普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

日本の善政のハードを受け入れる大連の人たち

2021-08-31 17:41:57 | 政策、社会情勢

・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

   今朝ネットを見ていたら最近、中国・遼寧省大連市のテーマパーク「大連日本風情街」がインターネット上で話題となっていると言う記事を見つけました。

 これを見て若い時国際技術交流会のメンバーの一人として大連の工場の人たちとの技術交流かいに出たことを思いだしました。と言うのは大連と北九州市は姉妹都市提携をしていたからです。

 勿論戦勝国の大連と敗戦国の私たちの間ですから和気あいあいとまで行きませんでしたが双方とも大人の対応で何とか無事に会は終わり。先方の要求の資料も帰国後送ることができました。

 資料で見た大連の中国人ガイドから聞いた話です。。

「反日デモが起きないのは、「大連をつくったのは日本人だから」ということがあります。私は、今の大連があるのは、日本のおかげだと思っています。それまで中国政府は、ここを見向きもしませんでした。戦争に負けて日本人が大連から出て行くとき、港で泣いている中国人はたくさんいました。日本人が嫌いな中国人はいましたけど、日本人とうまくつき合っていた中国人もいました」

 大連はほかの都市ほど反日感情が高くない。その背景には、この時代の日本人の行いがある。と言うこの記事を書いた人の意見。

「私の意見」
 ロシヤから譲り受けた後の日本の善政のハードを複雑な気持ちながら受け入れる大国の中國の大連の人たち。日本の善政のソフトもハードも全て隠してしまい、自分たちででっち上げた作った歴史をもとに日本の攻撃をする半島国家の韓国。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

敵を間違えてないか自民党

2021-08-29 15:19:40 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

報道の元は判りませんが次のような意見がネットに出ていました。

「菅・二階陣営は、細田派97人、麻生派53人、竹下派52人、二階派47人、石原派10人に加えて無所属議員の抱き込みによって国会議員票はすでに300票を固めたと豪語しています。しかし、安倍・麻生は派閥をまとめきれていない。無所属議員に対しても『対立候補を立てるなら9月14日に解散総選挙にするつもり。そのことを重々理解した上で行動しなさいよ』という恫喝まがいの電話が入ってます。反体制議員の封じ込めを強化していますね。

  私は当面の自民党の最大の敵は手のつけようのない新型コロナ蔓延と思います。今日聞いたばかりですが村から町になったばかりのちいさな町でいきなり50人の感染者が出て大騒ぎ自民党にとってコロナより遥かに弱い立憲民主党ですが、自民党がコロナ対策を誤れば立憲と共産党の連合軍の勝利の可能性大。私が前にも書きましたが、民主党の政策も判らぬままに民主党の政権奪取!!今回も同じことになりそうな気配大。

 繰り返しますが自民の最大の敵の新型コロナしかありません

 だから自民党のやるべきことはただ一つ。コロナ撃滅か沈静化

 そうすれば自民の勝利は盤石。

「自民党勝利のための対策」

・ネットで言われているようにコロナを5類化して、今ネックになっている保健所を通さずいきなり医者に連絡、その後保健所に通告など医療のスピードアップ。

・今嫌われ者になっている厚労省の医系技官を現場に投入しネックになっている点の解決、医療の促進に当たらせる。

・その他、医療関係者、ネットでコロナの問題点や対策の提案をしている舛添元厚生労働大臣、コロナの感染者や、その治療に当たった医師、保健所の人たち、一般の人たちの意見を聞くこと。きっと名案もでると思いますが、その募集の広告をしただけでも内閣の評判は向上すると思いませんか。

 勿論良い案は直ぐに検討、実行。

 それが内閣にとっても、自民党にとっても日本のためになること。

 攻撃は最大の防御。そう思いませんか。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国の少子化対策に就いて足を引っ張る菅さん

2021-08-28 11:19:22 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

前回投稿の自民党政権陥落の危機?」と合わせてお読みください。

 私は日本が抱えている大きな解決困難な問題になると何故か全て立ち止まってしまうこと。なにしろ2006年、平成18年から私がブログを始めた当初から取り上げていまだに少子化問題が解決していないのですから。
 それで最近の政府の少子化の基本政策、重点課題などを見ていく内に、驚くものを見つけました。

 少子化問題では良く出てくる「少子化対策の支出と全体の支出の割合」の表です。少子化対策の先進国は財政支出の20%が少子化対策に当てられているのに、日本は僅か0,5%と、それも目立つように書いているのです。
 つまり担当者が考える基本政策、重点課題を実施するにそれだけの投資がなければ基本政策も何も出来ないと言わんばかり。

 私は何故今回ばかり「少子化対策の支出と全体の支出の割合」の表が出てくるか。そんな少子化対策のためには金が要ると言う表を出して上司から叱られるのにと思って、色々考えた末に昨日投稿した菅さんの暴走。菅政権は高所得世帯の児童手当を縮小し、待機児童対策の財源に充てようとしているのを少子化対策の担当者は知ったのでしょう。自分たちは少子化のために色々考えているのに、菅さんの案では家庭によっては子供を産まぬようになるかも知れないのに!!!

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自民党政権陥落の危機?

2021-08-27 18:51:22 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

 たまたま町で見た週間文春の最初の売り出し文句です。菅・官邸独りぼっち。自民幹部「菅・二階では戦えない」などなど政権末期の状況を匂わせています。

 これを見て私は麻生さんの時代の自民党政権陥落のことを思い出しました。

 朝日新聞主導の自民幹部の事務所経費不祥事の追求で自殺者がでるほど。一方では麻生さんの漢字の読み違いでNHKで笑いものに。

 それで後で私がきづいたのですが、民主党の政策の検討の報道も全くなしに同政権の誕生!本当です。それに対して野に下った自民党からの総攻撃。それで恥ずかしも民主党政権の政策の総見直しの発表!それに対する自民からの批判。
 今回も下手をすれば、立憲民主の政策の批判の無い儘、同党が政権を得ることに成るかも。何しろそれを決めるのは同じ日本人ですから。

 私が何時も書く「空気に流されやすい国民性」で事を誤らせない為にも私の意見を思い切って書きます。

「私の提案」

・ヤフー名物の一般の人々の批判の的の二階さん。限りなく怪しい1億二千万の供給者の二階さんには息子さんに後をついで頂く。

・菅さんは自民寄りの読売新聞や個人の提案の良い所は積極的に採用する。現実は読売の意見を採用したことは全くない。

・私の何時も言う「自分一人でこそこそ。お気に入りの管轄外の小泉環境大臣だけに太陽光発電の相談するなどせこい菅さん」から脱出し嫌いでも担当の大臣や官僚を使う。(余りにもくだらない例は下記参照)

「ネットや私の提案」              

・厚労省の技官をコロナの現場に投入して調整、支援に当たらせる。

新型コロナを5類相当にして病院に直行できるようにし後保健所に通報するようにする

 言うのは簡単ですが、難しいことを担当の大臣にやらせるのが総理の仕事。そして此のことを確実に進めていたら彼への評価はがらりと変わるのに!!

このブログをより多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

参照:菅政権は高所得世帯の児童手当を縮小し、待機児童対策の財源に充てようとしているというニュースが流れるや否や、子育て世代から批判の声が殺到。Yahoo!ニューストップに掲載された11月6日、11月13日どちらの記事も1万件程度のコメントが投稿され、「所得制限で児童手当5000円、配偶者控除も無し。沢山納税してるのに、恩恵受けられないってあまりにも不平等すぎる」と大反対の声。私が菅さんをせこいと言うのは当然と思いませんか。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナを5類相当にして病院に直行できるようにしよう。

2021-08-26 12:59:46 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

ツイッターで見た意見です。(補足意見も含む)

・菅首相と尾身茂氏の会見で未だ政府が何も分っていない事が露呈。保健所でなく開業医・市中病院がインフル同様に初期対応すれば希望者全員が一定の医療を受けられ重症化予防も図れる。都の90%の非コロナ病院の一部も参画を。5 類相当への変更が必要”と大木隆生慈恵医大教授。なぜこれができないのか。この状況を快刀乱麻する策はもはや5 類相当への変更しか思いつかない。

・参考

 感染症法では、もっとも危険性の高い1 類がエボラ出血熱、次の2 類が結核やSARS(重症急性呼吸器症候群)といった具合に、重篤性や感染力などをもとに5 類までに分類している。新型コロナは、現在「新型インフルエンザ等感染症」という特例枠で、入院勧告や就業制限など2 類相当か、部分的にはそれ以上の対応がなされている。

・前記の意見に対して菅さんは17日夜の記者会見で、新型コロナウイルスの感染症法の扱いを季節性インフルエンザ並みの「5 類」に引き下げるべきだとの議論について、現時点では慎重な姿勢を示した。

「私の意見」

ネットの意見と現状の違いは

・今までは保健所を通して行っていたのを直接に行くこと。その後病院から保健所に報告。(今までよりスピードアップ)。

・病院が受け入れられないときは病院から保健所に報告。今までは保健所が収容の是非をと問い合わせたときに受け入れ不能の報告。(今までと殆ど変わらない)。

・「就業制限、それ以上の対応」の問題は病院からの報告で決定。(今までと殆ど同じ)

・処理のスピードアップの点では今までより遥かに勝っている。

・生臭い話ですが菅さんのかずかずの失政や煮え切らなさで菅さんの支持率低下。総選挙で自民党の苦戦か敗北の可能性も。菅さんも自民党の幹部も上記の意見を良く考えるべきだと思います。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菅さんのこれから

2021-08-24 14:30:18 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

23日の「菅首相・現職総理で史上初の落選」危機!横浜市長選で地元有権者もソッポ」の記事です。

 自民党総裁選で「無投票再選」を目指し、無理ならば9月12日に緊急事態宣言を解除して衆院解散に打って出る――。そんな菅首相の「生き残り」への妄想が泡と消えた。横浜市長選の“惨敗”で地元有権者が突きつけた。来る総選挙では菅首相さえ危ないと言う現実である。

以下省略。

 私は何度も「せこい菅さん」の事を書いて来ました。その最近の話では管轄外の小泉環境大臣と話し合いの末、太陽光発電を中心とする脱炭素政策を発表して政府内の猛反対で温暖化政策全体が頓挫の状況。

 今回のコロナ問題で菅さん自身の基本的な解決策も考え方も出さず、医学界の代表の意見でうろうろするばかり。それが今回の横浜市長戦の大敗に繋がったそうです。

 私はその前から何かと問題を起こす厚生労働省とその技官のコロナ現場への登用を提案し首相官邸の投書欄に投稿しました。それが上手く行けば菅さんの評価が一度に上がるのですが菅さんが厚生労働省大臣を説得し、その配下の技官を説得するのも大変で私の提案倒れになる可能性は100%達成しないかと思っていたら、24日の「横浜市長選、政権不信が゛与党の惨敗招いた」読売」の社説が出ました。首相にとってコロナ対策に指導力を発揮することが最大の責務である。医療体制を強化し,国民の不安の解消に努めるべきだ。

 この社説を見ても菅さんが読売や私の意見に動くか否か不明。厚労省、肝心の技官が動き出すかも不明。然しこのままでは菅さんの時期の選挙に落選の可能性大

 ここで菅さんは腹心の人と彼らしい前向きの提案を発表するしかないと思いますがどうでしょうか。

 今こそ菅さんの決断の時と思いますが果たしてどうなるのでしょう。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ  

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜市長選敗戦で自民党の今後

2021-08-23 09:24:56 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

「横浜市長選に当選した 山中竹春さんの意見」

・急激に広がるコロナ禍、横浜市の医療体制はひっ迫し、市民生活も追い込まれている。

・私は様々なコロナ研究に携わってきた。現在痛感するのは、これまでと同じやり方を続けているだけでは、コロナ禍を収束させることはできないという事実です。

・ワクチンにについて

 時間を特定して一か所にまとめる集団接種体制ではなく、通勤途中にうけられるように駅で接種できるとか、若者にむけては24時間体制も検討すべきだ。

 在宅療養者へのワクチン接種についても、医療者に働きかけて、ワクチンの巡回接種が必要。

そして治療薬の承認は国の範疇だが、横浜市としても治験に参加する後押しをしたい。

・検査体制についていつでもどこでもPCR検査、抗原検査」を実施することで、変だなと思ったときに検査がうけられる体制を横浜市として確立。
抗原検査については、ご家庭に配って、朝、ポジティブであればPCR検査にうつるという状況が゙てきれば゙熱っぽい人が゙そのまま電車に乗って、感染拡大するというリスクも低減できる。

・クラスター発生のリスクが高い高齢者の施設や学校への集中検査の実施や下水道検査による感染集積地の特定などコロナ対策に有効な実証データをつくっていきたい。
・医療体制について

いまもう医療崩壊かいつおきてもおかしくないと、現場は予測している。特に昨今、中等症が増えているので中等症の病床を確保しないといけない。

・感染病床数の確保を進める。さらに自宅療養者への訪問看護体制を強化するため、医師会、訪問看護ステーション等と行政がタッグを組む体制を確立。

・コロナ患者の受け入れについて、病床をもっている診療所等の医療機関にも協力をお願いしたいと考える。そのための医療機関への支援も行う。

・自粛ばかりを押し出すのではなく前向きなコロナ対策をやるべき。営業を規制されている飲食店でも、コロナ感染対策を前提とした実証研究を実施する。これらの取り組みは「横浜発」でやっていきたい。

以下省略。

「読売の出口調査の結果」

 14日ではコロナ対策を挙げた人はIRなど他の問題点の4番目。しかし18日から20日連続で全国の感染者が過去最大を記録するとコロナ対策がIRに続く2番目に上がった。22日の調査で支持政党は自民37%、立民13%,無党派32%

「私の意見」

 つまり政府のコロナ対策の失敗とコロナに素人の政治家の起用が今から考えると当然のような敗戦を招いたのでしょう。

 そしてネットや新聞報道で見ると、後誰が総理になるかで大変。そんなことでよいのですかね。普通に考えれば 山中竹春さんの意見を参考にしてコロナ対策の見直しをすることが最優先と思うのですが。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自宅療養の支援の為に厚労省の技官を派遣を

2021-08-20 11:19:09 | 政策、社会情勢

・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう

「立憲民主党のあべともこ衆議院議員のツイッター」

 東京都内で親子3人全員が新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中に40代の母親が死亡したことに見解を述べた。小児科医として藤沢市に自身のクリニックももつあべ氏。親子3人全員が自宅療養中に母親が死亡したニュースを引用し、「自宅療養と言う名で、不安と苦しさの中死亡したこの母親に保健所はどんな関与をしたのか?あるいは救急は対応できなかったのか、知事はきちんと説明すべきである。どこに問題があったのかをはっきりさせないで、酸素センターだ、抗体カクテル療法だと次を云々すべきではない」と記した。さらに、連続で「多くの人がこのお母さんの死に怒りと悲しみを持ってネット拡散していると思う。誰が自宅療養の指示を出したのか、この女性の重症度は誰が診断したのか、酸素センターというが誰がどうやって運ぶのか、兎に角抽象的な事ばかりで現実の苦しみを知ろうとしない政治家はいらない」。

「私の意見」

 個々の患者が抱えている個々の問題に対応する為に厚労省の技官を派遣して応援をすること。それが患者にとって大きな心の支えになるし、技官にとって貴重に経験になり、彼らが現場意識を持つことは本人の為でだけでなく厚労省、内閣の評価もあがることになります。

 問題は前にも書きましたが被害者意識を持つ彼らを納得させることがいかに難しいかです。その為に優秀な厚生労働大臣の選任と強い総理大臣のリーダーシップが必要と思いますが、それまで出来る人がいるでしょうか。

参照新型コロナ関するアビガンとPCR検査と厚生省技官

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します

政治ブログへ  

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ感染急拡大への提言

2021-08-18 17:58:09 | 政策、社会情勢

戦前・戦中派の私から提言若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

8月18日の読売の報道です。

 紙面に感染対策手詰まり、緊急事態、呼びかけ中心、ワクチン頼みの大きな文字。

読売の社説「国は衣料確保へ万策を」の中での疑問と提言です。

・何故日本の医療が脆弱なのか疑問に思っている国民が少なくない

・自宅療養者が急増、 保健所の健康観察が追いつかない。地域の開業医の積極的に協力して欲しい

・病床が逼迫して活用が進まないのは理解に苦しむ

などなど

「私の意見」

同紙の中の記事です。

緊急事態宣言中の人口10万当たりの新規感染者

東京200、埼玉124、千葉、111、神奈川141、大阪96、福岡101、沖縄256

なお私が住む町の隣の北九州市と福岡市の比較です

福岡市人口159万、感染者217人、北九州市人口101万、感染者128人

以上の数字から判ること

・沖縄は訪問者の多いのに医療体制が調っていないこと

政府は大阪府だけ何故数字が突出して少ないか理由を調べること。私は他の都府県より府民のまとまりが良いためと思いますが。

・東京、埼玉、千葉、神奈川の数字が大きいのは他府県の流入者が多いので自分たちの住む場所へ愛着のないこと。それで都や県知事の指示に沿わず飲んだり、路上にものを捨てたりすること。

 北九州市では何処に行ってもゴミ一つ無いどころか、公園の清掃など自主的にやる人を良く見かけます。当然に上記のような数字になると思います。言い換えれば良い意味で何時も他人の眼を気にして暮らしているのです。逆に福岡市では余所から来た人達が多いので、東京都周辺の状況に近くなるのでしょう。これは北九州市だけでなく、日本国中の市町村でも似たような暮らをし、当然にコロナの被害にあっても多くて百人台から数人台に止まっているのです

読売の指摘に対する対策

・何故日本の医療が脆弱なのか疑問に思っている国民が少なくない

・自宅療養者が急増、 保健所の健康観察が追いつかない。地域の開業医の積極的に協力して欲しい

・病床が逼迫して活用が進まないのは理解に苦しむ

 その対策は私が前から主張しているように厚生労働省の技官を現場に投入すること。そうすれば医療態勢の強化に繋がり、自宅療養の問題点の解決に細かな眼を注ぐ事が出来ます。勿論直ぐには解決出来ないかも知れませんが、少なくとも最初に書いた手詰まり感脱却に繋がります。また厚生労働省の技官の現場意識の向上、彼らへ評価の向上、彼らの意欲の向上に繋がります。

 一番簡単で問題なのは、菅さんが厚生労働省にこの事を指示すれば済むこと、逆に問題なのは菅さんがそこまで押し切れるか否かです。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

是非読んで戴きたいブログの紹介

2021-08-16 17:23:21 | 政策、社会情勢

戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

私は7月19日の「今後の韓国の在り方」で世界大戦中の志願兵の予定の入所者数に対する志願倍率1638年の7.3倍からから1942年には62.4倍になったことからそれまでに如何に日本の韓国、台湾の統治がうまくいったかがわかること、そのなかに韓国の第9代の大統領で漢江(はんがん〉の奇跡を成し遂げた朴正煕(パク・チョンヒ)さん、無類の親日家で台湾建国の父と言われたと李登輝さんも含まれています。差がでたのは朴正煕さんが反日の人から暗殺されたこと。李登輝さんは生きのびてて台湾の治世に大きな影響を与えてきたこと。

「その後韓国のやったこと」

 日本のやったこととして殆どなかった學校をたて日本並みに学問と縁のない生徒全員の登校、近代的な教育教制度のハード・ソフト導入したのに、韓国はそれ破壊をしてしまい、その事実を国民の記憶からすべてけし去り、反日教育の徹底。何故それをしたのでしょう。どう考えても可笑しいと思いません? その後でた「反日種族主義」の本がベストセラーになり韓国人に考えなおす機会もあったのに反日教育で育った知識人の反対にあったまま。と書きました。その私が今朝たまたま政治ブログのトップ20の内「中韓を知りすぎた男さん」の「在日朝鮮人たちは、日本のガン」の記事をみつけました。

 お名前の通り素人の私より遥かに詳しく、高いご見識をお持ちの方ですので見ておられない方たちのご一読をお勧めいたします。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何故日本は無謀にも米国に宣戦布告したのか、素人ばかりの政府、国会調査団

2021-08-14 11:45:50 | 政策、社会情勢

戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でもお互いに世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

 私はシンガポールで怪我をしたとき同国の病院で見て貰ったことがありました。驚いたのは病院に行くたび、折角できた瘡蓋(かさぶた)を剥がして薬を塗るのです。これでは何時もでも治らないとと思って病院行きを止めて直ぐ治りました。それで出来たのが「瘡蓋をまた剥がすよう八月忌」の句です。八月の十五日近くになると恒例のように戦時の瘡蓋を剥がすようにして当時の問題を放送されているからです。

 この原稿を書いた年もNHKから15日に、「ノモンハンの真実、暴走を許した無責任体制、自決を迫られた部隊長発見、情報軽視の末に太平洋戦争に突入」の放送が有りました。

 その内容はノモンハンでロシアが日本攻撃の情報の真偽に揺れる参謀陣。現実は大量の戦車投入のロシヤ、それに対して火炎瓶で抵抗するしかないない日本の関東軍。日本の敗北が濃厚になり首脳陣は退却を決定。それから首脳陣の思いも寄らない動き。首脳陣の判断ミスを棚にあげて、退却を命じた部隊長に責任を負いかぶせることに、本来なら軍法会議にかけて処罰を決める訳に行かないので、部隊長を拘束、責任を追求しついには自決に追い込んだ。濡れ衣を着せられた部隊長はもちろんその家族の悔しさ。然もそれを実行したのが初年兵で終わった私から見れば、神様のような軍隊のトップの人々。軍人として一番恥ずかしい「卑劣極まるやり方」。自決すべきなのは部隊長に自決を強いた軍人だったのに。

  NHKの言う「情報の軽視」ではノモンハンでは同情すべきところも有りますが、米国への宣戦布告に際しては少年の私たちでさえそれで良いかと心配したほど無視。

 その後の女性学者の指摘では当時の国民総生産、大砲・砲弾・工場の増産に繋がる粗鋼生産量はともに米国は日本の12倍。車の数、石油の生産量は日本の数百倍。

 然も彼女の説によると1937年頃からの中国への宣戦の拡大などの理由で軍も「NHKの言う情報の軽視での米国への宣戦布告。その頃使われた言葉「大東亜共栄圏」「八紘一宇」。当事者も心に引っ掛かりながら国民をその気にさせる標語。

 その後戦線の拡大に伴う補給線の拡大による戦力の低下の兆しがではじめたころハルノ-トによる厳しい指摘,ついに日本の宣戦布告。

 然しその前にも日本が戦争を思いとどまる機会があったのです。

 1931年のリットン報告です。

 当時は満州での関東軍の暴走に対して国連は反日一辺倒、米国主導のABCDライン(米・英・中・オランダ)による日本への石油封鎖の中で、国連はリットン調査団をアジアに派遣しました。その結論は「樺太、朝鮮半島、台湾、満州の既得権益は認めるが、(関東軍主導による)満州国建国などそれ以上の権益拡大は認めない」というもの。当時の世界の考え方はこの程度なら国際法違反にならなかったのでしょう。今となって見れ当時から軍部は関東軍の暴走に手を焼いていたのです。

 然し私の説によれば当時の行け行けどんどんの空気に流されてこの好条件も蹴ってしまったのです。

 その後起こった蘆溝橋事件から中国の戦地の拡大、1939年のノモンハン事件のあとの関東軍幹部の醜態を抑えきれない日本陸軍の幹部。戦線が伸びきった後の1941年のハルノートの要求を期にNHKや女性学者の言うように、情報無視の米国への宣戦布告。

 何故日本は10年前の日本にとって最も有利な条件の1931年のリットン報告を受け入れなかったのでしょう。

 日本政府の判断を誤らせたのは眼に見えないが圧倒的な力を持つ国中に漲る私の言ういけいけどんどんの「空気」でした。

 そして今も空気に流されて国の生存に関わる9条問題にまともに触れない日本。憲法がこれだけ議論されているのに、肝心の憲法学者の意見が全くと言って良いほどでない日本。9条の弱点を補うのが日米同盟という名の米国の保護国化それでも9条を誇りに思う人。その日本のウイークポイントをさらけ出して見せたのはアメリか第一のトランプさん。それに翻弄される安倍さんを揶揄するマスコミ。元は変えられぬ9条から出ているのに

「空気に流されて出来た素人ばかりの政府、国会調査団」

 温暖化の進行よる大きな自然災害の続出に対する最大で最も有効な手段の一つの原発問題も空気に流されてまともな議論も出来ない日本。風力、太陽光で日本の電力量を満たしているからと反対派の小泉さんは言うが、その停止に備えて火力発電所が温室効果ガスをを排出、そのため温暖化合意の批准が遅れた自然災害対策先進国の日本。

 なお福島第一の事故が起きたときに使われた言葉「原子力安全神話」、「原子力村」。先の「大東亜共栄圏」と同じ人を誤られせる使い方。これが保全の専門の私からみれば素人ばかりの政府、国会調査団を産み、冷戦沈着なwikipdiaから完全に無視」後の反原発裁判で裁判官から、また新潟県知事から事故調査がなされていないと言う評価が出て、その後の原子力政策に大きな影響を与えました。私は素人ばかりの国会調査団の対案を出したのですが勿論完全に無視。

 空気とは怖いもので山本太郎さんの煽りに乗せられて原発事故と無関係の地域の瓦礫処理まで反対。しかも行政も彼らの抗議を恐れて瓦礫処理に協力したのは北九州市ほか数団体だけ。可笑しいと思いませんか。勿論wikipdiaはその結果を完全に無視。

 冒頭に書いていますように、「どのような事でもお互いに世論に流されずに自分の頭で考えましょう。」と言うのが若い方達へのお迎えを目前にした私の申し送りです。

 皆がそれぞれ良く考えて上での9条遵守、原発反対なら良いのですが、大戦突入以前からの空気に流され挙げ句、無残な敗戦を経験したた日本のように、また空気に流されて国の方向を間違えて欲しくないことを祈っています。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ

「追記」これを書きながら気付いたのですが、全体として大きな流れで動いているような気がするのですが、そう思われませんか?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新型コロナ関するアビガンとPCR検査と厚生省技官

2021-08-13 09:15:28 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭でえましょう。

「劇的に効くアビガンを使わせぬ厚生省技官」

 週刊新潮(4月30日号)に、「アビガンは劇的に効いた」という患者の声にもかかわらず、厚労省がそれを使わせないという記事を見つました。その記事は、アビガンを飲んでその効き目に感激したという都内在住の50代の回顧録です。

 その男性は劇的な回復に至るまでの経緯を次のように振り返る。「40度近い熱が続いていたのに、アビガン投与の当日に効果が出たんですよ。3月末に熱っぽさを感じ、体温を測ると38・6度。3日間自宅隔離をしたが、熱は下がらない。かかりつけの病院ではレントゲンをとっただけで、『コロナは陰性だろう』と言われ、総合病院でも受付で『コロナの検査はできない』とあしらわれた。」問題はそのあとだ。

 その男性は3月31日にようやくPRC検査を受ける事が出来て陽性とわかり、その結果4月に入って大学病院に入院出来た。そして、マラリア薬とかエイズ薬とか飲んだが効かず、入院から5日目に三番目の薬としてアビガンが投与された。そうしたら、熱が止まり下痢もなくなった。そこで男性はふと思った。なぜ最初からアビガンを使わなかったのだろうと。担当医に聞いたら、返って来た答えは、「厚労省に申請していて許可が下りるのに時間がかかったから」というのである。

 週刊新潮のこの記事は、厚労省が許可を簡単に出さない理由について何も書いていない。そこに書かれている事は、「政府関係者」と称する人物の次のような解説だ。いまアビガン投与が可能なのは「富士フィルム」が行っている治験の場合か、各医療機関による観察研究の場合だけだと言う。

 だからそれ以外で使う場合は適応外使用ゆえに、倫理審査など煩雑な手続きがあり時間がかかることになっている。それよりもなによりも、厚労省は副作用を恐れるあまり消極的になっているというのだ。

 私は、この政府研究者の解説はあたっていると思う。つまり、一部の利益のためとか、政治的思惑などとは関係なく、官僚主義と官僚の保身からくる、単純で次元の低い厚労省の文官、技官の壁ではないかと思うのだ。

 悪意から使わせないよりも、患者救済を優先できない事なかれ主義としたら、最悪だ。ドイツ始め、海外ではどんどんアビガンを輸入して積極的に投与していると言うのに、いかにも日本らしい。すくなくとも、これから子どもをつくる予定のない男女や重症化しそうな高齢者には、是非とも使うべきだ。そう週刊新潮の記事は締めくくっている。この際、徹底的に厚労省の文官・技官を追及すべきであると思う。

「コロナ防止に不可欠なPCR検査を邪魔する厚生労働省の医系技官」

 私が見つけた番組の記述です。

 PCR検査の件数が増えない理由について、厚生労働省の医系技官が、件数増は誤判定もある上、陽性でも8割は無症状や軽症のため、軽症者の入院増加での医療崩壊の懸念を示していると解説。これに対し、WHO事務局長上級顧問らがまとめ、600人以上の医師が賛同している提言では、現在のPCR検査の問題点を(1)PCR検査の適用の許可権限が最終的に保健所にある

(2)PCR検査を帰国者・接触者外来(指定医療機関)だけで実施と指摘。改善点として

(1)PCR検査の適用を一般の医療機関の医師に判断させる

 (2)PCR検査を新たな場所で実施
「私の意見」

・アビガンについて

  私は新型コロナに罹ったその道の専門の学者がアビガンが効く事を発見してから、最近「正論」が発表した裁判による医系技官のアビガンの完全否定まで大雑把にいって約1年間アビガンが使われていたことを知っています。その間もしアビガンが新型コロナの治療に全く効かないか、万一悪影響があればアビガン反対の医系技官から大々的に発表されるのにその報道は全くありません。アビガンが日本製であろうと外国製であろうと効くもの効くと思う素人の私、アビガン関連の報道に目を凝らして見ていた私が思うのですが。

・PCR検査について

 私は新型コロナの発生時から後で言われだしたgo to travel、eatまでPCR検査の導入を唱えてきました。勿論私の意見だけでなく、読売も検査キット大増産を社の提案を出しました。話はそれますが政府から理由不明の10万円の配布。そんな予算があればPCR検査にあればと思った人も多くいたと思うのですが。

 新型コロナ暴発の今になって読売、私の提案と厚生労働省の医系技官の考えのどちらが正しいか言わずとも知れたことです。

 私は舛添さんの頃から大きすぎる厚生労働省の分割を主張して来ましたが現状のまま。さらに今回はそれより難しい医系技官の意識改革、端的に言えば彼らに現場意識を持たせること。つまり彼ら全員に一度は医療現場を担当させること。これは言うは易く難しいこと。その為に優秀な厚生労働大臣の選任と強い総理大臣のリーダーシップが必要と思いますが、それまで出来る人がいるでしょうか。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ  

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本女子バスケットの活躍とこれから

2021-08-09 11:34:49 | 政策、社会情勢

・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

「バスケットボールプロの田臥勇太さんの日本女子バスケットの批評」

 女子代表はとても素晴らしかったですね。メダル獲得は本当にすごいことです。以前から世界と戦えるチームとして力をつけてきました。男子と同様に体格差というのはありますけど、スピードで補っていましたし、チームの組織力でも上回っていました。粘り強く集中して全員で動き回る徹底ぶり。ここに日本の良さであるチームワークがプラスされました。シュートの正確性もヒケを取らない。日本のバスケットボール界に新たな歴史を刻んでくれて本当に感動しました。

「私の意見」

 前回の対フランス戦で日本はフランス16点差で勝利。テレビで日本代表は米国代表に90−75差とテレビに出たとき、素人の私はいよいよこれからと思いましたが敢え無くタイムアップ。泣き言ついでに言えば、193cm 、77kgのエースの渡嘉敷選手を故障で欠いでいたのでもし彼女が出ていたら。

これからの意見は私の本音です。

本職の田臥さんの言われる

・体格差を補うスピード

・チームの組織

・粘り強く集中して全員で動き回る徹底ぶり。

・選手全員チームワーク

・シュートの正確性を生かした三点シュート

に加えて私が彼らの動きで知った

・とっさの素早い判断と動き

・そうすれば外国人より小さくても多くのスポーツでヒケを取らないをことを、日本女子バスケットの人たちが日本のスポーツを目指す人たちに示したのです。

・それと運動神経がゼロに近い心配性の私から言えば、若い人たちの道を誤らせないためにも、優れた指導者が要ると思います。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何かと問題を起こす厚労省

2021-08-05 19:04:42 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。

 私が何時も問題にする厚労省がまたややこしい問題を起こしています。

産経新聞の「入院基準の転換 今まで何をしていたのか」の社説です。

新型コロナウイルス感染症の患者が急増する地域で、重症者や重症化リスクの高い患者以外を、自宅療養とする方針を打ち出した。これまでの入院基準を引き上げるもので、事実上の入院制限だ。酸素吸入に至らない中等症の患者は今後、自宅療養になる可能性がある。新型コロナは基礎疾患のない人でも容体が急変することがある。単身の療養者は誰が入院のタイミングを計るのか。家族がいる場合は感染を広げかねない。府方針はリスクが大きすぎる。自民党は4日、政府の方針の撤回を求めることを決め、公明党も見直しを求めたのは当然だ。病床確保の努力を放棄すべきではない。感染が急拡大する地域でも病床が全て利用中ではなかろう。患者の受け入れを拒否する医療機関の名前は公表してもらいたい。どうしても病床を確保できないなら、次善の策として、宿泊療養の利用を考えるべきである。宿泊施設に医師や看護師を常駐させれば、患者の変化に即応できる。実際、感染が急拡大する東京都の宿泊療養は約6千室で利用率は3割にとどまっている。自宅療養者は約1万4千人に上る。処遇の順序があべこべだ。一方、人口が東京都の6割の大阪府でさえ、6千室の確保を目指すという。5月の第4波の苦い経験からだろう。都は好事例に学んでもらいたい。田村憲久厚生労働相は4日、衆院厚労委員会で「一定程度ベッドに余裕がないと急遽搬送できないので、重症化リスクの低い人は在宅で、ということを先手先手で打ち出した」と述べた。病床を確保できないとみて急に方針を転換するなら、それは先手ではなく「後手後手」と言うべきだ。

可笑しな話がまだ続きます。

8月5 日の衆院議運委で厚労省でなく、経済再生担当相の西村さんがデルタ株で「局面全く変わった。と産経新聞が指摘した問題を説明したことです。

 西村経済再生担当相は5日の衆院と参院議運委で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言に準じた措置がとれる「蔓延防止等重点措置」の適用地域について、8日から福島、栃木、茨城、群馬、静岡、愛知、滋賀、熊本の8県を追加する方針を伝えた。西村氏は「感染力が極めて強い(インド由来の変異株)デルタ株による感染が全国の新規感染の5割近くまで拡大しつつあるという分析もあり、局面が全く変わった。極めて強い危機感を持っている」と私が首をひねったのは今回の発案責任者の田村厚労大臣もそれを指揮する菅さんもいないことです。西村さんは自宅待機の人にアビガンも良いが時間がかかるので政府の進める薬があると言っていました。厚労省がアビガンを目の敵にしていることを知らずに。

これからも問題が広がると思いますが都度報告します。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

太陽光発電と菅さん

2021-08-04 14:27:14 | 政策、社会情勢

戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう

 8月4日の読売で太陽光コスト「割高」、30年時点、天候が左右不安定、経産省試算。の記事が出ていました。

 さの要点を絞るため大規模太陽光と、原発に絞ってまとめてみました。

 経産省は7月に事業用の大きぼ太陽光は原子力より安いとしていた。今回の検討で発電量の変動が大きく、不足量を火力に頼るケースの多い、大規模発電コストは追加てきな費用を含めて18.9円となった。他の主要電源で最高。これには山林の造成や、送電線の費用を含まれていない。

 太陽光の発電コストは11,2、追加費用18,9円。他の主要電源で最高。これには山林の造成や、送電線の費用を含まれていない。

後同じ順と単価で、陸上風力14.7、18,5。原子力11,7.14,4

「私の意見」

 太陽光の利用については私のような部外者でも判る、菅さんと部外者の小泉環境相の間でおおっびらで決められたこと。菅さんはそれを通産省が黙ってみていると思った??

 私は今まで民主党政権の菅さんの太陽光発電への大判振る舞い、喜色満面の孫さんと阿呆面の菅さんの握手。

 それ以後何度太陽光の問題を書いたことか。そして誰でも判る自民党の菅さん失敗。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする