棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

明治の少女の絵--模写

2019-12-23 12:34:19 | 山郷の暮し
 原画のアップ
この絵を画像で見たときパッと浮かんだのはあのポスターだ。
そうです、朝ドラで蘇った「赤玉ポートワイン」の写真である。
さらに、大正ロマンの美少女絵の旗手ともいえる竹下夢二の作品。
そのほか名前は出てこないが、少女雑誌の挿絵など数々浮かぶ。
当たり前ですがそんな時代に育ったわけではないが、昭和半ばまではどことなく明治大正が漂っていたと思います。

手に入れたこの油彩画の作者「すさび良一」も、資料としてみてきた中の一人ではないだろうか。
描きなれた筆の運びに、今でいうイラストレーターではなかったのかと思うのです。
本業の制作からチョットはなれ、遊び(すさび)で描いたかもしれません。

模写をしていて「描きなれているナーー」と特に感じたのは背景の浮世絵です。
塗重ねはあまりなく、さらりとした筆の運びはのびやかである。

情景を想像するのに、明治・大正期には浮世絵などが自然に室内に貼られていたのであろうか。
画面を演出すお膳立てとは思えない背景に、言い難い良き空気、空間を感じる。

私がこの絵の模写を制作したいと、さりげなく始めてしまったが、少し注意不足があった。
それは、キャンバスのサイズが元絵は細長のP-8型であるのに対し、私は手元にあったM-8と幅広である。
それゆえに空間が異なり、少し変えざるを得なかった。

制作中はたいして気にも留めなかったが、完成をし見比べると多少は気になっている。
正直、何とも優しい目つきは描き切れない・・。降参である。
それはともかく、楽しい制作ができました。


17年に制作した「華華成人」F50




コメント   この記事についてブログを書く
« 3--模写・・明治の少女の絵 | トップ | 令和--年賀状 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

山郷の暮し」カテゴリの最新記事