普通のおっさんの溜め息

戦前派から若い世代の人たちへの申し送りです。政治、社会、教育など批判だけでなく、「前向きの提案」も聞いて下さい。

頂上決戦へ向けて頑張れ巨人

2021-05-31 18:49:15 | スポーツ

戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。 

 私は素人ながら何事に対しても是々非々の立場でネットに投稿するので、比較的に私の批判や指摘の当たることが多いようです。ことに野球では巨人、ソフトバンクの2回の頂上決戦でも私の予測通り2度に渡りSBの全勝。            

 特に2回目の対決で、いざとう時に硬くなる巨人の選手に対して雑草軍団のSBが勝てるかと予想。正にいざと言う時に巨人の選手はミスをしたり、打てなかったりで全敗。

 今回のセパ交流戦の場合はSBは何人かの主力の投手の故障や外人選手の帰国。お蔭で交流戦は低迷。巨人戦でも何時かは負けても可笑しくない状況。それでも5月30日に「巨人、ソフトバンクに屈辱13連敗」の報道が流れました。

 それに対して30日のヤフー名物の何百人にも渡る巨人応援の一般の人達の悲鳴や監督の批判の投稿!!それを見て私もSBの支持にも関わらず、巨人の選手や応援の人達も応援したくなりました。

 そして5月30日の巨人の持ち主の読売新聞の.[G総力継投、2年ぶりの勝利」の大きな文字。

 その記事を見てSB支持の私も「嗚呼良かったな」と言う自分でも不思議な感慨。

 然しこれからが大変です。頂上決戦へはSBは今まで何とか首位をキープしていますが、セ・リーグでは巨人は阪神との勝差は4,5。交流戦の勝率中日の8割がその勢いでセ・リーグで勢いを伸びて来るかも。

 私の地もとのSBは勿論ですが巨人も何とか頑張ってセ・リーグで首位になり、頂上決戦でまた今までのような私の首位の予想をを楽しませて下さい

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大相撲に体重制限を導入しよう(3度目の提案)

2021-03-17 22:14:25 | スポーツ
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
大相撲で実力NO・1の横綱白鵬が2連勝した休場また横綱不在になりました。
それで表記のように3度目の大相撲に体重制限を導入の提案をしたいのですが、素人の悲しさで前回の提案と殆ど同じ内容になりましたのでお許しください。(コメント欄を御覧ください)
小錦から武蔵川の全盛時の相撲は「押し出し」ばかりで決まるなど面白くない土俵もありました。
彼らの巨体で怪我→休場→引退の憂き目にあったのは現在解説をしている舞の海さんを含めて何人いるでしょうか。
巨体の激突による怪我、その怪我の回復を妨げている本人自身の体重、その怪我を押して出場し再度の怪我→休場の繰り返し、これで場所が面白くなる筈はありません。日本の相撲のファンは皆同じ考えて見ているに違いありませんし、体重のある力士に負ける日本人の三役力士に、歯がゆい思いをしているに違いありません。
大相撲全盛時の双葉山(153K)、栃錦(132K)、柏戸(138K)、大鵬(153K)、先代若の花(105K)が活躍した時代のような相撲が見たいものです。彼らの土俵の戦い名勝負として何度も放送されています。双葉山や大鵬の時代は怪我で休場など余りいなかったし、他に強い力士が何人もいたから、本当が二人が強いことが良く判りました。
 またクレーンと言われた明歩谷と言われる力士。吊り一本で昇進した鶴ヶ峰もいました。
それで白鵬の休場の機会に3回めの提案です。
 相撲での怪我を減らす為に、(例えば、身長に対する)体重制限を課してはどうでしょうか。。
 そうすれば、怪我がもっと減るし、私たちももっとスリリング相撲、優れた技の切れ味や、最近目立つ小兵の活躍、中型力士の突っ張りと共に激しい星取りの争いを見る事が出来ると思うのですが。
 それと力士の健康管理の意欲を高め、相撲生命を長くすることにも役立つでしょう。
 大相撲も是非、体重に物言わせる相撲から技で勝負する相撲に変えて貰ったら今以上に面白い土俵になるとおもうのですが。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プロ野球批評・今期はソフトバンクはロッテに勝てるか?

2021-02-22 12:07:40 | スポーツ
前回の頂上決戦で「プレッシャーに弱い巨人の選手で勝てるか」と予想して適中。前々回は守備力の差を指摘してSBが勝つと予測してまた適中。
 調子に乗っての素人の表記の投稿です。暇つぶしにでも見て下さい。
 2月20日の読売新聞の記事です。
 昨季のチーム打率が12球団ワーストの2割3分5厘の打線を強化しようとロッテが、平成唯一の打撃3冠王の松中さんを臨時コーチに招聘。
「私の意見」
 12球団ワーストの打率2割3分5厘のロッテに対してソフトバンクは大苦戦。しかもロッテはパリーグ2位の実力。もしロッテの松中さんの起用が成功するともう怖いもの無し。
 勿論ソフトバンクもそれなりの対策をとってくるでしょうが、もしSB内で何かあれば、表記のような事が起こるかも知れませんので要注意。
 それにしても「何故ロッテが特にソフトバンクに強い」のでしょうか?
 私は地もとのソフトバンクが勝って欲しいので、書きたくは有りません。今度こそは頂上決戦でセリーグの優勝を希望される方は暇のときでも研究されてみては如何でしょうか。
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

全国高校駅伝で日本人国籍を持つ選手に限っては

2020-12-22 11:40:49 | スポーツ
 私は巨人・SB戦で2回ともSBの完全勝利を予測して当てました。前回は守備力の差、今回はストレスに弱い巨人選手と誰でも取り上げない理由で。今回は全国高校駅伝で日本人国籍を持つ選手に限ってはと言う誰も言わない話。
 最初は話がそれますが、北九州市で生まれ育った私にとって嬉しい話。全国高校駅伝で北九州市立高校が1区で独走の区間賞、残りの区の殆どが一年生なのに粘って4位に入賞。これこそ駅伝を見る人にとつての醍醐味!勿論皆日本人。
 実業団の場合は長い距離の内勝敗に大きく影響しない区間だけ一人の外人選手起用するのが普通の様です。一方全国高校駅伝の場合、男子は42・165m。女子は21・09mと言う短い距離です。女子の場合どの校も皆全力で走って来たのに最終区で世羅の外人選手が7人抜きで1位、2位も外人選手で決まり。男子の場合1、2区で九州学院がトップで来たのに、最長距離で世羅の外人選手が逆転でトップ。後は同区間を含む仙台育英の外人選手と日本人選手の争いという日本人にとっては味気ない戦い。
 日本人国籍を持つ選手に限るのは少年まで出場する全国都道府県対抗駅伝でも行われているので、私の言う全国高校駅伝で日本人国籍を持つ選手に限ると言うのは必ずしも暴論ではないと思います。
 外人選手を受け入れらるのは資金力のある私立の高校だけ、そのほかの公立の高校は外人選手を受け入れたくても出来ない。唯一の希望は大阪なおみさんのように、日本人国籍も、(また)を持つ選手の発掘だけ。陸連も良く考えて貰っては如何でしょうか。
 なお前記で取り上げていた外人選手のなかに日本人国籍を持っている人がいたとすれば謝ります

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何故巨人・SB戦で巨人が大敗したのか

2020-11-26 14:39:20 | スポーツ
 私は11月2日に「素人のプロ野球批評・プレッシャーに弱いジャイアンツの選手?」という投稿をしました。その内容は「育成選手で成り立つソフトバンク」で今年もまた前回のように巨人、ソフトバンクの頂上決戦になりそうだ。前回は私が守備力の差でソフトバンクが勝つと事前に予想し4-0でソフトバンクの連勝。(中略)しかし最近の巨人のもたつきを見ていると、頂上決戦もまた選手達が固まってしまうか否かが勝敗を決めることになるのかもと下記のように書きました。(なお素人の悲しさで文章か判りぬくいので整理しています。)
 10月30日の巨人優勝のテレビを見ていると、私が心配したように緊張しはなしの多くの選手。これで一本安打がでればと言う時に某有力選手の三振。結果は巨人3ー3ヤクルト。2位阪神は引き分け3位、中日負けで何とか優勝決定。遥か昔に後一勝で優勝の青信号がついていたのに。
 優勝決定の後は気が楽になった巨人6ーヤクルト4。安打数巨人15ーヤクルト8の楽勝。読売新聞は連覇の理由に就いて巨人の「多彩な起用、選手を刺激」と評価していますが。
 それに対して私はプレッシャーに弱い選手達を何とかせねば、巨人、フォークスの双方が頂上決戦に出られるとして、また野武士軍団のソフトバンクにまた苦い目に合わされるかも知れませんよ。勿論フォークスの地もとの私としては大歓迎ですが。

11月26日の読売の[タカ不敗の伝説・投打完璧・再び4連勝・G打てず終戦・4戦わずか4点完敗」の大きな見出し。それに小さく「3番手・戸郷無失点]の見出し。
 確かに巨人やソフトバンクの投手の敢闘が目立ちました。
 問題は攻撃の方です。SBの選手はぐいぐい押してくる投手に負けずに思い切りの良い打撃。巨人の方は「緊張しはなし」で投手の気迫に負けてバットに当てるのがせい一杯。
 言葉を替えて言えば野武士軍団のSBは文字通りの「攻撃」のための打撃。巨人の選手の多くは「これで打たなければ」と「防御」に精一杯のように見えるバット。だから「4戦わずか4点」と攻撃陣の責任。
 これで負けるべくして負けたような気がしますがどうでしょうか?
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

素人のプロ野球批評・プレッシャーに弱いジャイアンツの選手?

2020-11-02 09:43:48 | スポーツ
 私は27日に「育成選手で成り立つソフトバンク」で今年もまた前回のように巨人、ソフトバンクの頂上決戦になりそうだ。前回は私が守備力の差でソフトバンクが勝つと事前に予想しネットにも書きましたが3ー0でソフトバンクの連勝。(新聞をみると4ー0だそうで素人批評の限界!)(中略)しかし最近の巨人のもたつきを見ていると、頂上決戦もまた選手達が固まってしまうか否かが勝敗を決めることになるのかもと書きました。
 10月30日の巨人優勝の放送を見ていると、私が心配したように緊張しはなしの多くの選手。これで一本安打がでればと言う時に某有力選手の三振。結果は巨人3ー3ヤクルト。2位阪神は引き分け3位中日負けで何とか優勝決定。遥か昔に後一勝で優勝の青信号がついていたのに。
 優勝決定の後は気が楽になった巨人6ーヤクルト4。安打数巨人15ーヤクルト8の楽勝。読売新聞は連覇の理由に就いて巨人の「多彩な起用、選手を刺激」と評価していますが。プレッシャーに弱い選手にいかに手を打つか対策を立てなければ、読売もその点を指摘し早く手を打たせねば、短期決戦で緊張を強いられるライマックスシリーズを突破し、巨人、フォークスの双方が頂上決戦に出られるとして、また野武士軍団のソフトバンクにまた苦い目に合わされるかも知れませんよ。勿論フォークスの地もとの私としては大歓迎ですが。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

育成選手で成り立つ?ソフトバンク

2020-10-27 12:42:59 | スポーツ
 私は地もとの福岡県にあると言う単純な理由でソフトバンクを応援している者でです。
 10月26日の車の中で息子と今日はドラフトがあるがまたソフトバンクが何時もの様1位指名の籤でまた外れるかも、然しそれがかえって育成選手の養成強化ににつながるかもと話をしていましたが予想通りに今日もまた第一指名を外れて仕舞いました。
 しかし大丈夫です。千賀、モイネロ、大竹、甲斐、牧原、釜元、周東、休んでいますが石川の七人衆がソフトバンクを支えていることは、テレビとその解説を見たり聴いたりしていると判ります。
 今年もまた前回のように巨人、ソフトバンクの頂上決戦になりそうです。
 前回は私が守備力の差でソフトバンクが勝つと事前に予想しネットにも書きましたが3ー0でソフトバンクの連勝。
 今回は守備のエラーは周東が中心。強化された打力と盗塁の彼が失策のロスをどれだけ彼が補うのかが勝敗のの鍵を握りそうです。
 それと最近の巨人のもたつきを見ていると、頂上決戦もまた選手達が固まってしまうか否かが勝敗を決めることになるのかも知れませんが果たして。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プロの野球、サッカー、ゴルフにPCR検査の導入を

2020-05-19 14:10:47 | スポーツ
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 報道によると新型コロナの影響で一部を除いて前記の選手たちの活動を自粛?しているそうです。
 それで提案です。上記の選手、監督、コーチなど現場にでる関係者全員にを、それが無理なら選手以外は簡易な抗原または抗体検査を導入して活動を再開してはどうでしょうか。言うまでも無いことですが選手以外はマスク着用。
 試合中に最悪の場合で選手同志の接触事故が逢ってもコロナの伝染を避けられること。
 その費用は観客にマスクまたはプラスティクの面を着用、簡易な体温測定で入場、「社会空間」を置いて座って貰う条件で入場認めることで捻出。ドームなど密閉空間のときは換気を良くすること。
 そのような条件なら今でも余り手をかけずに試合再開が出来る様な気がするのですが如何でしょうか。
 今テレビでは無観客の競馬の報道のほか、二番煎じのドラマ放送などテレビも情報番組のほかは面白い放送は殆どゼロ?野球、サッカーもオリンピックなど国際試合はいずれ確実。そのためにも私の提案のように今から実力を蓄えておくのは当然です。だからプロ野球、サッカーの放映が外出自粛の人々に受けるのは当然。野球、サッカー関係の収入も増えるのは間違いない筈。
 野球とサッカーの例を揚げましたが、大相撲、バレー、バスケット、卓球などの室内スポーツも力士、選手全員のPCR検査、関係者の抗原または抗体検査をした上で無観客の相撲や試合も考えられると思いますが。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

末期高齢者による高齢者のための登山副読本(5)

2020-05-19 14:07:50 | スポーツ
「遭難の防止」
・道に迷ったと思ったら、元の道まで戻り、人に訊くこと(登山中の人は皆親切)。その為に始めての山に登る時は、高齢者の特権を活かして登山者の多い天気の良い休日を登ること。
 道迷いの原因は前にも書いたが(お役所仕事の)不適切な道標、全体的には揃っているのに、あるのにあるべきとき所に無い道標、道標の見落とし、樹木伐採のためのテープを道標と勘違いすること、同じ目的のために地図にない新設の林道など間違う理由は色々。 道に迷ったと思っても樹木に囲まれて地図が役にたたないことも度々。前にも書いたが事前の地形の研究と「山かん」が必要な時も。その一例として道が行く内に次第に細くなり踏み後が消え掛かっなった時は(先人の教えと思って)直ぐに引き返すこと。戻る道さえ判らなくなったときは登る道を選ぶことこと。下りでは次第に増える下山道、逃げ道と絶対に「谷川→沢歩きを」しないこと。
「遭難に繋がる怪我の防止」
 前に書いたが下りのさいの転倒による怪我が遭難に繋がることも。正しい姿勢の確保、とその為の訓練。宝満山のように岩だらけ道は登りに選び、くだりは岩のない道を選ぶこと。大きな石ばかりの川沿いの下りの道も同じ。
 それと思わぬ濡れた路で足を滑らせ滑落のとき直ぐ身体を捻って木に気にすがったり、石に躓いて転ぶとき頭を打つのを防ぐなど、柔道の「受け身」が役立つこと。経験のない人は練習しておくこと良いと思う。
「山かんの強化」
 事故や遭難防止に役立つ「山かん」の育成に人歩き慣れた山で、余り人が通らない所での「山かん」の練習が本格的な登山に役立つことが多い。此処では里山(私の場合は北九州市の皿倉山での)での経験を聴いて戴きたい。
 皿倉山は頂上まで続く自動車道を含む約10本ののそれぞれの特徴をもつ登山道がある。多くの人か通る道標の揃った登山道。急な斜面をへつる狭い路。人が通らず消え掛かった路。急な段差の階段。木の葉で途中が埋もれた先の見えない道、道標の殆どない登山道。登山道から外れた踏み跡を辿って見ると正式な登山道に続くもの。行くほどに消える踏み跡。普通の登山では絶対に引き返す路を敢えて進むのも練習。行き詰まった所で、民家が近くに見えるか否かで藪漕ぎをするか否かの決断などなど皿倉山でのトライ・アンド・エラーの経験。前にも書いた福智山に続く自然歩道の道標に添って下ると思いもかけない急坂。福智山の筑豊新道の道標に従うか否かの判断。道標の無い路を選んで思いもかけない所に出て来た団体のリーダーに目的地に行く路を訊かれた経験などから、気づいた登山に欠かせない「山かん」と生来の臆病な性格が60年間の多くの登山を無事故、不時のピバークせずに済んだ幸運に繋がっているのだと思う。
 悪筆それも私流の考え方を書きましたが、少なくも「正の読本」と併せて見て頂けれご参考になること、お気づきになることもいくらかはあると思います。
 今後ともご安全な登山をお楽しみます様祈っております。
 最後に山小屋の宿泊に米持参、鋲打ちの登山靴、二人用のツエルト、支えるのはスキーの杖、シーツに進駐軍放出の合羽の時代の、若さの馬力だけのアルプス縦走の記録を見て下さい。
「黒部から剣、槍ケ岳(三十代前半、若い友人同行)」
二晩連続の夜行列車。
一日目:宇奈月から黒部川をトロッコ列車、欅平から登山者だけ利用できる、エレベーター、岸壁のトンネルばかりの電車(今はアゾ原までの登山道?)でアゾ原、アゾ原上の峠往復(特記無い所は野営、雨模様の時は山小屋泊まり)
二日目:仙人峠、池の平、小屋泊まり
三日目:初めて見る剣沢の大雪渓、雪渓下の空間覗き、色とりどりのテントの剣平キャンプ地(などもうお上りさん気分)
四日目:荷物を置いて剣往復。雄山、一ノ越、雄山参りのお婆さんにツエルトの中を覗き込まれる
五日目:これからは登山者に殆ど逢わぬ浄土、五色原、スゴー。単独行の人の炊く飯の美味そうな匂い、私たちは汽車弁が切れたあとは乾パン主体の食事!
六日目:人一人もいない岩だらけの薬師、太郎小屋泊まり
七日目:黒部五郎、広々したお花畑でゴロ寝、双六池
八日目:急に増えた登山者、特に女性に気を取られる若い友、槍肩泊まり、
九日目:槍ヶ岳往復、槍沢でグリセードの真似、上高地、バスで島々、松本から夜行
十日目:京都、バスで観光、夜行で帰宅
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

末期高齢者による高齢者のための登山副読本(4)

2020-04-11 11:14:13 | スポーツ
「後期高齢者の毎日休みの特権を執権を活かして毎日歩こう」
 私の住む北九州近郊で言えば今桜と二万本のチューリップスタートから桜と鯉放流の金山川遡行などなどノロ・ウイリス問題で人出が少なくなった今こそ行けるところが多くある筈。その他、近郊歩きで珍しい名前やブロック塀の飾り探し。例えば曲がり角を右手、右手にとり、行き詰まったら、今度は左、左に歩けば思いも依らぬ発見が幾らでも。
「データの蒐集」
 地図の蒐集だけでなく、市庁村や区の観光課、地域の開発に熱心な信用金庫や道の駅、交通機関からの山登りの情報を出来るだけ集めておくこと。私の場合、多分北九州市の皿倉山の開発の為だったと思うが、全紙大の詳細な皿倉山の地図を貰った。また開発されたばかりの大崩(おおくえ)に行くのに旧新日鉄の山岳部の友達から手書きの地図を貰ったことも。。
「登山の計画」
 後期高齢者の特権を活かして、晴天が約束された日と、最初は日帰り出来る山を選ぶ。 服装、荷物のそれに会ったものにする。
 装備のチェックリストで抜けのないように用意。
「登山の前に地図を良く読むこと」
 木々で囲まれた所で行方に迷ったところで地図を広げても判らない。出発の前に地形全体を頭に入れておくしかない。前にも書いたが逃げ道を探す時に地形を読んでおけば無謀な行動をせずに済む。
 一番地図が役立つのは登山口を探す時。
 登山の計画が蛾出来たら最小限は行き先と帰宅予定時間、同行するする人があれば名前と天和番号を家の人に告げて置く。
「登山の実際」
・登山の本に登山の前に体操をすることと書いてあるが、普段登山の縁のない人の話。毎日歩いている筈の後期高齢の方は約30分ゆっくり歩くのが準備運動。最初の休みで汗をなるべく書かない様に、服装を山登り用のものしたり、靴の紐を締め直し登山開始。 
 歩くのはベテランの人に倣って、無駄な上下動がないよううに、ゆっくりと小股に歩く。なお当然だか、歩きと呼吸のリズムがシンクロなるように歩くこと。もしそのリズムが壊れたときはバテたしるし。私のもつ「読本」には1時間歩いて5~10分と良く言われているがそれより状況に併せて30分歩いて5分小休止のほうが良いと書いてある。同感。特に高齢者に必要なのが山登りにもリズム。なおここで便利なのは私提案のキッチン時計で歩いたり休んだりする時の時間を管理すること。
・高齢者向きの急坂の登り方
 呼吸法:水泳のときのように息は思い切り吐く。吸う、吸う、吐く、吐く、イ-チ、ニ-イのリズムに乗って歩き、10まで数えた所で人にもよるが歩幅約40cmで、約16m進む。これを10回繰り返し160m進んだ所で「立ったまま」休止。息切れが無くなった所でまた歩きの繰り返し。詰まり有酸素運動の継続と大きな疲れを感じないまま急坂を越したことになる。私が犬ケ岳の頂上を歩いていると、私を見て「年からみると歩き慣れているな」の声。現実はその直前で休んでいたのを知らずに。
「高齢者に付き物の疲れを防ぐ方法」
・道に迷う挙げ句の余計な歩き(後記)
・物忘れ。休憩地からの出発のさいの物忘れ→取りに帰るときの心身の負担。余計な物を持って行かないこと。(既述のように何や彼やぶら下げるリュッくは駄目)
・友達といるときはお互いi忘れ物意のし合う習慣をつけること。
・稀に良いい年をして言い格好をして団体行動の時先頭に立って歩き直ぐバテる人。
・山行きの前に自分の脚力でほ行けるか否か目的の山の状況を調べること。
・既述のように団体に入る前に良く調べておくこと。
「疲れは余り無いが難しい下山」
・昼食が終わったところで靴の中で足をかかとの報に寄せた後靴紐をしっかり締める。
・登りの場合は道は山頂に集中するか、下山の場合は分散するので道を間違い易い。
・どうしても腰が引けたり、反り返ったりして、滑り安くなる。正しい姿勢は重力に対して垂直な姿勢を取ること。もしそれでも怖ければ登山杖の助けを借りること。
・膝のバネを使って静かに歩く。勿論登りときと同じで小幅に歩くのは同じ。
・初心者の場合で膝のバネを使いすぎると、所謂「膝が笑った状態になり」踏ん張りが効かなくなり、歩けなくなる。
・縦走路などで「多分別の理由で」走っている人を見かけるが絶対に真似をしないこと。・一番端的な例は宝満山の大きな石の階段。初心者は登りに利用し、くだりは大きな段差のない道を選ぶこと。大きな石がごろついててる川の降りもくだりも同様。

九州の山旅(3)」30代、単独
小林ーえびの高原ー新湯ー韓国岳ー高千穂の峰縦走ー新湯ー大浪池ー鹿児島ー桜島ー北岳登山ー鹿児島
 小林まで夜行→1日目:徒歩でえびの高原→付近散策→国民宿舎泊、2日目:宿舎→韓国岳→獅子戸岳→ブルーグリーンの新燃岳→鹿を担いだ集落の人たち→中岳→足元から突然飛び立った雉にびっくり→高千穂河原→高千穂の峰往復→新湯の湯治宿泊、隣のお婆さんが手料理のお裾分けを持ってきたが、彼女の完璧なお国なまりで意味全く不明。3日目:お婆さんにお礼の缶詰→大浪池→えびの高原→バスで鹿児島、桜島を前にしてどこに泊まろうかと考えていた私にフェリー会社の人が桜島の武(たけ)の民家を教えてくれた→泊めてもらうだけで良いと言うのに出された夕食から家で何か祝い事があったのに気づきひどく恐縮。4日目:起きてみると朝食の用意はあるが、家の人は皆不在、知らぬ人を泊めているのになんと不用心な、しばらく待っていたが戻らぬので心ばかりの御礼を置いて出発→当時はまだ登れた北岳登山→港までの道の両側で鈴なりの桜島蜜柑の畑、一つだけ黙って戴く→フエリーで鹿児島→バスで鹿児島駅。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

末期高齢者による高齢者のための登山副読本(3)

2020-04-05 11:33:34 | スポーツ
「副読本の目指す登山の範囲」
 私はふ20から80歳の60年間の山登りで無事故。予定ない野宿、ピバークは一度もしたことは有りませんでした。
 その理由は登る範囲が単独の山の登山や縦走でそれも前にも書いた様に雨の予想のあるときは登山計画中止。晴天の時の残雪のときは良いが、降雪中の登山は行かない。危険なロッククライミング、沢歩きは敬遠していたからです。(前回投稿の「九州の山旅」に書いたように旅の間の雨による停滞は何度もありました。)
 もう一つは心配性の家内を安心させるために、行く先と帰宅の時間は必ず告げ。遅れそうな時は必ず電話を厳守したことです。
 その逆の例は自転車で宗像連山の孔大寺山の山登りの帰りに原因不明の自動車事故で失神、担ぎ込まれた病院で意識回復、家に電話。結局家内から自転車は叩き売られ、もう一つの趣味の自転車による北九州から英彦山の麓までなどの遠乗り趣味はジ・エンド!唯一助かったのは山登り。だから前記の山登りの際の注意は益々厳守→登山の趣味は80歳の買い物行き中の不注意による骨折まで続けられたのです。
「高齢者の登山の装備と注意事項」
お薦めできる登山靴:トレッキングシューズ。布製でも良いが革製はなお良い軽登山靴 、いずれも厚手の靴下使用、中敷きで微調整。
・避けた方が良いもの重登山靴、ローカットの靴。
 一回だけだか靴底がパックリ外れた靴を履いている登山者を見かけた。靴の購入は信頼有る店を選ぶこと。
 登りのときは普通の紐の縛りかたで良いが、くだりの時は固く締め足が動かぬようにすること。
 なお流行遅れだが地下足袋は軽く足にピッタリ。日帰り登山では最適。問題は山仕事をしている人に見られること。逆に言えば山で動くには最適なこと。物の無い時代の岩登りに地下足袋を使う人もいた由。
服装:定番の防水性の優れたウインドヤツケは雨具、防風のほか色々の場面で使えるのでお薦め。
 夏の場合半袖のシャツに長ズボンの人を多く見かけるが、荷にならぬので長袖のシャツもリュックに忍ばせて置くこと。雑草などで狭くなった登山路で腕を傷つけることも。
同じ理由でいくら炎天下でも半ズボンは転げたら傷つくのは100%なので不可。
長ズボンはジャージは行動、保温のためお薦め。但し藪漕ぎのとき多くの刺つきの種子を貰い除去に数時間かかることも。やぶ漕ぎが予想されるときは高密度のスボン着用。
 帽子は必携。
 下着の替えも気になる人は持参。
 いずれにしてもたいして大きな荷にならぬので気になるときは念のため付け加えて置くこと。
リユックは担いでいた重心が下に来るようなものは避けること。登山の日程により少なくとも2~3種類の大きさを備えること。いずれも積み荷の調節で、重心が上に来れるるようにする。リユックで何でも取り付けられようなものも避ける。後に触れるが色々なものを付けることは、行動中にそれを忘れ、それを取りに帰るのに高年者の一番避けねばならない「疲れを増幅」すること。
上記のことを忘れないように装備のチェックリストを作る。
「読本」の装備チェックリストの中で登山靴、リュックなど忘れようのないものは省ぶき私が気づいたことを付記します。◎絶対に必要○必要△持って言っても良い×不要*私の意見、
「装備のチェックリスト」
下着の替え○
帽子◎
手袋◎
折り畳み傘△*私の提案の日帰りの登山の時は不要
ヤッケ◎*朝夕の冷え込み、食後のうたた寝など多くの用途。
水筒→ペットボトル◎少しでも重さを減らすため
ナイフ△ 
*先の尖った小型の鋏○以外と役立つことが多い
予備電池日帰りのときは×長期の時は○
*キッチン時計◎登山、休憩の管理に必須。後記
サングラス○*夏山でブヨなどが目に入るのを防止
保温水筒×*余計なものは省く
コンパス△*これを使う前にことを処理すべき
地図○*出発前に良くよむこと、登山口を探すときに必要、登山中にこれが必要な時は緊急事態と思うほど事前の研究が必要
高度計×
時計〇下記
携帯電話◎*時計がわりにもなる
カメラ・フイルム〇*無くて困ることも無い
手帳・ペン〇
ツエルト◎日帰りのときは×*天気のときしか行かないので不要。数日に渡る時は◎
生活用具、日帰りの時は×長期◎
「非常時対応品」
非常食・甘いものなどの間食(大きな丸い飴玉は不可)◎*九州北部の方へ:旧新日鉄の固パンはお薦め(長持ちする。直ぐに噛めない固さと、適度の甘さとボリューム)
健康保険証の写し、日帰り×長期のときは○  
帰途確認のための紙テープ
 以上お持ちのガイドブックと私の意見を参考にして頂いてご無事の登山をされます祈っています。
なお素人の書くことで書き漏らしのことがあった時は追記して下さい。
九州の山旅(2)
大国見ー市房ー椎葉の谷(30代、単独)
一日目:熊本から電車・バスで矢部→小雨の内大臣渓谷→渓谷内の営林署の小屋に泊めてもらう。
二日目:晴れの大国見→昔の車力、今のリヤカーが通れそうな広い昔の生活道路→五勇山縦走→尾手納→日当→椎葉の谷に降り尾前で世間話をしていた小母さん達に教えられて広い「お米さんちの家」に泊めて貰う。
三日目:トラックに乗せて貰って不土野越えで湯前→市房登山→湯山峠→椎葉の谷→大河内の木賃宿のような旅館泊、椎葉、那須ばかりの宿帳、風呂は集落の人も入るが泊まり客優先と言う川岸の五右衛門風呂、料理は山の宿付き物の鯉の刺身に鯉こく。夜は枕元に本物の古びた行灯。
四日目:雨のため予定していた石堂山登山中止、バスで米良→村所→一の瀬川の急峻な渓谷のスリル満点のバスで宮崎。偶然に出会った会社の女性二人と夜汽車。
「五右衛門風呂の私見ている丸い月」
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

末期高齢者による高齢者のための登山副読本(2)

2020-03-29 12:30:36 | スポーツ
「お薦めの登山副読本」
 前回今までの登山の本の著者は、殆どが現役ばりばりの方や、ヒマラヤ登山などベテランの方ばかり。私のような素人が独力で歩けるのに役立つ本はないかと書きましたので、責任上私から見た本の一例を紹介します。その一つは中部山岳を中心に活動されてきたと言う大関義明さんの「入門から中級まで、これで身につく山歩き100の基本」の本。発行所はJTBパブリッシング。正に初心者のために細かい所まで書かれて居ます。勿論この他にもよい本が多くありますが、初心者の方はお知り合いの経験者などと相談されては如何でしょうか。
「登山に対して退職された高齢者の有利な点」
1.何時でも山に行けること
 だから晴天の予報が何日も続くときその中の日を選べは、重くなりがちの道具から雨具を省略できます。雨で滑り安いくだりで滑って転んだり、極端のとき滑落して怪我をする危険も有りません。
 私が若い時の単独の山旅で雨で停滞を余儀なくされたことが度々ありましたが、その殆どがゴールデン・ウイークを利用しての旅。退職者にとって休みは365日。晴天日を利用しなて手は有りません。
2.厚生年金受給者や自営業の方など自由になる金をお持ちの方が多いこと。
 山の道具は好きなだけ買うことが出来ること。
 車をお持ちでない方は駅やバス停からタクシーを利用。帰りに迎えに来てもらい省力できること。但し私の場合は田舎の光景や生活を見るのか楽しみと、生来のケチのために、歩きか殆どでした。
「登山に対して退職された高齢者の不利な点」
1. 登山に付き物の疲れが出易い。
この対策は後述。
2.. 加齢に伴う引き際の決断が難しい
難しいのは加齢に伴う体力の減退と逆に登山による体力の強化と技術の進歩の兼ね合いの判断。私の山の先生は退職間近の冬の燕登山で重い荷のため膝を痛められて引退。私の弟は退職後ヒマラヤ・トレッキングにに凝って同じ重い荷で膝を痛めて引退。私の場合は春山登山のために当時有名な門田のビッケルやアイゼンを買った所で会社の急な仕事のため計画中止までは幸運だっのだか、その後買い物行きの途中の不注意のため腓骨の骨折。その後の静養と加齢のための脚力の低下。前回に書いた失敗と今に至っています。その具体防止策に就いては後述。
「団体登山の問題点」
 どの本にもにもまた公共団体の通達からも単独行の危険性を言われています。然し学校などと違ってどの団体もリーダーも余程酷いことが無い限り、こちらから質問しないかぎり、歩き方、服装、装備品の問題点を指摘して呉れません。僅かに勉強になるのはリーダーの人の歩き方だけ。勿論新人が休憩のときに何時にでも質問すれば喜んで応えてくれると思うのですが、そんな光景は殆ど見たことが有りません。
 団体登山推薦の理由は事故が大きな事故防止だけ?
 団員の脚について最後尾になったときサブクラスの人が付そって呉れますが、迷惑をかける新人の疲れはどればかり!
 結局はどの登山団体を選ぶ際は知り合いがいればその人に質問するか、いきなり入ってみて判断するしか有りません。
 もう一つの問題は所謂「山かん」の問題です。例えば同じような道が二つに別れているときどの道を選ぶかです。これは団体登山ではなく単独行でなければ会得出来ないことてす。
 縦走路にごく稀に有る不適切な道標のよみ方もそうです。何処の道標と同じと信じて道を外れて下れは、猛烈な急坂、しかもロープも無しと言う場面も時々出くわしします。(なおこのいきなり急坂の問題は後述の「登るまえに地図を読む」ことに関連しています。)また私の守備範囲の福智山の筑豊新道が豪雨で壊れた後もその儘。事故が起こってから、「難路」の追記がやっと。私はその以前に友達と下ろうとして足を踏み入れたところ、道が途絶え掛かっていたの「山かん」で危ないと思って引き返しましたが。
次回から準備、歩き方などに就いて書く積もりです。
「九州の山旅(1)」                               英彦山から由布岳まで(二十代前半、単独)
1日目:彦山駅から夜道で英彦山の会社指定の宿坊まで。2日目:鬼杉から中岳、北岳、豊前坊、薬師峠、薬師渓谷(峠と渓谷を埋めつくした黄葉)、小屋川の猿飛の甌穴(おうけつ)、天日干しの稲藁の中で野宿。3日目:守実から当時まだ動いていた列車で下郷、徒歩で裏耶馬渓の尾根状の道を辿る、前方のバー(後で牛馬用のバーと判る)を見て川沿いの道に移る。(耶馬渓は奇岩で有名だが耶馬渓川の東は一面の高原)。その名前に惹かれて来た鳥屋(とや)分教場。その下の民家に下宿している若い美人の教師の許可を得て使わせて貰う。幸い珍しく畳敷きの部屋も。食事の支度をしていると彼女が来て何か不便はないかと問う。持参の寝袋に入って彼女も久しぶりの集落外の人に話したかったのだと気づいたが後の祭り。4日目:早朝宿泊のお礼を女教師の机に置いて出発、足元の清流、見上げれば大岸壁の紅葉の麗谷(うつくしだに)を下る(その後の洪水で同谷は大幅に状況が変わる)、深耶馬から徒歩で豊後森まで歩きしばらく予定の万年山を眺めたあと登山省略。由布院、湯の坪の旅館泊、中年の女性の貫祿に圧倒されながら一対一の混浴の初体験(当時の由布院はまだ鄙びていた)。5日目:由布岳登山、歩いて別府へ。と言う冴えない私にしてはほんの少しだけロマッチックな山の旅。
「避けた筈の人恋してる一人旅」
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。


政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3/21末期高齢者による高齢者のための登山副読本(1)

2020-03-21 10:55:42 | スポーツ
「このことを思い立った理由」
 私はかねがねからこの資料を作ることを考えて来ました。その最大の理由は今までの登山の本は、殆どが現役ぱりばりの方や、ヒマラヤ登山のベテランの方ばかり。私のような素人が独力で若い時から80歳まで続けた人の本がないからです。高齢者に付き物の「疲れ」の問題、体力の低下、何時登山を辞めるべきかというような問題に対して触れた本がないからです。と言ってもどうせ素人が書くのですから、上記のような達人やベテランの方達のよう登山のような完璧な本が書ける訳はないので、そのような本と併せて読むという意味と前提で副読本と名付けました。
「知らぬ間にロコモティプ・シンドローム」になっていた私。
ロコモティプ・シンドロームを検索してみますと、1)運動器自体の疾患による場合と、2)加齢による運動器機能不全 加齢により、身体機能は衰える。筋力低下、持久力低下、反応時間延長、運動速度の低下、巧緻性低下、深部感覚低下、バランス能力低下などがあげられる。「閉じこもり」などで、運動不足になると、これらの「筋力」や「バランス能力の低下」などと、「運動機能の低下」が起こり、容易に転倒しやすくなるのだそうです。
 私は20歳から80歳で不注意のために腓骨の骨折で入院するまで登山を続けてきました。高齢化と1ケ月に渡る安静の生活による脚力の低下を取り戻すため、「杖無しの白寿目指して一万歩」と宣言して歩き始めました。効果はさっぱりで正にロコモティプ・シンドロームそのまま。その頃から流行りだした「歩きの勧め」で書かれていたように、大股てぼ歩き、時にスピードを上げるなど、脚に負荷をかけることなど言われているのに、私は「小股でゆっくり」の山登りの省エネの歩き方をしていたのです。それで今はその道の方推薦の早足、大股の歩き方の採用、幸い丘の上に家があるので、コースに必ず何カ所かの登りを組み込む様にしていますが、効果は??で小母さん達から抜かれることはしばしば。
「交通の便のよいお薦めのウォーキングコース」
 紙面が余っていますので表記のことを考えましたが、北九州市地域に住んで居ますので偏っていますが下記のようなコースがお薦めです。
 然し最近はバスコースの減便、廃止などもあること、コースよっては判り難いこともありますので、慎重な検討も必要な所もあります。
「海岸歩き」要準備、コースの一部を切り取って歩く
・黒崎→バス→芦屋→サイクリングコース→波津→鐘崎→さつき松原→浄光寺→宗像道
の駅→神湊→磯歩き→塩浜→大都加神社→生家→金刀羅神社→在自山軽登山→宮地嶽神社→バス→福間
「皿倉山トレッキング」判りにくい、要準備
・黒崎バスターミナル(バスセンターでなくて)42番のバス→花尾西登山口→西廻りコ
ース→山小屋→皿倉ドライブウエイへの道→出会いから下る→帆柱稲荷神社への道→同神
社前をさらに進む→道の終わった所で左に降りる長い石段→降りきった所神山町で高速道路(ここで町の人に旧水道の道を訊くのをお薦め)→高速道路に添って右折→後はひたすら登る→旧水道の出会い→それに添って歩く→水道の谷が狭まった所で自動車道に降りる→重田のバス停→自動車道から大蔵川まで降りる→同川を遡上(何方も見る始めての光景)→河内貯水池のダムの前を道に添って登る→貯水池の東岸を歩く→眼鏡橋→奥田入り口→西側の緩い上り→市の瀬峠→登山道か自動車道を下る→鷹見神社→市の瀬→高速道路の下を通り北側に向かう水道道と言われる道を北上→黒崎ランプを通過→此処からバス道におりるか、そのまま昔の水道道を辿り京良城の水道道の終りまで辿るか、何処でストップしても黒崎行きのバスは直ぐに捕まる。
「門司港から長府まで」判り易い道
 門司港駅→海底トンネル人道入り口→トンネル歩き→壇の浦→海岸沿いの道を歩く→長府の史跡→長府駅、バスも幾らでも。                     
このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。

政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

巨人・ソフトバンクの頂上決戦

2019-10-26 11:44:07 | スポーツ
 私は下記のように表記の予想を10月19日に書きましたが巨人ファンの方たちに失礼になると思って投稿を止めました。
 私は政治の問題では与野党とも是々非々を通して来ましたので、本人の評価では私の心配、予想ともほぼ90%以上当たって来ました。
 然し野球に関しては理屈抜きで地もとのソフトバンクを応援しています。
 反対に巨人に関しては親会社の読売新聞を取っていますが、巨人は嫌いです。
理由:
・特に昔は財力に任せて他球団の有名選手を集めるのに熱心で、子飼いの選手の育成を怠ってきたように見えること。
・反対にソフトバンクは育成に強化のお蔭で全日本のエースの千賀投手、それを支えるキャッチャーの甲斐など何人もの育成選手が活躍しています。当然にチームへの強い愛着心とチームワーク。
・それとご本人の責任は有りませんが、選手・監督として人気先行の長島さんと実力の王さん。同じ巨人に居た王さんのことを言わず、長島さんだけをもてはやす巨人の応援団。 そう言うことで偏見丸出し、しかもCS戦以外の普通のソフトバンクの試合など殆ど見ない私の頂上決戦の予想です。
 西武とのCS戦で活躍した選手のリストから上げると、守備、打撃とも上手い今宮、彼から打撃のヒントを貰った甲斐、選球眼があり三振など見た事は無い中村晃、復活の兆しを見せる柳田、長打力のある福田、明石、松田、好機には実力を発揮する牧原、長谷川など素人から見ても頼りになる選手ばかり、それに長打力のあるデスパイネにグラシアル。 それにCSへ向けて本人達の努力による打撃力の回復。監督の指示ではバントもし、チームの纏め役に徹する内川。CS戦で誰を出しても打たれる西武の監督が気の毒になりました。
 それに新聞ではあまり書かれませんが、パ・リーグでは恐らくエラーの数最低のソフトバンク。CSの全試合でエラーは攻撃、守備で各 1度だけ。 
 千賀を除いてやや弱い投手陣を的確、果断に使用する投手出身の工藤監督。
 そんなチーム相手に戦わねばならない巨人。
 読売新聞で巨人出身の堀内さんも言っていました。「工藤監督は投手の見切りが早くさっと変えてくる、その細かい継投に巨人がどう対応するか。総合力ではソフトバンクが一枚上。巨人は挑戦者の立場。」
 勝負は水物と良く言われます。増して偏見丸出しの私の予想が外れるかも知れません。しかし日本シリーズは最終的には堀内さんのご心配が当たりますよう祈っております。
巨人応援の読者の方たちへ:好き勝手のことを書いて済みませんでした。

 結果は7-2,6-3,6-2,4-3でソフトバンクの連勝。
 目立ったのは試合の行方を左右する時の巨人選手の何度もの守備のエラー、同じ時期のソフトバンクの攻撃の失敗が1と盗塁で知られた周東選手の盗塁失敗で私が予想していたようにて守備のエラーは殆ど無し。最終戦の時、解説者がソフトバンクの選手や監督を褒め散らしていましたが、全くの素人の私の感想ですが勝敗を分けたのは両軍の守備のエラーの数の差だと思います。なお読売新聞でも「昨日の山本の失策を含めて、始めての大舞台を経験をする若手にはミズが相次いだ」と書いています。打撃にはある程度の周期で波があるようですが、変わらないのはの守備。その守備が安定しているのはソフトバンク。 今のソフトバンクの拙いところは、ドラフト会議の最有力候補の抽選で私の記憶範囲では1度も当たったことは無いこと。
 良い所は王さんがコーチや監督の気付かない選手の欠点をさりげなく指導されているらしいこと。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

再び貴乃花・貴ノ岩問題に就いて

2019-03-15 13:53:55 | スポーツ
戦前・戦中派の私から若い方達への申し送りです。どのような事でも世論に流されずに自分の頭で考えましょう。
 文芸春秋の最新号にもとJリーグのチェアマンだった川淵さんが貴乃花さんについて書いていていたのでもう一度表記の問題のことを思い出しました。
 と言うのは貴乃花さんが大相撲改革について動き出したころ私は、彼は大相撲改革をするのなら尚更のこと後で足を引っ張られないように協会の規則を護ること。タニマチの中に彼のことに就いて言う人はいないのかと書いてきたからです。
 そして現実は(以下貴乃花、貴ノ岩など「さん付けは省略します。順番が違うところも有あると思いますがお許し下さい。
・貴乃花の土俵改革の動き→川淵さんとその同志の「貴乃花教育」失敗
・日馬富士は潔く引退届けを提出
・貴ノ岩は身体は回復したが部屋に軟禁状態→相撲に出たいのに出れば部屋にいられない→精神異常状態→土俵への復旧→2,400万円と言う額の日馬富士への賠償請求→モンゴルでの彼の家族へのイジメ→賠償取り下げ
・貴乃花は規則違反で降格→同志の親方の離反
・貴乃花の引退の意向を引き止めようといた川淵さん→親方の告発状の内容取り消し願いで貴乃花の説得に失敗→貴乃花の引退 
・貴ノ岩→付け人への暴行→引退の決意、それを止めようとす千賀の浦親方→引退の断髪式→日馬富士は出たが貴乃花は不参加
「川淵さんの貴乃花に就いての意見」
・相撲道に対する純粋さ
・一から出直して社会勉強すること、人間も許容範囲が広くないと生きて生けない
・これからも貴乃花を応援する
「私の意見」
 全日本のサッカー界を纏めあげてきた川淵さんという土俵改革には絶好の師を得ながらその意見を聴かない貴乃花さん。彼を含めて人の意見を訊かない彼。全く改革などには不向きな彼。私が前に書いた狷介(固く自分の意志を護って人と妥協しないこと)の字がそのまま当てはまる彼。自分中心の彼に振り回されて何もかも「こんがらがった状態で」引退に追い込まれた可哀相そうな貴ノ岩さん。上記の彼の動きに就いてもしもし千賀の浦親方が居れば、彼も自分の暴力問題で一場所の休場で済んだのに。そしてそれでも貴乃花さんを支持するテレビ。折角の人気ですから貴乃花さんは今後川淵さんの忠告を活かしたらと思うのですが。

このブログを、より多くの人にも見て貰いたいと思っています。どうぞご協力をお願い致します。


政治・人気ブログランキングへ
政治ブログへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする