棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

3--模写・・明治の少女の絵

2019-12-21 12:04:58 | 山郷の暮し
3 模写

お絵描きの技術的なことを延々と記とても面白くはないのですが、今少し参考までにおつきあいください。
仕上がった色(表面の色)に至るまで思わぬ色から始まっています。
画家は最後の仕上げの色をイメージして重ね塗りをしてゆくのです。

筆塗りの厚みは0.1-0.2ミクロンくらいだそうです。
下の色が透けてゆくことにより、深い色合いになってゆくのですがこれが難しい。
色付きセロファンを重ねると色が変わっていきます。これとおなじで、実際にセロファンを参考に使うこともあります。
また、溶油との関係や絵の具の軟度などもあり、とても書ききれませんが、画家の技量が問われるものです。

さてこの絵の場合ですが、顔の部分はかなりジンクホワイトを塗り重ねたと思われる。
ヨーロッパの肖像画に見られるつややかな肌の技巧です。
そして、水色系で影などを地塗りとして描いているようだ。
私はこの下地塗はしたことがなく、戸惑いながらの制作となった。
また黒色は使われておらず、おそらく濃いインディゴをベースにした混色であろう。
それゆえにどことなくぼけた感じがする。
それが不思議な効果を生み出しているのかもしれない。
少女の何とも言えない穏やかな情緒ある顔は、現代の美少女とはかなり異なる輝きだ。

3
コメント   この記事についてブログを書く
« 2-模写 | トップ | 明治の少女の絵--模写 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

山郷の暮し」カテゴリの最新記事