普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

どうした橋下さん

2014-03-24 12:46:22 | 地方分権と再生
 行政改革以外に実績のない橋下さん、この儘ではじり貧の維新の会、維新の会の支持率快復の道は原点の行政改革に絞ること、立ち上がれ日本の旧メンバーの力を利用すること
*行政改革以外に実績のない橋下さん
 私は2012年10月に「橋下さんは原点に帰って政治主導の行政改革に集中しては」で「維新の会の支持率低下の原因・橋下さんは自分の力の限度を知りその得意の分野の公務員制度改革に絞るべき」と書きました。
 その理由は橋下さんの原発問題など全国的な問題に対する数々の問題発言(最近では慰安婦発言、特に米軍への提案)や非現実的な維新八策に対する大きな批判などだ。
 一方橋下さんは、安倍・福田・麻生・鳩山・菅の歴代の政権の行政改革に失敗したのに、橋下さんはその突破力と会議などをオープンにする手法で、大阪府・市の改革の成功した。
 詰まりそれに対する橋下人気の高まり→その主催する塾への多数の応募者→国政への進出気運の高まり(ここで橋下さんは舞い上がったのでしょう)→橋下さんの不得意の国政向けの発言→維新への人気低下の流れになっている。
 一口に言って彼への期待は大阪府・市の政治主導の行政改革へ実績とその突破力や発信力であり、その他には何も実績もないし、国全体の問題に就いて彼の意見は批判だらけだ。
 私は橋下さんの才能が潰されることのないように、少なくとも当面は原点の大阪の改革が済んで、それから中央に乗り出しても遅くはないと何度も書いたが、現実は日本維新の会として不完全な政策と党内合意のまま中央に望むことになった。
 そして現実は大きな遠回りの後、国会は国会議員団に任せ橋下さんは大阪都構想に集中、都構想が進まないのに業を煮やして、市長辞任、再度立候補しらけムードの市長選。そして投票率過去最低の23%、橋下さんは予想通りの圧倒的多数での当選。そして橋下さんはどうするの?
*この儘ではじり貧の維新の会
 現状を見て下さい。
 衆院国会議員 支持率(12年後半) 14年3月(NHK調べ
 維新 53  4.7         1.1
 民主 55              6.5
 共産  8  2.7         3.3
 これでは維新の会では政治主導の行政改革の幻想に乗って大躍進したが国民の期待を裏切って55人まで激減した民主党の二の舞になることは先ず間違い無いことでしょう。
 実際に維新の会がやっていることは新聞紙上で見る限り民主党に変わる統一会派の結成 の動きと党の原発輸出反対の方針に対し賛成の石原さんに対する説得です。
 新聞の解説によれば 統一会派結成のメリットは参院の発言力の強化だそうですが、維新の会がまずやらねばならないのは維新バブルの前に当選した人の多い参院はまあまあとして、次の衆院選で予想されるバブルの乗って大量当選をした国会議員の大激減をいかに食いとめるかの対策ではないでしょうか。
*維新の会の支持率快復の道は原点の行政改革に絞ること
 私は別のエントリーで維新の会は行政改革に一本に絞り、他の全国的な政策は会の基本的的精神に基づいての個々の国会議員の自主投票にし、なるべく早く政党として国民に評価されるような政策を立案するのは当然だと書きました。
 そして石原さんが立ち上がれ日本が行政改革と言う大義に基づき小異を捨てて大同に就けということで維新の会に合同したときは、渡辺喜美さん率いるみんなの党と行政改革言い出しっぺの安倍さんと組んで行政改革をすべき。そして官公労などとの討議には橋下さんは委員となって先頭に立つべきと書きました。
 橋下さんや維新の会でやらねばならないことははっきりしています。
・原点の維新の会の発足の原点の行政改革にもどること
・大阪都構想に就いては野党と協議して内容は橋下さんには不十分でもとにかく発足させること。発足すれば後でも改革は充分に出来る。立ち消えになれば維新の会はお終い。
・上記の党と組んで全国レベルの行政改革に絞って乗り出すこと
・自民党の出方にも依りますが行政改革の一環として党のアキレス腱の農協改革に乗り出すこと
*立ち上がれ日本の旧メンバーの力を利用すること
・元立ち上がれ日本のメンバーと組んで国民が納得する政策を作ること
 本来の維新の会から立ち上がれのメンバーを排斥の動きがあるようですが、これでは民主党の内部抗争のように党支持率の激減、小沢分派の支持率1%以下の二の舞です。
 片山虎之助、園田直さんは維新の会の旧メンバーより遥かに優れた識見を持っていますす。予算委員会の審議で片山さんの質問や意見に与野党を問わず聞き入る委員会のメンバーを見て下さい。拉致問題、防衛の山谷さん、政治家の手本のような平沼赳夫さんなど見倣う人も居ます。
 橋下さん、石原さん以下の旧メンバーは皆安倍さんと皆個人的に安倍さんと繋がりがあります。
 再度書きますが、維新の会のやるべきことは不十分でも良いから安倍さんの賛成の大阪都構想の成立、行政改革の原点に還っること、党の政策の政策の一刻も早い見直しです。
 それと橋下さんの公式、ネット発言の前のアドバイザーの助言も。
 そうすれば支持率1%台の快復と、次回の国会議員の選挙での大幅減少の防止に繋がると思うのですが。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ  
コメント (4)

韓国のキム大統領を黙らせるには

2014-03-24 12:39:39 | 外交・安全保障
日本・韓国とも歴史認識を確認するための日韓の学者の再度の会議を
 韓国のキム大統領が日本の歴史認識を取り上げて首脳会談を拒否していました。
 それに対して多分いつもの米国からの圧力でしょう、安倍さんが国会で村山・河野発言を継承すると言いキムさんが「幸いだ」と言ったそうで、結果的にキムさんの言うことが正しいのを裏付けると言うまた外交上の敗北を喫しました。これに勢いを得て大統領府は「日本は歴史問題で誠意ある処置をとるべきだ」と追い打ちをかけています。
 安倍発言の結果でしょう。安倍・オバマ・キム会談が決まりました。報道によれば歴史認識問題は会談の対象にならないそうですが、キムさんのことですから韓国民の反応→自分への支持率を考えていきなりこの問題を持ち出すかも知れません。
 もしその際は彼女の発言を捉えて、安倍さんが歴史認識確認のための学者の会議を提案すればオバマさんの前ですから彼女も反対しにくいと思います。
 お互いに良い所悪いところを取り上げて徹底的に討論しその結果を公表すべきだと思います。勿論両国の結論は違うのは当然ですが、日本と韓国双方の有利、不利な主張の双方を発表するよう主張するのです。
 勿論、今までの偏った反日教育の韓国からは私の言うような自国が不利になるような提案に反対するのは間違いないと思いますが、この申し出を執拗に繰り返すことで、オバマさん始め韓国の反応は日本が有利になるのは間違いないと思います。
 もしこの会議が実現すれば、何しろ当時の国連の調査団ですら韓国併合を認め(どうした安倍さん(2)参照)、日本の併合時の政策、独立後の日本の援助のお蔭で韓国は大発展を遂げたのですから、そしてそれには現キム大統領のお父さんも関わっているのですから。
 またキムさんが盛んに言っている慰安婦問題も、昔、NHKで数名の韓国の学者と桜井よし子さんほかの対談の放送がありましたが、桜井さんから一方てきに捲くし立てられ韓国側から一言の反論もなし。彼らの唯一の学問的根拠は河野発言だけ。
 その河野発言の根拠も最近判ったことですが、日本側の調査では慰安婦への強制はなかったが、韓国側提出の慰安婦と称する人の発言記録の裏付けもとらずに強制を認めたと言う信じられない話です。(その当時は桜井さんも言っていましたが、強制があったのはインドネシアで日本将校がそれに似た行動があったが直ぐ軍規により処罰されただけだと思われていました。) 政府も慰安婦発言への対応に就いて調査するとしていましたがキムさんは反対しています。何故なら日本の拙い対応が明らかになるのは、韓国にとって都合がわるいからです。産経新聞の調査では肝心の慰安婦の発言の内容自体に大きな矛盾があるそうです。この点も日韓双方の学者で討論してそれぞれの立場を公表すれば良いと思います。
 双方からの学術調査の結果を公表するのはキム大統領にとっと困ることなので、この当然の意見を執拗に言うことでキムさんは申し入れを拒否するか黙り込むしかないような気がします。そしてそのどちらにしても日本が優位な立場になるのは間違いないと思うのですが。
 勿論三者会談でキムさんが言う前に、安倍さんからこの問題を持ち出すのもありと思うのですが、そのどちらにしても安倍さんの戦略にかかっていると思うのですが果たしてどうでしょう。このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキング
コメント

どうした安倍さん2.(情報機関の設置は)

2014-03-17 12:35:44 | 安倍内閣
 最近は第一期のときの主張する外交のための情報機関の設置に就いては発言さえないし、マスコミも何も言いません。
 唯一某テレビで特定秘密保護法に就いて、外国からの情報の保護も大切だが、より大切なのは日本独自の情報の収集と発信だと言う当然の解説を聞きました。
 私はCIAまではいかないが合法的でも良いから情報の収集と分析、発信が、ことを誤らずにまた外国からの信用を増す道の一つだと思うのですが。
 (当然の話ですが自国の有利なことを優先する)米国の情報に載せられてばかりの日本が信用されるのでしょうか。
 また現に慰安婦問題では現在の日本側の見解が正しいのに、韓国側の情報戦に完敗。韓国の意見が世界に殆ど定着しているようです。
 また中国発と言われているサイバー攻撃に後手を踏むばかり。
 万一戦争状態になれば政府の情報が筒抜けになり、コンビューター制御されている自衛隊、重要工場、原発などが攻撃の的になるのは見え見えなのに。
 最近の情報によれば、唯一の対策は尖閣、竹島は日本のものだと言う事をネットに流し、各省に情報の安全管理の徹底を通達しただけ。
 安倍さんが情報機関設置のことで貝になっているのは何故?陰謀好きなネットやマスコミの一部が言うように、設置についても米国の圧力があるのでしようか。
コメント

勘違いの小泉さん 

2014-03-17 12:32:39 | 政策、社会情勢
 今回の都知事選挙で小泉さんは原発即ゼロと同じ主張をする細川さんと組んで舛添さんに大敗しました。
 テレビで小泉さんは街頭演説で多くの聴衆を集めて大きな盛り上がりを見せたのに、テレビがこの放送をしないのを愚痴っていました。
 小泉さんは郵政選挙の再現を夢見ていたのでしょう。
 当時は小泉さんの郵政改革反対派を自民党から追放し、衆院選では反対派に刺客を立てるなど、奇抜な戦略に乗ったマスコミ特にテレビが選挙中に彼らの報道ばかりして、結果的に一方的な自民党よりの報道をしたのが大勝の原因でした。
 そして選挙後反自民の朝日新聞系のテレ朝の「報道ステーション」の前アンカーマンがこの一方的な報道の仕方を考え直さねばと言っていました。
 その後安倍さん、麻生さんの選挙では朝日新聞、テレ朝主導の徹底的反自民キャンペーンして、民主党大勝。
 その民主が政権獲得後の内閣や党内の惨状、大敗。
 朝日、テレ朝とそれに追随する毎日系のマスコミも報道の在り方について勉強をしたのでしょう。
 だから小泉さんがいくら街頭で煽ってそれを見ていないひとは殆ど乗って来なかったのだと思います。
 それと米国一辺倒の自由主義経済で格差の発生、売り物の郵政改革も彼が切り捨てた反対派の主張の通りに変質。
 唯一の成功は道路公団の民営化は猪瀬さんの功績だと皆思っています。(勿論部下の功績はその上司の功績ですが。)
 国民は小泉さんの言う事を面白がって聴くがそれだけに終わったのでしょう。
 小泉さんがやり手の政治家なら細川さんを討論会に出すとか、同じ即原発ゼロを主張するAさんと組ませれば勝利はほぼ確実だったのに。
進次郎さんはお父さんはまだ落胆ゼロだと言っています。
然し政府が原発ゼロと決めれば何とかなると具体案も出さずに原発の怖さだけ訴えるのはアジテーター、山本太郎さんと同じです。
これでは今後いくら即原発ゼロをいくら叫んでも、他の大きな要因がないかぎり、彼の声は国政まで届かないような気がします。
原発ゼロの具体案を示さない限り、フィンランドの処理施設だけでなく、原発廃止の先進国のドイツの現状と問題点とその解決法まで解かない限り彼が本当の政治家でなくアジテーターと見られても仕方がないと思います。
コメント

どうした民主党(30年度に原発ゼロの党が原発即ゼロの細川さんを応援)

2014-03-17 12:29:36 | 民主党
新聞報道に依れば、民主党は都知事選に細川さんを政策が似ていることと、自民党が支援する舛添さんより勝ちそうだとして支援すると聞いて驚きました。
原発問題は今細川さん、小泉さんが言うまでもなく、国が抱える大きな問題の一つであり、それに関する政策も党が抱える重大な政策の一つです。
民主党は30年度に原発ゼロ、その時期は問題になりましたが「原発順次縮小」の政策です。
その党が党が党内の論議も無しに、「原発即ゼ」ロに政策を絞って立候補したの細川さんを支援するなど考えられないことです。
これでは国民は民主党は勝つ為には重要政策も一変させる党だと思われても仕方がないと思います。自民党に変わる政権復帰を目指す党がこのような重大な政策を一変するような政党を心ある人達が支援すると思っているのでしょうか。この動き見て政権をとるためには、予算の裏付けもなしに実行不可能なばら蒔き政策を立てた信頼の出来ない民主党の体質が変わっていないと思いだした国民も多いと思います。
一昔社会党政権が誕生したのが引き金になって、以後衰退の一途を辿っている社会党。
つまり社会党は政権政党としていつも自民党と比較されての評価を受けているのです。
このままでは政権政党として何時も自民党に比べられる民主党の支持率は、社会党のように政権政党の経験がない維新、みんなの党よりさらに低下するかも知れません。(今多くの大きな問題に直面している自民党の内閣の支持率が落ちないのは前の政権より良さそうだと皆が思っていりからです。)
今どうすれば良いか党員は皆良く考えねば、支持率1%以下の社会党のように絶滅危惧種になるかも知れないと思います。
コメント

どうした安倍さん(お友達内閣の二の舞か)

2014-03-17 12:23:28 | 安倍内閣
私は自分のブログの07年9月の「安倍さんの研究」で安倍さんはある程度の所で首相の地位を一旦退いて、経験を積んだあと再度出直すべきと書きました。
その理由は教育基本法、国民投票法の成立などの成果を挙げ、国際情勢を考えて靖国参拝の自粛、主張する外交のための情報機関の設置を政策にあげた一方、「お友達内閣」と言われる政権運営の拙さがあったからです。
そして私の考えた通り再起を果たしましたが、最近は首を捻ることばかりです。
僅か一二カ月の討議延長しても充分間に合うのに、そして維新の会や皆の党も法案そのものに賛成しているのに、両党の反対のもとで特定秘密保護法の強硬裁決をして支持率を下げました。
これからTPPの交渉で農産物問題、消費勢増税を前に日経平均の乱高下(追記:クリミア半島問題でのロシアへの対応)などなど難しい決断を迫られるとき唯一の頼りの自民党支持率を1%も下げてはいけないときに。
私はこの段階で自民党首脳部に安倍さんの走り過ぎにブレーキを掛けるべきと言いたかったのですが生憎ブログを閉鎖していました。(勿論これに書いても政局が動く訳はありませんが。)
そして靖国参拝の大失敗。
安倍さんはこのことについて中国、韓国に丁寧に説明すると言っていますが、彼らが聞く耳を持たないどころか、それに自分達の主張の正当化に利用することは、後で米国から「安倍さんの参拝は中国韓国を利するだけ」とに言われなくても誰でも分かりきっているのに。
安倍さんは戦争で死んだ人にお参りするのは首相として当然だと言っています。
そのような心の問題なら誰にも知られぬ時を選んで参拝するか、官邸で神主を呼んで拝礼しても戦死者とは心が通じるのに。
何故マスコミの前で堂々とデモンストレーションをしなければならないのか。
喜ぶの一部の戦没者の遺族とネット右翼だけ。
心ある遺族の方たちのなかには彼の参拝で、日本が不利な立場にならなければ良いがと心配している人も多いと思います。
安倍さんの最近の走り過ぎはネット上の靖国参拝で75%近くの賛成支えられていることからの自信だそうですが、首相ともなればユーチューブの「お友達」の「良いな」の調子に乗らず、安倍さんの首相就任時から書いているように石破さんなど党の信頼ある人達との意見の調整をして慎重に動きをすべきだと思います。
傍目からみますとお安倍さんは友達内閣の失敗を繰り返しているように見えて仕方がないのですが。
コメント