普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

最近の世論調査で思うこと

2019-05-24 13:50:24 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 5月20日の読売新聞で世論調査で政党の支持率が出ていましたので同じ1月28日の調査て比べて見ました。
・どの政党を支持?自民党42(前回40、1月28日調査では38)、以下同じ並びです。立憲民主4(4、6)、国民民主0(1,1)公明4(3、3),共産2(3,2),維新3(4、1),支持政党はない41(40,45)
。参院選でどの党に投票するか自民党43,立憲民主8,国民民主1,公明5,共産3.維新7。
{1月28日の時の私の意見}
 野党の支持率の合計は立憲、国民、維新で8、それに公明3、共産2で合計18。
 少しの誤差は有るが、幾ら自民党が嫌いでも45%の人が支持政党がないと歎いているか諦めているのだ。特定の思想に支配されていると疑われている?公明・共産除く野党は、自分達が国民の野党の要望に応えていると思っているのだろうか。これでは次期参院選でいくら共闘しても結果は知れている。それより先に野党がやらねばならをぬことは、如何にして野党が自民党に優る政策を打ち出すかに掛かっている。
 自民党政権を倒したときは野党がこれと言った対策をなくても、安倍内閣のときのマスコミ特にテレビの内閣から自殺者蛾出る程の執拗な閣僚の事務所経費問題、麻生さんの漢字読み違いの報道があったが、今はモリカケ問題で追求するほど野党支持率下落。支持政党はない言う45%の国民は野党モリカケよりももっと前向き質問をしろと考えているのに気付かない野党。
                           
 そして維新の党主導の大阪府・大阪市議員の選挙。私は大阪都構想に反対ならどこが拙いかを具体的に示して反対の与野党は戦うべきだと書きました。然しどの全国紙を見ても委員の会の提案反対の理由は書かれても、大阪都構想の何処が拙いかに就いての報道無し。結果は維新の党の圧勝。理由は反対党は反対の為の反対、維新の会は大阪市民の為に戦っていると市民に思わせたとの報道。
 その結果が世論調査で示すように維新の党の支持率の急上昇。
 理由は同等の自民党政権の政策の是々非々の対応と今回の大阪都構想の是非を訊く選挙の成功です。
 一方心配なのなのは提案路線、労使協調路線の組合を支持を受けている国民民主の支持列の低下です。それを実直に進めて行けば見る人は見ているのに、目先の選挙ばかり考えて、何を考えいるか判らない自由党との協調路線を採ったこと。それに反対して脱党者が出た様に、それが支持率コンマ以下参院選投票に僅か1%しか行かない人に現れています。
国民民主ととるべき対策は
・同じ手を結ぶのなら今フリーの立場の野田さん、政策がやや似ている希望の党と組むこと
・もとの提案路線に戻ること、
・労使協調の組合と提携を強化すること。
これまで書いた後5月23の読売に参院歳費で自主返納案の報道。
 国民民主の提案に自民・公明が乗って改正案を野党に示したと出ていました。
 それに遅れをとった立憲民主が対案をだしたいと言っているそうです。
 そして読売の社説の「国会改革・政策を競い合う場にしたい」の最後に「国会改革を目指す超党派の議員連盟が発足し、様々な提案が出ている。この機運を逃さず着実に成果をげて行くべきだ」と締めています。
 どちらかと言えば自民党よりの読売でさえ国民民主の提案路線を支持しているのです。
目の前の選挙も大事ですが提案路線堅持と労使協調の労組と結びついて、国民民主党の頑張りを期待しています。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

悪徳業者・セブン・アイ?

2019-05-24 13:45:56 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 わたしは表記の会社に就いて2度に渡って次のようなこことを書きました。
 今セブン・イレブンで終日営業をするか否かで社長が交代するまでの大騒動になっているそうだ。問題の発端は同社の契約会社が深夜営業を止めたところ契約違反だとの問題になつてからの話。問題はセブンが何故深夜営業に拘るのかと言う理由だ。深夜1時から朝の5時まで店を締めて周辺の人がどれだけ、何人の人が困るか、それが営業成績にどれだけ反映するか。周辺の人が困ることは殆ど無いし使用する人も数人。売上から人件費とロイヤリティー差し引けばマイナス。そんな損失を全て契約会社に押しつけて、儲けだけはセブンが吸い上げる。そんな馬鹿な!!直営の時も契約会社とも周辺の人達に自社や契約会社の損にならない範囲の出来るだけのサービスを提供するのは当たり前のことと思う。セブン・イレブンの昔の名前のように原点にもどるべきだ。
 この問題に就いて4月10日のNHKの報道特集と翌日の読売新聞の報道。某セブンの加盟店は独自に短縮営業を行い売上は減ったが人件費が浮いて利益が前年同期より上回った。セブンはさらにロイヤルティーを稼ぐため前からの加盟店の迷惑を考えずに同じ地域で契約者を増やしている。私の周辺でも歩いて約十数分の場所に二カ所のセブンの加盟店。セブンの幹部は自社の儲けしかない?
 新聞で各社の24時間営業の立場を並べていた。
・セブン:原則24時間だか柔軟な対応を検討(加盟店が短縮営業の導入には慎重姿勢が強いと読売新聞の注記)
・ファミマ:時間短縮の実験を開始
・ローソン:条件によっては24時間以外も選べる
 前記の加盟店のオーナーの人は「本部も加盟店も互いが成長できる仕組みにしないと長続きしない」と言っているが正論と思う。
 このままでのセブンの姿勢では加盟店離れの増加は必至、業界一位の地位低下は避けられないだろう。私はコンビニ改革の第一歩は前に書いたように、「むやみやたらの」深夜営業の見直しに尽きると思う。

 そんなときに、5月23日のWBSの「コンビニのオーナーたちもセブン&アイ株主総会に出席」の報道。文字通り孤軍奮闘しているオーナー。その時に彼の店のエリアの中で「4軒のセブンの店が開店」、セブンの利益は増えるが彼の店の利益は激減。!!思いたってセブンの株主になって総会に乗り込むと言う話。セブンの大幅の減益のカープの表示。読売によれば、今年始めは4,900円台、23日の終値3774円。それに対する総会での社長の陳謝の言葉。それでもオーナーの事よりも配当しか気にしない多くの株主。がっかりして帰るオーナー。
 WBSはセブンと比べて大幅に少ない北海道の某地域の会社の深夜営業の比率をあげて、後者は全て直営だからと解説者の説明。つまりセブンも直営だったら深夜営業も同じ地域に5店も置くなどの無茶にはしない筈だと言う遠回しだが厳しい解説者のセブンへの批判。
 詰まりセブンはオーナーの犠牲を前提の営業方針。だから同じエリアの中にセブンの店を5店も開かせ、オーナーに徹夜営業を強制して、自社だけが5店分、深夜分のロイヤリティーを稼いでいる悪徳業者と言われても仕方がない営業方針。
 読売によれば総会で社長は加盟店が営業時間の短縮を希望すれば柔軟に対応。立地や商圏などそれぞれの状況を見極めると言っているそうです。もしそれが実現しなければ、大幅の株価減が示すように社会がそれを許さないと思うのですが。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

川柳「爽やかに老友免許証返す」

2019-05-24 13:43:45 | 川柳
 最近老人の運転ミスで表記のような問題がテレビに流れています。運動神経が鈍くうっかりミスの多い私は歩き専門ですが、免許延納を考えている友達にいざと言う時にスイッチを切れないのかと質問をしてそんなことは出来るかと笑われました。21日にも運転は運転手まかせの安倍さんも自動ブレーキなど直ぐに対策を考えろと指示を出したとテレビの報道。この問題の悲劇は運転する人の殆どが善人、被害の逢った人の責任はないこと。自動車会社が自動運転に凌ぎを削るのも良いですが、何か直ぐ対策のできる簡便有効の方法を考えつかないのですかね。

コメント

「吟社くろがね」紹介「陽のあたる道を歩いていて孤独」

2019-05-24 13:39:29 | 川柳

川柳くろがね」5月号より
前月号鑑賞 小川清隆 選評
「他所の妻ならば出るのに褒め言葉」  安川 聖
 九州男児は特に奥さんを褒めることは少い。他所の奥さんには歯の浮くようなお世辞も言うのに。九州にはまだ男尊女卑の風潮が残っているのかも。そういう人はシャイ人が多いと言われている。

「陽のあたる道を歩いていて孤独」   慶永 雅彦
 陽のあたる道を歩くと影がみえないようになってくる。弱者が見えなくなってくる。秀才と言われる人は凡人には敬遠される。人が寄っては来ない。親友と呼ばれる人もいない。独りぽっちになってしまう。「振り向けばたった一人の縄電車」凡人で良かった(負け惜しみか)。

「表と裏今日はどっちの顔で行く」   安部ももこ
 紙にも表と裏があるように、人間も裏の顔、表の顔がある。裏の顔は人の目には晒したくない負の顔、その人の弱味の顔だから、その裏の顔にこそその人の人間味がある。表と裏上手に使い分けて睾く生きていきたい。

「父さんが健やかだから言える愚痴」  八木田風子
 父さんとは父親でなく夫のことだろう。夫が病弱であったらとても愚痴は吐けない。健やかな夫だから言いたいことが言えて幸せな夫婦だろう。うらやましい限りだ。

「まだ夢を追っているのか影法師」   土肥あづま
 男は明日の、女は今日の夢を見る。人間として夢を追えなくなったら終り。八十歳の夢がある筈。老人ということで切り捨ててはならない。私も年相応の山の登り方を実践している。夢は捨てていない。
本社句会「自由詠」(雑詠)合評
 司会:古谷龍太郎
 左の数字は上位の得点、句の下の欄は個々または全体的な指摘、「」内は参考句。
(参考句は作者 and/or 評者の考えを忖度して試作したもので必ずしもベストではないので念のため。)
 ・狩人の焦り苦しみ月の暈
  何を言っているか良く判らない。「獲物追い今日も仮寝へ月の暈」
4・甘い恋油断めさるな血糖値
  批評っぽくなった。「血糖値あがらぬほどに甘い恋」
3・鍬を持つ腰がときどきイナバウア
  鍬を持つ→鍬を振る。イナバウア→古い表現。「時に腰伸ばし伸ばして鍬を振る」
 ・夏服に替えて鏡と立話
  面白い。夏服だから良く判るの声。
4・埋め合わせ出来ぬ時間の無駄遣い 
  そうですか川柳。「無駄だった時間デートに行けたのに」
  ・善悪をポキンと折っている動画
   悪は要らない。「善いことをポキンと折っている動画」
8・借りてきた本の栞が喋り出す
  面白い。栞は勿論前に読んだ人達も使ったもの。
4・フードロス世界の飢えが目を見張る
  平凡な表現。既発表の句に「飢えた国食べ残す国地球病む」
・失恋を猫も知ったか寄って来る
 面白い。「寄りつかぬ」ならなお面白い。
 ・口漱ぐ悪態ばかり衝いた口
  広辞苑によれば 悪態を「吐く」または平仮名で「つく」。「衝く」は点を目掛け打つ、突くの意。「口漱ぐ悪態ばかり吐いた後」
 ・生い茂る雑草処理に山羊を飼う
  説明句。「生い茂る」は不要。原意を活かせば「雑草の処理に手こずり山羊を飼う」発想を替えれば「雑草地を子供と山羊の園にする」
 ・返納は他人ごとでない古稀傘寿
  そうですねと言われたら失敗。「村に住む」を入れてはの意見。「返納は他人ごとでない村の古稀」
10・老いたのか夫が花を買って来る
   何かあるのかと思わせる。面白い
以下は特にコメントの無かった句
・過去形の恋さえ憎い嫉妬心
 ・諦めることは慣れっこ宝くじ
 ・ガラケーの妻に内緒でラインする
6・握手する手の温もりで紅くなる
 ・スポーツは明快政治ややこしい

コメント

憲法改正反対派の意見を読む

2019-05-18 15:28:59 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 前回「憲法改正反対の方へ」の投稿で改正賛成の立場で長々と書きましたので、ネットで「憲法・反対」で検索し最初に出てきた意見を調べて見ました。何故なら素人のことで図書館や本屋で調べても改正反対を真っ正面から取り上げた本を見たことが無いからです。
【安倍政権による憲法改悪に反対する声明】by日本労働弁護団
 (表記の内特に問題と思われる個所を取り上げて見ました。なお括弧内は私の意見です。)
安倍政権による憲法改悪に反対する声明 ~平和と労働運動を守るために!
 今回の自民党改憲案の真の狙いは、9条の2に「前条の規定は、わが国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。」との条項を設けることにより、戦争の放棄、戦力の不保持と交戦権の否認を規定する憲法9条1項2項の空文化を狙うものである。すなわち、自衛隊の憲法明記は、集団的自衛権の行使が違憲ではないことを憲法上明確にする趣旨であり、これまで国是としてきた専守防衛、非核三原則などの変更にもつながっていくものである。
(日本は自衛隊はその名の様に専守防衛、借りに安倍さんの自衛隊を入れる意見が通ったとしても自分がら言いだした憲法に違反することは有りません。「非核三原則」は世界唯一の被爆国の日本が破るこなど考えられません。このような憲法改正を許せば、日本が“戦争をする国”すなわち軍事大国への道を突き進むことになる。
(現憲法の前文が言うように、増して専守防衛の自衛隊の立場からも先に戦争を仕掛けることは絶対にありません。
 日本の周辺の軍事大国は、米国、中国、ロシヤですが日本がいくら頑張ってもそれに追いつくことは有りません。それどころか今の状況では北朝鮮より戦力を増すことは有りません。)
 ひとたび戦争が始まれば、真っ先に多大な犠牲を強いられるのは労働者である。
(日本では徴兵制がないことを忘れています。)
公共機関として各種独立行政法人、日本銀行、日本放送協会、日本郵便、放送業者、鉄道業者、電気通信事業者、旅客・貨物運送事業者等の労働者、自衛隊の基地労働者、さらには報道や教育に従事する労働者などあらゆる職場で働く労働者が戦争への協力を強制されることになり、生命・身体の安全を犠牲にされ、基本的人権が侵害される。
 日本労働弁護団は安倍政権による憲法改悪に断固反対するとともに、日本の全ての労働組合と労働者に対し、憲法改悪を阻止する運動に立ち上がることを呼びかける。平和と民主主義を守る重要な砦は労働運動である。日本労働弁護団は全ての労働者、労働組合と団結し、平和を求める市民運動とも連帯して、安倍政権による憲法改悪を阻止する運動に全力で取り組むことをここに宣言する。
(専守防衛の日本が先に戦争を仕掛けることはないのですから、日本労働弁護団のやるべきことは、日本で色々言うのも良いが、当面日本を攻めてくると予想される国に日本の立場を訴えて欲しいと思います。)
 安倍さんは敗戦のごたごたで北方領土を占領したロシヤと平和的に解決しようとし、日本固有尖閣や南方海域国際裁判の裁定を無視した中国とも関係改善を図ろうとしていますし、北朝鮮の拉致問題でも平和的に解決しようと一部の反対を押し切って無条件で総書記と会談申し込みなど頑張っています。弁護団も国のことを思うのなら少なくとも安倍さんに対して少なくとも是々非々の立場に立って欲しいものですが。
日本労働弁護団への質問」
 憲法に詳しい弁護士の方への質問です。
【前文】
  日本国民は、(一部省略)恒久の平和を念願し平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、これらの安全と生存を保持しようと決意した。
【第9条】
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、 武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
[前文と9条の関係]
・普通の文章の読み方ですと前文の前提や考え方があって第9条があると思うのですが、前文と9条は全く独立したものですか?
・独立したものとすれば、その理由は?
・関係があるとすれば、同じ敗戦国のドイツとは違って日本の周辺国で日本では中国領と認めている台湾以外に公正と信義を信頼できる国は何処にありますか?
・諸国民の公正と有りますが、平和日本の唯一の頼りの国連では全体的な決議に対する拒否権常連の米国、ロシヤー、中国。それが公正と言えますか?
・安全と生存を保持とありますが、現実に北朝鮮に拉致された日本人は正に安全と生存を侵されていますが、弁護士の人たちはどうすれば良いと思いますか?
「9条で言う正義の定義」
 9条に正義と秩序を基調とする平和と有りますが、日本、中国、ロシヤにはそれぞれの正義があり核開発を進める北朝鮮にもそれなりの正義があり、広辞苑によれば「正義には多くの解釈があり、民主主義、マルクス主義でも違う定義がある」と書いています。日本は日本なりの正義の定義で大戦に突入しました。
・その意味でも正義の言葉を使うのなら先ず正義の定義をしておくべきと思いますが?
・某国が自国の信じる正義のため日本を攻めて来ても交戦権を放棄して直ぐに手を挙げて降参しますか?

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
コメント

川柳 「30年日陰のツツジ遂に咲く」

2019-05-18 15:26:29 | 政策、社会情勢
「川柳の新人の方へ」
 ツツジの季節になるたび表記の句で失敗したことを思い出します。
 発足して間もない川柳のクラブで新人の女性からどうして私の句が没になるかを訊かれたことが有りました。見ると始めての海外旅行のことに触れた句ばかり。選者から見れば皆知らないことばかりだから落選に成っても当然、「独りよがりは駄目」と遠回しに指摘しました。その私が経歴だけはベテランになって表記の人生の在り方も含む句だとして投句、そして没。選者は「日陰のツツジ」など見たことがないからです。私の家は北側が玄関。庭師は背の高い樹木の下部の締めとして岩とともに低いツツジを植え込んでいたのです。その内西に面したツツジは直ぐ咲きましたが。他のツツジは上の樹のたため日陰になり葉っぱは茂るが花は着かぬまま。30年後からやっと日当たりの具合に応じて全開から部分咲き。新人の人に言った私の「独りよがり」だったのです。
 その私に大会で入選するのはどうすれば良いかの質問が男性からありました。それまで約20回の大会で、特選になったのは僅か5~6句、入賞は僅か1度、調子の良い時は入賞一歩前の得点、悪い時は全没の危機の私は質問に応える資格はなかったのですが、大会の句の傾向を調べたことがあったので、上位の句のリストを見せて、句として出来ているのは当然、平凡な発想の句を取られるのは運任せ、少なくとも佳句以上で採られるのは発想の意外さだと答えました。
 句会の選句では余程の事でも無い限り、落選句のどこが拙いかの紹介はなし。唯一雑詠の合評だけ投句の良否の批判がされます。新人の方は自分の句だけなく他の句まで注意を払うべきです。先輩に一刻も早く皆に追いつきたい新人にとってはそれでも不足。何事でも先輩に訊くこと。余程変わった句会や人以外は誰でも親切に教えて呉れるはずです。

川柳・人気ブログランキングへ
コメント

「吟社くろがね」紹介「糊代をたっぷりとって生き上手」

2019-05-18 15:22:20 | 川柳
川柳くろがね」5月号より
前月号鑑賞 小川清隆 選評
「一歩引く妥協の足がくやしがる」    中村トシ子
 負けて勝つ、ということもある。妥協すると言うことは犠牲になることでもある、一歩引くゆとりがあれば悔しさも薄らぐもの。押すことも引くことも上手に使い分けるのが生きる道だ。

「失敗をするたび世間広くする」     吉富  虞
 失敗を幾度も重ねて成功に導くもの、功を成した人は失敗の先に明かりを見出した人達、ノーベル賞然り。失敗の度に、他人のアドバイス、知恵を貰いながらスケールの大さな人間になっていく。失敗を怖れてはならない。

「本物の涙は人に見せられぬ」      桶川 聖柳
 本物の涙と嘘の涙、嘘の涙は他人に見せるためのもの、試合に負け流す悔し涙も人に見せない方がいいのかも、他人のために涙す涙も身の内にしっかりと溜める。

「糊代をたっぷりとって生き上手」    時津みつこ
 繕い代、糊代をたっぷり持っている余裕がどんな難難にも堪えられる、糊代が少なければ行き詰ってしまうことも必定。時間もたっぷり余裕をもってあわてない。

「湯豆腐に叱られているはしづかい」   吉丸 玲子
 食事処で箸の握り方がいびつな人を良く見かける。彼等は湯豆腐どころか固いものさえうまく掴めず苦労している。これはまさに親の躾の怠慢によるもの。私は孫の一歳の誕生日にはお祝いとして躾け箸を届けた。

くろがね抄      矢野 隆 選
母一人だけの拍手で立ち直る   中間  和田 澄雄 
母さんのスキップ知っている廊下 直方  吉丸 玲子
母さんを想う涙が海になる    八幡西 大塚郁子
手の届く桜のなんと聞き上手   福津  水谷 そう美
積読の本が名刺の顔をする    宗像  桜木 山彦
厚化粧している今日は笑えない  中間  志岐 けい子
プライドを捨てると轍良く見える 中間  吉冨 廣
リハビリの一歩を褒める歩数計  八幡西 時津 みつこ 
ナイターが始まる家庭内別居   中間  古野 つとむ
疑問符を使いきっかよく睡る   宗像  的場 しずえ
雑草の茎の強さを知るとがま   岡垣  広渡 憲峰
寝たばかり起きたばかり街の朝  福岡  坂梨 和江
針穴をすんなり通る褒め言葉   愛知  陣内 いっこう
花びらをざくざく踏んで春送る  八幡西 松井 昌子

川柳・人気ブログランキングへ
コメント

「吟社くろがね」紹介「復興の明日へ燃やそう命の灯」

2019-05-13 11:36:47 | 川柳
川柳くろがね」5月号より
前月号鑑賞 小川清隆 選評
「しあわせは金で買えぬが金は要る」   志岐けい子
 時は金なり、金が全てではないが、全ては金が要る。幸を祈る神さまにも賽銭が要る。お金によって安堵感を得るのも確かである。万事金の世の中、金権主義はいやだ。

「誤魔化しのきかぬ素顔で勝負する」  松井 昌子
 四十歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て、と言われる。素の顔、素の心で対峙する。誤魔化すためには装うことが必要になる。素のままで世間に立ち向かう事こそ肝要。

「復興の明日へ燃やそう命の灯」     小田ノリ子
 地震、津波で同胞を失い、家も土地もなくし茫然自失、この人達の明日はどうなるのか他人事ではない。生さてさえいれば何とかなる。知恵をしぼって、小さな灯を持ち寄って助け合い、復興へ明日を生さ抜こう。

「生かされている今のいま手を合わす」 前田 伸江
 人間は一人では生さてはいけない、人という字も二本の棒で支えあっている。他人の情によって生かされ、自分も他人に手をさしのぺる。ありがとうの気持ちで、万物の恵みに感謝して生きていこう。
音叉 (前月号より)
 推薦者、松井 昌子、水谷 そう美、安川 聖、吉冨 廣
百本のパラ一本の蓄薇に負け   古谷龍太郎(二人推薦)
賛成の挙手にも違う手の角度    和田 澄雄(二人推薦)
陽のあたる道を歩いていて孤独   慶永 雅彦
父さんが健やかだから言える愚痴  八木田 風子
走るはしる夢つかむまで咲かすまで 中村トシヱ
描き足した線の太さの顔になる   樫根 わ子
時効には出来ぬたわいの無い話   広渡 憲峰
古民家の雛ばっちりと目を覚ます  古野 つとむ
軽やかにかつぐ重たいランドセル  前田 伸江
君が吸う患は私が吐いた患     金子 満男
両腕に菜の花抱いて嫁が采た   前田 伸江
しあわせは金で買えぬが金は要る  志岐けいヱ
娘の愚痴に聞くだけでいい窓があく 杉 ちづ子
「お早よう」の声消えて知る子の巣立ち 矢野 隆
指切りを信じて待っている小指   土肥 あづま
ジンクスが今日一日を支配する   有松 市子
前ばかり見て大切な忘れもの    今村テルヨ
突っついた過去がひとりで暴れだす 棲木 山彦

川柳・人気ブログランキングへ
コメント

憲法改正反対の方へ

2019-05-11 11:52:54 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。 
【1.なかにし礼さんの考えに就いてどう思いますか?】
 5月3日の読売新聞で憲法に関する世論調査の結果を発表していましたが、その新聞で「安倍改憲に勝つ」と言う全面広告が出ていました。それを見て私が属している読書会で同じように安倍さんを標的にした「なかにし礼さん」の「生きるということ」の読後感を書いたことを思い出しました。
読後感のようなものは普通は内容の概略を書き最後に感想を書くのですが、内容が余りにも偏っているのでつい個々の内容に就いて反論を書いてしまいました。
「生きるということ」の読後感     
 作者のなかにし礼が一番言いたいのは「憲法破壊、そして軍国主義の復権へ、安倍政権の歴史観を解読する」欄の記述。(括弧内は彼の主張に対する私の反論)
・戦後最初の総理の幣原首相は「戦争放棄」と言う天皇陛下と日本人を喜ばせた新憲法を創った。(昭和天皇陛下は回想録で新憲法に賛成と書かれたが、有名な閣僚の涙の憲法批准の署名。GHQからの原案を元に一晩で最終案を作るよう要求された吉田外相の腹心の白洲の手記「『今に見ていろ』ト云フ気持抑え切レスヒソカニ涙ス」(紹介文のまま)。重苦しい雰囲気の新憲法採決の議会で、共産党の野坂参三の「これでは国が護れない」との反対演説)。
 日本国憲法を改正しようとする現安倍政権の狙いは何か。解釈改憲で憲法を骨抜き。(途方もない安倍さんの批判、紙面が勿体ないので途中省略)安倍は長州の軍国主義者の歴史を護ることが自分の使命と考えているのではないか。(言いたい放題と言うのはこのことで論外。安倍さんの今の動きは、憲法では自衛隊を認めろと言う意見だけ、戦争放棄の新憲法では国が護れないと佐藤栄作さんが決断をした日米同盟という名の米国の軍事保護国化した日本として、9条の国として北方領土問題、裁定を無視して南方の領土の拡張する中国、拉致問題などなど難しい問題に取り組むだけで精一杯。もし9条の前提の「世界の国が「実際に」公正と信義を重んじている」のなら日米同盟も自衛隊も要らない。)
・朝日新聞記者との対談記事で見る作者の憲法の見方
 自民党が憲法改正と言っているが国会議員が率先して護らねばならない憲法を彼らが改正と言うのは筋違いだ。(議員が憲法を護るのは当然だが、憲法が現状にそぐわなければ改憲をするのも議員の責任)。現在でも天皇陛下は憲法の価値を語られている。(憲法問題が議論されている現在、そのような天皇陛下のご発言は明らかに政治的発言。勿論そのような報道を見たことがない)。天皇陛下を無視する天皇制などあり得ない。(象徴の天皇陛下は憲法の是非や政治のことに絶対にお口にされない。陛下のお気持ちを無視するか否か以前の問題)。
 私の結論。もしこの本を読むのなら、作者の主張に都合の悪いところには触れないで自説を展開する前記の欄以外に絞った方が良いと思う。
追記:上皇様のお口癖は「平和の日本」と「憲法に規定された天皇としてのお役割」。これがどうして作者の言う「憲法の価値」の話に変わるのですかね?
【2.私の「護憲論の憲法学者への質問」に就いてどう思いますか?】
【前文】
  日本国民は、(一部省略)恒久の平和を念願し平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、これらの安全と生存を保持しようと決意した。
【第9条】
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、 武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
[前文と9条の関係]
・普通の文章の読み方ですと前文の前提や考え方があって第9条があると思うのですが、前文と9条は全く独立したものですか?
・独立したものとすれば、その理由は?
・関係があるとすれば、同じ敗戦国のドイツとは違って日本の周辺国で日本では中国領と認めている台湾以外に公正と信義を信頼できる国は何処にありますか?
・諸国民の公正と有りますが、平和日本の唯一の頼りの国連では全体的な決議に対する拒否権常連の米国、ロシヤー、中国。それが公正と言えますか?
・安全と生存を保持とありますが、現実に北朝鮮に拉致された日本人は正に安全と生存を侵されていますが、憲法学者の人たちはどうすれば良いと思いますか?
「9条で言う正義の定義」
 9条に正義と秩序を基調とする平和と有りますが、日本、中国、ロシヤにはそれぞれの正義があり核開発を進める北朝鮮にもそれなりの正義があり、広辞苑によれば「正義には多くの解釈があり、民主主義、マルクス主義でも違う定義がある」と書いています。日本は日本なりの正義の定義で大戦に突入しました。
・その意味でも正義の言葉を使うのなら先ず正義の定義をしておくべきと思いますが?
・某国が自国の信じる正義のため日本を攻めて来ても交戦権を放棄して直ぐに手を挙げて降参しますか?
「世界が平和が前提の9条」
 ネットでは前文と9条と合わせて読み解いて世界が平和だから日本も軍備も要らないと皮肉まじりに言う人もいます。然し実情は違います。不可侵条約を破った国もいます。平和条約を結んでもあわやあれば領土を拡大しようとする国もあります。スイスのように永世中立国を宣言する国もありますが、周辺国が普通の平和を愛する国に囲まれているスイスだから出来ることです。
・日本が囲まれている上記のような実情に対して憲法学者はどう思いますか?
 日本は米国と片務的な日米同盟を結んで居ます。私のような戦前・戦中派から見れば、日本は米国の軍事保護国です。だから日本は米国の言うとうりにするしかありません。しかも大きな問題はもし米国が日本のため血を流して戦うのに、日本は憲法のために傍観出来るでしょうか。そんな馬鹿なことを米国がするでしょうか。
・それで憲法学者は日本が日米同盟を結ぶなど憲法違反だと言って来ましたか?
「片言の日本国憲法」
 前文と九条の「日本国民は、」は日本語としては「、」なしで日本国民は--にすべきです。
 前文の「諸国民の公正と信義に信頼し」は石原慎太郎さんが指摘したように「信義を信頼し」であり、九条の「国権の発動たる戦争と、 武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久に(これを)放棄する。 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は(これを)保持しない。国の交戦権は、(これを)認めない」の全ての(これを)を抜くのが普通の日本語と思います。
 なお「これは」には「この他もある」と言う隠喩が有ります。だから「陸海空軍その他の戦力」の「ほかの自衛隊」も憲法違反にならないと言う理論も成り立ちます。(自民党政権がこの理由で自衛隊を創ったのかどうか調べていませんが。)なおネットでは「9条はどうでも解釈ができる拙い文章」の指摘もありました。
 僅か前文と9条だけを見ても日本国民は、の「、」や「これは」など片言の日本語や「正義と秩序」など日本人の発想では出て来ない言葉が出るのは日本憲法にマッカーサー憲法の影響が色濃くでているような気がします。
・日本人なら誰でも指摘出来る片言の日本語の憲法を不磨の大典のようにそのままにしておいて憲法学者として恥ずかしくありませんか?
いずれにしても最近の北朝鮮の暴発、米国のトランブさんの発言のふれ、韓国、中国、ロシアのおかしな動き、それに振りこれに回される安倍内閣、拉致問題さえトランプさん頼みなど憲法の理想と現実の大きな落差。どう考えても前文、9条に無理が有る様な気がしてならないのですが、学者の方はどう思われますか?
【3.私は憲法改正反対の方はムード派と思いますがそれで良いのでしょうか?】 
 私は上のようなことを書いた反省で、図書館で憲法に関する本を調べて見ました。判ったのは改憲派の人達は憲法の問題点を論理的に指摘しているのに対し、護憲派の人は最初に書いたなかにし礼さんのように情緒的な書き方をしている人か殆ど大半でした。
護憲派の人は私が2.で質問をした様な個所に対する回答をすべきです。それで良ければ良しとし、直せる所は直して、世界に恥じない憲法にすべきです。そんなことをすれば改憲派の術中に入る、安倍さんの居るはあいだ出来ないなど私の言う情緒な理由で反対。肝心の憲法学者は相変わらずだんまり。そして片言の憲法、現実無視の恥ずかしいこの憲法がこのまま残ることに成るのでしょう

【4,今の憲法のため日本がどれだか犠牲を払い、戦前、戦中派から見れば日本が事実上戦争に参加しているのを知らないのですか?】 総理になった佐藤栄作さんが九条に関連して首相の時大英断をしました。日米同盟の締結です。九条のため軍備を持てないので国防を総て米国に頼ることを決めたのです。戦前・戦後を知る私から言えば日本はいざと言うときはお願いするしかない米国の「軍事保護国」になったのです。
 米国の軍事保護国になった日本は何か事あるたびに米国の意向を忖度するしか有りませんでした。米国から見放されたら9条のお蔭で無防備になるからです。
・イラク紛争のとき米国から「Show the flag」と言われた小泉さんはに地域の人達の給水をする自衛隊を派遣しました。戦中の経験のある私から見れば、そしてイラクの反対勢力の立場から言えば九条違反の戦争に加担したのです。そして今イラク文書の多くの戦闘の字の存在が問題になっています。護憲派の言う「九条があるから今まで平和だった」と言うのは国内だけ通用する言葉です。戦時中の経験のある私から見れば特に飛行機で米軍の兵士や武器を輸送すると言うのは明らかな戦闘行為です。好運が重なって死者も障害者もでなかっだけです。
「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の元となつた企業の力を恐れた米国は日本と年次改革要望書を相互に取り交わすことで日本の企業の力を弱めることを計画しました。だから現実は要望書は日本へだけの一方通行。
小泉さんは米国の意向を忖度して今まで日本を支えてきた「従来の企業活動による社会貢献、技術や従業員や大切にする、そのチームワークと企業への忠誠心による自主管理活動」から「企業や従業員は株主のもの、チームワークより成果主義」の考えを持ち込みました。 そして現状を見るように米国の政策は大成功。企業倫理を忘れた数々の不祥事件の続発、虎の子の技術の流出、コストとしか見られない非正規社員の増大、貧富の格差増大、貧困者対策のための費用増大、企業倫理を忘れた企業内不祥事の続発などなど、日本の経済力も大きく落ちました。資源がない小さな国か逆に資源もあり国も大きい真似をしたら負けることは判りきっています。日本にとって拙いことに中国が世界第二位の経済力を持つまでに台頭と日本との格差の増大です。今となってはかっての小泉さんが拉致された何人かを連れ帰った時のように、中国と大差のつた経済力は使えません。北朝鮮もそれを見越して日本は蚊帳の外だと軽蔑しています。
「改めて憲法の前文を見る」
 前文の「諸国民の公正と信義に信頼」諸国民の代表で日本が唯一の頼りの国連は重要事項の決定に米国、ロシヤ、中国などの拒否権で止まってしまう。それで国連が公正と思いますか。
「諸国民の公正と信義に信頼」はEUの国なら何とか通じますが、日本周辺のロシヤ、北朝鮮、韓国、中国、台湾の内日本が信頼できる国はどの国ですか。
 安倍政権は憲法改正に熱心ですが、外交的配慮で上記の国のことが言えず、いきなり九条改正だけ言うので話が通じません。野党もそれが判っていて憲法改正反対ぱかり。それに対して何故か思考停止の憲法学者と護憲論者。平和憲法の空気にどっぷりとは嵌まったままの日本。
 今も安倍さんは拉致被害者救出に何もできずにトランプさん頼り。日本人としては恥ずかしい光景。一部の人が言うように九条は日本は誇りと言いますが、最近では被害者の家族が米国の有力者にお願いに行っています。私は恥ずかしいと思うのですが。
 安倍さんは最近「無条件で北朝鮮と会談したい」と言ってますが後は北朝鮮がその気になるのを待つだけ。
 世界で唯一の被爆国の日本は核爆弾禁止条約の批准もできずにいます。理由はもちろん日本が頼りにしている米国への遠慮。
 護憲論者の人達はこのような事実を無視して改憲猛反対。そして欠陥だらけの現憲法はまたいずれお蔵入り。護憲派が目の仇にする安倍さんがいなくても改憲反対。そしてどの政権も中国、ロシヤが北朝鮮がどのように動こうと綱渡りの日本。
 これでも護憲ですか?
「日本として一番反省すべきは空気に流されて無謀にも米国に宣戦布告したこと」
 最近の女性学者の指摘では当時の国民総生産、大砲・砲弾・工場の増産に繋がる粗鋼生産量はともに米国は日本の12倍。車の数、石油のの生産量は日本の数百倍。
 それを無視してハルノートに反発して敗戦必至の戦前布告をした日本。
 然しその前にも日本が戦争を思いとどまる機会があったのです。1931年のリットン報告です。当時は満州での関東軍の暴走に対して国連は反日一辺倒、米国主導のABCDライン(米・英・中・オランダ)による日本への石油封鎖の中で、国連はリットン調査団をアジアに派遣した。その結論は「樺太、朝鮮半島、台湾、満州の既得権益は認めるが、(関東軍主導による)満州国建国などそれ以上の権益拡大は認めない」というもの。当時の世界の考え方はこの程度なら国際法違反にならなかったのでしょう。
 そのとき日本政府の判断を誤らせたのは眼に見えないが圧倒的な力を持つ国中に漲る私の言ういけいけどんどんの「空気」でした。そのとき使われた言葉が「大東亜共栄圏」「八紘一宇」。原発事故で使われた言葉「原子力安全神話」と「原子力村」で原発の専門家を排除した「原発裁判事故の調査がされていないと言われる]政府・国会調査団の報告。
 その後「 空気に流される日本」に関して次のような次のような資料を見つけました。
 「何故必敗の戦争を始めたのか、陸軍エリート将校の反省会議」の文春新書です。括弧内は私の意見です。
・(宣戦布告直前の)作戦会議で担当の私がたった独りて「鉄がない」言えなかった。(会議はそのような空気では無かった。)
・軍事課長の大佐がこんなことでは戦争が出来ないの言ったら第一線に飛ばされた。(軍事会議では初めから結論ありき?)
・戦備課長が国力の判断をして、「これはえらいことになるぞ、(戦争を始めたら)国が半分になるかもと言ったが、最終の決断は統帥部のやることだと言い、まだ国力があるのかもと言った。(戦備課長の言い訳、責任転化、空気への迎合、希望的観測)
 詰まり戦いの専門家でさえ「空気に流されて」判断を誤ったのです。
「それなのに9条信仰の空気にどっぷり嵌まった憲法論議」
 今回の憲法改正問題でも9条→平和・自衛隊→戦争の空気にどつぷりとはまって現状を見ない人達。私が書いた様な片言の憲法の用語さえ直せない日本。平和憲法のため自衛隊をイラクに派遣した日本。同じ敗戦国のドイツは派遣拒否。
 憲法改正、反対の人も皆空気に流されずに憲法問題に取り組んで貰いたいものです。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

川柳「向こう岸で一人輝く樹木希林」

2019-05-11 11:48:59 | 川柳
 本屋で行くと樹木希林さんの本ばかり。暴力を振るう夫との長い間の別居生活。記者会見の最後に夫の言う「ロックンロール」。私たちには判らない変わった夫との暮らしの間に彼女が悟った夫婦生活の在り方、それと関連する彼女の考えが世の女性達の共感を得ているのでしょう。
 それにしても佐藤愛子さんや曾野綾子さん、脚本家の内館牧子さんなど人生の終末に触れたのは女性の本ばかり。そう言えば近くの公園の約200mの周回道路を早足で歩く初老の女性、訊けば15周を目指している由、単調な周回を飽きもせず廻るなど流石に女性。男で見るのは奥さんに尻を叩かれて照れくさそうに1~2周歩くのが精々。何時も思うことですがやはり女性は強いですね!!

">川柳・人気ブログランキングへ
コメント

「吟社くろがね」紹介「美しい誤算もあった遠眼鏡」

2019-05-11 11:37:26 | 川柳
 
川柳くろがね」4月号より
題詠 「誤算」 鎌田 正夢 選
悲観した老いの路傍は面白い   有松 市子
謙遜を真に受けられて来ぬマイク 安川  聖
遊泳中長寿社会のどまん中    角 ひさ子
裏の裏よんで明日に蹴蹟く    時津みつこ
真っ当に生きて少しの悔いがある 野西うさぎ
老いの恋嬉しい誤算生まれそう  古川 次郎
あの人が敵に回ったのが誤算   古野つとむ
予備校に予約した後サクラサク  吉田ゆたか
大誤算想定外で済まされる    廣渡 憲峰
有望な人が来て円陣弛む     前田 伸江
直ぐ切れる男仲裁買って出る   和田 澄雄
力-ド買い予算を超えて残る悔い 木下美智子
花心つかめず泣いた旅プラン   岡田  洋
 佳 句
いまさらがしっけを死へと誤変換 独活乃枯朴
忌慣なく言った意見が後を引く  桑原 康博
シナリオの余白にあった落とし穴 小田ノリ子
先に逝くはずの夫の正常値    中川あさ子
美しい誤算もあった遠眼鏡    中山  和
清廉と信じた人の二枚舌     松井 昌子
唯一の誤算は妻が魔女だった   慶永 雅彦
 選者吟
晩節に歯車狂い雨雲

とんぼの眼鏡
  批評、添削 廣永 雅彦
▼原句 ◎添削句
課題「 花 」
▼チュウリップ高く低く背くらべ
「チユウリップ」は「チューリップ」が正解です。中7の「高く低く」が勿体ない、春なので脚を詠んでみましょう。
◎脚線美競いあってるチューリップ
▼どの花も競って顔が美しい
 娘盛りを詠まれたとの事ですね。「花も競って」に容姿が詠みとれるので、ここでは 「顔」を省いて詠んでみました。
◎競いあう花の姿に立ち止まる
▼芽は花へ花は果実へ明日をつぐ
 中7までは良いと思いますが、下5の「明日をつぐ」が残念です。擬人化して面白く詠んでみましょう。
◎芽は花へ花は果実へ大人びる
▼大輪の花に育てた子が巣立ち
 親孝行の子供さんを詠まれた句です。句が良く出来ていますが「巣立ち」の収まりがが悪いので「巣立つ」にしましょう。
◎大輪の花に育てた子が巣立つ
▼咲よりもつぼみのままでいて欲しい
 親離れする娘さんの心境を詠まれたのかな。親の身勝手をもっと強調して見ましょう。 。「咲より」は「咲くより」、これは単純な書きミスですね。
◎咲けば未だつぼみのままが好いという
▼あの父が帰る迄咲いて花昌蒲
 「あの父」は何か曰くのある父のような気がします。父はそのままに気持ちを強調して見ましょう。
◎父帰るまでに咲いてよ花昌蒲
▼花一輪卒業祝い胸に挿す
 句はまとまっていますが、卒業式なので喜びの表現を、もっと大きくしましょう。
◎花一輪胸に卒業式に出る
▼緑内で視力ほぼゼロ花見酒
「緑内」では緑内障の造語、句は眼の説明だけになりましたね。眼は「弱視」とし、「花見酒」に重点を置いて詠みましょう。
◎弱視でも皆と楽しい花見酒

川柳・人気ブログランキングへ
コメント

裁判員制度は民事の裁判にも適用すべき

2019-05-03 12:21:15 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 今月号の雑誌「正論」で「裁判官がおかしい」の特集が出ていました。
 いずれも何人かの人が刑事事件の判決のおかしいことを色々の角度から書いていました。然し理論的にはそうならない為に裁判員制度が設けられたのですし、執筆者の中には裁判員制度を支持していたと書いていましたが、一行も裁判員制度の問題点に触れた記事は有りませんでした。
 裁判員制度は死刑廃止を訴える公明党と一部の弁護士の主張に、自民党政権が与党として支える公明党の主張に乗ったのだと言うのが一般的に通説です。憲法の公明党の加憲の主張に乗って憲法に自衛隊を加える提案をしている自民党と同じ図式です。
 是々非々の立場の私は同じ裁判員制度を採用するのなら一般の国民の常識が通用する民事裁判にこそ裁判員制度を適用すべきと何度も書いてきました。
 現実は公明党の考えと逆に死刑は今でも続いています。詰まり刑事事件への裁判員制度の適用で死刑廃止と言う公明党や一部弁護士の計画は完全に失敗に終わったのです。
 その一方世間の常識が活かされる裁判員のいない民事事件でいろいろとおかしな判決が出ています。
 その一例として前にも書きましたが、伊方原発の停止訴訟に対する裁判の在り方てす。
「阿蘇の噴火に伴う火砕流が130キロはなれた伊方に到達するか否かの裁判の問題点で広島高裁まであがった裁判に就いてのマスコミの意見。
・裁判長が変わって今回の決定がなされたこと。今回の問題は純粋な科学的な判断でよるべきで、人が変わっても同じとは言えないのは当然だが似た結論になるべき。結局は素人の裁判官が判決を下すから丸反対の判決がでる。それを避けるためには裁判の際専門家にも参加させるべきではないか。
・仮処分を求めた住民の考え
 「最高裁が運転を認めた場合、同種裁判の影響が大きい」として最高裁への不服申し立てを行いないと言っていること。つまり過去の最高裁の原発関連の裁判では、概して常識的(反原発の方に不利な)な判例が出ているのを知って居るのでしょう。反原発の人の信念があるのなら徹底的に戦うべきなのに?反原発の宣伝のためだけの運動?それでただでさえ不足な国の税金を使うなんて!!
・私は裁判員制度の裁判員の立場に立って反原発の人が言うように、山口県にも阿蘇の火砕流の痕跡があるので、また阿蘇の大噴火で大きな火砕流が発生し伊方に辿り着くか否かを考えてみました。
 阿蘇の盆地に流れこむ火砕流→盆地を埋めた火砕流は外輪山が壊れて出来た内野の谷(前回の水害で流れた阿蘇大橋の場所)から熊本方面に流れる→阿蘇盆地を流れ出た火砕流が次第に固まって内野の谷を塞ぐ(現実は内野が熊本平野より高い位置にあるので同平野の溶岩流が同平野に流れる長い間に堆積、固化してして内野の谷を塞ぐまで途方もない時間がかかるのは確実ですが反対派の立場に立って考えて見ました。)→さらに火砕流が阿蘇盆地を埋めつくす→火砕流が外輪山を乗り越えさらに広がる→その一部は豊予海峡に達する→海中の火砕流は直ぐに凝固→それを繰り返す内に「広くて深さ約300m」の海峡を閉鎖→火砕流が伊方原発に到着。
 随分無茶な推理ですが、普賢岳の急峻な斜面を流れ落ちる火砕流と違って(キラウエアー火山の火砕流のように)阿蘇の東のなだらかな高原をゆっくりと流れ、豊予海峡越し仮に伊方に到着しても、その間に原発の停止や安全な対策実施までには十分過ぎる時間(月または年の単位?)があります。このような事は阿蘇山周辺の地形を見れば誰でも気づくこと。正に私の言うように民事訴訟に裁判員がいれば私の言うようなことは誰でも考えつき、裁判など地裁で全て片づくと思うのですが。
 それにしても地裁の裁判官は採決の前に阿蘇周辺の地図を見なかったのですかね?見ていれば高裁で地裁の採決がでて恥ずかしい思いをしなくても済んだのに。。
 私は繰り返しですが民事事件にも、または民事裁判こそ常識が通用する裁判員制度を適用すべきと思います。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

川柳「花粉症これもさだめと秋を待つ」

2019-05-03 12:19:24 | 川柳
 五月一日のNHKスベシォルで山中晋弥さんとタモリさん司会の「腸が免疫の鍵」の放送を見ました。なかなか面白い番組でしたが何しろ素人には難しい医学用語ばかりで今書いて間違いが多いと思って省略、結論だけ書きます。腸の受け付ける食べ物で花粉症などそれまで医者も考えなかった身体に過敏の反応がでること。その一番の原因は昔は野菜中心の食事だったが、今は動物中心のものに変わってきている事。そう言えば若い人の花粉症は街やテレビで見ますが、私どもの句会の古稀前後からその上の人の花粉症など見たことも聴いたことも全く有りません。もしこの文章で見られた方で花粉症でお悩みの方は「花粉症を定め」と思われずに食事の内容を変えて見られては如何でしょうか。ちなみにお迎え寸前の私はこんなこともあるとも知らず違う理由で毎日野菜ジュースを呑んでいます。

川柳・人気ブログランキングへ
コメント

「吟社くろがね」紹介「涙した数だけ打たれ強くなり」

2019-05-03 12:14:43 | 川柳
川柳くろがね」4月号より
前月号鑑賞 小川清隆 選評
「涙した数だけ打たれ強くなり」     鹿渡 憲峰
 負けて涙を流す子はさっと強くなる。悔し涙は明日への糧である。失敗の数だけ打たれ強くなり、少しずつ力を貯えていくのである。失敗は成功のもと、頂点へと勝ち抜いた人は大きな涙袋を持っている。

「わだかまりグーチョキパーと溶けていく」.廣永 雅彦
 グーチョキパ-は巴である。三人のグーチョキパーはエンドレス、勝負はつかない。そこに和の心が湧いてくる。遊びの中に他を思いやる気持ちが出来て、わだかまりも少しずつ溶けていくのだろう。

「ジーパンの穴から春が匂いだす」    古谷龍太郎
 ジーパンの穴、若者の着るジーパンには故意に穴があけてある。破れている方がトレンディーだとか、その穴は青春の穴であり若者の特権である。若さが匂う穴。寒空の中を穴あきジーパンで閲歩する娘、風邪を ひかないかと心配する。これにひきかえ中年の男の穴あきは貧乏たらしく悲惨である。

「さりげなく小骨をつけてくる意見」   吉富  鹿
 追伸にさりげなく意見を添えてやる。角が立たないように、優しさが見える。さりげなくに愛情を感じる。受け取った人も、その心づかいに嬉しく思うだろう。嫁と姑との関係だろうか、この人達にはずっと平和な日々が続いていくことだろう。

本社句会「自由詠」(雑詠)合評
 司会者:龍太郎
 左の数字は上位の得点「 」内は作者、批評者の意を忖度した参考句、文字通り参考の句で良否は別。
5・これ以上縮まないよう背伸びする→この人の生きかたも示している。
 ・卒業のコーヒー独りほろ苦い→何故ほろ苦いのかわからない。卒業で独りになったと言う作者。「私置いて卒業で皆町を出る」
 ・ゴミ置場猫とからすがにらみ合う→良く見る句
 ・過払い金弁護士さんのコマーシャル→そのとおりそのまま。「過払い金で弁護士たちが活気づく」
4・同じ趣味だから気になることがある→同じ趣味→後に持ってくる。何故気になるのか?「親友をライバルにする同じ趣味」
5・夢破れ男の靴が踊れない→男→動く、何故男か?「夢破れ靴が未だに引き籠もる」
 ・友求め縄のれん押す宵の口→そうです川柳。面白さが欲しい。「縄のれん押すと苦手の上司呼ぶ」
7・後手のカーネーションの照れ笑い→後手→後ろ手。
14・洋かんの厚さで判る親密度→洋かん→羊かん、厚さで判る→厚さが語る
 ・おとなりの夕餉の雑談ひとりきく→夕餉の雑談→中七「独り聴く隣夕餉か笑い声」
 ・亡き妻の小言今では処世訓→特に批評なし
 ・「酔っとらん」酔った証の決め台詞→特に批評なし
 ・酸欠の街人間が獣めく→この様な暗い句は避けること。「酸欠の街顔のない人増える}
4・並ぶより空いた食堂選ぶ舌 →とくに批評なし
13・子育てのうまさとろ火の効いてくる→とろ火の→とろ火が
 ・選挙カー途絶えたときは小寂しい→特に指摘なし
 ・ため口を許す二人になったとき→特に指摘なし
4・はしゃぐ児を折り曲げ寝かす春休み→面白い、折り曲げ→畳んで
6・指切りを嘘つきにした八重桜→特に指摘なし
筆者注記:句全体を見てお判りのように、発想が平凡が否か、判り易いか否かで人の評価が大きく変わっています。

川柳・人気ブログランキングへ

上野十七八・石橋睦朗
第47回句碑まつり川柳大会のご案内

日 時 2019年5月19(日)9時30分開場
   出句締切11時30分 開会13時
会場 八幡西生涯学習センタ-折尾分館
   北九州市八挿西区北鷹見町13-10
   JR折尾駅東口・オリオンプラザ4F
課題と選者(各題2句)
 「ときめき」太宰府  小池 一恵  選
 「節目」  北九州  安川 聖  選
 「スリル」 糟屋   河野 成子  選
「重ねる」 福岡   小川 清隆  選
 「限界」  吉野ケ里 真島 久美子 選
 「越える」 福岡   石田 酎  選
 「ぶらり」 中間   古谷 龍太郎 選
会費    2000円(弁当および発表誌呈)
賞    順位賞・各題秀句賞・投句者賞
欠席投句 4cm×21cmの句箋に各-句・計14句(無記名)
     封筒に住所・氏名(ふりなが)を明紀下さい
投句料  1000円、5月10日(金)消印有効
投句先  〒806-0051 北九州市八幡西区東鳴水2-13-20 大塚郁子宛
     Tel&Fax 093-645-2898
主催   川柳くろがね吟社
コメント