千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

全盲の

2012年04月30日 | 詠む

全盲の僕が弁護士になった理由」 大胡田 誠 日経BP社

副題は「あきらめない心の鍛え方」、うんうんと頷きながら読む。

先天性緑内障により、12歳のときに視力を完全に失い、全盲となった彼。弁護士になるまで、なってからの様子。

全盲のパートナー、そして子育て。ひとつひとつ道を切り開いて行く姿に感動。

---備忘メモ----

最高検からの電話が切っ掛け 毎週ハーフマラソン 62頁

大学で点字の音がうるさいからと、脇へ移動させられそうになる話 113頁

受験予備校の伊藤塾 「どんな状況のひともサポートする」えらい 124頁

ロースクールでの配慮 140頁

法務省の門戸を開く 受験にパソコン使用を認めさせる 144頁

障がい者が生きやす場所は、健常者にとっても安心できる場所 そうだ 192頁

Comment

「法廷弁護士-少女の居場所-」 徙木信 日本評論社

2012年04月29日 | 

法廷弁護士-少女の居場所-」 徙木信 日本評論社

● 第1話「不屈の借地人」

理想的な町弁のありようを描いている。「やっぱり頭がつかないよ」から始まる文章は、明るく分かりやすい。

刑事告訴するために、東京都の迷惑防止条例の...議事録まで調べる。36頁

この弁護士は、顧問先を持たない。なるほど。54頁

即時起案。ふうん。59頁

● 第2話「少女の居場所」

いろんなことで傷ついた少女は、立ち直ろうとしても...何度も犯罪を繰り返してしまうのが、とても辛い。最後に、微光。

弁護士選任への妨害。ひどい、107頁

>準抗告をめぐる検事の自慢話「・・・裁判官は犬と同じだ。吠えた叩く、吠えたら叩く。これを何度も何度も繰り返す。特に新任判事補は、何度も、執拗に、徹底的に躾ける。そうすると、叩かれるのが嫌で、犬はもう吠えなくなる。・・・」

ぞぞっ。115頁

全186頁しかないので、2時間も掛からずに読める。おすすめ本。

Comment

「ソルハ」とは

2012年04月28日 | 詠む

「ソルハ」とは平和もとめる言葉なり 少女見つめるアフガンの空

ソルハ」  帚木蓬生 あかね書房

アフガニスタンの、5歳の少女の成長譚。子どもの視点で進んでいくので、小学生にも分かる。

とはいえ内容は、大人も知らない戦争の真実。アフガン戦争で級友や母を失う辛い経験。乗り越えて、そして学びながら成長していく少女。

---備忘メモ-----

少女の初めてのサッカー観戦。家族みんなで競技場に行き、休憩時間になると...公開処刑 166頁

少年たちがハザラ人を虐めるのは、おとなのやり方の反映なのだろう 182頁

ソ連軍の戦車。20年前から置き去り 201頁

バーミヤンでの殺戮 82頁

仏像にロケット弾 261頁

Comment

「医療が病いをつくる ― 免疫からの警鐘」 安保 徹 岩波書店

2012年04月27日 | 

医療が病いをつくる ― 免疫からの警鐘」 安保 徹 岩波書店

驚愕の書。

>いろいろな国で、癌検診を受けたグループが受けないグループよりも発癌率がむしろ高いという統計がでているが、それはこういう背景によるものと思われる。

その続きは、本書34頁を開いてね。ほかにも、愕然とすることばかり。

ステロイド剤についても、しかり。64頁

白血球増多は、わたくし初めて健康診断で出て要検査...ただし金がないからやらない。しかし、実際のところが分かった203頁。

 

Comment

検審を

2012年04月26日 | 詠む

検審を騙した検事まとめての 告発すなり125人

東京特捜幹部をサクッとまとめて告発してまいりました 八木啓代ブログ

>告発状(全9ページ)に、検察審査会を誤誘導して起訴決議を出させようと企てたことに対する偽計業務妨害、公判で虚偽報告書について「記憶が混同した」な どと嘘を言った田代検事への偽証、さらに、田代報告書と石川録音の内容に矛盾があることを知りつつ、適正な捜査を行わなかったことに対して、当時の特捜部 長と副部長に、犯人隠避。.....というてんこ盛りをいたしました。

> さらに、すでに告発済みの田代検事の虚偽有印公文書作成および行使に関して、追加の告発事実補充書も出しました。

わたくしも理事をしている会です。

>実質二日で、なんと全国から125通もの告発状が届いたのです。 その量、紙枚数にして1700枚以上!

わたしが職場で、ひとりだけ「GPS位置確認されながら...配るチラシ」の重さと、ほぼ同じだな。

告発状(ダブルクリックでダウンロード)

時事通信読売新聞共同通信 ← これもクリック、ね。

Comment

ホトトギス

2012年04月25日 | 詠む

ホトトギス...花にもあると知りたるは 富太郎記念切手の図柄

特殊切手「牧野富太郎生誕150年

ジョウロウホトトギス、などと片仮名では...ぴんと来ない。

じょうろう ・ ほととぎす。 上臈 ・ 杜鵑草。 牧野富太郎博士が命名とのこと。

上臈とは、なんと雅な響きかな。杜鵑草のほうは、「泣くまで待とうホトトギス」で有名な鳥だが、実はユリ科の花でもあるのだ。

生誕150年を記念して発売された特殊切手を買いたかったが、赤貧状態なので諦めたの巻。

------------------------------------------------

さて、下記は今日ね。

岩上安身 ‏ @iwakamiyasumi 【IWJ・UST】4月25日14:00頃~Ch7にて、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」代表の八木啓代氏のぶら下がりインタビューを中継。Ch7→( live at )に注目。

Comments (2)

国のため

2012年04月24日 | 詠む

国のため...魔法の言葉ふりかけて 「ブラック&ホワイト」コメディ

映画「Black & White/ブラック&ホワイト」  原題: This Means War

CIAを舞台とした、ラブ・コメディ。盗聴器や麻酔銃、無人偵察機がんがん...出てくる。

たわいもない筋書きだが、機密事項と称して「国のため」の名目をつければ、職権乱用なんでもありって...こわいね。

Comment

「貧乏だけど贅沢」 

2012年04月23日 | 芸術

貧乏だけど贅沢」 沢木耕太郎 文芸春秋

単行本の出版時に読んだが、文庫になったので再読してみた。

改めて...キューバって、「貧乏だけど贅沢」なとこだわ。

八木啓代が語る「キューバ中華思想」、沢木耕太郎の唱える「キューバ世界遺産説」。なるほどね。

今年は、「あのキューバが石油輸出国に!」 うれしいな。

なにしろわたしの座右の銘は、フィデル翁の「困難は打ち勝つために存在する」だもんね。

Comment

「堕天使の

2012年04月22日 | 詠む

「堕天使のパスポート」なり...トルコから ロンドンに来た移民を活写

映画「堕天使のパスポート

22歳のトルコ娘が、主人公。冤罪により国外逃亡している黒人も、よい。

臓器売買をも含む闇の世界を描きつつ、最後は...微かな光。

さすが、BBC。

名画座「新橋文化」にて、初日の初回で観る。

併映の「アイガー北壁」も、1930年代ドイツ・オーストリアの歴史を踏まえた佳作。

Comment

マリリンが

2012年04月21日 | 詠む

マリリンがキュートな映画なんだけど いささか不満なぜなのかしら

映画「マリリン 7日間の恋

そっくりでしょ、セクシーポーズ。じょうずでしょ、可憐なマリリン。かわいいでしょ。

わかった、わかった。じょうずだわ。脇を固める大物俳優陣もいるしさ。

外見は万全なんだけど、中身が...いまいち。

1996年の「ノーマジーンとマリリン」は、よかった記憶があるが...。

Comment

「幻の

2012年04月20日 | 詠む

「幻の女」ミステリ名作ね ここにも田代みたいな検事

幻の女」 ウィリアム・アイリッシュ 早川文庫

江戸川乱歩が絶賛した、有名なミステリー。

図書館から借りて、目次を開けると 「1 死刑執行前150日 午後6時」

以下、「23」まで刻々と死刑執行前の日時が続く。これは死刑ぜったい反対派としては、見逃せないぞ。

ゼラニウムを、天竺葵。てんじく・あおいと書いてあるとこが、渋い。 Phantom Lady 1942年の作品。

そして、裁判にはストーリー田代みたいな検事が出てくる。100頁。

Comment

地検への

2012年04月19日 | 詠む

地検への告発人を募集中 ストーリー田代上司5人だ

その挑発、再び受けて立たせていただきましょう:刑事告発いたします 八木啓代のBlog 5月18日

>検察が自らの手で膿を出さないのなら、私たちがお手伝いするしかないではありませんか。ということで、田代政弘検事の上司の皆様を、まとめて刑事告発させていただこうと思います。

あらら。またもや。

なあんちゃって、わたしも「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」の理事なの。

ということで、不肖わたくしも告発人に名を連ねます。


>さっそく、当会の優秀な法曹チームが作業にかかってくださっております。

用意ちゃくちゃく。

>告発には当会の正会員が名前を連ねる予定ですが、こうなったら、自分もこの告発に参加したいという方は、どうぞ、この機会に、会員にお申し込みください

年会費は、わずか1000円なり。

ネットを駆使してるから、この費用で運営している。とはいえ、カンパは...大歓迎です。

Comment

過労での

2012年04月18日 | 詠む

(一番右、われわれの主体から言うと一番左が...わたくし)

(反対側の端っこが、ケーン委員長)

過労での自殺は労災...認定よ 悪弊やめよウエザーニューズ

「4.18 生活と権利のための外国人労働者総行動」というのに、行ってきた。

気になってるウエザーニュース社。昼休みの交差点前大集会。幕張テクノガーデンのビルの前。

Weathernews 解雇を撤回し、組合委員長を職場に戻せ! ←労働組合のサイト

いい天気に恵まれ、外国人組合員が多いと集会の様子も賑やかだ。

道は遠いだろうが、わたしも行政書士に復帰して外国人の...お役に立ちたいなと思った。

 

Comment

東弁の

2012年04月17日 | 詠む

東弁の「リブラ」誌...冤罪特集は 村木・足利・府川事件

冤罪事件 弁護人座談会「あの事件を語る」 東京弁護士会 「リブラ」 4月号

↑ 色の違っているところを、クリック。開きます。

東京弁護士会の月刊誌。発行されてから暫くすると、サイト公開される。

前号に続いて、今号も「あの事件に学ぶ」という渋い特集。なんと...

>村木事件(厚労省元局長事件)の弘中惇一弁護人,

>足利事件の佐藤博史弁護人,

>布川事件の塚越豊弁護人による座談会を,

>前田裕司弁護士(東京弁護士会刑事弁護委員会元委員長・北千住パブリック法律事務所初代所長)の司会

という豪華メンバー。じっくり座談会。

足利事件では、こんな苦い話も。

>1992年の12月22日の第6回公判期日ですね。
  

>弁護人は,家族に無実を訴える手紙を,菅家さんにいきなり法廷で示して,ここに無実とあるのはどういう意味かと聞いたんですね。それに対して,菅家さんは,「やっていません」というふうに言いました。
  

>ところが,弁護人は,その意味が分からず,「今まで嘘を言ってきたのか。もう1回裁判をやり直すつもりか」と菅家さんをなかば叱責しました。そして,新聞に,「突如否認に転ずる」,「弁護人も当惑」と書かれ,弁護人のコメントとして「信頼関係を崩された思いだ。否認を貫くなら辞任もあり得る」と書かれています。


>その2日後に弁護人は菅家さんに面会していますが,わざわざ足利から宇都宮に出向いたこともあって,たぶん気分を害して接見したのでしょう。

>その結果は,裁判長にあてた菅家さんの上申書で,「極刑と言われて怖くなって,やっていないと言いましたが,やっぱり私がやっていました。裁判長,すみません」というものでした。

>そして,菅家さんは,翌年1月の第7 回公判で,「上申書に書いた通りです」と再び公判廷で自白してしまいました。

>無実の被告人が,1回否認に転じながら,また自白したという例を知りませんが,足利事件は,弁護人にとっても大いなる教訓を残した事件です。

(以上 >部分はリブラからの転載)

そうだよなあ。

Comment

地検から

2012年04月16日 | 詠む

地検から返事ないので質問状 ストーリー田代そのまた上司

それでは本陣へ参りましょう:田代の上司たちに質問状を出してまいりました。 八木啓代ブログ

上記は、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」代表の八木啓代ブログなり。クリックして、読んでね。

1月12日ストーリー田代を刑事告発したのに、東京地検。動きが見えないので4月3日に質問状。

今日は...田代の上司5人に、質問状。

どんどん事態は発覚していくのに、ついていけるか検察庁。

Comment