普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

最近の与論調査を読む

2018-04-27 12:17:01 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。>「最近の与論調査を読む」
 私は前回の「最近の国会混乱で野党の責任はないのか」で世論調査の分析をし、与党の支持率の低下は(-2)+(-1)=ー3野党の支持率は0+(-1)+0+1+0=0
 私のように是々非々の立場、国民として政治全体を見ている立場から言えば、「野党を含む政党全体への評価は3%の減少」。本来なら政権政党の支持率が下がれば野党の支持率が上がって良いのに。と書きました。
 ところが4月23日の読売の調査では
自民党  37(前回36)
立憲民主党10(9)
共産党  3(2) 
民進党  (2)1
維新の会 1(1)
自由党  0(0)
社民党  0(1)
と言う結果が出ました。
 前回の同じに計算すると自民党(+1)、野党(+1)+(+1)+(+1)+(-1)=+2となりました。つまり野党の支持率の合計は自民党を1だけ上回っています。
つまり「政権政党の支持率が下がれば野党の支持率が上がって良いのに」と言う結果になりました。
世論調査全体を見ますと安倍・麻生さん、財務省・森友・加計問題への批判が前回より急増しています。
 外野の私から見ると福田事務次官のセクハラを告発したテレビ朝日の女性記者の勇気が、マンネリ化している野党の政権反対活動を上回る影響を世論調査に与えているような気がします。
 その正否はどうあれ、野党の支持率が自民党のそれを上回ったのは定常的な政権交代を願う私にとって良い傾向だと思います。
 然し世論は動きます、勇気ある女性記者の世論に与える影響もいずれなくなります。
 私の分析のデータも前回の数字の様に野党の支持率低迷に戻る可能性もあります。
 安倍内閣の支持しない率は53(50)とガタ落ちになりましたが自民党の支持率は1%上がっています。と言うことは「国民は安倍さんは駄目だが自民党は頑張れ」と思っていることになります。つまり安倍さん以外の人が首相になれば自民党の支持率は一気に上がる事を示唆しています。
「野党の動きへの高まる批判」
 今、野党は麻生さんが辞めなければ審議に応じないと言っているそうです。普通に考えれば今日本が国際的に苦しい立場にあるのに、働きかた改革は一刻の猶予も許さないのに、政府案でも野党が指摘する様に問題があるのに。普通の人からみれば高い給料と政党交付金を貰っている野党のサボポタージュに取られても仕方がない状態。多数で優る与党はいざとなれば野党不在の強行審議も考えられるのに。(26日その通りになりました)。 それならそれで審議拒否はそこそこにして議場で安倍・麻生さんの猛攻撃、働きかた改革の問題点の徹底的な追求した方が国のためにも党の為にもなると考えるるのが普通の人です。
 これだけ書いた24日の午後に例の女性記者を出した反安倍のテレ朝で、このままでは自民党は強行採決するだろう、それに対して「野党は振り上げた拳を下ろせなないので内心困っているのではないか」言っていました。
 25日の坂上忍さんの番組では野党の「事実を調べた上で福田さんを処分するべき」と言う主張に乗った記者の質問に「その間彼の給料は何処から出るか」と逆質問。答に行き詰まる記者。詰まり矛盾だらけの野党の攻撃のやり方を紹介。(これは他のてテレビでも紹介)国会では一日3億円もかかるのに審議拒否して良いのかの批判。私が上記で書いたような各党の支持率から見ての野党批判などなど。同テレビは産経系?の様ですが、反安倍のテレ朝の報道と合わせて考えても、現実は必ずしも野党優勢とは言えない状態になっていると思います。
 野党はもっともっと危機感を持つべきだと思うのですが。
「麻生さんは辞職すべき?」
 それから麻生さんが辞めねば審議に応じない言うの無茶過ぎると思います。任命責任と言いますが普通の会社で平取締役が誰もしらない一対一の場でパワハラを「何度か」したか、会社と関係無い所で何らかの不法行為をしたと言って、いきなり上司の専務や副社長が責任を取って辞めるなど聞いたことが有りません。上司が知らない所での「長い組織的な検査の手抜き」の責任を取っての辞職とは全く違います。今回の場合、麻生さん率いる財務省が何も調査もせず、その結果で処分もしないのなら、そしてそれをさぼっての同様な事が再発すればば引責辞職をするべきだと言うのなら判りますが。
 このことで思い出した事。福田さんより遥かにたちの悪い不倫騒動で世間を賑わせて某野党から身を引いた某有力女性議員を選挙後何故か受け入れた民進統系の某野党。私は福田さんや麻生さんを責める前に自分の党をもっと身ぎれいにすべきと思うのですが。それを棚に上げて麻生さんを責めると言うダブル・スタンダード。これで同党は麻生さん、福田さんを責める資格がある?私は彼女や同党の党首と同様、福田さんと麻生さんへの対応な適当に処理すれば良いと思っていますし。同党も福田さんと麻生さんへの対応も同じに扱うべきと思うのですが。
「民進党系の人達へ」
 民進系の人達は前回に書いたように、いずれか政権を担うに足る党としての国会審議の場で自民党政権の政策に優る対案考えるべきです。
今回の場合で言えば野党は国会に出て福田さんのパワハラ、文書改竄などの不祥事が出ないような前向きの提案をすべきです。そうすれば野党の好感度、支持率が必ず上がるのは間違いないでしょう。、
 自民党は野党の猛反対の中、着々と維新の党参加の国会審議を続けています。それを見ているだげの野党。それで野党たちの人々は自党の支持率が上がると思いますか。
 このままでは前回にも書いた、「もう観ない議会中継観たくない」の国会になり、野党への批判が増すことになります。
 民進党系の人達は将来の政権再奪還をいつも考えればやり方も変わると思うのですが。現実は元政権与党の一員のプライドもなく、近い将来での政権奪回などの気持ちなど全くないように見えますがどうでしょうか。(以上27日記)

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

川柳鑑賞「残された半分の胃が武者ぶるい」

2018-04-27 12:11:03 | 政策、社会情勢
川柳川柳くろがね2018年4月号より
「前月号鑑賞 石神 紅雀 選・評」
「残された半分の胃が武者ぶるい」 あき子
 う~ん、胃も心細いでしようね。でも頑張るぞーと武者ぶるい。作者の前向きな生き方にエールです!

「蹴破った殻いつまでもまとい付く」秀美
 かっこよく蹴破ったつもりなのに、足の先から離れない。殻は以前の私、こだわりを捨てられない。
「雨だれを首筋で受け春を知る」  いっこう
 ヒヤッとするはすの雨だれが冷たくない。あ、もう春が来たのか。家の中ばかりにいて気付かなかった。

「ひとり鍋続く酒にも強くなる」  華子
 一人で鍋をつついて、傍らには一升瓶。どちらも十分にあるから、動かないで食へる飲む。至福の時。

「負けは負けここが私の着地点」  郁子
 この句が一番好きだ。潔くて前向きで、ほれぼれする。ここから根を伸ばすもよし、飛行訓練もよし。

「くろがね抄」 吉富 廣 選・評
中間 志岐 けい子
「マンネリの妻が待ってる変化球」
よくわかります。僕は寡黙。反対に女房はよく喋ります。戌年生まれでよく吠えます。いわゆる体育系ですが歳を重ねるにつれ、バレーボールやレクダンスも思い切り出来ずその鬱憤を僕の方に向けます。僕はあまり反応を示しませんので彼女はいつもいらいら。それで私は彼女に川柳を勧めています。そして彼女がそのいらいらを川柳に思い切りぶっつけたらと願っています。
「赤なのに平気で渡るのは女]
「断れぬご先祖からのお付さ合い」
「愚痴食べて今日も何とか生きてます」
「うらむまいもう忘れよう酔いしれる」

八幡西  大塚 郁子
「マイペースあっちこっちに句読点」 
いいですね。こういう人生は。仕事が終わっても真っすぐに帰らず、午後八~九時頃までパチンコもせずスナックにも行かず、街の公園などでひとリブラブラ缶ビール。いわゆるフラリーマンが増えていると報道されていました。北九州の角打ち文化に似ていませんか。句読点をどこに打とうが本人次第。マイペースもいいなあ。
「指定席あって自由になるこころ」
「子が親になる頃母が子に戻る」
「追加点入れてシナリオ動きだす」
「人のこと見えているのは平面図」
 
          札幌  桶川 聖柳
「残り火を煽リカルテに妥協する」
「ストレッチ心の傷に届かない」
「人生のビンゴゲームがまだ続き」
「宇宙から来たのか孫の省略語」
「消した跡虚しい友の住所録」
 
          八幡西  時津 みつこ
「みかんむく欺瞞の影をうすく剥ぐ」
「これ以上捨てると私まで棄てる」
「ほろ酔うてやや餞舌な春の下駄」
「潔ぎよく転げたままの薮椿」
「寒の水ごくり迷いがまだ消えぬ」
コメント

最近の国会混乱で野党の責任はないのか

2018-04-21 15:17:06 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 最近の加計問題、森友問題、陸自日報問題、財務省事務次官のセクハラ問題で野党は鬼の首を取ったように騒いで居ますが、果たして安倍政権だけの問題だけでしょうか。
 今米国と北朝鮮の交渉で日本は浮いた存在と言われ、トランプからは二国間のFTAを押しつけられそうな気配。それなのに国会は別世界の様に重要法案の審議拒否。それで良いのでしょうかね。
 たまたま4月18日の読売新聞の時事川柳で次のような句がで出ていました。
「加計再燃種火となった備忘録」
「それなのに野党支持率上がらない」

 川柳をしている私から見れば2句目は川柳の形をなしていませんが、選者の機転で2句並べて今の野党を批判したのでしょう。
 前日でも紹介した読売の世論調査です。
・政党の支持率 
 自民党  36(38)
 立憲民主党9(9)
 希望の党 0(1)
 公明党  3(4)
 民進党  1(1)
 共産党  2(3)
 維新の会 1(1)
 社民党  1(0)
 自由党  0(0)
 与党の支持率の低下は(-2)+(-1)=ー3
 野党の支持率は0+(-1)+0+1+0=0と時事川柳の指摘した通りです。
 私のように是々非々の立場、国民として政治全体を見ている立場から言えば、「野党を含む政党全体への評価は3%の減少」です。
 本来なら政権政党の支持率が下がれば野党の支持率が上がって良いのに。
 時事川柳はそこを指摘しているのです。
 野党は上記の問題で政府を追求するのは当然てすが、政権奪取など無関係の共産党と違って、民進党系議員が政権を狙うのなら加計問題、森友問題、日報問題、セクハラ問題などの将来の防止のための対策を提案をするべきです。
 そうすれば政権政党の支持率が下がる分だけ程共産党を除く野党の支持率は絶対に上がる筈です。
 仮に安倍さんが今回の問題などで辞めて、次の首相になりたい人が何人もいます。その中の誰かが首相になれば、自民党の支持率はもとに回復。野党の支持率は良くて現状維持か悪ければ減少。野党の人達はこれで虚しいと思いませんか。
 安倍内閣でなくて自民党が一番怖いのは野党の支持率の継続的な上昇だことは誰でも考えることです。
 野党の支持率を挙げるのは繰り替しますが、自民党より優れたそして同党から出せない提案をすること、最近のことで言えば自民党政権下で起こって諸問題を起こさないための具体案を提案することです。 そうすればその党の支持率が上がるのは間違いないでしょう。
 そうすれば自民党もうかうかしておれないし、安倍さんの大チョンボ発言も生まれなったしょう。これの責任は自民党や安倍さんですが、そうさせた野党の責任も大きいと思います。 
 然し現実は同じ新聞で「民進、新党政策を協議。安保・憲法・原発で異論も」の報。私は憲法改正、原発の漸減・最低維持論者ですが、いずれにしてもこれでは党としての提案も出ないのは当然。
 やはり政権の定常的な交代論者の私の意見も理想論で、支持率で見られるよう首相が代わっても半永久的に自民党政権が続くのでしょうね。そして野党はまた自民党政権のアラをマスコミで見つけて貰って、相変わらずの政権攻撃を続けるのでしょうね。
 19日の時事川柳です。
 「もう観ない議会中継観たくない」
 民進党係の議員さんどう思います?

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

川柳鑑賞「後ろから呼ばれて首が回らない」

2018-04-21 15:11:18 | 川柳
川柳川柳くろがね2018年4月号より
「前月号鑑賞 石神 紅雀 選・評」
「後ろから呼ばれて首が回らない」 あづま
 面白い句だなぁと思った。体こと回せない状況なんですね? 着ぶくれているのかな。湿布の匂いが…。

「気配りをとうに忘れた皮下脂肪」 ノリ子
 他人への気配りか自分への気配りか。な~んにも気にしなくなった証拠が皮下脂肪。溜まり放題!

「残高が増える通帳持っている」  龍
 ええっ?いいなあ~、そんな通帳があるんですか?一度見せてください。印鑑も見てみたいです。

「もう二度と来るなと医師の優しい眼」澄雄
 いいドクターですね。お得意様を一人失くすというのに、医は仁術の言葉通り。また行きたくなる。

「鉄の華」 同人詠草
            福津 水谷 そう美
鼻水も春一番も通り過ぎ
少々の風邪引きさんも連れて春
地球って温かいよと足の裏
人間の泣き声も抱く看い空
港書きの絵も成長をしたもんだ
            岩手 加差野 静浪
負け戦だったらよせばいいのかも
荒れ馬もやさしき風に手馴らされ
寂しさをバネに努力の日々重ね
自慢げに話せば風が叱り付け
節分の豆で払えぬ鬼がいる
            戸畑 楠根 はるえ
字余りと字足らず丁度いい夫婦
透明かいい原点も終章も
本当のわたしを曝す家がある
逆転を信じ大根真っ二つ
壊された笑顔をパッチワークする
            小倉北 矢野 隆
ぼろぼろになって見えない物を見る
みそ汁にしみこむ朝の二日酔い
取れそうと児らは遅れる軒氷柱
ぎりぎりに駆け込み残り福に会う
うなぎ喰う長い余生にねばり増す
コメント

若い方達へのお願い

2018-04-14 11:05:06 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 私は表記のように冒頭の言葉を変えました。
 理由は私が卒寿を超して何時お迎えが来ても可笑しくないこと。家の事情でネットカフェからの発信では発信力がないこと。少しでも多くの方が世論に流されず、ご自分のご意見を発信して戴ければ世の中ももっと良くなるだろうと思ったからです。
 以下は上のような立場で私が書いてきたことです。
貴乃花親方の話題
 日馬富士の暴行発覚の時の殆ど総てのテレビでの彼への応援。そのとき私はお勤めの経験のある人は誰でも気づくような、「彼が改革を進めるためにはそれに反対する人達から足を引っ張られない様、今まで以上に大相撲の規則を護ること」と書きました。その後同親方の部屋の力士の暴力問題で一変して年寄り達の同親方の大批判。彼への二階級降格の罰則。今まで同親方の応援して居たテレビが一転して彼の批判か、何故こうなったかと困惑するなど無定見なテレビ。こうなることは部外者の私でも判りきっているのに。
・小池百合子さんが都知事になって世論は自民党都議員の批判。そして皆彼女を応援と輝いていた小池さん。一方私はそのとき魚河岸移転、オリンピック会場選定などでの彼女は発言報道から、彼女は目立ちがり家の普通の政治家にすぎないと書きました。そして希望の党発足、彼女の(党結成に同じ考えを集めるという当然の)排除発言で一気に彼女のへの批判。彼女は表舞台から消え、判官贔屓で排除された人が集まった立憲民主党の人気急上昇。支持率が野党のトップの9%になりました。党の政策何も判らないのに。判るのは政府攻撃の方針とその実行だけで9%の支持率?なんと移ろいやすい世論の動き。それに動かされる政治。

 後は世の動きと私の意見と現実を簡単に書きます。
・憲法の権利重視、責任、義務軽視に伴った教育批判批判→モンスターペアレンツの発現・ゆとり教育は日教組の待遇改善の成果だ→当然の土曜日の教育に現役教師不参加→学力の低下→ゆとり世代の発現
・中国の台頭で日本が貧乏になると指摘→貧困家庭の問題発生
・小泉さん時代の米国式の株主優先、成果主義の導入に対して私は今まで支えてきた、企業倫倫理重視、従業員を大切にすること、企業への忠誠心日本得意のそれにチームワーク、それに基づく改善活動、それから産まれた技術の保全など日本式の経営方法を護るべきと主張→米国の狙った日本企業の競争力の低下。企業倫理を忘れた頻発する検査抜きのままの製品発売。億ションとと貧困家族の家の混在。

 幾ら書いてもきりが無いので止めます。
 私の各政党に対して是々非々、世論に流されない私の考え方に基づく指摘、心配は少なめにみても約90%が当たっています。
 ここまで書いた12日に本屋で文藝春秋の今月号で安倍さん叩きの特集が出ていました。その中で世に言う右翼的な人の対談で、安倍さんが九条はそのままにして自衛隊の項目を入れることを批判し、基本的に現実離れした前文を見直し、それに基づく九条も見直すべきだと私も前から書いたいたことを言いこの点では石場さんの意見の方が正しいと言っていました。私も同意見ですが、肝心なことを話し合うのを忘れています。
 安倍さんは政権を維持するための公明党が憲法改正に慎重なこと(本音は反対?)と、国民に受け入れやすい自衛隊のことを9条にいれること。そして国民の憲法改正アレルギーをなくし、後は本格的な憲法改正へ進むと誰でも知っていると言う専門家なら常識的なことを「安倍さん叩きの特集」のためか対談で省いたのでしょうか?仮に石波さんが総理になったとして専門家の言うことを実施するのでしょうか。そのためいざとなれば公明党を切れるのか。私も自民党が緊張感を持つ意味で賛成ですが。然し世に合わない前文に眼をつぶった半世紀の「九条信仰」の中で国民投票に持ち込めるのか、そして勝てるのか。
対談をした人はこの事を良く知っている筈なのに省略。想像ですが文藝春秋の安倍叩き特集のため知っていて触れなかったと思います
 私たち一般の人は私の書いた様な所まで自分の頭で考えねば世の動きを見間違えると思います。
 文藝春秋のキャンペーンをそのまま受け入れるのでなく自分の頭で考えねばならないと思います。
 何度も何度も書くことですが、改めて昔の日本人の大失敗を忘れてはいけないと思います。
 前に何度も書いた「無謀に米国に宣戦布告した日本」の問題です。(もし見られた方がおられたら、文字色が元にもどる箇所からお読みください。)
満州での関東軍の暴走に対して国連は反日一辺倒、米国主導のABCDライン(米・英・中・オランダ)による日本への石油封鎖の中で、国連はリットン調査団をアジアに派遣した。その結論は「樺太、朝鮮半島、台湾、満州の既得権益は認めるが、(関東軍主導による)満州国建国などそれ以上の権益拡大は認めない」というもの。
 今考えると
・日本にとって有利な調査団の報告
・調査団の報告は日本政府すら困惑していた関東軍の行き過ぎを指摘したのにすぎない
・日本より遥かに大きな国力、工業力、資源を持っていた米国相手に戦争するのは無茶な話
 など考えると「耐え難きを耐えて」て、調査団の報告を受けいれるべきだったのかも知れない。
 然し当時の日本は日清、日露の戦争で連勝。政府の言うことを聞かない関東軍だけでなく当時言われた壮士、国士たちが満州や蒙古まで飛び出して活躍、国内でも周恩来や孫文を匿う(これだけは後の日中の国交回復に貢献)など「行け行けどんどんの空気」。
 それで松岡洋右の国連脱退の大演説に国民・マスコミは拍手大喝采。御前会議では慎重論も出たそうだが。遂に大戦に突入し大敗。
 何しろ資源がなくて寺の鐘楼まで回収する日本と、豊富な資源を利用して猛烈な砲撃戦でダメージを与えてそれから突入する米国。その優れた工業力が産んだB29に届かない高射砲で飛行機で体当たりするしかない日本。
 米国への宣戦布告、大敗の理由、原因は多くあると思うが、当時の日本が「いけいけどんどんの空気に流された」のも原因の一つであることは間違いないと思う。
 米国への宣戦布告の話しを聞いた当時旧制の工業学校の生徒だった私たちでさえ資源も工業力でも遥かに劣る米国と戦っていいのかと皆人の居ない所で話し合っていたのに。

 日本人は外国の人達から褒められる立派な人ばかりですが、島国育ちかも知れませんが空気や世論に弱いようです。
  然し私は昔の大失敗の原因とその結果を見聞きしたこと、そして今でも憲法や原発問題で空気に流されているのを見ている今こそ、私たちは世論や空気に流されずに、自分自身の頭で考えることの大切さをいやと言う程実感しています。そしてそのために自分自身の頭で物事を考える(先の無い私より)若い方がもっともっと増え、私にない発信力を使って世の中に発信して戴ければ世の中も少しは変わると思うのですが。
 若い方たちのご活躍を心から祈っています。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

川柳鑑賞「幕下ろすまでは炎の傘たたまない」

2018-04-14 11:00:49 | 川柳
川柳川柳くろがね2018年4月号より
「音叉」 (前月号掲載句より)
          松 村 華 菜 推薦
「幕下ろすまでは炎の傘たたまない」 
「レシートの裏へ一句の帰り道」   
「信じよう大さな窓を開けておく」   
「負けは負けここか私の着地点」   
「柿のあることば奥歯で噛み砕く」  

          吉 野 つとむ 推薦
「ちゃんづけで呼ばれて遠い日に還る」
「笑くぼから人間らしさ滲みでる」  
「角打ちを認めてくれた広辞苑」   
「とりどりの価値観羽織りまるい卓」 
「見た聴いた種が発芽を待っている」 

          中 村 鈴 女 推薦
「ふる里は貧しいままの温かさ」   
「追い風に乗りそこなってから自由」 
「煮え切らぬ男に辛子振り掛ける」  
「蹟いてまた振り出しに来てしまう」 
「この風が吹いて見覚えある景色   

>         山 崎 蘭 革 推薦
「レシートに載らぬ老舗のおもてなし」
「うっぷんを晴らす酒量がまだ足りぬ」
「死ぬことも忘れて母の探し物」   
「児のように八十路も空を飛びたがる」
「欠け茶碗想い出だけが盛ってある」 

コメント

浮き世離れした国会審議で良いのか

2018-04-10 10:56:28 | 政策、社会情勢
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも空気に流されずに自分の頭で考えましょう。
「浮き世離れした国会審議」
 4月1日の新聞で見た「選択」の広告です。
「日米同盟の深化と」と言う虚構、「圧力」を連呼していた日本が北朝鮮を巡る大局面で見事に「蚊帳の外」。頼みのトランプからも貿易問題でお灸をすえられた今、際立つのはは安倍外交の空洞ぶりだ。四月訪米に期待する声は無い。
 日本は憲法の9条のため、いざという時に国を護る十分な軍事力は無いので米国に頼るしかない昔で言う軍事保護国です。だからトランプさんが何と言われようとも、最終的には米国に頼るしかありません。もう一つの手段は経済力です。小泉さんが訪朝したときはジャパン・アズ・ナンバー・ワンの実力の裏付けがありました。然し今は北朝鮮が頼る中国より遥か下の位置に甘んじています。だから日本の位置を知っている北朝鮮から日本かいくら言っても「蚊帳の外」になるだろうと小馬鹿にされるのです。
 そんな時に国会は相変わらず、安倍さんの大チョんボ発言に飛びついて倒閣に追い込もうとしています。
 そしてまた自衛隊の文書の隠匿が報道されて野党は大喜び。
 議会が今論議せねば無いのは今の日本の窮状をどう打開するべきかと思うのですが。
 前にも書きましたが果たして野党の攻撃で倒閣して日本の今の状況がどう改善されるでしょうか。
 日本の窮状の中で浮き世離れした国会審議で良いでしょうか。
「世論調査で判ること」
 4月2日の読売の世論調査です。
・安倍内閣を支持しない?52(前回42)
・支持しない最大の理由?首相が信頼できない (54)
 最大の理由は勿論彼の「自分と家内が関係していたら首相も国会議員を辞める」と言う大チョンボ発言です。
・政党の支持率 
 自民党  36(38)
 立憲民主党9(9)
 希望の党 0(1)
 公明党  3(4)
 民進党  1(1)
 共産党  2(3)
 維新の会 1(1)
 社民党  1(0)
 自由党  0(0)
・森友問題で安倍首相の責任は大きい?そう思う64
・森友問題で安倍首相の指示が無かったの証言を納得できるか 出来ない75
・安倍夫人を国会に呼ぶべき60、その必要はない36
・国会は森友問題を優先して審議すべきか?優先して審議34、反対60
 
なお「森友問題で安倍首相の指示が無かったの証言を納得できるか 出来ない75」の調査結果には異論があります。
 私も佐川さんの証言の様子をテレビで見ていましたが、野党側からの安倍さんへの攻撃は彼の例の大チョンボの発言を取り上げての安倍夫人の証言を要求するだけ。
 仮に安倍さんの土地問題、改竄のどちらかでも指示があれば、まず絶対に野党の攻撃有るはずなのに無し、そして検察が動く筈ですがその気配もなし。何故天下の読売がこのようなピント外れの質問をしたのか、アンケートされた人達がそれに対して何故このような返事をしたのか判りません。
「旧民進党系の人達へ」
 今民進党と希望の合併が論議されているそうです。それに対して岡田元代表は政権を取るためには立憲民主党との合併が前提だといつているそうです。それに対して私は前にも書きましたが、政権を取れる二大政党を目指すのを諦めるとを意味しています。
 合併を予定している立憲民主党、民進党と希望の党の支持率の合計は最大に見て12、自民党は合併の党の3倍の36。
 借りに安倍さんが政権を投げ出しても誰かが首相になり自民党の政権は続きます。
 旧民進党の人達が考えるべきは
・安倍さんがの大チョンボ発言をし、自民党がそれを撤回させようともしなかったのは野党が弱すぎることに対する油断?
・志のある野党の人達の考えるべきは、幾ら政府を攻撃しても自党の支持率が上がらないこと。それで政府攻撃ほどほどにして自民党の政策を上回る提案をして国民の支持を受けることです。
・そのために民進党の時のように左派右派混合の烏合の集のため自民党から対案を出せと言われても出せない体質を改めるべきです。
 そのためには悪名高い日教組や官公連連の支持を受ける立憲民主党と別れるしか有りません。
 後日の報道では立憲民主党の枝野さんが合同を固く拒否しているそうです。
 前にも書きましたが、烏合の衆にならずに自民党から言われなくても対案が出せる絶好の機会です。
 支持率から言えば維新の会を入れても支持率の合計は僅か10%。現実は厳しくて長い道ですが、国民から支持を受ける政策を打ち出すこと、それに賛成する無所属や自民党に不平を持つ人、全くの新人を集めるしかないような気がします。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント

川柳鑑賞「捜し物見つけすっきり寒ゆるむ」

2018-04-10 10:52:03 | スポーツ
川柳川柳くろがね2018年4月号より
「前月号鑑賞 石神 紅雀 選・評 」
「捜し物見つけすっきり寒ゆるむ」 美代子
 上下のつながりが面白い。出て来た物が何かはわからないけど、ほっとした途端に寒までも緩む。

「寒かろう仮設に春よとんでこい」 和雄
 本当に本当に、日本中の仮設住宅に春が来ることを願います。災害は不要。忘れないから来ないで。

「風邪ひいた孫にうつるとオリの中」久男
 大切なお孫さんに移さないように、広いお屋敷の中で監禁された久男さん。「オリ」が効きました。

「新婚のスリル今では懐かしい」  久仁子
 「新婚のスリル?」なんかドキドキしますね。そんなことを思い出している久仁子さんは素敵な方。

「さりげなく生死語るや震災忌」  静浪
 3・11。「この後津波の画像が流れます」の字幕が悲しい。取材に失った家族の数をさらりと告げる。
コメント