普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

PCR付き旅行実験へ

2021-03-30 21:41:31 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
3月3O日の読売で「PCR付き旅行」実験へ…JTBなど 防止と両立検証 .
の読売の報道が出ました。
· 日本旅行業協会は29日、加盟するJTBやクラブツーリズムなど旅行12社が、旅行客に対する旅行前のPCR検l査など感染対策を強化したモニターツアーを4月に実施すると発表。
新型コロナ発生の頃からgo to travel、go to eatのいずれにもPCR検査を実施すべきと言ってきた私には最高のニュースです。
私は自分の意見を首相官邸の投稿欄に入れておきましたので、go to travelに強い執着を持つ菅さんは日本旅行業協会の動きに乗ると思います。
何しろPCR検査を受けた旅行者は受け入れ先は大歓迎、旅館は勿論地元の業者も潤うのですから。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鶴竜の引退で思うこと

2021-03-28 20:52:18 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 日本相撲協会は鶴竜の引退と年寄「鶴竜」の襲名を理事会で承認したと発表した。鶴竜は6度目の優勝を果たした19年名古屋場所以降、優勝から遠ざかっており、加えて休場も目立つようになったことから、昨年11月場所後には横綱審議委員会に「引退勧告」に次いで重い「注意」を決議されていた。
「人気商売から見た大相撲のあり方」
 千秋楽の最後の取り組みに一本の懸賞も出ないことを解説の北の富士さんが嘆いていました。
それで鶴竜を苦しめた怪我に直接に関係る読売がまとめた人気力士の体重について調べてみました。
10位 回転のいい突っ張りと気力あふれる相撲寺尾 115k
9位 真っ向勝負の「土俵の鬼」…初代若乃花 107kg
8位 憎らしいほど強かった…北の湖 169kg
7位 歴代最多の優勝44回…白鵬 158.0kg
6位 スピード入幕の「イケメン力士」…遠藤 143kg
5位 弟とともに「若貴ブーム」…若乃花 150kg
4位 「技のデパート」…舞の海 100kg
3位 「柏鵬時代」築いた昭和の大横綱大鵬…158.0kg
2位 最年少記録、次々に塗り替え…貴乃花 150kg
1位 優勝31回「小さな大横綱」…千代の富士 150kg
これで言えば少しとびぬけてはいるが北の湖の169kgが最高。
 現役の幕内でいえば正代の170kg。その上に最高の189Kgを含んで14人。現在は昔に比べて力士の大型化進み鶴竜の怪我による引退に繋がっているのが解ります。
「エネルギー理論から見た大相撲のあり方」
エネルギー理論とは大げさですがE=M×Vの二乗の式があります。
E=エネルギー、M=重さ、V=速度です。
相撲で言えばMは力士の体重、Vは力士の立ち合いの速さの二乗です。
 だから鶴竜、初代若乃花、遠藤、若乃花、貴乃花、千代の富士の皆さんが体の大きい相手より「早くし仕掛け」て、勝てたし人気がでるのは当然です。
 日本相撲協会も北の富士さんを嘆けかせぬようそして鶴竜さんなど怪我でやめさせぬよう良く考えてはどけうでしょう。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

追記:なお宜しければコメント欄の二つの体重制限の投稿も覗いて見て下さい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二階さんを好き勝手にできない職にかえては

2021-03-25 14:09:38 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
今日の読売の社説「河合元法相、議員の辞職おそきに失する」です。
河井元法相は今後は説明責任を果たし、大規模な選挙買収事件の全容を自ら語るべきだ。
 案里氏も自身の裁判で買収の意図を認定され、有罪判決が確定している。追い込まれた末の方針転換だと言わざるを得ない。
 ただ、この時期の進退の決断には、不自然さが残る。克行被告が3月15日までに辞職していれば、4月に補欠選挙が行われる予定だった。自民党にとって厳しい戦いが予想される補選を回避する意図があったのではないか。
 克行被告は「妻を当選させたい気持ちがあった」と述べた。事件の背景には、保守分裂となった激しい選挙戦があったとされる。
 選挙前、案里氏側には自民党本部から1億5000万円の活動資金が提供された。公判では、陣営のスタッフ3人に提供された220万円には「党本部からの資金が含まれていた」とする元会計担当者の調書が読み上げられた。
 買収資金は、どこから捻出されたのか。克行被告は、有権者が納得できる説明をすべきだ。
 事件に対する自民党の対応は鈍い。二階幹事長は記者会見で「党としても他山の石としてしっかり対応していく」と述べた。克行被告が党在籍時の事件であり、人ごとのような発言は許されない。
 1億5000万円もの使途として、この説明に納得できる人は少ないのではないか。自民党は資金の流れを改めて調査し、公表すべきだ。真相解明の努力を怠れば、政治不信は一層強まるだろう。

「私の意見」
 読売は遠まわしに書いていますが、当時は二階さん主導で1億5000万円を河合夫妻に提出したと報じられていました。思いもかけぬ大金をもらった彼らへのプレッャーは容易に想像できます。元法相の身でありながら金の使い道の限度をつい超えて金を使ったのでしょう。
 二階さんが新型コロナ発生のときでも一人当たり10万円を支給したと新聞のコラムで自慢していました。その金で心ない人が遊びまわり患者の増加に貢献しました。私は当時からその金をPCR検査に使うよう念を押すべきと書いていたのですが。
 自民党の幹事長は将来の総裁に繋がるそうですが、人気のあった谷垣さんが自転車事故で今でも車椅子生活。それで転がりこんだ二階さんの幹事長と言う、自民党にとっても日本にとっても不幸なまわりあせ。彼が自由に金の使えない使えない位置に置けないものですかね。
 ネットを見ると反二階で動き出しているようですが、一般の自民党員。前にも書きましたが安倍さんや麻生さんなど二人が動いてくれば何とか成りそうだと思うのですが。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国産エネルギーとして原発の活用を

2021-03-23 20:30:19 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 前回は「科学的な少子化対策が未来をき築く」と言うテーマに就いて書きましたが、今回は同じVoiceの「国産エネルギーの重要性」に就いて書いてみたいと思います。
・液化天然ガス(LNG)を使用する「新電力」が記録的な寒波や需要の激変で電力の受給バランスが崩れた。
 電気が足りていると言っても高い電力が足りている。それを使う会社の競争力が落ちる
「再生エネルギーの問題点」
・地熱発電→開発コストが高い
・バイオマス→調達コストが高い。供給先の東南アジアでは森林資源破壊の問題発生
・太陽光発電→条件がよいため盛んに使われているが、そのだがそのいずれ条件が厳しくなる。天候に左右される。自然環境破壊の問題がでている。
・風力発電→開発コスト膨大になる、天候に左右される。洋上の風力発電は設置場所がかぎられている。浮遊式はまだ開発段階。
・化石燃料→寒波、LNGショックによる電力不足の影響が大きい
・残る国産エネルギーは原子力しかない
「原発の問題」
・原発の再稼動は技術的な問題でなく政治の問題
・使用燃料の乾式緒蔵設備も出来ている
・この問題を政治家が避けているのは国民に不人気な政策を取りたくないから
・今電力会社がやるべきことは原発を稼動した場合としない場合のの電気料金の比較を需要者に示すこと
「私の意見」
 私は原発推進の立場ですから筆者の意見に賛成で、取り立てて言うことは有りません。強いて言うとすれば投句毎に一番先に書くように原発反対の「空気に流されずに自分の頭で考えること」そうすれば著者の意見が正しいと判ると思います。 
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

科学的な少子化対策

2021-03-22 19:41:51 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 先日本屋でVoiceを立ち読みをしていた時未来をきづく「科学的な少子化対策」を見て立ち読み専門の私も珍ししく本を買ってかえりました。
 と言うのは私が2006年にブログを始めて以来2011年の今まで解決していない少子化は日本の将来に影響する大問題だからです。
「現金給付政策が出生率に及ぼす影響」
 給付金が1%増えると出生率が0・2%増える。
その例としてフランスを始めニュージーランド、スエーデンの例。
・現在の国の政策 児童手当、奨学金、税控除など
 以下( )内は「私の意見」
 (フランスの成功は前から知っていました。しかしか言うは易く行うは難しの好例。特にコロナ全盛でフランス並みの投資は夢物語。)
「保育政策が出生率に及ぼす影響」
・国の政策 保育サービスの充実、育児休業の取得促進
・著者の評価 他国と大差ない
(国の政策はやらないより増しと言う程度で出生率に及ぼす影響はあまりない。)
「少子化対策に不可欠なジェンダー平等」
 男性の家事、育児負担割合が高い国ほど出生率が高い。
アメリカ、ニュージーランド、アイルランドなど。 
・国の政策 男性の子育て参加促進、労働時間短縮。地域の子育て支援。
・著者の評価影響は大きい
(若い人たちが持ちたい子供の数が昔より少ない。男性の育児参加以前の問題。)
「結び-子育支援は次世代への投資である」
子育支援政策には子供の心身の健全な発達を促すと言う重要な役割がある。
(賛成。昔の貧乏人の子沢山の時代は年上の子供が年下の子を世話をするなどで子供たちの世界ができていた。その為に著者は現場に出て実行可能な対策を提案をして貰いたいの思うのですが。)
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

原発裁判乱発をいかにして防ぐか

2021-03-20 16:33:03 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう
原発差し止め訴訟で東海第二原発反対の住民がわ勝訴、伊方原発3号機は住民がわ敗訴について原発推進の立場の読売は「原発裁判、司法判断に翻弄される再稼働」という社説を出しています。
その中で伊方原発について裁判官は伊方原発近くに活断層はないとした四電の調査に不合理な点はないと評価した。130キロ離れた阿蘇山の噴火の影響に関しては、四電の想定を過小とは言えないと指摘。
 当時私は阿蘇山の噴火の影響について阿蘇山が噴火しても火砕流の殆どは西側の爆裂河口から流れること。それがつぶれても100から150mの山を乗り越えて東に流れることはないと指摘。裁判感もこの点を指摘したのでしょう。
 読売は原発裁判乱発を防ぐ対策として再稼働の適否を判断するにあたっては、拘束力のある最高裁の判例が必要ではないか。と主張しています。
「私の意見」
 地球温暖化の対策として国土の狭い日本では太陽光発電,風力発電も限界があり、欧州の一部のように海上の風力も日本で海が深すぎて難しい。水力、地熱発電も限界。後頼れるの原発だけ。反原発派の小泉・菅ラインの対策も夢物語り。
 私も原発賛成の立場ですので読売の主張が通れれば良いと思いますが読売の言う法律の改正が必要?そのエネルギーが日本にある?
 一方正確なことは判りませんが訴訟の費用は弁護士を入れなければ殆どの手続きに1000円単位の費用しか掛からないこと。そして訴訟に負けても一銭も掛からないこと!?
だから本人たちが労力を惜しまなければ誰でも出来る反原発訴訟。それに対する対策を考える必要もあるような気がします。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
「追記」
読売と私にとって朗報「四国電力伊方原発3号機の運転差し止め仮処分を巡り、申し立てた住民側が、広島高裁決定を取り消して運転を認めた18日の同高裁異議審決定について、最高裁への抗告を断念する方針を固めたことが20日、分かった。最高裁で退けられた場合、全国の同種裁判に与える影響を考慮したとみられる。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何故日本で発明の薬品に注文がつくのか」

2021-03-19 19:51:27 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 私は外国製コロナの薬品が無条件に採用されいるのが可笑しいと思ってネットを探しているとノーベル賞受賞の大村智博士発明のイベルメクチンがあることを知りました。
「大村智博士の意見」
国内の服用患者重篤な副作用はなくは「あっという間に治ったイベルメクチンを特例承認すべき。治験には時間がかかるか" 外国のデータが豊富だし、たしかに効いていると発表しているのだから、治験がなくても特例承認してほしい。「治験を待っていたら、亡くなってしまう人がいるのです」 と訴える。重篤な副作用の報告がなく、アフリカでこの薬を配っているのが医師や看護師ではなく、主にボランティアなのも、危険性がないから。「効かない」とする論文は見あらない。
「大村智博士の意見に対する意見」
・安全性は示されているが、臨床試験が不足
・データが出ている地域が南米や東南アジアなどにかぎられ、薬の有効性を示す信頼できる雑誌の論文が少ない。
・製薬会社は治験に積極的でなく、医師主導であること。すると予算がかぎられ、信頼に足る臨床試験を行うのが難しくなりかねない。
・知る範囲では、イベルメクチンを使用している例はわずかしかない。
・「これまで23例でイベルメクチンを使い、みなあっと言う間に治りました。しかし23人のうち半分は、抗原検査で陽性になった人、半分程度は濃厚接触者が近くにいて、発熱や嗅覚異常などの症状でコロナ感染が疑われた人、1名はよその病院のPCR検査で陽性だった人で、カモスタット、クラリスロマイシンという薬と一緒に処方した。
以下省略。
「私の意見」
 これを見ていて政府指定ではないが隠然と使われ多くの隠れまたは待機の患者を救った安くて良く効くアビガンの事を思い出しました。        
効くならどんどん使っては。あとは前に上げた学者や医者が理論づけてくれると思います。
 逆に政府指定薬だったレムデシビルについては、現在WHOは使用を推奨しないと公表したそうです。
だからアビガンのように政府指定外でも効くならどんどん使ってと困っている人を助けること。
 そう思いませんか?
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
「追記」20日のネットを見ていたら「東京都医師会が切実に訴える特効薬「イベルメクチン」使用・「変異ウイルスにも有効」」の記事を見つけました。私の「政府指定外の薬でも効くならどんどん使って」との意見がまぐれ当たりしました。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

枝野さん共産党と政策協定で連合会長に陳謝

2021-03-18 10:49:08 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
「立憲民主党の支持率の上がらない理由」の中で国会討論で、「立憲共産党と言われる立憲民主党?」、「立憲共産党と言われても支持率4%で平気の立憲民主党?」との一般の批判に耐えかねたのか表記のように恰好わるい結果になりました。しかし問題は枝野さんはそれを地方県連の所為にしていること。地方県連が問題含みの共産党との協定を本部の了解なし結すぶわけないのに。結局は一般の反応を見ての態度豹変でしょう。
 さらにこれを報じた原発推進の読売は地域の協定で「原発ゼロ」ももりまれ民間企業系の「産別」の強い反対が予測されると報じています。しかし「原発ゼロ」は立憲民主の基本政策なので譲れないところ。
しかし読売は秋までに予想され衆院選で共産が全国的に協定を結ぶ協定をもとめてくるかもと民間産別が警戒ている
と報じています。
 私は読売と同じで原発抜き地球の温暖化防止は不可能と思っています。しかし立憲民主はまさかどうせ政権は取れないので一般受けのする「原発ゼロ」を売り物にするのでないしょうね。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲に体重制限を導入しよう(3度目の提案)

2021-03-17 22:14:25 | スポーツ
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
大相撲で実力NO・1の横綱白鵬が2連勝した休場また横綱不在になりました。
それで表記のように3度目の大相撲に体重制限を導入の提案をしたいのですが、素人の悲しさで前回の提案と殆ど同じ内容になりましたのでお許しください。(コメント欄を御覧ください)
小錦から武蔵川の全盛時の相撲は「押し出し」ばかりで決まるなど面白くない土俵もありました。
彼らの巨体で怪我→休場→引退の憂き目にあったのは現在解説をしている舞の海さんを含めて何人いるでしょうか。
巨体の激突による怪我、その怪我の回復を妨げている本人自身の体重、その怪我を押して出場し再度の怪我→休場の繰り返し、これで場所が面白くなる筈はありません。日本の相撲のファンは皆同じ考えて見ているに違いありませんし、体重のある力士に負ける日本人の三役力士に、歯がゆい思いをしているに違いありません。
大相撲全盛時の双葉山(153K)、栃錦(132K)、柏戸(138K)、大鵬(153K)、先代若の花(105K)が活躍した時代のような相撲が見たいものです。彼らの土俵の戦い名勝負として何度も放送されています。双葉山や大鵬の時代は怪我で休場など余りいなかったし、他に強い力士が何人もいたから、本当が二人が強いことが良く判りました。
 またクレーンと言われた明歩谷と言われる力士。吊り一本で昇進した鶴ヶ峰もいました。
それで白鵬の休場の機会に3回めの提案です。
 相撲での怪我を減らす為に、(例えば、身長に対する)体重制限を課してはどうでしょうか。。
 そうすれば、怪我がもっと減るし、私たちももっとスリリング相撲、優れた技の切れ味や、最近目立つ小兵の活躍、中型力士の突っ張りと共に激しい星取りの争いを見る事が出来ると思うのですが。
 それと力士の健康管理の意欲を高め、相撲生命を長くすることにも役立つでしょう。
 大相撲も是非、体重に物言わせる相撲から技で勝負する相撲に変えて貰ったら今以上に面白い土俵になるとおもうのですが。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「立憲民主党の支持率の上がらない理由」

2021-03-15 10:01:44 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 前回石破茂さんの立憲民主党の有力者の議論を褒めていたのでその他の人たちがどんなことを言っているか調べて見ました。手段は「立憲民主党・支持率」での検索です。
 そして解ったのは立憲民主党の支持率の上がらない議会での発言です。
・枝野さんの有権者を見下すような発言
・枝野さんの無能をさらけ出す発言(というネットの意見)
・枝野さんは有権者の声を聞いていない
・蓮舫さんや辻本さんの耳障りなキンキン発言
・蓮舫さんの年長者への罵声
・あり得ない蓮舫発言、一同総つっこみ
・辻本議員へお前がいうな
・モリモトがなつかしいのか(というネットの意見)
・福山幹事長の言わなければよかった発言
・福山幹事長の言うようにように国民の期待に応えるられのか?
・立憲共産党と言われる立憲民主党?
・立憲共産党と言われても支持率4%で平気の立憲民主党?
・今の支持率で立憲民主党が勝つ?福山幹事長の言葉
・合流しても立憲民主に変化がないのを国民はよく見ている
・与論調査が泣くよ原口議員!
「私の意見」
 以上げたのは代表的な意見でダブリや趣旨不明なのは除いています。
 いずれにしても、前回の石破茂さんのご意見のとは全くかけ離れた下世話に言う「一銭にもならない」立憲民主の関係者の発言。あとは枝野さんが石破さんのいうように先輩、同僚でも遠慮なく選抜して自民党政権を唸らせ、警戒させる指摘して貰うしかありません。そしてそれが政権奪回の王道です。それが有力者やマスコミが取り上げる筈。
 後は枝野さんの決断だけ。戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

石破茂 さんの深まらない議論など

2021-03-13 21:36:48 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 昨日始めて石破 茂 さんのブログを見ました。「深まらない議論など」です。
 15日月曜日の予算委員会集中審議における野田佳彦元総理の危機管理を中心とした質問は、最近の低調気味な国会論戦の中にあって、久々に聞き応えのあるものでしたが、時間が40分と短かったのはとても残念に思いました。立憲民主党は他の質疑者の時間を削ってでも1時間、出来れば1時間半は時間を取るべきでしたし、水曜日の前原誠司議員の安全保障に関する質疑の際にも同じことを感じました。
 繰り返しになって恐縮ですが、自民党が国民の厳しい批判を浴びながらも、野党への支持が広がらないのは、「支持率」という数字の意味するところを誤解しているからです。どんなに的確で鋭い批判をしても、「この党に政権を任せてみよう」という支持率には全く直結しません。両者はその質を異にするものなのに、今の野党はそれに気付いていないか、気付いていても敢えてそれに目を瞑っているかのどらかではないでしょうか。民主党政権はそのすべてが「悪夢」だったのではなく、論戦のやり甲斐がある(政権獲得なられた)優れた閣僚もおられたのですが、彼らが質問に立つ機会がほとんどないか、立っても時間が極めて短いかのどちらかで、随分と勿体ないことでした。内容の濃い議論があってこそ、与野党協同による国民のための政治が出来るのだと思います。
(括弧内は私の注記)
「私の意見」
 野党、特に政権奪回を目指す党にとって自党の政策の問題点についてマスコミは誰もいってくれません。
  個々の問題点について一番詳しい官僚の意見も聞かなければ教えてくれないことです。なかには官僚いじめが過ぎてわざと知らない振りをする人も?
 このことに気づいたのは、民主党が政権奪回の選挙前にただ一度それもただ一つの公約に就いて、テレ朝で質問があったこと。
 民主党政権発足して直ぐ担当大臣がいきなり下部の官僚に指示をは始めてマスコミたの笑いものに。
 民主党の多くの政策に自民党からいちゃもんがつきそれが筋が通っているので実行不能になりました。
「私なりに考えた石破茂さんのご意見」
・今後総理経験の野田佳彦さんや閣僚経験のある岡田克也さん、長妻昭さん。(但し私の好み)などのような大物を出し審議に聞き応えのあるものにしては。ただし総理経験と言っても鳩山さん、管さんは駄目(これも私の好み)。
・閣僚経験のない蓮舫さんや辻元清美さん(これも私の好み)など引っ込めねば自党の支持率下落に貢献するだけ。
自民党の石破さんが立憲民主党のことを心配されての投稿ですので同党の人は良く考えて見られたらどうでしょうか。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「脱原発新党? 小泉、鳩山、菅直人の元首相3人、そろい踏み」

2021-03-12 11:07:59 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 小泉純一郎、鳩山由紀夫、菅直人各元首相は東日本大震災、東京電力福島第1原子力発電所事故から10年となった11日、東京都内で開かれた脱原発集会に参加した。鳩山氏が「脱原発政党」設立のため、小泉氏に政界復帰を求めると、会場から拍手がわいた。
 集会は、小泉氏が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が主催した。鳩山氏は菅義偉(すが・よしひで)政権が目指す2050年の温室効果ガスの排出実質ゼロに触れ、「化石燃料を使わないやり方でも、十分に(脱原発を)実現できるということを数値が示している」と主張。菅氏も「この10年間で原発が発生した電力は全体のたった3%だ。将棋でいえば投了の場面なのに『投了しない』と“原子力ムラ”が頑張っているだけだ」と持論を展開した。
 これに先立ち、小泉氏は脱原発をめぐり講演。小泉氏は首相時代は原発推進論者だったと振り返り、「原発事故以来、本を読むと『原発は必要だ』と言っていたことは間違いだった。過ちを改めざるを、過ちという。過ちては改むるにはばかることなかれ。それで原発ゼロを展開している」と語った。
 小泉氏は「この問題は与野党、右左関係ない」とも訴えた。

「私の意見」
 小泉さんの総理時代にコストしか見られない非正規労働者の導入。(正確に言えばトヨタなど一部の優良業者を除き)安易に流れて企業倫理を忘れた指導者。数々の不祥事の発生。競争力の低下、それが今でも続く日本。小泉さんの進退を賭けての郵政改革に成功したが、現在の郵政の現状に批判続出。
 普天間基地の「国外、少なくとも県外」発言を取り消し、その後の珍発言に歩く広告塔と言われた鳩山さん。。
 震災翌日に福島原発を視察し事故対応の初動に遅れが生じたと批判され、外部から笑われた菅さん。
 原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟の理論的支柱で集まりで小泉さんと共に講演した小出裕章さんをのを除くと素人ばかりの集団。船頭多くて船丘にあがるとか。 
 温暖化対策の一つとして原発の利用を主張する読売はこの報道を無視。同じ立場の私も彼らの動き見ておく心算です。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

有難う茂木敏充外相

2021-03-11 09:36:26 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう
 茂木敏充外相は25日、国内の新型コロナウイルスの感染者数が先進各国と比べ低い水準に抑えられているにもかかわらず、首都圏などで病床の逼迫(ひっぱく)が続く現状に問題意識を示した。先進7カ国(G7)の10万人あたりの新規感染者数を引き合いに「(感染者数が)20分の1なのに日本だけ病床が逼迫している。なぜそうなるのか真剣に分析しなくてはならない」と述べた。
 会長代行を務める自民党竹下派(平成研究会)の会合で語った。茂木氏は、海外からの輸入に頼る新型コロナのワクチンをめぐっても「科学技術立国といわれながら、(日本は)国産のワクチンをつくれない。それだけの科学力しか持っていない国なのか。ここは中長期的な課題として考えなければいけない」と指摘した。
。(文章の繋がりが可笑しいが原文のまま)
「私の意見」
 (2月14日現在の病床使用率。埼玉65、千葉62,東京49,神奈川39)
 TPPの困難な交渉を妥結に導いたことが評価された茂木さんだけあって、自民党政権に属しているのに「新型コロナの感染者数が先進各国と比べ低い水準に抑えられているにもかかわらず、首都圏で病床の逼迫している」問題をずばりと指摘。
 また技術立国の日本がワクチンを何故作れないのかと言う私の疑念にも答えてくれました。
 これからも、TPPの経験を生かして日本の抱えてている問題とその解決策を提案して頂きたいと思います。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「立憲共産党と言われても共産党と協力するのか立憲民主党」

2021-03-10 09:57:22 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
国民民主党の榛葉幹事長は5日、羽田次郎氏への支援体制について、見直しを含めて再検討することを明らかにした。羽田氏が地元で結んだ2つの政策協定書に「原発ゼロの日本を実現する」「憲法を守り、安保法制などの違憲立法を廃止」「韓国や北朝鮮との不正常な関係を解消するために、日米同盟に頼る外交姿勢を是正」といった文言を盛り込んでいたことを把握。 羽田氏と立民、共産の3者が結んだ政策協定書が明記した5項目は、共産が次期衆院選に向けて打ち出した「新しい日本をつくる五つの提案」と基本的に一致していることもあり、協定を問題視する連合関係者からは「これでは『立憲共産党』だ」との声が上がっている。
 一方前回の選挙で小松さんを立てて羽根田兄に大敗した自民党は党を挙げての選挙戦を展開を考えている由。立憲民主党は志半ばでコロナのために倒れた羽根田の兄さんへの同情票だけで勝てると思っているのでしょうか。
・仮に勝てたとしても共産党の協力の借りをどうするのか。
・「韓国や北朝鮮との不正常な関係を解消するために、日米同盟に頼る外交姿勢を是正」をネットでは「韓国や北朝鮮との不正常な関係を解消」したのは先方が勝手にしたこと。
・このようなことで日本国防の基本の日米同盟をいじれるかと言う意見ばかりです。
政権奪取を狙う立憲民主党とそれとは完全に無縁の共産党とは完全に立場が違います。今立ち止まって考えねば、永久に自民党政権が続くかも。
それで良いのですかね?枝野さん!
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

植草さんの「政策連合で政権交代を実現」について

2021-03-09 15:58:56 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 私がブログを始めたころから感心していることがあります。ブログの大半が自民党支持であるのに反自民であること。文章が読みやすいように多くの彼の著書すべてを主張の最後においていること。それは『知られざる真実』の植草さんです。
 本来なら彼のブログに書くところですが、コメント欄がないので私のブログで彼の「政策連合で政権交代を実現」について私の意見を書くことにしました。
 主権者の多数が政治刷新を求めている。政治刷新を実現するには政権交代が必要。(以下括弧内は私の意見)
政権交代を実現するには、現行選挙制度の下で衆議院過半数の議席を獲得することが必要。そのための戦術を構築して実行することが必要。
 政策連合はその提言を示して行動している。私たちが強く主張していることは、単なる政権交代が目的ではないこと。政権が変わっても政治が変わらなければ意味がない。
したがって、基本政策を明確にして、その基本政策を共有する勢力によって政権交代を実現することが重要になる。政策を基軸に連帯すること。
 これが「政策連合」の考え方だ。共有するべき基本政策とは何か。(確かに今の野党は数合わせだけにおわっている。)
三つの柱を提示している。平和主義堅持、原発ゼロ、共生の経済政策だ。
安倍内閣は日本を「戦争をする国」に変えた。(そう言う証拠は何もない)
 これを「戦争をしない国」に戻さねばならない。日本を「戦争をする国」に変えるための憲法改悪に反対する。
 原発のリスクは無限大だ。車を運転するリスク、飛行機に乗るリスクとリスクの程度が違う。原発事故のリスクは無限大であり、現実に日本崩壊の寸前まで進行した現実から目を逸らしてはならない。
 フクシマ原発事故の原因は特定されていない。津波による被害以前の地震による揺れによって事故が発生したとの見方が有力に存在する。(福島第一の緊急電源装置が気密性の弱いタービン建屋、それも地下にあったこと。それで緊急電源装置が津波による浸水で停止した事が定着した理由。)
 日本は世界最大の地震国である。日本列島の真下で四つのプレートが重なり合う。巨大地震がいつでも発生するのが日本の背負う宿命。原発は直ちにゼロにしなければならない。(地震の影響を受けた女川、東海の原発はほぼ無傷)
 (以下、私は政策連合など知らないので省略。)
 党派の壁を超えて、基本政策を共有する者が手をつながなければ、現在の悪政を放逐することができない。既存の政党に委ねるだけでは党利党略が優先してしまう。(私たちの提案をほぼそのまま2019年参院選の公約にしたのが「れいわ新選組」である。と書いているのでまさか同党を中心に動く?そんな馬鹿な!)
 (数多くの著書を出した人がこの低レベルの主張するとは!皆さんどう思われます?)
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする