千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

4ミリの刈り上げなるは定番だ 三週ごとのQBカット

2017年10月31日 | 詠む

毎日の5時45分からの、30分の水泳。そしてサウナ2回、最後に一部石鹸シャワーが定番。

時間がもったいないので、ドライヤーなんて使わない。

だから刈り上げ、最近は「4ミリ」カット。千円の店に、三週間ごとと。

気持ちは Mad Max: Fury Road

Comment

なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか? アビー・スミス他   現代人文社

2017年10月30日 | 

 なんで、「あんな奴ら」の弁護ができるのか? アビー・スミス他   現代人文社

田鎖麻衣子弁護士、4章9章12章の翻訳者からの献本多謝。

あ、15章まで各々別のひとが書いているのだ。

この本に出てきた小説「アラバマ物語」は、大昔に映画にもなったが、とても感動ものよ。

---------- 目次 緑字は千恵子メモ -----------------

1 『罪を犯した者の弁護』公表から30年

2 どうして、こんな人々を起訴できるのか? 40 なんと90%以上が有罪答弁すると 5年か終身刑か そりゃ究極の選択だよな   43 1850年代の奴隷の数より多いアフリカ系米国人が刑事司法制度の監督下にある

3 なぜ、あんな奴らの弁護ができるのか?

4 神の恵みがなければ、我が身も同じ 67 アンジェラ・デイヴィス  そうか、3年生のときの不当弾圧が公民権弁護士になろうと思ったきっかけだったんだ 75 子どもと親 守秘義務あるんだ 90 9箇月たって起訴せず、すごい嫌がらせ

5 なぜ私は有罪の者と無罪の者を同じように弁護するのか 100 離婚事件でフェミニスト弁護士が男からの弁護をを断ると、マサチューセッツ州反差別委員会は弁護士の主張を退けた ふうん微妙だ 102 死刑事件で居眠りする弁護士 眠ってないときは更に非道いと

6 「あんな奴ら」を弁護することが、なぜ、本質的なことなのか

7 公民権を擁護すること 121 ホームレスを偽装して、おとり捜査 少年事件でも雪玉を投げた類で過剰な事件化 126 大量収容と犯罪化

8 「私たち」と「あんな奴ら」についての考察 146 グアンタナモ収容所

9 人生の破壊―国家が殺害をもくろむとき 160 家族の虐待

10 「あんな奴ら」とは我々のことだ 178 ガス室 まだあるんだ ん 60年代まで? 189 仕事が無いから刑事弁護をするってか?

11 性犯罪者を弁護するということ 193 性犯罪者の居住制限に対して、闘う 197 エドワーズ判決 身体拘束下の取調べ 202 ジョセフ 論点 203 スコーキーモメント ACLUがナチスの代理人となったために支持を失った例 210 居住制限は、事実に基づくものではなく、恐怖に突き動かされて拡散している 211 潮目の変化は、新聞の社説にも 

12 どうして、こんな人々を弁護せずにいられるのか? 235 罪を犯した人々が好きだ うわっ そこまで言う? 242 嫌がらせの金属探知機検査 ブラジャーまでもが

13 フェアプレイ

14 弁護すること…今もなお

15 アメリカだけではない―自由な民主主義社会において「あんな奴ら」を弁護することの必要性

Comment

『銃後史ノート』編 「こうして戦争は始まる」

2017年10月29日 | 企画

加納実紀代のとこだけ、予習だん。40年前に高橋たか子の「誘惑者」を読んだなあ。

シリーズ・ミニコミに学ぶⅠ―『銃後史ノート』編

『こうして戦争は始まる――孫世代が出合う「銃後の女たち」』

概要:「過去の経験を今に生かす」ことは可能なのか?

「女たちの現在を問う会」編著による『銃後史ノート』(戦前編)を取りあげ、当時を生きた人々だけでなく戦争を知らない幅広い世代の人々と一緒に、日本がどのように戦争に突き進んだか、女性が任された「銃後」とは何だったのかを振り返り、現在と何が似ているのか、何が違うのかを考えます。

日時:2017年11月11日(土)13:30~17:00
場所:上智大学2号館401教室
定員:200名
対象者:テーマに関心のある方
参加費用:1000円(WAN会員は資料代500円)

申込み:uenoseminar@wan.or.jp へメールで申し込み (タイトルを「銃後史ノートに参加希望」とし本文に氏名・連絡先・WAN会員の有無明記のこと)
定員になり次第終了

話者:
加納実紀代さん
(「銃後史ノート」編集同人、女性史研究者)
むらき数子さん
(「銃後史ノート」編集同人、ミニコミ「むらき数子情報ファイル」発信)
佐藤文香さん
(ジェンダー研究者、一橋大学教授)

トーク(読者):
川上未映子さん 作家
小林エリカさん 作家、漫画家
福田和香子さん 元SEALDs

コーディネータ:上野千鶴子さん(WAN理事長)

 第1部
 開会の挨拶、ミニコミ図書館や今回の主旨について
「女性の戦争協力と『銃後史ノート』」加納実紀代さん
「私にとっての『銃後史ノート』――少年志願兵を止められる母になりたかった」むらき数子さん
「銃後からフロントへ―女性活躍時代の自衛隊」佐藤文香さん
トーク①福田和香子さんの感想発表
トーク②小林エリカさんの感想発表
トーク③川上未映子さんの感想発表

第2部
ディスカッション
まとめ:上野千鶴子さん
閉会挨拶・謝辞

主催:認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク ミニコミ図書館+WAN上野ゼミ
共催:上智大学蘭科研

●参考論文
今回『銃後史ノート』(戦前編)より9論文を取り上げてディスカッションします。
そのうち、以下の6論文についてはミニコミ図書館において掲載しています。
是非事前にご一読の上、ご参加ください。
復刊1号より「の誘惑―三原山・自殺ブームをめぐって」加納実紀代
復刊1号より「「母性」からの離陸とその挫折」長谷川啓
復刊3号より「「紀元二千六百年」と教育改革」小園優子
復刊3号より「「紀元二千六百年」―まつりと女―」むらき数子
復刊7号より「民法改正―家制度の廃止をめぐって」植田朱美・香川福子
復刊7号より「児童雑誌の中の“民主主義”」小原解子

wanのミニコミ図書館「エッセイ・ミニコミと私」というコーナーです。

https://wan.or.jp/general/category/minicomi-and-me

ブックトーク登壇者の作品や、取り上げる論文についてのコメントがまとめられています。開催前にこれをご覧戴けましたら、ブックトークがより充実したものになるかも知れません。 

各記事の執筆者は、D-WANのメンバー。タイトル以下のとおりです

では、当日会場でお会いするのを楽しみにしています。

 

・「もう、女は黙んない」―福田和香子さんのメッセージを読む…米田佐代子(女性史研究者)

 

・加納実紀代「〈死〉の誘惑-三原山・自殺ブームをめぐって」…永野眞理

 

・「皇紀二千六百年」と「明治百年」と「明治百五十年」…池川玲子

 

・川上未映子さんの2冊の本―『ぜんぶの後に残るもの』と『愛の夢とか』…米田佐代子(女性史研究者)

 

・『戦後民主主義』っていったい何だったのだろう―11.11ブックトークによせて……柳原恵

 

・佐藤文香・著『軍事組織とジェンダー』、訳『兵士とセックス』…茶園敏美

 

・「これはわたしの母のことです」―現在につながる「戦争と女性」への問い…米田佐代子(女性史研究者)

 

・小林エリカさんの2冊の本―『親愛なるキティ―たちへ』『空爆の日に会いましょう』…満田康子

 

加納実紀代さんと『銃後史ノート』井上輝子

     

11月6日現在、まだまだ追加中です。

Comment

生前退位―天皇制廃止―共和制日本へ 堀内哲 第三書館

2017年10月28日 | 

朝日新聞に「天皇制廃止」の題がついた本の書評が載ったので、うれしかった。

平成の天皇制とは何か―制度と個人のはざまで [編]吉田裕・瀬畑源・河西秀哉/生前退位―天皇制廃止―共和制日本へ [編]堀内哲

その後に第三書館の北川社長から献本いただいた、多謝。

わたしには難しかった。読みたいひとに、さしあげます。

--------- 目次 緑字は千恵子メモ -------------

はじめに-日本共和主義のすすめ
「生前退位」で始まった「壊憲」 | 堀内哲
天皇の二重性をめぐって | 杉村昌昭 ひさしぶりに読んだけど、むずかしいにゃ
日本において立憲主義は可能か 秀美 プロ市民かあ 天皇
共和制と直接民主主義 杉村昌昭インタビュー
日本で共和主義は可能か 秀美インタビュー
共和制的個人について 斎藤貴男インタビュー いつもは、もっと良くわかるんだけどな
共和国は共和制の夢を見るか | 下平尾直 寒中死刑大会のひとなんだ(微笑)
民主共和制展望 その1 | 堀内哲
民主共和制展望 その2 | 堀内哲
民主共和制展望 その3 | 堀内哲
おわりに-共和派宣言

資料王滝村村民総会設置運営基本条例(案)


Comment

死刑囚「永山則夫の花嫁」の 往復書簡・嵯峨仁朗と

2017年10月27日 | 詠む

永山則夫の花嫁 「奇跡」を生んだ461通の往復書簡  嵯峨仁朗 柏艪舎

最北端の植民地である北海道の網走の永山、最南端の植民地沖縄出身のミミ。

そして貧困のなか、どちらも母親に置き去りにされた過去がある。このふたりの運命的な出会い。

しだいに永山則夫が、幸せの手触りを感じたころの手紙、461通。

処刑から20年が経過した今、出版された往復書簡。

37 米国オマハで10年ローンを払う学生だったミミ、24歳。

40 ネイティブ・アメリカン居留地でのミミ。

45 米国社会での日本人女性だからか。勝手に恋愛の対象にされるからか、女をやめたいと思ったミミ。

107 イラン戦争,そうか戦争国の米国。留学生の苦悩。

127 無戸籍だと知った10代のミミの闘争。

149 人工授精、こどもほしいと。

204 手紙も、書店に売ってる永山本を買い占めて「焼く」兄。

謝罪の旅。ふたりで一緒に闘った裁判の結果は、死刑確定。

そして土下座をしろとまでいう永山、離婚せざるをえない花嫁。そういえば大谷恭子弁護士と初めて面会したときも「土下座しろ」って言ってたな。

かたくなな永山に戻ってしまったのが、悲しい。悔しい。

------------ 目次 ----------------------

Ⅰ 暗い海
Ⅱ 愛の往復書簡 アメリカより
Ⅲ ミミ
Ⅳ 愛の往復書簡 日本にて
Ⅴ 永山則夫の花嫁
Ⅵ 生と死と
Ⅶ 網走へ
Ⅷ エピローグ
あとがき
永山則夫・和美 年譜

Comment

アレッポの石鹸つかう日々なのだ 脇のした胸もと足さき

2017年10月26日 | 詠む

一時期は肌のために石鹸の使用を控えていたのだが、今夏から、オリーブオイルと月桂樹の油で作った石鹸にした。

といっても脇のした胸と足先くらいしか使わない。

シリア内戦の激化でアレッポも戦火に包まれた。移転前のをベルクで買ったやつ。

アレッポの石鹸製法は、四千年伝わる伝統製法。職人が口に含んで味を確めながら丹精込めて作り上げるんだと。二年間自然乾燥、熟成。

600円のうち500円が募金になる。アッサラーム

Comment

マゼンダの「フルムーンパーティ」ライブなり 29日は浦和にて

2017年10月25日 | 詠む

藤田佳子さんから案内を貰った。

マゼンダ。80年代、女性だけのロックバンド。渋谷のライブハウスとか、追っかけしてた。

----------- 以下、転載

朝夕しのぎやすい季節となりました、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

塩崎秀子さんほか、60歳を迎えた友人たちと一緒に記念のライブパーティを開催いたします。

日時:10月29日(日)開場15:00 開演15:30

Ticket:¥4000(meals & drinks)

会場:柏屋楽器フォーラムホール

さいたま市浦和区岸町7-1-9 5階

(浦和駅西口徒歩7分、東和銀行となり)

元・マゼンダのボーカリストHideko Shiozaki(現在Loose&Beatではキャサリン!、川口盛人ゴスペル隊でも活躍)の提案でこのイヴェントのためのクワイアを結成、フジタヨシコのアレンジで「月まで飛んで」の3声ハーモニーに挑戦、参加者20数名と練習を重ねています。

いつも客席からステージを盛り上げて下さる友人知人の皆さんと一緒に歌うクワイア、還暦メンバーによる2017マゼンダムーンバンドのほか、元・安全バンドの相沢トモを中心にしたアンクル・トモズ・キャビンの演奏、ゲストに元・安全バンドの長沢ヒロ&SHIORI(ヒロさんの次女、ボーカリスト)の出演など盛り沢山な内容です。

美味しいお料理とフリードリンク、音楽と語らいで秋の一日をぜひご一緒に楽しんで頂ければと思います。

会場は100名が着席出来る広さがありますので、お誘いあわせの上、遊びに来て下さい。

飲食等の差し入れも歓迎します。
ご来場の際にはどこかに赤いアイテムを身に付けてきてください。
客席の準備のため、事前にご一報頂けると幸いです。
お会いできることを楽しみにしております。

 

Comment

キャサリンは左遷されたりキネクシス 「煽動者」だよ第四弾

2017年10月24日 | 詠む

「煽動者」 ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋

キネクシス心理分析の第一人者、失敗して左遷。銃の携帯も許されなくなった捜査官。

それでも事件と対峙するシングルマザー。子どもたち、父母、廻りのひとたちに囲まれて。

それゆえに「煽動者」に憎まれて、展開していくシリーズ第四作。

下線リンクで紹介した書評に、こういう分析があった。

>人間は集団と化したときに変貌する。いわゆるヘイト・スピーチのたぐいもそうであろう。心を失い、ただ相手を傷つけるためだけに暴れる者たちの恐怖を本書は扱うのである。

Comment

中国の残留孤児と今つなぐ 下村敦史「闇に香る嘘」

2017年10月23日 | 詠む

「闇に香る嘘」  下村敦史 講談社

ぱぎやんフェイスブックの評価がすごかった。

>『闇に香る嘘』の「構想力は『三たびの海峡』(帚木蓬生)を越え、歴史性は『エトロフ発緊急電』(佐々木 譲)を凌ぎ、説得力は『テロリストのパラソル』(伊藤伊織)に勝とも劣らず、結末の意外性は『砂の器』(松本清張)を遥かに凌駕し、そして、筆力は『李歐』(高村薫)に肉薄している」

これは読まなきゃ、だ。

全盲の主人公、孫の透析。様子がよく分かるし、じょうずな小説。

中国残留孤児が日本に来るのに「身元保証」が求められるなど、詳しく調べた作品。

69歳の爺さん。介護は女がやって当然、そんな感覚だから妻に離婚届を偽造されて逃げられるんだよ。娘も嘘ついて逃げるんだよ。主人公の性格に違和感を感じるので、堪能しきれない。

結末は見事。親とか兄弟の精神的な繋がり、そうかあと思う私は偏狭なんかね。

 

 

Comment

「アトミック・ブロンド」なりはシャーリーズ セロン演じる最強スパイ

2017年10月22日 | 詠む

「アトミック・ブロンド」

「マッドマックス」で丸坊主で左腕のない「フュリオサ」大隊長やってたシャーリーズ・セロン。

こんどは、最強の女スパイ。ハイヒールや冷蔵庫、鍋を武器に使うのは、ガタイのデカイ男と闘うから。

>「男が片方の手なら、彼女は両方の手を使う。男が1回なぐるなら、彼女は3回なぐる。あるいは周りにあるものを使って優位に立つんだ」とセロンならではの振り付け

なるほど。

一日5時間の訓練。筋肉痛や打ち身、膝の怪我、歯も3本欠けたのは画面にでてこないけど。うるとらだ。

>次作のために、16キロの増量を敢行。最強の女スパイから、3人目の子供が生まれたばかりの精神病を抱えた母親へと体形から作り替えた。

42歳で16キロ増量だよ。シングルマザーのセロン、役者根性が凄い。あ、プロデューサーもやってる。

脚本がおもしろくないのが、残念。

レズビアン・セックスシーンは、おとなしめ。

 

Comment

10/26 【PARCワンコイン・シネマ・トーク】 命を救う薬は誰の手に?

2017年10月21日 | 企画

わたしのジェネリック初体験は、承諾したら「高くて効かない」薬を出されて激怒。

後発だから安いとは限らない、30年来の喘息飲み薬を薬局の在庫なしのせいで変えた1回で懲りた。

これは、それとは別の話。--------- 以下、転載。

10/26 【PARCワンコイン・シネマ・トーク】

命を救う薬は誰の手に?

日 時:2017年10月26日(木)19:00~21:30 (開場18:30)

会 場:PARC自由学校教室
※アクセスはこちら

参加費
500円

上映作品
『薬は誰のものかーエイズ治療薬と大企業の特許権』

アフリカ諸国はじめ世界でHIV/エイズに苦しむ数千万の人々――。

1996年に抗レトロウィルス治療薬が開発されると、欧米の先進国では一気にエイズ治療への希望が開けました。しかし貧困国では高額な薬は手に入りません。安価なジェネリック医薬品は製薬企業の特許権によって独占され、製造も輸入も禁止されていました。「命を守るのになぜ特権が必要なのか?」「薬の本当のコストは?」「欧米社会はなぜアフリカを見殺しにするのか?」。

映画では特許の壁を破り、途上国に安価なジェネリック医薬品を届けようと医師や活動家、製薬会社などが奔走します。 根本的な問題は、欧米諸国の政府と企業が一体となって進めてきた自由貿易推進の流れです。

WTOやTPP、TiSA、RCEPなどの貿易協定の中で、医薬品の特許権はどんどん強化されようとしていることに、国際市民社会は懸念の声をあげています。  薬は誰のものか――。 

貧富の格差が、医薬品アクセスの格差につながることを、私たちは見過ごしていいのでしょうか?  大企業の薬の特許や現在の貿易や経済のあり方は、本当に私たちを幸せにするのでしょうか?  映画は多くのことを私たちに問いかけています。 

解 説
●稲場雅紀(特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 国際保健部門ディレクター)

■お申し込み
下記のフォームから入力されるか、メール、電話にてお名前申込人数をご連絡ください。
申込フォーム:こちら

********************************************
◆お問い合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail :office@parc-jp.org 

Comment

おんなのこ「おしゃれ障害」あぶないね 罠いっぱいだ岡村理栄子

2017年10月20日 | 詠む

「子どものうちに知っておきたいおしゃれ障害  岡村理栄子 少年写真新聞社

子どもののおしゃれ、だんだん過激になってるんだ。100円ショップに並んでるのは手軽に買えるし。

写真付きで解説されると、なるほどと怖くなる。

しかし、二十歳になったら肌が頑丈になるわけじゃない。おとなでも危ないよ。

アンジーがタトゥーしてて格好いいけど、あれは元々が格好いいんだかんね。ヘナタトゥ-なら安全というのも眉唾ものだとさ。

敬愛する吉武輝子が80歳を超えた時期も肌すべすべ?化粧品つけてたのを読んで複雑な思いだったが、わたしは一生敬遠しよう。

ところで題名、「おしゃれ障害」って何かと思った。

---------- 目次 ----------------------

第1章 おしゃれ、好き?

第2章 おしゃれのまちがいさがし

 
      二重化粧品・つけまつげ
      メイク・スキンケア
      髪のおしゃれ
      ピアス・金属アレルギー
      にきび
      カラーコンタクトレンズ 
      爪のおしゃれ
      足に合わない靴・水虫 
      むだ毛のケア
      タトゥー(入れ墨)、ヘナタトゥー
      プチ整形(美容整形手術)
      体の冷え 
      人工日焼け・ダイエット・香害(こうがい)
      おしゃれ障害かも・・・!と思ったら

第3章 おしゃれの力(おしゃれで人生は変わる?!

   先輩からのメッセージ ― 10代のみなさんへ

第4章 自分のこと、好き?

Comment

シーザーの深い面差し何をみる 「猿の惑星」聖戦記なり

2017年10月19日 | 詠む

「猿の惑星  聖戦記」

もともとの「猿の惑星」も衝撃的だったが、リブート版第一作の「創世記」ジェネシスに惚れたのだ。最初に発した言葉NO! なんど見ても感動する。銀幕で三回みたかなあ。シーザー大好き。

第二作の「新世紀」ライジング、そして完結編「聖戦記」グレートウオーときたもんだ。

アンディー・サーキス、猿のシーザー役をモーションキャプチャー。ほんものの人間より、鋭い表情。すごいなあ。

謎の少女、ノバも活躍。

シーザー。後から写真チェックしてたら、白髪が混じってる。そうか、年月を経てるんだ。なるほど。

ただしキリスト教的感覚は、日本人には分かりにくい。リンクを貼った公式サイトでは、著名でない著名人のコメント群が詰まらん。でも、いいの。シーザー好きだから。


Comment

劇団・老人決死隊 「歴史から抹殺された3つの証言」

2017年10月18日 | 企画

人民新聞もレイバーネットも、10月28日新小岩ZAZAの夜が載ってないが、わしは行く。--------- 以下、転載。

劇団・老人決死隊

「歴史から抹殺された3つの証言」公演

11月4日【土】開場18:30 開演19:00
11月5日【日】開場17:30 開演18:00

作・出演 大谷蛮天門

先住民の地で行われた核実験による被曝、先住民の独立運動、日本による朝鮮人強制連行の実態、そして人類史5万年から未来への展望を下層労働者・大谷蛮天門が吼える。

大谷蛮天門 /テント芝居「曲馬館」「風の旅団」「独火星」をへて、演劇無宿の劇団名で独立。今秋、劇団・老人決死隊に改名。

木戸賃 2,000円

出演 大谷蛮天門  川のツル
音効 常田万蔵
制作 小見 憲

<問い合わせ> 
ohanasi@bd5.so-net.ne.jp (劇団・老人決死隊)  
090-2933-0687(大谷)作・出演 大谷蛮天門
planB http://i10x.com/planb/

Comment

悪評の高いアディーレ懲戒か 一罰百戒?法律事務所 

2017年10月17日 | 詠む

>今回、東京弁護士会が公表した処分理由は景品表示法違反。常時着手金を全額返還するキャンペーンを行っていたのに、事務所のウェブサイト上では1カ月間の期間限定と謳っていたというもの。2016年2月、消費者庁から措置命令を受けており、これを理由に弁護士会として下したのが今回の処分だ。

えっ、これだけの処分だったの? ってかんじ。

依頼者の数、ものすごい数だよねえ。どうなるんだろう。

従業員数も、千人。日本で6番目の規模。

毎朝きいてるTBSラジオの詐欺まがいの司法書士、弁護士法人の広告も止めてほしいのだが。不愉快。

弁護士への尊敬心は、さらに薄れていくだろう。 

「黄金のアデーレ」ナチとオーストリー 取り戻すのだ裁判なのだ この時も悪ノリ広告してたっけ

Comment