てふてふが一匹 韃靼海峡を渡って行った」 安西冬衛 詩集『軍艦茉莉』(1927年)所収

トルストイの「コーカサスの虜」の韃靼人、作曲家ボロディンの「韃靼人の踊り」の印象がある韃靼=タタールなのだったが、詩を書いた彼の時代、韃靼海峡は今の間宮海峡である。

間宮林蔵の名を冠した、樺太とユーラシア大陸のあいだの海峡。

1927年、一匹の蝶が渡っていったが、いまはどうだろうか。

Comment

雪冤を

2011年05月25日 | 詠む

雪冤を晴らしたるなり二人組 ながき道のり44年め

布川事件 再審無罪 発生44年、名誉回復へ 東京新聞5月24日

記事見出しの最後は、「へ」なんだよな。この現実。

検察は控訴権を放棄してない。まんぜんと、というか嫌がらせに14日延ばす奴ら。

Comment

ふざけるな

2011年05月24日 | 詠む

ふざけるなぶっころすぞという検事 ひるがえりての告発の勇

ユーストリーム: 「検察、世論、冤罪」【前半】  【後半】

Comment

見えもせず

2011年05月23日 | 詠む

見えもせず聞こえもせずの放射能 小満の生を蝕んでいく

24節季は、短歌を詠むようになってから意識している。植物の名前も。

(とはいえ、実は...わたしの趣味じゃないんだけどねー。経営者がブログ辞めろというから、「では短歌にします」と取り敢えず対応したのが...発端)

「小満」に因んだ歌を作ったのに、メモ書き紙片が何処かに行ってしまった。ばたばたの50人逮捕で、二日ずれてしまったが、無くした初稿を思い出せない。無くしたものが美しく見える、哀しい習性。

Comment

まつろわぬ

2011年05月22日 | 詠む

まつろわぬものども獄に運ばれる そして極左と分別される

>警視庁によると、三里塚・芝山連合空港反対同盟の代表・北原鉱治容疑者(89)や中核派活動家ら50人は

下の句は、警察発表を垂れ流す報道への皮肉を込めて。

当日参加したひとの話では、傍聴希望者は140人いたとのこと。いまどきの中核派が平日の裁判所に、そんな大人数を集められるわけないじゃないの。

ツイッター情報では、「逮捕された50人の中には裁判所内の待合室で抗議行動が終わるのを待っていただけの人も。帰ろうとするのをエレベーターのところで邪魔して1時間半も拘束したあげくの逮捕。「不退去罪」というが、真逆」という発言もある。

少なくとも逮捕された50人全部が中核派じゃないだろうに。勝手に決めつけ=分断しないでよ。

わたしは中核派を支持するものではないが、嘘=デマゴギーは許せない。

余談だが、落合洋司弁護士が記事の誤字を指摘

>裁判長に合わせろ←間違い、「裁判長に会わせろ」が正解

(裁判長=お上、に迎合しろ...という深層心理が透けてみえる。)

ともあれテレビ朝日は、日本語能力レベルでも最低最悪なのね。

 

Comments (2)

50人

2011年05月21日 | 詠む

50人裁判所ない逮捕さる 分散留置50ケ所なの?

<成田空港>用地内の団結小屋の撤去仮執行宣言…東京高裁 毎日新聞5月20日

>この判決に抗議するため高裁の退去命令に従わず居座ったとして、警視庁公安部は20日、同盟事務局長の北原鉱治容疑者(89)や大阪府泉佐野市議の国賀 祥司容疑者(59)、中核派活動家など男女50人を不退去容疑で現行犯逮捕した。

>逮捕容疑は午後2時半ごろから「裁判長に会わせろ」などとシュプレヒコー ルをあげ裁判所廊下を占拠したとしている。

救援連絡センター、大忙しじゃん。

Comment

いたずらと

2011年05月20日 | 詠む

いたずらと報道されし表現者 名乗りでたるをどう扱うか?

岡本太郎壁画に原発の絵 渋谷駅、美術家集団が掲示 47ニュース5月20日

「いたずら」という言葉は、幼児への性的暴行も「いたずら」と言われることがあるので要注意の言葉。

第一報を聞いたとき、どんな表現なのかと気になった。その後、絵の写真が報道され、このたび名乗りでたことにより話題になった。

2003年の「建造物損壊」落書事件は最高裁まで争われたが、今回は?

はたまた、売名行為で終わるのか?


Comment

まじめさは

2011年05月19日 | 詠む

まじめさは心配性と相まって さきへの不安ふつふつたぎる

弁護士のくせに法を守らず国民年金未納の、橋下徹大阪府知事と違って、わたしは基本的に1年分の前納を励行していた時期もあったな。どうせ、ろくに貰えないだろうと知りながら。

91歳の父が死ぬまでは自殺しないと決めているが、みずからの老後の見通しを考えると真っ暗闇。

お金と健康の順位。とりあえず目先の問題。今年は健康診断を受けない。医者に支払う金が無い。

Comments (2)

デスクトップ

2011年05月18日 | 詠む

デスクトップピクチャ飾りし五月かな 文字以外にも技さまざま

姐さん作成の画像を貼りつけたけど、ちゃんと付いてるかしら。大きくしないと文字が読めないけど、そんな技は無いしなぁ。

わたしは文章を大切に思っている。情報収集は、基本的に紙から。いま読んでいるルポルタージュ「巨怪伝」は700頁こえるけど、それくらい分量あると安心感を持つの。

速報性などの利点が多いのでインターネットを使うけど、映像や画像は二次的な手段。目が悪くなると困るので、なるべく避けるようにしていた。だけども、しだいに好ましいものが増えてくる。

すてきなポスター、見つけたので紹介。

緊急シンポジウムは、なんと無料。みんな、きてね。

Comment

「検察、世論、冤罪」5月23日(月)お茶ノ水・明大

2011年05月17日 | 企画

最近の検察の暴走と、この検察が垂れ流すリークと大手メディアのスクラムが、日本を異常な状態に陥れ、まさに恐怖政治状態になっていることに対し、ただ見ているだけではなく、自らの手で、一石を投じるための会。

健全な法治国家のために声をあげる市民の会」かんれんの、緊急企画。

以下、転載-------------------------------------------------------

  • テーマ:「検察、世論、冤罪
  • 日程:5月23日(月)18時30分
  • 会場:アカデミーコモン3階アカデミーホール
    地図:http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
    ※場所は駿河台(最寄り駅:お茶の水または神保町)
  • 主催:明治大学大学院情報コミュニケーション研究科
  • 協力:健全な法治国家のために声をあげる市民の会
  • 総合司会: 江下雅之(明治大学情報コミュニケーション学部教授)
  • 司会:   岩上安身(フリージャーナリスト)
  • パネリスト:郷原信郎(名城大学教授・弁護士・「検察の在り方検討会議」委員)
           山下幸夫(弁護士・元最高検察庁アドバイザー)
           山口一臣(週刊朝日前編集長)
           八木啓代(「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」代表)
  • 入場無料
  • 一般公開ですので、どなたでもご入場いただけます。途中入場も可能です。
  • 予約はできません。当日先着順のご着席となります。
Comment